美瑛の青い池は、ぜったいに見たい絶景!自然の色とは思えない、鮮やかなコバルトブルーが神秘的


美瑛の「青い池」ってご存知ですか?北海道の旭川近郊にある人気観光地なんですよ。雑誌やメディアで取り上げられ、じわじわと話題を呼んでいます。そんな不思議な魅力があるこちらの名所を、写真と共にご紹介していきたいと思います。

神秘的な場所が多数ある「美瑛町」

白金温泉にむかう白金街道という道路沿いに看板があって、そこを進むとこの神秘的なスポットに巡り会えます。

硫黄沢川や白ひげの滝から流れるアルミニウムを含んだ水と美瑛川とが混ざり「コロイド」という粒子が生成され、太陽からの光も相まることから、水面が青く見えるのだとか。季節やタイミングによってミルキーな色合いや、鏡のように透き通ったさわやかな湖面、ディープブルー、雪化粧した幻想的な雰囲気など、様々な姿に変化します。

美瑛町の神秘的スポットのひとつ「青い池」

美瑛町の神秘的スポットのひとつとして知られているのが、「青い池」です。エメラルドグリーンのキレイな池の色はこの世のものとは思えないような、まさに絵画の中に入りこんだような不思議な気分にさせてくれると評判です。

それだけの美しさのため、アップルがMacの壁紙の一つに採用したことでも話題になったこともあるほどです。

見る角度や季節で表情が変わります!

青い池は、この角度の写真ばかりが取り上げられますが、他の場所でもとてもキレイなものです。
ますます青い池に行きたくなっちゃう写真をご紹介します。

季節や天候によっては、ここまでキレイなコバルトブルーが見れるみたい♪

もうちょっと引きで見るとこんな感じ。意外とこの池って広いのです。

上から見た「青い池」。 高所作業車から俯瞰撮影した貴重な写真だそうです。

なぜ青く見える?

青い池を作り出している原因は「アルミニウム」。 その源流をたどると、そのアルミニウムを流している滝が見れちゃいます。それが 「白髭の滝」。   
こんなにも綺麗で神秘的な青い池。でも、実は人工池って知ってますか?でも、その素晴らしい色を創りだしたのは紛れもない偶然。人のチカラと自然のチカラ、そして化学が起こした奇跡!そんないくつもの偶然が重なってできたのが「青い池」なんですね。

でも国土地理理院発行の2万5千分の1地形図では、水たまりとされているので水面は描かれていないそうですよ!こんなにもきれいなのに水たまりだなんてちょっとおもしろいですね。


ベストシーズンはいつ頃?

ここまで紹介したように、青い池は「コバルトブルー」の色を見るのがひとつの醍醐味です。
ですが、季節と天候によっては全然曇った色になっちゃいます。

タイミングを外した時の「青い池」の色。

ベストシーズンは5月中旬~6月下旬(7月に入ってからでも大丈夫とは聞いた事もあります)。
そして天候が良い日がベスト。雨が振ってしまうと、直後はちょっと濁っちゃうみたいです。
また、風もできるだけ無い日のほうが、鏡のように澄んだ水面を見ることができます。

せっかくの神秘的な景色を見に来たのに、水が曇っていたらがっかりですよね。訪れる前日にはしっかりとお天気のチェックが必須!この青い池に魅了されてしまった人もいます。青い池を写真撮影することに長けており、青い池の達人と呼ばれている方がいます。

その達人おすすめのタイミングとは?晴れの日はもちろんですが、最も綺麗なのは早朝だそうです。この時ばかりは池の中の木も青く見えるとか。誰もいない早朝の青い池は一層神秘的です。

最もきれいに見える時間帯は?

より美しい青を見たいなら断然早朝がおすすめです。 朝は空気自体も青みががかっているので、池の中の木も青くうつります。 夜明けに池が明るくなっていくとともに、池全体が青くなっていき、背後の山から水面へ光が差し込む瞬間はとても幻想的です。

晴れの日は空の青が映り込むので、よりきれいなブルーに見えます。お昼頃には風がでてくるので水面に波が立ち青くみえづらい時があるので、そういった条件でも朝がおすすめと言えます。

静寂の中で眺める青い池は、凛とした澄み切った空気と幻想的な景色に包まれ、ほかに代えがたい気持ちにさせてくれるはずです。

ゆっくり巡るなら、美瑛で一泊、早朝スタートがおススメ!

美瑛の観光スポットや青い池をゆっくりと巡って景色を楽しみたい!という人には、一泊することをおすすめします。

青い池がキレイに見える時間帯と言えば、空気がキレイな朝方です。ですから、前の日はお宿で少し早目に寝て、朝早くから青い池を見に行き、その後、色んな感動的な景色が見れるスポットへと足を運んではいかがでしょうか?

宿泊施設や土産店が充実「白金温泉街」

宿泊で美瑛に訪れる人におすすめの場所が、「白金温泉街」です。こちらは宿泊施設や土産店が充実していますよ。

「白金温泉街」は、十勝岳北麓にある温泉で、針葉樹林の中にある高原温泉となっています。そのため自然に囲まれた中で、温泉に浸かることができるんですよ。温泉周辺に白樺林があるのですが、自然遊歩道があるので、お散歩を楽しむこともできます。

付近のグルメスポット

ここでは、美瑛の青い池付近にある美味しいと評判のグルメスポットをご紹介させていただきますね。お腹がすいた時にぜひ立ち寄ってください。

白金インフォメーションセンター・ビルケの森

白金インフォメーションセンター・ビルケの森は、お土産品を購入できたり、さらにはレンタルサイクル、パークゴルフなどを楽しむことがきる施設です。

このセンター内にあるレストランからは、自然豊かな景色が眺められると評判で、こちらで食事をいただくと心まで満たされる!と人気があるんですよ。自然の中でいただく料理はどれも格別の美味しさです。

■ 基本情報

歩人

美味しい洋食ランチを堪能したい!という人におすすめしたいお店が、歩人です。こちらでは美瑛の美味しい食材を余すことなくいただくことができますよ。

お米は深川産、パンは旭川、珈琲は美瑛、ジュースは道内生産者から、牛乳は美瑛産、ヨーグルトはそれを原料に自家製しています。さらに、虹鱒は上川町となっていて、メインのハム・ソーセージはすべて自家製で抜群の美味しさです。

■ 基本情報

  • ・名称: 歩人
  • ・住所: 北海道上川郡美瑛町美沢美生
  • ・アクセス: 美瑛市街地より白金温泉に向かって車で約15分
  • ・営業時間: 10:00~18:00 (LO 17:00)
  • ・定休日: 火曜・第2月曜
  • ・電話番号: 0166-92-2953
  • ・料金: 1000円~
  • ・公式サイトURL: http://www.hobbito.com/


青い池へのアクセス方法

地図的には、旭川と富良野から大体同じくらいの距離。そして旭川空港から車で約40分の場所にあります。

青い池の近くには、観光客用の大型の駐車場もあります。

青い池の詳細情報&地図

■ 基本情報

  • ・名称: 白金青い池
  • ・住所: 北海道上川郡美瑛町白金
  • ・アクセス: JR美瑛駅から約17km、白金温泉から2.5km
  • ・営業時間: 見学自由
  • ・定休日: 「美瑛ヘルシーマラソン」開催日は見学できません
  • ・電話番号: 0166-92-4378(美瑛町観光協会)
  • ・料金: 無料
  • ・駐車場: 乗用車100台、バス10台
  • ・オススメの時期: 雪解けの春~積雪前まで(※冬季は閉鎖しています)
  • ・公式サイトURL: 美瑛町観光情報サイ


美瑛の「青い池」の魅力は伝わりましたか?冬季はライトアップされ、その期間中は観光が可能です。時間帯や季節によって様々な表情を見せてくれるので、どんな色に出会えるかも楽しみの一つ。パワースポットとしても注目されているので、ぜひ訪れて神秘的な力を体感してほしいです。

おすすめは早朝。日中になると混雑してくるので、朝9時頃までに行ってゆっくり眺めるのが良いかと思います。同エリアには 源泉かけ流し100%の白金温泉の宿があり、旅の疲れを癒してくれます。

白ひげの滝もありますので、こちらにも足を運んでみてはいかがでしょうか。ウィンターシーズンに来訪する際は、ダウンジャケットなど厚手の上着で防寒をしっかりとして、お出かけくださいね。
最終更新 : 2016年06月01日

この記事に関係するエリア

美瑛 

この記事に関係するジャンル

美瑛の池    絶景 

この記事を見た人にオススメの記事