長崎の2大祭りがアツい!くんちとランタンフェスティバルをご紹介!


長崎の2大祭り「長崎くんち」と「ランタンフェスティバル」をご存知ですか?どちらもこの地を代表するもので、神輿やオブジェ、全体の雰囲気もエキゾチック。ダイナミックな龍の舞や演者たちの踊りは圧巻ですし、赤やオレンジに灯る幾多の提灯に彩られた夜の街は、うっとりするほど幻想的。日本と異国の空気が見事に混ざり合ったフェスティバルとなっています!では、どのような行事なのか見てみましょう!

長崎くんち

名前は聞いたことがある方も多いと思いますが、一体どんなイベントなのかご存知ですか?地元の方でも、実はしっかりとした由来やメインの行事を知らない方もいるようです。訪れた時に恥ずかしくないよう、しっかりと下準備の勉強をしておきましょう!

長崎くんちとは

長崎くんちは、日本三大祭りにも数えられる諏訪神社の例祭です。毎年10月7日から9日の三日間に開催されます。勇壮な龍踊など異国情緒あふれるだしものが魅力です!  踊り場で見るためには桟敷券が必要です。桟敷券は各会場で事前購入でき、4人掛け1マスが1万2000円から3万円ほどです。立ち見席は諏訪神社で当日券のみ販売されており、一人1500円です。間近で大迫力の踊りをみる事が出来ますので、毎年完売御礼の大人気の催し物となっています。長崎ではローカルチャンネルで中継されるほどの人気ぶりです。

演しもの(だしもの)

長崎市内には59もの踊町があります。この踊町は7つのグループに分けられており、7年に一度奉納踊りが回ってきます。その当番の町が踊町とよばれ、龍踊・御朱印船・本踊などといったその町独自の演しものを披露します。

迫力満点の曳きもの

優雅な本踊
本会場から離れて、各スポットで踊りを披露します。会場ではなかなか見るチャンスがなくても、また一味違った催し物を楽しむ事ができます。どこであるかは年々変わりますが、長崎駅前で催されることが多いようです。事前に掲示板や問い合わせなどをしてみてくださいね。

庭先回り

踊町内を練り歩いて、演しものを披露することを「庭先回り」と呼びます。玄関先や門前、路上でお囃子を演じたり、踊りを踊ったりすることでご利益をおすそわけしてくれるそうです!出会えたらラッキー♪あなたにも幸せが訪れますように!

お下り・お上り

諏訪神社に祭ってあるご神体をお神輿に乗せて、10月7日に長崎港そばのお旅所に行くのが「お下り」、10月9日に諏訪神社に戻られるのが「お上り」です。諏訪神社の急な階段を一気に駆け上がるお上りは特に圧巻です!

長崎での大きなイベントの一つです。龍踊りは年齢問わず披露することが出来、ある高校には龍踊り部というものもあるくらい伝統的なものとなっています。諏訪神社で見られるものが主流ですが、駅前の広場や長崎市内のアーケード周辺でも披露されることもあり、年齢問わず多くの長崎県民が集まっています。伝統的な食べ物「いかめし」の屋台が唯一現れるイベントととしても一部で有名となっています。しかもいかめしの屋台は1台だけ。甘ダレともち米の相性が抜群のおすすめグルメですので、訪れた際は是非屋台も探しあててみてくださいね。

長崎ランタンフェスティバル

こちらは今や各県から足を運ぶ人が多いほどの大人気行事となっています。美しい景色と美味しいグルメをメインに楽しまれているようですが、こちらの由来は御存じですか?長崎くんちと合わせてしっかり情報を頭にいれておきましょう!

長崎ランタンフェスティバルとは

ランタンフェスティバルは、もともと長崎の華僑の方たちが行っていた「春節祭」が始まりです。期間中は長崎新地中華街などしない中心部が1万5000個もの中国提灯(=ランタン)で彩られ、幻想的な光景が見られます。

県外からもランタンツアーが出来るほどの知名度になりました。以前に比べ、観光客が多くなりました。どこを見ても美しいランタンが灯っていて、この日ばかりは華やかな夜になります。間近で見るのはもちろん、少し離れた夜景スポットからこのランタンフェスティバルの様子を見るのもとってもおすすめですよ!

迫力満点のランタン!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/nagasakigurume/2983842.html
ランタンフェスティバルの最大の見どころは、やはりランタンのオブジェ!龍、鳳凰、獅子、中国の伝説上の人物などさまざまな形・大きさのランタンが所狭しと並びます。もはや芸術品級です!ロマンチックな光景にデートコースとして取り入れる方もたくさんおり、カップルたちも賑わっていますよ〜!

異国情緒あふれるエンターテイメント

出典:http://ssiimm.livedoor.biz/archives/51800253.html
ランタンフェスティバルでは、中国雑技、龍踊、皇帝パレード、媽祖行列などの趣向を凝らしたイベントがたくさん行われています。清朝時代の正月に皇帝・皇后が街に出かけ、民衆と一緒に正月を祝った場面を再現した皇帝パレードは総勢150人以上がパレードする特に華やかなイベントです!

中華食べ歩き

お祭りの醍醐味と言えば、やっぱり食べ歩きですよね。ランタンフェスティバルでは、各会場で本格的な中華を楽しむことができます。 長崎名物・角煮まんじゅうや、定番の胡麻団子や小龍包以外にも、ねじりんぼうなど長崎ならではの味とリーズナブルに出会うことができます。気前のいい店主さんに出会えると、サービスしてくれることもあるかもしれません!味見はいかが?と丸々一つなのではないかと思うほどの大きな試食品をくれたりもします。お気に入りの味を探してみるのも楽しいですよ!

こちらも長崎くんちにならぶ、県内で大きなイベントの一つです。近年ではこのランタンシーズンに合わせてツアーがあるほど日本各地から観光客が集まるようになりました。「豚のあたま」が飾られる風習があるため、会場では小さな子供が泣いてしまうというハプニングもつきもの。ですがとても縁起が良いものとして飾られているんですよ。初めての方は驚くと思いますが貴重な光景をぜひ楽しんでくださいね。普段あまり表には顔を出さないB級グルメを至るところで食べることが出来ますので、食べ歩きスポットとしてもおすすめです。

長崎くんち・諏訪神社以外の本場所の踊り場

お旅所

お旅所とは、いわゆるお神輿の休憩地点のような意味合いを持つ場所で、こちらの会場には、諏訪神社からお下りした三基のお神輿を鎮座させる仮宮が設けられているんですよ。周辺には露店が多く並んでいるんですよ。

こちらの会場は長崎港に面した場所にあり、アクセスとしてもバスや電車で行けるという便の良さがあるのが魅力です。

■ 基本情報

  • ・名称: お旅所
  • ・住所: 長崎市元船町10-4夢彩都横
  • ・電話番号: 095-823-9073(元船町お旅所さじき運営委員会)

八坂神社

長崎市民から「ぎおんさん」という愛称で親しまれているこちらの神社では、踊り場と観覧席が近く、他の会場に比べて、迫力満点の演技が見られます。人気の会場・諏訪神社と同じくらいおすすめの観覧スポットですよ。

八坂神社周辺の地区は、昔ながらの町並みが残っていて、異国情緒あふれる長崎の中の日本的な顔が見られます。

■ 基本情報

  • ・名称: 八坂神社
  • ・住所: 長崎市鍛冶屋町8番53号
  • ・電話番号: 095-822-6750

公会堂前広場

こちらは中心商店街近くにある広場です。こちらの観覧席はベンチシートとなっていて、1人単位の観覧券を購入することができます。市民の他、観光客の観覧も多いのが特徴ですよ。また、地元郷土史家の解説もあるので、初心者でも楽しみやすい所だと思います。

そして、他の会場と違う特徴としては、「砂かぶり席」という席があるというところです。間近で迫力ある踊りを楽しむことができますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 公会堂前広場
  • ・住所: 長崎市桜町4-1 長崎商工会館
  • ・電話番号: 095-822-0111(長崎商工会議所)

その他「長崎くんち」関連イベント

庭見せ

長崎くんちが始まる前の期間の10月3日に行われる行事で、表通りに面した店舗などに、お祭りで使用する衣装や小道具・傘鉾・楽器・そのほか出演者に贈られたお祝い品を並べて、道行く人に見てもらうというものなんです。

実際に使われるものが近くで見られるので、それぞれの踊町の特色をじっくりと見ることができますよ。色んな趣向を凝らしているので、なかなか興味深いです。

傘鉾パレード

10月7日のお下りの後に続いて行われるパレードです。その年の踊町の傘鉾を見ることができるんですよ。傘鉾とは、いわゆるプラカードみたいな役割を持っていて、町名にちなんだ様々な装飾がされているんですよ。その重量はなんと100キロ以上もあるんです!

そんな重さのある傘鉾が、一斉に回る様子はとても力強く、一目見てみる価値はあります!その時、観客は「モッテコーイ」や「フトーマワレ」といった掛け声をかけるんですよ。

覚えておこう!「長崎くんち」の掛け声

長崎くんちには、観客がかける独特の掛け声があるんです。「モッテコーイ」は踊り場を退場した演し物を呼び戻す時のアンコールとしてかける掛け声。「ショモーヤレ」は本踊が終わった後のアンコールの掛け声。「フトーマワレ」は傘鉾が回るときにかける掛け声なんですよ。

他にも、傘鉾が見事に回った時など、「ヤンヤヤンヤ」に相当する「ヨイヤァ」という掛け声もあります。演し物を見るときに、是非掛け声をかけてみてくださいね。

その他「長崎ランタンフェスティバル」の見どころ

二胡演奏

中国の楽器・二胡で奏でる、ジャズからポップスなど幅広い演奏が聞けるステージです。演奏家Sissi-jiさんは、歌って踊れる芸達者な胡弓演奏家なんですよ。2本の弦から出る素敵な音色に、数々の聴衆が魅了されています。

この演奏は期間中毎日公演されているので、聞くことのできるチャンスは多いですよ。中国の伝統の音色を、是非堪能してくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称: 二胡演奏
  • ・場所: 新地中華街会場・中央公園会場ほか

中国変面ショー

こちらは期間中毎日公演されている中国の伝統芸能です。まるで歌舞伎の隈取のようなお面が変わっていくものなんですが、扇を顔の前にかざした一瞬のうちに様々なお面に変わっていくんですよ!何度見ても、どうやってお面を変えているのか分からないくらいです!

この変面ショー、どのようなトリックになっているのかは門外不出の国家機密なんだそう。その妙技を是非、その目で確かめてください。

■ 基本情報

  • ・名称: 中国変面ショー
  • ・場所: 孔子廟会場

中国獅子舞

日本の獅子舞とはまた違った、ちょっと可愛らしい一面もある中国の獅子舞です。華やかな獅子舞が、打楽器の演奏に乗って踊る光景は圧巻ですよ!勇猛果敢に舞う中でも愛嬌ある表情を見せることがあるので、1つ1つの振る舞いが見逃せません。

また、中国獅子舞も日本と同じく、頭を噛んでもらうと幸せが訪れると言われています。もし獅子舞が近づいて来たら、頭を噛ませてあげてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称: 中国獅子舞
  • ・場所: 新地中華街会場・中央公園会場
  • ・日時:2月8日・11日・13日・14日・15日・18日・20日・21日・22日

ロウソク祈願四堂巡り

唐人屋敷会場にある4つのお堂、土神堂・天后堂・観音堂・福建会館を巡って、ろうそくを灯していくイベントです。数多くのろうそくに灯されるお堂は幻想的な空気が漂っています。ろうそくを灯して祈れば願い事が叶うと言われているんですよ。

賑やかで華やかなイメージの強いランタンフェスティバルですが、少し足を伸ばせば、しっとりとした中国の雰囲気がこちらのイベントで味わえますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: ロウソク祈願四堂巡り
  • ・場所: 唐人屋敷会場
  • ・日時:2月8日~21日
  • ・参加受付時間: 土神堂前にて11:00~21:00
  • ・料金: 500円

長崎の2大祭りの魅力、いかがだったでしょうか?どちらも異国情緒あふれるこの地ならではのイベントでしたね!様々な見どころや魅力、そしておいしい屋台料理などが楽しめるこのフェスティバルで、テンションが最高潮に達すること間違いなしですね!

国内外を問わずたくさんの観光客が訪れ、期間中は非常に活気があふれています。また、会場や屋台で出されるグルメも美味しい。本格的な中華を食べながら、踊りや神輿、ランタンを眺めて歩くのは楽しいですよ。ぜひ足を運んでみてくださいね。
最終更新 : 2016年08月26日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

長崎市  長崎 

この記事に関係するジャンル

花火大会