夜景と花火大会のコラボが美しすぎる!おすすめ8選


花火大会の季節がやってきました。今年も楽しみですね。花火大会のなかでも夜景とのコラボレーションが美しい花火大会をまとめてみました!

長崎や神戸、東京など様々な場所で夜景がきれいな花火大会が開催されていますよ!

1.東京湾花火大会

毎年約68万人が訪れ、打上玉数は約12000発の東京湾花火大会。尺五寸玉10発が見もので、都心では最大規模の花火を見ることができます。また、キャラクターやハートの花火を楽しめるのも特徴です。
夜景とともに美しい花火を見られる花火大会です。

おすすめ観覧スポット①「有明スポーツセンター」

有明スポーツセンターは、お台場から少し離れているので意外と穴場のスポットです。展望台やベンチもあるので、落ち着いて花火を見ることができます!

展望台は人気なので、18:00ごろにはいっぱいになってしまうので、早めに場所取りを市に行きましょう。屋外にも観覧スペースがあるので、比較的すいているスポットですよ♪

おすすめ観覧スポット②「潮風公園」

芝生の上でのんびり花火を見るなら、「潮風公園」がおすすめです。お台場エリアで1番大きい公園で、芝生の上でリラックスしながら花火を楽しめますよ!

芝生の上でということでかなり人気のスポットなので、早めに席を確保しておく必要があります。

おすすめ観覧スポット③「アクアシティお台場」

アクアシティお台場では、花火大会当日に屋上を無料開放しています。自由席というわけではなく、1,000席の指定席が用意されていて、当日にチケットを配るというスタイルになっています。

無料で確実に席が確保できるなんて嬉しいですね!こちらのチケットはかなり人気なので、早く入手しに行くのがおすすめですよ!

おすすめ観覧スポット④「豊洲公園」

豊洲公園は、かなりきれいに花火が見えることで知られているので、席取りの激戦区になります。当日はかなり多くの人が集まり、会場が満員になると入場規制が入ってしまいます。

おすすめ観覧スポット⑤「竹芝ふ頭公園」

竹芝駅からアクセスの良い竹芝ふ頭公園は、レインボーブリッジやお台場を背景に花火を楽しむことができます。その構図のよさから人気が高いため、16:00頃には席取りの人で混み合います。

竹芝駅を使うのが一番便利ですが、当日はかなり駅が混雑してしまうので、浜松町駅などを使って少し歩くと混雑を避けることができます。

■ 基本情報

  • ・名称:東京湾花火大会/東京湾晴海追頭沖会場、晴海ふ頭公園
  • ・住所:晴海ふ頭公園:東京都中央区晴海5
  • ・アクセス:都営地下鉄勝どき駅A3出口から徒歩15分、東京メトロ月島駅から徒歩20分、JR越中島駅から徒歩30分、東京メトロ豊洲駅から徒歩30分、都営地下鉄東銀座駅から徒歩30分
  • ・営業時間:19:00~20:20(予定)
  • ・電話番号:03-3248-1561(東京湾大華火祭実行委員会事務局)
  • ・料金:無料席、有料席あり(晴海個人協賛会場1口7000円)、日の出会場1口7000円、豊洲第一会場1口5000円
  • ・オススメの時期:毎年8月第2土曜日に開催


2.神奈川新聞花火大会

2015年で第30回を迎える神奈川新聞花火大会。毎年、15000発の花火を見に、約20万人の人が訪れる花火大会です!

毎年、みなとみらい近辺のロマンチックな夜景と花火の美しい景色のコラボを見せてくれる花火大会です♪

花火鑑賞券

花火鑑賞券は、有料席のチケットになります。観覧場所は、カップヌードルミュージアムと臨海パークになります。席は自由席となりますが、お手頃な価格で入手できるので、とりあえず確実に場所だけは確保したいという方におすすめです。

大人2,600円、子ども500円なので、家族で気軽に予約ができそうですね!

協賛券

確実に花火が見られて、場所取りなどの作業がない有料席が良い!という方は、協賛券をチェックしてみてください♪臨海パークの最前列で、花火と夜景を楽しむことができるチケットなんですよ!

料金は7,200円とかなり高いですが、ビールorソフトドリンク2杯とお菓子の詰め合わせがついています。記念日など何か特別な日に、このチケットで花火を見に行くのもいいかもしれませんね。

■ 基本情報

  • ・名称:神奈川新聞花火大会
  • ・住所:横浜みなとみらい21臨港パーク前面海上
  • ・アクセス:JR・東急東横線・みなとみらい線・横浜市営地下鉄「横浜駅」から徒歩20分、JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩15分、横浜市営地下鉄「高島町駅」から徒歩15分、みなとみらい線「新高島駅」「みなとみらい駅」から徒歩10分
  • ・営業時間:19:00~20:30(予定)
  • ・電話番号:045-227-0744(神奈川新聞花火大会事務局 平日10:00~17:00)
  • ・料金:有料席:花火今日三席7200円、花火鑑賞券大人1名2600円、子供1名500円※小学生未満は無料
  • ・オススメの時期:2015年8月4日(火)予定
  • ・公式サイトURL:http://www.kaikosai.com/


3.みなとこうべ海上花火大会

兵庫県最大の花火大会である「みなとこうべ海上花火大会」。神戸市の美しい夜景をバックに花火が打ち上げられていきます。海に映る花火の景色も格別ですね♪

打ち上げ前には、打上場所を囲むように海辺へ観客が集まってきます。約28万人の人が集まる大花火大会です。

おすすめの観覧ポイント①「ホテルオークラ神戸」

ホテルオークラ神戸は、窓から花火を楽しむことができます!ホテルに宿泊orホテル内のレストランで花火を見るのがおすすめです。

レストランはフランス料理や鉄板焼き、和食など様々なジャンルのお店があるので、美味しい料理を堪能しながら、夜景と花火を見ちゃいましょう♪

おすすめ観覧ポイント②「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」

神戸メリケンパークオリエンタルホテルといえば、外観が特徴的で有名ですね!こちらのホテルでは、特等席で花火を見ることができる宿泊プランが用意されています。

なんとテラスの特等席でディナーを楽しみながら、花火を見ることができます。創作フレンチやバイキング、それぞれのレストランの特別ディナーなどが選べるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめ観覧ポイント③「神戸ポートピアホテル」

神戸ポートピアホテルでも、花火大会用のオリジナルプランが用意されています。日本料理付きのプラン、ビューバス&ハーバービューデラックス、エグゼクティブフロアがあります。

「ビューバス&ハーバービューデラックス」は、なんと部屋から夜景と花火が見えるので、このプランがおすすめです!細やかなサービスが欲しいということでしたら、専用ラウンジで花火を楽しめる「エグゼクティブフロア」がおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称:みなとこうべ海上花火大会
  • ・住所:神戸港(新港突堤沖海上)
  • ・アクセス:JR三ノ宮駅、阪急て電鉄・阪神電鉄神戸三宮駅から徒歩20分
  • ・営業時間:19:30~20:30
  • ・電話番号:078-333-3330(神戸市総合コールセンター)
  • ・料金:椅子自由席:3100円、一般販売は6月中旬~、当日券あり、3600円。なくなり次第終了
  • ・オススメの時期:2015年8月8日(土)
  • ・公式サイトURL:http://www.city.kobe.lg.jp/


4.隅田川花火大会

1733年の江戸中期に始まった、伝統と格式誇る花火大会です。約2万発、第1会場と第2会場に分けて打ち上げられます。毎年約95万人もの人が集まります!

都心で行われるため、夜景とのコントラストも美しい花火大会です。スカイツリーや、花やしき遊園地、浅草ビューホテル、両国第一ホテルなどでも有料の観覧席が設けられています。

■ 基本情報

  • ・名称:隅田川花火大会
  • ・住所:東京都墨田区・台東区隅田川桜橋下流~言問橋上流(第一会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第2会場)
  • ・アクセス:東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅から徒歩15分、東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅または都営地下鉄蔵前駅から徒歩5分(第二会場)
  • ・営業時間:19:05~20:30頃まで
  • ・電話番号:04-5246-1447(隅田川花火大会実行委員会事務局)
  • ・料金:市民協賛席1口5000円
  • ・オススメの時期:2015年7月25日(土)に開催予定
  • ・公式サイトURL:http://sumidagawa-hanabi.com/


5.宮島水中花火大会

日本の花火百選で最高のロケーションといわれる花火大会。多くの人が宮島に集まります。水中花火200発、尺玉40発を含む約5000発を楽しめる花火大会です。

巌島神社鳥居前は、真正面に花火が上がり、絶好の写真スポットです。

■ 基本情報

  • ・名称:宮島水中花火大会:嚴島神社大鳥居沖
  • ・住所:広島廿日市市宮島町
  • ・アクセス:JR宮島口液からフェリーで10分、広島電鉄広電宮島口駅からフェリーで10分、広島港宇品旅客ターミナルから高速船(瀬戸内シーライン)23分、宮島港下車
  • ・営業時間:19:40~20:40を予定
  • ・電話番号:0829-44-2011(宮島観光協会)
  • ・料金:有料観覧席1口5000円
  • ・オススメの時期:毎年8月11日に開催予定
  • ・公式サイトURL:http://www.miyajima.or.jp/event/event_hanabi.html


6.関門海峡花火大会

2015年で28回目を迎える花火大会。海峡をはさむ福岡県北九州市の門司と山口県の下関、両岸で合同開催されるめずらしい花火です。

関門海峡は、1千万ドルの夜景と言われる夜景スポットなので、夜景をバックに打ち上げられる花火が美しい花火大会です。

■ 基本情報

  • ・名称: 関門海峡花火大会
  • ・住所:関門海峡
  • ・アクセス: JR門司港駅から徒歩5分
  • ・営業時間: 19:50~20:40、開会式は19:40~予定
  • ・電話番号: 093-331-8781(海峡花火大会実行委員会門司)
  • ・料金: 特別今日三席:5名席1万2000円ー当日券なし、環境整備協力席B席1名500円ー当日券のみ(エリア入場券)
  • ・オススメの時期: 2015年8月13日予定
  • ・公式サイトURL: http://hanabi.moji-retro.com/


7.ながさきみなとまつり

稲佐山や風頭公演などの高台からの夜景は、世界新三大夜景に認定されており、夜景と花火を楽しむのもおすすめです。自然素材でつくられたエコ花火をしようし、環境負荷が少ないことで有名です。

■ 基本情報

  • ・名称: ながさきみなとまつり
  • ・住所: 長崎県長崎市 長崎水辺の森公演、長崎港
  • ・アクセス:JR長崎駅から長崎電気軌道1番系統正覚寺行にのり5分、出島電停下車徒歩3分
  • ・営業時間: 20:20頃~20:50頃
  • ・電話番号: 095-822-0111(ながさきみなとまつり実行委員会)
  • ・料金: 有料席はなし
  • ・オススメの時期: 2015年7月25日(土)~26日(日)
  • ・公式サイトURL: http://www.minatomatsuri.com/


8.琵琶湖花火大会

今年で32会目を迎える琵琶湖花火大会。色とりどりの花火が上がります。毎年約35万人の観客が足を運びます。中でも水中スターマインとよばれる湖面に扇形を描く花火が最大の見所になっています。大津市の夜景を背景に打ち上げられる花火は圧巻です。

■ 基本情報

  • ・名称: 琵琶湖花火大会
  • ・住所: 滋賀県大津港沖水面一帯
  • ・アクセス: 京阪電鉄浜大津駅から徒歩5分、JR大津駅または膳所駅から徒歩15分
  • ・営業時間: 19:30~20:30
  • ・電話番号: 075-511-1530(びわ湖花火大会実行委員会事務局)
  • ・料金: 有料席:前売り券3800円、当日券4300円(3歳以上の子供は同一料金で有料)
  • ・オススメの時期: 2015年8月7日(金)予定
  • ・公式サイトURL: http://www.biwako-visitors.jp/hanabi/

いかがでしたか?ぜひ夜景と花火、夏を満喫してきてください♪東京、長崎、神戸、広島と、色々な場所で夜景がきれいな花火大会が開催されているので、近くのものに行ってみてくださいね!
最終更新 : 2016年05月26日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

月島・勝どき  浅草  横浜・みなとみらい  大津  三宮・元町・新神戸  大竹・廿日市  北九州  長崎市 

この記事に関係する旅の目的

花火大会 

この記事を見た人にオススメの記事