道後温泉で絶対おすすめな人気旅館・ホテル16選。千と千尋の神隠しの湯屋のモデルも!


道後温泉といえば「坊ちゃん」で有名となった、愛媛の代表的な観光地。日本三古湯の1つとも言われています。3000年以上の歴史があり、中心街にある道後温泉本館は重要文化財に指定されている、唯一の温泉施設です。またジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとされていることでも有名ですね。

ライトアップされた温泉街では浴衣をきて散策している人も多く、湯上りに地ビールや坊ちゃん団子を食べるのも道後温泉の醍醐味ではないでしょうか。今回は、道後温泉で行きたいおすすめ宿や、グルメについて紹介していきます。

古くからの歴史が絶えることなく受け継がれてる場所は少なくなってきていますが、「四国八十八か所」詣りで今でも愛される場所、四国を代表する観光地は一度見たら忘れられませんよ。道後温泉で古の良さを体感してみて下さいね!名所でありながら歴史の道後温泉のお宿でゆっくり寛いで下さいね。

「道後温泉」とは?

愛媛県松山市の温泉、道後温泉。その歴史は古く、万葉集の時代にまでさかのぼります。 日本三大古湯のひとつに数えられていますが、愛媛県の古称「伊予国」も、「湯の国」がなまったという説があるほど。 まさに、日本最古の温泉に相応しい歴史を持っているのです。

1・道後温泉で知名度№1!道後温泉本館

温泉入浴施設として唯一の重要文化財

道後温泉本館は、戦前に建築された歴史ある建物(近代和風建築)で、街のシンボル的存在であり、1994年に国の重要文化財(文化施設)として指定されました。

また、共同浴場番付において、東の湯田中温泉大湯と並び西の横綱に番付けされているほか、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において2つ星に選定さています。そのため、日本人だけでなく多くの外国人観光客も訪れてきます。

明治27年に建築された三層楼の建物で、近代的なホテルや商店街の中にあり、ひときわ風格ある悠々たる雰囲気の施設ですよ。周囲のホテルなどに泊まっても、わざわざこちらのお湯に入りにくる観光客も多いそうです!

『千と千尋の神隠し』油屋のモデル

ひと目見てピンと来る人もいると思いますが、道後温泉本館はあの『千と千尋の神隠し』の、油屋のモデルになったと言われている建物です。異空間にいるような、不思議な世界を体感したい人はぜひ訪れていただきたい場所です。

『千と千尋の神隠し』の油屋は、木造による重厚な重層構造の共同湯として描かれています。製作元は、大いに参考にした場所として紹介しているのですが、その建物といい雰囲気といい、まさに『千と千尋の神隠し』の世界ですよね♪


夏目漱石『坊っちゃん』の舞台

夏目漱石の名作『坊っちゃん』の舞台としても有名な道後温泉。1895(明治28)年、松山市の旧制松山中学に英語教師として赴任した夏目漱石。

当時はまだ新築で木の香り漂う道後温泉本館に、友人の正岡子規や高浜虚子と連れ立って来ていたそうです。彼は毎日のようにここに通い、代表作『坊っちゃん』の中では“住田の温泉”として登場させています。道後温泉本館には、坊っちゃんの部屋もあります。

坊ちゃんの間は、3階にあり、入浴料を払った入館者は、無料で見学できるようになっています。『坊っちゃん』の登場人物のモデルになった松山中学時代の同僚の写真や、赴任当時の漱石・と妻の鏡子、などの写真なども公開されていますよ。

入浴のパターンは4つ

道後温泉本館への入浴パターンはこの4つがあります。行く前にこの入り方は要チェックです!

①神の湯 階下

昔から市民に愛されてきた神の湯は、1階に男湯が2つ、やや大きめの女湯が1つ用意されています。共に昔から地元の人に利用され続けてきたもので銭湯と同じ感覚で利用することができます。

利用時間は1時間内と制限されているので、さっと短時間でさっぱりしたい!という時におすすめです。そのため、価格もリーズナブルで利用することができますよ。ただし、1時間以内の利用となります。

熱めのお湯なので、長湯はできないので、1時間以内という制限は、ちょうどよいかもしれませんね。また、タオルなどは自分で持ち込む必要がありますが、味のある湯船と日本画などで、昔の雰囲気たっぷりの中でお湯に浸かることができるので、満足できますよ!


②神の湯 2階

せっかく来たのだから、少しはゆっくりと温泉を楽しみたいという人におすすめなのが、休憩も一緒にできる神の湯 2階です。横になれるスペースを利用することができるので、旅の疲れを癒すのに最適です。

お風呂は、1階にある湯殿を利用します。地元の人が多いので、旅の情緒を感じることができます。ゆっくり道後温泉情緒を味わうのであれば、この2階席がオススメです。

神の湯1階の入浴料にプラス400円ちょっと追加することで、2階の大広間での休憩ができるプランです。 湯玉模様の貸し浴衣や、おせんべいが付いてきますよ。時間が許せば、この2階席以上に上がってゆっくりと楽しみたいですね。


③霊の湯 2階

霊の湯は、神の湯とは違う湯殿になります。少し小ぶりの湯殿は、神の湯とは違う雰囲気で落ちついて入浴ができると人気があります。

静かなにゆったりと温泉に浸かって、自分の世界に入りたい!という人には特におすすめです。本館ならではのゆっくり動く時間を体感することができますよ。こちらも1時間以内の利用となります

2階にある霊の湯に入浴して、②の神の湯2階の休憩スペースとは別の2階の広間で休憩できるプランです。湯玉模様の貸し浴衣、貸しタオル1枚、おせんべいが付いてきますよ。料金は、②の神の湯2階の料金にさらに400円程度です。


④霊の湯 3階個室

もっともゆっくり道後温泉本館を過ごすのであれば、霊の湯3階個室がオススメです。数に限りがあるので、いっぱいで利用できないこともありますが、やはり個室で過ごす時間はどこにも真似の出来ない贅沢なひとときで、時の流れを忘れさせてくれます。

霊の湯でじっくりと体を温めた後に、個室でゆったりとした時間を過ごすことができるので、日頃の疲れも取れると評判です。1時間20分以内の利用となります。

③の霊の湯2階のプランにプラス300円程で、のんびりできる個室を利用でき、時間もゆっくり過ごせます♪さらに、貸し浴衣は白鷺模様に、茶菓子は坊ちゃん団子にグレードアップしますよ!ぜひ、一度はこのプランを利用してみたいですね!


カップルにもおすすめ

普通、一緒にはなかなか楽しめないカップル温泉ですが、足湯なら大丈夫!もちろん、お子さん、家族連れも楽しめます。

おすすめの入浴時間

道後温泉へのおすすめな入浴時間をご紹介します。(時間によって混み具合や見られるものが変わるので、これも要チェック!)

①一番風呂の開始を告げる「刻太鼓」と共に入浴できる「早朝」

通年、朝6時から太鼓の音とともに入浴できることが名物となっています。客はもとより、朝湯を楽しむ観光客も多いんだそうです。

一番風呂の開始を告げるのが、本館の振鷺閣から鳴り響く「刻太鼓」。朝だけでなく、正午、夕方、ドーンドーンと迫力ある音がこだまします。「刻太鼓」と共に朝風呂を楽しむと、その日1日がエネルギッシュになれると評判です。

早朝がおすすめな理由としては、やはり比較的すいているということですね!連日多くの入浴客でにぎわうこちらの温泉を、なるべくのんびりとした気分で味わいたいという方は、ぜひ早朝の入浴を狙ってみてくださいね♪


②ライトアップされた道後温泉を外から眺められる「夜」

純和風の温泉建築は毎晩ライトアップが行われ、その荘厳な姿を闇に浮かび上がらせ観光客の目を楽しませてくれます。

三階の屋上に設置されている振鷺閣が赤い光で妖しく光り、その上には道後温泉の白鷺伝説にちなんだ白鷺像。この二つがアクセントとなって情趣に富んだ景観を作り出しています。異空間を訪れたような不思議な気分になれると人気があります。

2015年には、「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」というアートフェスで、改築121年目を迎えた道後温泉本館が、その建物全体を使った大規模な作品として、蜷川作品独特の艶やかな色彩で彩られました。夜間には南側3階で映像作品が投影され、雅な雰囲気を楽しめました。このようなイベント期間に夜の道後温泉本館を訪れてみたいですね♪

■ 基本情報

  • ・名称: 道後温泉本館
  • ・住所: 愛媛県松山市道後湯之町6-8
  • ・アクセス: 松山市駅から16分 松山空港からリムジンバスで40分
  • ・営業時間: 6:00~23:00
  • ・定休日: 無休(一日臨時休館)
  • ・電話番号: 089-943-8342
  • ・料金: 410円~1,550円
  • ・所要時間: 1時間
  • ・公式サイトURL: http://www.dogo.or.jp/pc/

他にもあるおすすめ旅館・ホテル

道後温泉は本館だけではありません!他にもおすすめな旅館やホテルがあるのでご紹介します。

2・ホテル椿館

坊っちゃんやマドンナのお出迎えと勇壮な水軍太鼓ショーが楽しめるホテルが、ホテル椿館です。ロビーが吹き抜けになっているので、とっても開放感がありますよ!

道後温泉本館からもすぐ近いので、道後散策にはもってこいのホテルです。また、食事は、季節の会席料理となっているので、旬の食材を思う存分堪能することができますよ。温泉で疲れを癒した後に部屋でゆったりとくつろぐと、気分もリフレッシュできます。

お部屋は、和室や洋室の他、檜風呂や、つぼ庭付き露天風呂が付いた特別室などもあります。夜には、ロビーにて大迫力の水軍太鼓ショーが行われます。勇壮な水軍太鼓の演奏は、こちらのお宿の大人気のイベントですよ♪

■ 基本情報

  • ・名称: ホテル椿館
  • ・住所: 愛媛県松山市道後鷺谷町5-32
  • ・アクセス: 道後温泉から徒歩5分
  • ・電話番号: 089-945-1000
  • ・公式サイトURL: http://www.tsubakikan.co.jp/

3・道後 湯の宿 さち家

木の香り漂う玄関で出迎えてくれる全8室のこじんまりした宿が、道後 湯の宿 さち家です。隠れ家風の和モダンな雰囲気で、趣向を凝らした瀬戸内の地場素材を使った旬の懐石料理が自慢の宿でもあります。

露天風呂はありませんが、少しぬめりを感じる柔らかな湯は、道後温泉本館と同じ100%源泉のかけ流しの湯。道後温泉本館まで徒歩1分と好立地ですが、路地奥の車の通らない場所に位置しているので、静かに過ごすことができます。

すべて和室の客室は、少しづつ色合いを変えてあり、クラシックな雰囲気で落ち着ける空間ですよ。無料ドリンクコーナーとソファーのある寛ぎサロンでは、ドリンクをいただきながら談笑できる場所としていいですね♪

大浴場には、資生堂 TUBAKIのシャンプー・コンディショナーやボディソープ、脱衣所には、化粧水・ 洗顔料 ・メイク落とし・ 綿棒・コットン・ 輪ゴム・ ブラシ等のアメニティも揃っています。また、21:00以降は貸し切りで利用することができるそうですよ♪

■ 基本情報

  • ・名称: 道後 湯の宿 さち家
  • ・住所: 愛媛県松山市道後湯之町13-3
  • ・アクセス:道後温泉駅前から徒歩3分
  • ・電話番号: 089-921-3807
  • ・公式サイトURL: http://www.dogo-sachiya.com/

4・道後温泉 大和屋本店

館内には本格的な能舞台があることが有名なお宿が、道後温泉 大和屋本店です。数寄屋造りの純和風旅館には、野趣あふれる露天岩風呂、宿自慢の日本庭園を眺めながらゆったり入れる内湯があり、道後の引き湯が堪能することができます。

また、和空間でのエステは女性に人気があります。瀬戸内自慢の旬の食材を日本料理、西洋料理、中国料理と好みで選べるのも嬉しいポイント。部屋食プランはなく、個室料亭でいただけるのもまた嬉しい特徴でもあります。もてなしの心が感じられる高級宿として知られています。

夏限定開催の湯上りビアバイキングもおすすめですよ。日本料理、西洋料理、中華料理のそれぞれの専門のシェフが腕をふるうお料理バイキングと生ビールや氷点下のハイボールなどの飲み食べ放題(90分)と入浴サービスがセットになって、4,000円です!

■ 基本情報

  • ・名称: 道後温泉 大和屋本店
  • ・住所: 愛媛県松山市道後湯之町20−8
  • ・アクセス: JR松山駅から車で約15分 
  • ・電話番号: 089-935-8880
  • ・公式サイトURL: http://www.yamatoyahonten.com/

5・ホテル花ゆづき

道後温泉にある唯一のシースルーエレベーターで、館内は吹き抜けになっていて開放感抜群のホテルです。11階には道後や松山を一望できる露天風呂もあり、ライトアップされた松山城や星空を眺めながら入れる最高のロケーション。熱めと温めのお湯はお好みで!

大浴場も開放感あるガラス張りで手足を広げのんびり入浴できるのも嬉しいポイントです。

客室は、ゆっくりとくつろげる落ち着いた雰囲気の和室や、ベランダに足元からじんわりと温まる足湯が付いているお部屋、広々としたお部屋に、周りの目を気にすることなくゆっくりと温泉を楽しめる露天風呂付のお部屋などがありますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: ホテル花ゆづき
  • ・住所: 愛媛県松山市道後湯月町4-16
  • ・アクセス:道後温泉駅から徒歩5分
  • ・電話番号: 089-943-3333
  • ・公式サイトURL: http://www.hotel-hanayuzuki.jp/index.shtml

6・茶玻瑠 CHAHARU

松山空港から車で30分。道後温泉本館からすぐの場所にあり、観光の拠点はもちろんゆっくり浴衣で散策できます。道後温泉初の露天風呂は城下町を眺められ季節で咲く花々を楽しめます。夜空を眺めながらバラ風呂も優雅ですよ。

客室数71室あり、落ち着いた和室、洋室、和モダンルーム、貴賓室とさまざまなタイプのお部屋が用意されています。食事は好きなものを選べるビュッフェタイプや季節の料理が味わえるモダンな雰囲気のレストラン・部屋食から選べ、朝ごはんは目の前で料理してくれるビュッフェで、出来立てが楽しめます。

ケーキや花束なども誕生日や記念日に用意してくれるのでお祝いにもおすすめ!カフェやバーもあり、庭園を散歩したり、館内でゆっくり過ごせる宿です。 展望ラウンジもあり湯上りに休憩しながら松山の夜景を楽しむことも出来ます。

1階ある大人な雰囲気のバーでは、お食事後のお酒を楽しむ場所としておすすめですよ。カウンターには、ワインサーバーが置かれていて、常時8種の世界のワインをグラスでいただくことができます。ビールや日本酒、各種カクテルなどもあるので、お好みのものを楽しまれてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称: 茶玻瑠 CHAHARU
  • ・住所: 松山市道後湯月町4-4
  • ・アクセス: 松山空港からバス約35分
  • ・電話番号: 089-945-1321
  • ・公式サイトURL: http://chaharu.com/

7・道後プリンスホテル

館内で16のお湯巡りが出来ますよ!モットーは「このホテルに泊まってよかった」とお客様が思って帰られることなんだとか。「足湯」「大浴場」「露天風呂」と道後最多を誇るホテルの湯巡りを楽しみませんか^^心も体もほっこりになること間違いなしですね。アメニティーも満足いくクオリティー!

色とりどりの浴衣がありますので、時間があれば町の散策はどうでしょう^^浴衣で散策するだけで、非日常を体験できると思いますよ。体を動かした後は、美味しい食事と安らぎの温泉で日常の疲れを癒しましょう。駅からの送迎バスも用意されているので、アクセスもバッチリですね。

誰にも気兼ねすることなく、ゆっくりとしたプライベート空間で、湯浴みを楽しむことができる貸し切り露天風呂もあります。檜、陶器、石、桶と、それぞれ趣のある4種類の湯船で、檜の湯は、バリアフリー対応になっていますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 道後温泉 道後プリンスホテル
  • ・住所: 〒790-0858愛媛県松山市道後姫塚100
  • ・アクセス: JR松山駅から市電で約25分(道後温泉駅下車)※道後温泉駅より無料送迎有。到着時要電話
  • ・営業時間: チェックイン14:30、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-947-5111
  • ・公式サイトURL: http://www.dogoprince.co.jp/omotenashi/

8・道後山の手ホテル

温泉街にありながらヨーロピアンスタイルのホテルで、家族や友人、カップルで楽しめますね。市内にも近く、ロングステイを検討する方もいるのだとか!お湯は、道後温泉の源泉を引いてあり大浴場で思いっきり足を伸ばしましょう~。柔らかなお湯で、湯上りのお肌もつるつる♪嬉しい美容効果です^^

お食事は瀬戸内の食材をふんだんに使った創作フレンチ、楽しい夕食をどうぞ。やっぱりお酒も欲しい!という方も嬉しい、「大様のワイン蔵」とも呼ばれる約1,000種類のワインが(@_@)季節や料理に合わせて出されます。ワイン好きな方にはたまらないですね^^

客室ももちろん、ヨーロピアンスタイル♪木のフローリングに、英国調の家具、壁紙などが素敵なお部屋ばかりです。セミダブル、ダブル、ツインルームの他に、広々とした贅沢な空間のエグゼクティヴルームがありますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 道後山の手ホテル
  • ・住所: 〒790-0836愛媛県松山市道後鷺谷町1-13
  • ・アクセス: 道後温泉駅より徒歩約5分/空港からリムジンバスで35分/JR松山駅より電車又はバスで20分/松山観光港よりバスで50分
  • ・営業時間: チェックイン13:00、チェックアウト12:00
  • ・電話番号: 089-998-2111
  • ・公式サイトURL: http://www.dogo-yamanote.com/

9・道後温泉 ふなや

創業380余年の歴史あるお宿です。千坪の庭園も季節の花で彩られ訪れる方を和ませてくれます。道後温泉本館まで徒歩で約5分!太鼓の音に合わせてお風呂にも行くことが出来る距離ですね^^大浴場のお湯も豊富で近隣でも一番と言われてます。お料理は瀬戸内の旬の味をお楽しみ下さいね。

明治時代には正岡子規や夏目漱石も訪れたお宿!昭和天皇がお泊まりになったお部屋も展示されており、さらには発見された「葵苔」は今も元気に生息しています。一度ご覧になりませんか~。「俳句ラウンジ」のお部屋ありますよ、貴方も俳句を作ってみませんか^^

温泉は、古代檜を贅沢に使用されている檜湯と美しい御影石の浴槽の2つの大浴場と、詠風庭のかたすみにある足湯で堪能することができますよ。湯上り後には、フェイシャルや、英国式リフレクソロジー、ストーンセラピーなどのエステを受けられるのもおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: 道後温泉 ふなや
  • ・住所: 〒790-0842愛媛県松山市道後湯之町1-33
  • ・アクセス:道後温泉駅から徒歩3分、JR松山駅から路面電車で約30分、松山インターから車で約30分
  • ・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-947-0278
  • ・公式サイトURL: http://www.dogo-funaya.co.jp/

10・道後の宿 葛城

道後温泉駅から徒歩で約5分、道後温泉本館まではわずか1分と目の前で、観光には絶好の場所です。明るい時間帯には道後温泉本館まで見渡すこともできます。ロビーに着いたらまず上を見て下さい、明治時代の真っ青な空をイメージした天井がお出迎え。昔ながらの「和」のイメージを守り続けてます。「牛鍋会席」や手作りの和朝食。そして温泉、リフレッシュできて大満足できますよ。

客室は、8畳~最大15畳までの広さがある心落ち着く和室と、和室8畳~9畳のお部屋にゆったりとしたツインベッドが備わっている和洋室があります。また、施設内には、3か所の趣の異なるお食事処もありますよ♪

■ 基本情報

  • ・名称: 道後の宿 葛城
  • ・住所: 〒790-0837愛媛県松山市道後湯月町4-16
  • ・アクセス: 道後温泉駅より徒歩5分、R松山駅より車で15分、松山ICより車で20分
  • ・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-931-5141
  • ・公式サイトURL: http://www.hotel-katuragi.jp/index.shtml

11・宝荘ホテル

温泉街から徒歩で約3分程の高台にあるホテル。お部屋で食事が出来るのが大好評で、ゆっくりと遠慮なく食べれるのは嬉しいですね。「瀬戸内会席料理」を満喫して下さい。露天風呂からは松山市内が一望できるし、夜になると夜景も綺麗なんだそうです。

みかんの産地らしく蛇口をひねると「みかんジュース」が^^大人の方でも嬉しいサービスですが、とくにお子様に大人気なのが頷けます。ロビーでは砥部焼の絵付け体験可能。世界で一つだけの作品ができ、旅の思いでになりますね♪楽しいひとときを!!

道後温泉の中でも一番高い位置にある7階屋上には、展望露天風呂の他、宿泊者専用の足湯も完備されています。道後温泉からの引き湯に足をつけて、ゆっくりとおしゃべりしながら、景色を楽しむひとときを過ごしてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称: 宝荘ホテル
  • ・住所: 〒790-0836愛媛県松山市道後鷺谷町2-20
  • ・アクセス: 伊予鉄「道後温泉駅」より徒歩約5分/松山ICより車で20分/松山空港より車で約30分
  • ・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-931-7111
  • ・公式サイトURL: http://www.takaraso.co.jp/spa/

12・ホテル八千代

「一期一会」を念頭に、訪れた方の出会いを大切にしてるホテル。「和」を基調にしたお部屋は、アンティークな香りで居心地満点!館内も素敵な造りになっているので一見の価値ありです。そこまでこだわって作られているホテルなんですよ♪

愛媛産の食材をふんだんに使用したお食事も見逃せない!新鮮なお刺身、美味しいでしょうね~。ホテルのお勧めは「八千代のポークシチュー」。とろける美味しのようで…食べたい~。お風呂のお湯も道後温泉から引いているこだわり。疲れも飛んでいきますよね。

温泉に浸かって、リラックスするのもいいものですが、こちらのお宿には、女性のためのよもぎ蒸しサロンがあるんですよ。体内の血液循環の促進や美肌効果、リラックス効果、その他にも様々な効果があるよもぎ蒸しを、試してみられてはいかがでしょうか♪

■ 基本情報

  • ・名称:ホテル八千代 
  • ・住所: 〒790-0841愛媛県松山市道後多幸町6-34
  • ・アクセス:市内電車『道後温泉駅』より徒歩約5分、松山自動車道松山ICよりお車で約30分
  • ・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-947-8888
  • ・公式サイトURL: http://www.e-yachiyo.co.jp/

13・古湧園

温泉街の高台にあり松山城下を見下ろせる絶好のポイント。夜の市街地の景色も観光のひとつでしょう。早く到着されたら湯籠を持って近くの温泉めぐりはどうでしょうか?お好みの浴衣を着て、下駄の音が聞こえそう^^お部屋に帰ったら美味しい瀬戸内のお料理が待ってますよ。

岩の間から湧き出たと言われてる道後温泉らしく露天岩風呂や御影石を使って出来ている「白鷺の湯」、サウナ用の水風呂を含めると8つのお風呂があります。全部入れるかな♪24時間入れますが、体調と相談しながら入りましょうね。次の日観光に行く予定の人は時間は制限されますが荷物は預けられます^^

■ 基本情報

  • ・名称: 古湧園
  • ・住所: 〒790-0836愛媛県松山市道後鷺谷町1-1
  • ・アクセス: JR松山駅より車で20分、松山ICより車で30分
  • ・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-945-5911
  • ・公式サイトURL: http://www.kowakuen.com/

14・にぎたつ会館

松山市街や道後界隈の眺めが素晴らしいホテルです。枯流式日本庭園を見るのもお勧めですよ。綺麗に手入れがされていて、ぼ~と眺めていても飽きないし庭園など見てると何時の間にか疲れが取れた感じがしませんか。温泉で疲れをとりましょう。大浴場でほっこりですね^^

郷土料理の「福めん」や瀬戸の鯛料理はいかがですか?瀬戸の海ではまだ一本つりをされてる方もみえますもんね。プランによって色々なお料理が用意されてるのもいいですね。お値打ちな価格なのでお好きなプランを考えるのも楽しいでしょう。朝のバイキングに「お粥」もあります飲みすぎた胃をいたわって~。

■ 基本情報

  • ・名称: にぎたつ会館
  • ・住所: 〒790-0858愛媛県松山市道後姫塚118-2
  • ・アクセス:「道後温泉駅」下車 徒歩5分、「松山IC」より約20分
  • ・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-941-3939
  • ・公式サイトURL: http://www.kourituyasuragi.jp/dogo/

15・ホテルルナパーク

道後温泉本館まで徒歩で1分の好位置にあるお洒落な洋風の建物です。天望露天風呂と五右衛門風呂が人気が高いですよ!お部屋には天窓があり、夜には月明かりがお部屋の中に!とっても神秘的だと思いませんか~。まず到着したら広々としたロビーで寛いでそれからお部屋へgoですね。

お腹すいたら瀬戸内の魚を使った「和会席」が待っていますよ。思う存分召し上がれ!季節に応じて色々な料理を楽しむ事が出来ますよ♪朝の太鼓と同時に、温泉本館まで朝風呂を楽しむのもいいですね。

■ 基本情報

  • ・名称: ホテルルナパーク
  • ・住所: 〒790-0836愛媛県松山市道後鷺谷町5-19
  • ・アクセス:伊予鉄道後温泉駅から徒歩5分、松山空港から車 30分
  • ・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト10:00
  • ・電話番号: 089-931-1234
  • ・公式サイトURL: http://hotel-lunapark.com/index.php

16・別邸 朧月夜

道後温泉は3000年もの歴史ある温泉、旅館やホテルも多くなってますよね。その中でひっそりと隠れ家的なホテルが「別邸朧月夜」です。純和風と近代建築をマッチさせゆっくりと寛ぐことができます。お部屋には露天風呂もあり、好きな時間に入れるので自分のペースでどうぞごゆっくり^^

お料理も海、山の幸を使って思考を凝らして出されます。熱い物は熱く冷たい物は冷たく一番美味しい食べ方で料理に浸って下さいね。道後御茶屋岩露天風呂、道後御茶屋檜露天風呂は凄く趣があります。和風の魅力をふんだんに使ってあるお風呂なので日頃の疲れを癒してくれるでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 別邸 朧月夜
  • ・住所: 〒790-0836愛媛県松山市道後鷺谷町4-4
  • ・アクセス: 道後温泉駅より徒歩にて8分、松山空港より車にて約30分、松山ICより車にて約30分
  • ・営業時間: チェックイン14:00、チェックアウト11:00
  • ・電話番号: 089-915-2222
  • ・公式サイトURL: http://www.oborozukiyo.jp/index.html

道後温泉の歴史

簡単に歴史を振り返ってみましょう。道後温泉で最も有名な建物「道後温泉本館」は1894年に建てられ、1994年に国の重要文化財に指定されています。 夏目漱石の『坊っちゃん』にも描かれ、ご存じの方も多いことでしょう。

そもそも、道後温泉の道後とは、 昔、大化の改新によって置かれた国府から見て 「都の反対側」を「道後」と呼んだことに由来します。

夏目漱石が通ったと言われる「坊ちゃんの間」

昭和41年(1966年)、正岡子規や柳原極堂の生誕100年祭を催した際に、本館3階の一室を夏目漱石ゆかりの「坊ちゃんの間」として定めました。

当時、漱石が湯上りにくつろいだと言われる室内には、漱石の見合い写真や胸像などが飾られていて、当時の様子を想像することができます。入館した人なら、誰でも自由に見学できるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

時間があったら、ぜひ「坊っちゃん列車」も

明治21年から67年間、市民の足として親しまれ、夏目漱石の小説「坊っちゃん」の主人公が乗ったことから、いつしか「坊っちゃん列車」という愛称で親しまれるようになりました。

当時は、蒸気機関車の特徴である黒い煙を吐き出し走っていましたが、現在ではディーゼル車両として復元されています。運行する車掌は、当時を思わせるような出で立ちをしているんですよ。松山の市街地から道後温泉まで景色を楽しみながら当時の雰囲気が味わうことができます。

■ 基本情報


グルメといえば

坊っちゃん団子

夏目漱石の小説『坊っちゃん』の中に、「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」と登場しています。

この小説のモチーフとなったのは、漱石が松山に赴任していた頃の実体験であすが、小説『坊っちゃん』の当時の団子は、湯ざらし団子で、赤餡と白餡の団子を三つ串に刺したもの。伊佐庭如矢町長の発案で、道後温泉本館の東方の丘上で振鷺園と称した庭園内で風詠館と名づけた茶店を経営し売っていたといわれています。

■ 基本情報

  • ・名称: 株式会社うつぼ屋
  • ・住所: 愛媛県松山市平田町230
  • ・電話番号: 089-978-1611

一六タルト

一六タルトは、四国特産の生柚子を使用した、さっぱりとした味わいのタルトです。一口食べると、柚子の香りがふんわりとひろがり、とってもさわやか!白双糖のまろやかな甘さで独特の餡を、やわらかなスポンジで巻き上げた四国名菓です。

洋菓子と和菓子が合わさったようなお菓子なので、若い人だけでなく年齢を重ねた方にも喜ばれるお土産になりますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 株式会社一六本舗
  • ・住所: 松山市道後湯之町20-15
  • ・営業時間: 7:30 ~ 22:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 089-943-0016
  • ・公式サイトURL: http://www.itm-gr.co.jp/ichiroku/index.html

アクセス

道後温泉へのアクセス・地図はこちらを参考にしてみてください。

■ 基本情報

  • ・名称: 道後温泉
  • ・住所: 愛媛県松山市道後湯之町6-8
  • ・アクセス: JR松山駅から予讃線松山駅から伊予鉄道市内電車5号線、または坊っちゃん列車で道後温泉行き終点の道後温泉駅へ(約20分)。
  • ・電話番号: 089-943-8342
  • ・公式サイトURL: http://www.dogo.or.jp/pc/



道後温泉いかがでしたか?「道後温泉本館」の入浴方法もいろいろあり、周辺にも観光スポットも多いので、やっぱり1泊したほうが楽しめそうですね。白鷺伝説などが残る日本最古湯を堪能していただければと思います。時間がある方は坊っちゃん列車もおすすめですよ。

道後温泉の歴史は古いですよね。四国で行きたい所で必ず名前が出てきますね。現在でも脈々と続いてる「四国巡礼」もこの温泉で疲れを癒してまた出かけたのでしょう。町並は変わっても温泉は変わりません、道後温泉は歴史を重んじつつ新しさを取り入れた所です。ぜひ行かれた際にはゆっくりとされて下さい。
最終更新 : 2016年07月07日

この記事に関係するエリア

道後温泉 

この記事に関係するジャンル

ロケ地・舞台  千と千尋の神隠し  温泉 

この記事を見た人が見ている記事