横浜観光でやりたい58のこと。横浜を堪能する方法はこれさえ見れば完璧!

  横浜は国内でも有数の観光地で数え切れないほどの魅力があります!地元の方でも回りきれないような観光スポットもあり、近辺の東京や千葉にも負けない人気があります。山下公園・港の見える丘公園・横浜中華街などの定番観光スポットや有名高級ホテル、ショッピングモールの横浜赤レンガ倉庫・クイーンズスクエア横浜・横浜ランドマークタワーでお土産や買物、華正樓の肉まんや家系ラーメン・横浜ビールなどのグルメなど、めいっぱい楽しめる横浜の魅力的な観光スポットを一挙にご紹介いたします!
まずはおすすめスポットの空き状況を見に行く

1.横浜の観光スポットの特徴

横浜といえば、異国情緒漂う港町。文化的な町並みと現代的な町並み、どちらも楽しめるのが横浜の観光スポットの魅力です。そして、忘れてはいけないのが美しい夜景。特にみなとみらい地区の街を彩る煌きは感動そのものです。

横浜には観光スポットがたくさんあります。中華街のグルメを堪能したり、横浜にしかないミュージアムを体験したり、あとお買い物も楽しみですね。美味しい横浜みやげもお忘れなく!カップルやお友達と一日、楽しく遊びましょう!

 日本を代表する港町・横浜は江戸時代末期に開港されて以降、華々しい歴史を刻んできました。その名残を今なお漂わせる横浜の見どころを定番スポットからディープなスポットまでご紹介していきます。旅行の際はぜひ参考にしてみてくださいね。

2.オススメの観光スポット

2-1.【横浜ランドマークタワー】の展望台に登る

横浜に着くとまっさきに目に飛び込んでくるランドマーク。独特な形も有名ですが、商業施設としても若者や家族連れに人気があります。横浜に初めて訪れた方はランドマークタワー一帯の夜景も楽しんでいくと良いでしょう。デートやプロポーズにもオススメのスポットです。

展望フロアは69階にあります。高さ273mの展望台からは、横浜の景色を一望できるだけではなく、天気がよければ東京スカイツリーや富士山、房総半島まで360°の風景を楽しめます。展望台へは、日本最高速のエレベータで約40秒で到着します!大人の雰囲気のある素敵なレストランもあるので、是非ご利用下さい。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜ランドマークタワー
  • ・住所: 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2−2−1
  • ・アクセス: 桜木町駅(JR・市営地下鉄)から動く歩道で徒歩5分
  • ・営業時間: ショッピング 11:00~20:00 カフェ&レストラン 11:00~22:00
  • ・電話番号: 045-222ー5015
  • ・公式サイトURL: http://www.yokohama-landmark.jp

2-2.【横浜・八景島シーパラダイス】で海の生き物に癒される

横浜にある水族館として日本の中でもかなり有名です。規模も大きく、展示されている生物の種類も多いので、デートにもおすすめです。魚たちが最もきれいに見られるように展示が工夫されているので家族旅行先にもピッタリです。

横浜・八景島シーパラダイスは、海と島のテーマパーク!アクアミュージアムは、500種類10万点の生き物が生息する日本最大級の水族館です。イルカがテーマの「ドルフィン・ファンタジー」、海の生物に触れることができる「ふれあいラグーン」、海育がテーマの「うみファーム」など、一日では遊びきれないほどです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜・八景島シーパラダイス
  • ・住所: 〒236-0006 横浜市金沢区八景島
  • ・アクセス: 八景島駅から徒歩5分
  • ・営業時間: 8時30分~21時30分
  • ・電話番号: 045-788-8888
  • ・料金:2050円から5050円
  • ・公式サイトURL: http://www.seaparadise.co.jp/

2-3.【横浜マリンタワーの展望台】からみなとみらい21を一望する

展望台もあるので横浜のきれいな夜景を楽しむのにおすすめです。展望台だけではなく、このマリンタワーを下から眺めるのも非常におすすめ。きれいにライトアップされることも多いです。横浜で一泊する方はぜひ訪れてみてください。

展望フロアは地上49m。ここから横浜港やみなとみらいの風景を一望できます。山下公園や中華街にも近いので、合わせてご見学下さいね。展望台は30階と29階で、29階にはガラス張りの床があります。地上まで透けて見えるのでスリルがあります!時々イベントも催されているので、ホームページでチェックして下さい。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜マリンタワーの展望台
  • ・住所: 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町15
  • ・アクセス:みなとみらい線「元町・中華街」駅4番出口より徒歩1分
  • ・営業時間:10:00~22:00 
  • ・電話番号: 045-664-1100
  • ・料金: 展望フロア(大人750円/中高生500円/小学生250円/幼児200円/3歳未満無料)
  • ・公式サイトURL: http://www.marinetower.jp/index.html

2-4.【港の見える丘公園】の夜景を堪能する

横浜を堪能し尽くすにはやはり港を見るのは欠かせません。そこでおすすめなのが港の見える丘公園です。海を渡した大きな橋や海を行き交う船も見られるので、景色を楽しみたい方には特におすすめです。公園もきれいなので散歩に最適です。お昼もとても見晴らしが良くて気持ち良いですよ♪

港の見える丘公園は1962年に開園しました。高台に位置するので見晴らしがよく、ベイブリッジを身近に見ることができます。ベンチもあり、週末にはカップルや観光客など多くの人で賑わいます♪ ベイブリッジは日没後から24時まで、毎時20分・50分に10分間だけ青色にライトアップされます。幻想的な風景をお楽しみ下さいね!

■ 基本情報

  • ・名称: 港の見える丘公園
  • ・住所: 〒231-0862 神奈川県横浜市 中区山手町114
  • ・アクセス: みなとみらい線 元町・中華街駅出口「6」徒歩5分
  • ・営業時間:  終日開放
  • ・電話番号: 045-622-8244
  • ・公式サイトURL: http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen007.html

2-5.【横浜コスモワールド】を楽しむ

横浜コスモワールドはランドマークタワーの横にある施設です。遊園地のような存在で、地域の人々にも人気があります。子どもと一緒にこの近辺を楽しみたい場合には、ぜひ立ち寄っておきたい場所です。観覧車からの景色もなかなかのものです。

横浜コスモワールドは、画期的な都市計画から生まれた世界初の都市型遊園地です。「ワンダーアミューズ・ゾーン」、「ブラーノストリート・ゾーン」、「キッズカーニバル・ゾーン」と3つのゾーンに分かれていて、小さいお子様からカップルまで楽しく遊ぶことができます♪

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜コスモワールド
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区新港2丁目8番1号
  • ・アクセス:JR根岸線・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩 約10分
  • ・営業時間: 11:00~20:00
  • ・電話番号:045-641ー6591 
  • ・料金: 入場無料
  • ・公式サイトURL: http://cosmoworld.jp

2-6.【よこはまコスモワールド】でコスモクロック21に乗る

時計が表示されているこの観覧車は映画に登場することもあるほど人気です。最上部では海を見渡すだけではなく、都市部側を広く臨むこともできるので横浜全体を一望できます。デートで恋人と一緒に乗るのも良い思い出に残ってよいでしょう。

コスモクロック21は「ワンダーアミューズ・ゾーン」にあります。世界最大の時計型観覧車で、高さ112.5m、1周約15分です。夜間には15分ごとに花火を打ち上げたようなイルミネーションに輝き、とってもロマンチック♪ みなとみらいの夜景をお楽しみ下さいね!

2-7. デートスポットでも人気!【野毛山公園】

高台に位置する野毛山公園は、展望台、野毛山動物園、動物園のつり橋を渡った先にあるバラ園など見どころもたくさんあります。特に展望台からの眺めは最高で、みなとみらい、ベイブリッジといった横浜の有名スポットを一望できます。また、春にはソメイヨシノを中心に約250本もの桜が咲き誇り、桜の名所とも知られています。デートにもぴったりですね。

野毛山公園は1926年に開園した歴史ある公園です。公園内の野毛山動物園は散策コースにいかがでしょうか? 大きな動物はいませんが、動物と触れ合いをテーマにした動物園で、小動物を身近に感じられることができます。「なかよし動物園」や「ひだまりカフェ」など、ファミリーでお楽しみ下さい

■ 基本情報

  • ・名称: 野毛山公園
  • ・住所: 神奈川県横浜市西区老松町63-10
  • ・アクセス:JR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」下車徒歩15分
  •       京浜急行「日ノ出町駅」下車徒歩10分
  •       市営バス89系統「一本松小学校」行き「動物園前」下車すぐ
  • ・電話番号: 045-231-1307
  • ・公式サイトURL: http://park.hama-midorinokyokai.or.jp/park-details/nogeyama-park

2-8.夜を楽しむならココ【横浜港 大さん橋国際客船ターミナル】

横浜港 大さん橋国際客船ターミナルは夜を楽しむスポットとして人気があります。特にここ、24時間無料で開放されている屋上フロア”くじらの背中”からの夜景が最高。

赤レンガパーク、みなとみらいのランドマークタワーや観覧車、横浜ベイブリッジ、山下公園&氷川丸、マリンタワーなど横浜港を一望できる素晴らしいロケーションです。波をイメージした外観が特徴。ターミナルの全景も横浜らしいですね。

ここではいろいろなイベントが催されるので、夜景とともにお楽しみ下さい。週末や休日には大さん橋「出入国ロビー」で「いるかのおなかコンサート」が催されています。ジャズやポップなど、旅情あふれる音楽が聴けますよ!また、ターミナルを見学するツアーも行われています。おみやげ『大さん橋パスポート』付きです♪

屋上には船の甲板をイメージしたウッドデッキと芝生が敷かれた広場が設けられておりり、寝そべったり座ったりしながら横浜の美しい景色を一望することができるんですよ。潮の香りと夜風がとても気持ちいいので夏にはとくにおすすめ。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜港 大さん橋国際客船ターミナル
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
  • ・アクセス: みなとみらい線 「日本大通駅」 より徒歩約5分
  • ・営業時間:屋上フロア 24時間無料開放
  •       2階客船ターミナル施設&多目的ロビー  9:00 ~ 21:30
  •       ターミナル1階有料駐車場  7:30 ~ 23:00  
  •       ※金・土曜日は25:00まで
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 045-211-2301
  • ・料金:入場無料
  • ・公式サイトURL: http://www.osanbashi.com/

2-9.横浜の定番スポット【山下公園】で海辺の景色とお花を楽しむ


横浜の定番スポットとしてここも外せません。晴れた日にはベンチに座って横浜の海やマリンタワーなどの景色を眺めたり、散歩したり、のんびり過ごせるおすすめのスポットです。季節の花々もとってもきれい。また、山下公園といえば”赤い靴はいてた女の子像”も必見です。

山下公園は昭和5年に、関東大震災のがれきを埋め立てて作られました。海外との交流を記念する碑も多く、姉妹都市のアメリカ・サンディエゴ市から寄贈された「水の守護神」や、在日インド人協会から寄贈された「インド水塔」などがあります。ここは、バラの名所としても知られていて、春と秋には多くの人で賑わいます♪

■ 基本情報

  • ・名称: 山下公園
    ・住所: 神奈川県横浜市 中区山下町279 
  • ・アクセス:横浜高速鉄道みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩3分
  •       JR京浜東北・根岸線「関内駅」より徒歩20分
  •       横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」より徒歩20分
  • ・電話番号: 045-671-3648
  • ・公式サイトURL:http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yokohama/kouen008.html


2-10.子供の目線を意識したユニークな設計の【ヨコハマおもしろ水族館】

横浜中華街にある「ヨコハマおもしろ水族館」は、400種10000匹の面白く珍しい魚たちに会うことが出来るユニークな水族館です。

館内は中国南の島の小学校をモチーフにしていて、下駄箱や校長室、音楽室などに魚たちが展示されています。魚たちの名前や生態に関するクイズも出題されているので、楽しみながら学ぶことができ、魚の赤ちゃんや卵の展示もしています。

■ 基本情報

  • ・名称: ヨコハマおもしろ水族館
  • ・住所: 〒231-0023 神奈川県横浜市 中区山下町144
  • ・アクセス: JR 京浜東北線・根岸線石川町駅 中華街口より徒歩5分
  • ・営業時間: 平日11:00~20:00 土日祝日10:00~20:00
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 045-222-3211
  • ・料金: 大人1400円
  • ・公式サイトURL: http://www.omoshirosuizokukan.com/


2-11.【はまぎんこども宇宙科学館】で楽しみながら科学を学ぼう!

「はまぎんこども宇宙科学館」は楽しみながら、宇宙や科学を学べる仕組みがいっぱい。体を動かしながら科学が学べるアスレチックや、スペースシャトルの疑似体験ができる「宇宙体験シュミレーター」、プラネタリウムなど、コンパクトな施設に充実した内容が凝縮しています。

ミニ実験や工作教室など、楽しいワークショップも不定期で開催しており、子供から年配の方まで誰でも楽しめる科学館です。

■ 基本情報

  • ・名称: はまぎんこども宇宙科学館
  • ・住所: 〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台5−2−1
  • ・アクセス: JR京浜東北・根岸線洋光台駅下車 徒歩3分
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・電話番号: 045-832-1166
  • ・料金: 入館料大人400円
  • ・公式サイトURL: http://www.yokohama-kagakukan.jp/

2-12.国民的人気キャラクターに会える【横浜アンパンマン こどもミュージアム】

アンパンマンの世界が体感できるミュージアムや、オリジナルグッズ販売をしているお店、キャラクターのパンが購入できるジャムおじさんのパン屋さんなどが立ち並ぶ「横浜アンパンマン こどもミュージアム」。

キャラクターショーや工作、ショップイベント等も行われており、運が良ければキャラクターに会えることも!ミュージアムに入る場合は入場料がかかりますが、ショッピングモールのみの利用なら、入場料不要でアンパンマンの世界が楽しめます。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜アンパンマン こどもミュージアム
  • ・住所: 〒220-0012 神奈川県横浜市 西区みなとみらい4-3-1みなとみらい線『新高島』駅より徒歩7分
  • ・アクセス:【電車】みなとみらい線『新高島』駅より徒歩7分
                          横浜市営地下鉄ブルーライン『高島町』駅より徒歩7分
  •       【車】 第一駐車場(40台)・第二駐車場(100台)最初の一時間520円
  •           以降270円/30分
  •           ※サービス券(割引券)の発行はありません。
  • ・営業時間: ミュージアム10:00 ~ 18:00(最終入館17:00まで)
  • ・定休日: 元日
  • ・電話番号: 045-227-8855
  • ・料金: 入館料金  1,500円(税込)(1歳以上)
  • ・公式サイトURL: http://www.yokohama-anpanman.jp/main.html

2-13.【カップヌードルミュージアム】でマイカップヌードルを作る

「カップヌードルミュージアム」では、世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」の発祥秘話や、チキンラーメンやカップヌードルを発明した、発明家「安藤百福」の生涯などを紹介しています。

チキンラーメンファクトリーは、チキンラーメンを自分で作れる工房で、小麦粉をこねたり伸ばしたりして実際にチキンラーメンを作り味わうことが出来ます。また、マイカップヌードルファクトリーでは、好みの具材やスープを選び、世界に1つだけのマイカップヌードル作成ができます。

■ 基本情報

  • ・名称: カップヌードルミュージアム
  • ・住所: 〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2−3−4
  • ・アクセス: 観光スポット周遊バス あかいくつ「国際橋・カップヌードルミュージアム前」下車すぐ「万国橋・ワールドポーターズ前」より徒歩3分
  • ・営業時間: 10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで)
  • ・電話番号: 045-345-0918
  • ・料金: 大人 (大学生以上) :500円
  • ・公式サイトURL: http://www.cupnoodles-museum.jp/index.html

2-14.【根岸競馬記念公苑 馬の博物館】でGI優勝馬に会おう

【根岸競馬記念公苑 馬の博物館】でGI優勝馬に会おう根岸森林公園内にあり日本中央競馬会が運営する「馬の博物館」は、競馬に関連する資料や写真を展示している博物館で、日本初の洋式競馬が横浜で始まったことからこちらに建設されました。

生きた馬の展示部門としてポニーセンターが併設されており、ポニーやミニチュアホース、天皇賞GIを勝った名馬「マイネルキッツ」等が飼育されています。ポニーセンターでは、毎週土曜日午後1時30分から行っている「にんじんタイム」など馬たちと触れ合えるイベントも開催しています。

■ 基本情報

  • ・名称: 根岸競馬記念公苑 馬の博物館
  • ・住所: 〒231-0853 神奈川県横浜市 中区根岸台1−3
  • ・営業時間: 9:30~16:30
  • ・定休日: 月曜日(但し祝日・振替休日は開館)
  • ・電話番号: 045-662-7581
  • ・料金: 大人:100円
  • ・公式サイトURL:http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/uma/index.html

3.お土産にも最適!横浜のショッピング

3-1.【クイーンズスクエア】で気の済むまでショッピング

クイーンズスクエアはショッピングを楽しみたい女性や若者に大変人気のスポットです。流行の中心地でもあり、1日かけて楽しむこともできます。みなとみらい駅から直通なので雨が降っている日でも楽しめるスポットです。

クイーンズスクエアは、ショッピング、ギャラリー、ホテル、コンサートホールなどが併設された複合施設です。大ホールではNHK交響楽団の定期演奏会が行われたり、ギャラリーでは展示会などが行われたりしています。グルメやお買物のイベントも行われていて、ファミリーやお友達とお楽しみいただけます。

■ 基本情報

  • ・名称: クイーンズスクエア
  • ・住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2−3
  • ・アクセス: みなとみらい駅(東急東横線直通みなとみらい線)徒歩0分
  • ・営業時間: 11時00分~20時00分
  • ・電話番号: 045-682-1000
  • ・公式サイトURL: http://www.qsy-tqc.jp/

3-2.創業70年のおいしさ【華正樓】のお土産人気№1の肉まん

昭和14年創業の中華料理の名店「華正樓」。料理人の腕とこだわりの厳選素材の本格的中華料理がいただけるお店として、人気があります。お店でいただく中華はもちろんですが、お土産人気№1の肉まんは、ぜひ、買って帰りたいところ。

もっちりとした皮にたっぷりの肉餡が包まれていて、ずっしりと大きいのが特徴。美味しさ、大きさに見合うお値段1個465円です。肉まん1個に…と言わず、一度食べてみて下さい!

■ 基本情報

  • ・名称:華正樓(かせいろう)本店
    ・住所:横浜市中区山下町186  
  • ・アクセス:みなとみらい21線(元町中華街駅)徒歩1分
  • ・営業時間:11:30~22:30 
  • ・電話番号:TEL 045-681-2918(代) 
  • ・公式サイトURL:http://www.kaseiro.com/

3-3.美味しい横濱を運ぶ店【グディーズヨコハマ】

横浜ワールドポーターズ1階にある、横浜生まれ、育ちの銘品・銘菓を販売しているお土産ショップです。定番の「ありあけ ハーバー」、赤い靴の形をしたチョコレート「赤い靴チョコレート」、霧笛楼の「煉瓦の誘惑」、フランセの「横濱ミルフィユ」など、人気の横浜土産はここで揃います。

■ 基本情報

  • ・名称: グディーズヨコハマ
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ 1F
  • ・アクセス:【電車】
          みなとみらい線・みなとみらい駅、馬車道駅より徒歩約5分 
  •       JR・市営地下鉄 桜木町駅から汽車道経由で徒歩約10分
  •       JR関内駅北口、市営地下鉄関内駅から馬車道経由で徒歩約15分
  •       【バス】 
  •       桜木町駅前バスターミナルより、周遊バス「あかいくつ」にて「ワールドポータ
  •       ーズ前」下車
  •       【車】 
  •       首都高速横羽線を楕浜方面へ、みなとみらいランプ下車 横浜べイブリッジを渡
  •       り、首都高速湾岸線を経由してみなとみらいランプ下車 環状8号線経由で、第三
  •       京浜道路へ。首都高速楕羽線に入りみなとみらいランプ下車
  • ・営業時間:10:30~21:00(GW、夏季、冬季変更あり) 
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号:045-222-2175 
  • ・公式サイトURL: http://www.goodies.co.jp/gy/index.html

3-4.観光スポットも集結!【横浜みなとみらいのショッピングモール】

みなとみらいには観光スポットやショッピングモールが集結していて、観光の合間にショッピングするのにぴったりな場所です。その中でも、話題の自然体感ミュージアム”オービィ横浜”も入っている「MARK IS みなとみらい」、横浜ランドマークタワーに隣接「ランドマークプラザ」がおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: MARK IS みなとみらい
  • ・住所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1
  • ・アクセス:みなとみらい駅(地下4階で直結)
  • ・営業時間: 店舗・曜日等により異なる ※詳細は公式サイトで確認ください。
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 045-224-0650
  • ・公式サイトURL: http://www.mec-markis.jp/mm/

■ 基本情報

  • ・名称: ランドマークプラザ
  • ・住所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
  • ・アクセス:横浜高速鉄道みなとみらい線 みなとみらい駅より 徒歩約3分
  •       JR根岸線ほか 桜木町駅から、動く歩道利用 徒歩約5分
  •       首都高速横羽線、みなとみらいランプより約1分
  • ・営業時間:ショッピング11:00~20:00
  •       カフェ&レストラン11:00~22:00
  • ・定休日:不定休
  • ・電話番号: 045-222-5015
  • ・公式サイトURL: http://www.yokohama-landmark.jp/page/

3-5.横浜の雑貨はココ!【横浜赤レンガ倉庫】でレトロでおしゃれな探し物

scarletgreen
横浜の雰囲気を感じるスポットのひとつ。歴史と伝統のある赤レンガ倉庫は、商業施設になっていて、ショッピングやグルメが楽しめます。横浜らしさを感じる雑貨が並ぶショップを見るのも、お土産に買うのもおすすめです!赤レンガミニリップケース、赤い靴柄のがま口ポーチなど赤レンガ限定グッズも見逃せません。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜赤レンガ倉庫
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区新港1-1-1
  • ・アクセス:【電車】
  •       JR・市営地下鉄 桜木町駅から汽車道経由で徒歩15分
  •       JR・市営地下鉄 関内駅から徒歩15分
  •       みなとみらい線 馬車道駅または日本大通り駅から徒歩6分
  •       みなとみらい駅から徒歩12分 
  •       【車】
  •       首都高速横羽線 みなとみらいICまたは横浜公園ICから約5分
  • ・営業時間: 11:00~20:00 ※店舗によって異なる
  • ・定休日: なし
  • ・電話番号: 045-227-2002
  • ・公式サイトURL: http://www.yokohama-akarenga.jp/

このスポットの情報をみる

4.横浜ならではの風情を感じよう

4-1. 【横浜ワールドポーターズ】で世界の文化に触れる

入り口からして目立つワールドポーターズは世界の様々なアイテムを見られる場所です。横浜独特のスポットで、海外の食べ物やグッズを見ながらお買い物を楽しめます。建物の外観もおしゃれなので、ゆっくりと散歩しながら見て回るのがおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜ワールドポーターズ
  • ・住所:〒231-0001 神奈川県横浜市 中区新港2丁目2−1 
  • ・アクセス:桜木町駅前バスターミナルよりバスで「ワールドポーターズ前」下車。
  • ・営業時間: 10時30分~21時00分
  • ・電話番号: 045-222-2000
  • ・公式サイトURL: http://www.yim.co.jp/index.html

4-2.最高の夜景が楽しめる【汽車道】をゆっくり歩く

汽車道はみなとみらい駅から少し離れた場所にありますが、散歩コースとして非常に人気があります。恋人やカップル、夫婦の語らいの場としても最適で、デートの雰囲気をアップさせられるでしょう。イルミネーションがきれいなので冬場にもおすすめです。

■ 基本情報


4-3.【横浜美術館】で世界的に有名な絵画に触れる

横浜ランドマークタワーのそばにある美術館で、ゆっくりと観光を楽しみたい方におすすめです。エントランスにはかわいい顔をした石像が置かれているので、ココで記念写真を撮るのもよいでしょう。横浜で美しい芸術観光をしたい方にはこちらがオススメです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜美術館
  • ・住所: 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
  • ・アクセス: みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅から徒歩5分
  • ・定休日:木曜日、年末年始
  • ・営業時間:10時~18時
  • ・電話番号: 045-221-0300
  • ・料金: 一般500(400)円、高大生300(240)円、中学生100(80)円、小学生以下無料
  • ・公式サイトURL: http://yokohama.art.museum/

4-4.【ベーリック・ホール】に訪れて歴史のロマンを感じる

戦前に建てられた西洋館で、歴史を感じられる建物が魅力的です。四つ葉の窓や独特な館内の雰囲気は訪れる人に歴史の素晴らしさを感じさせてくれます。戦争や日本の復興も見守ってきた建物で非常に趣があります。近くまで立ち寄った際にはぜひ訪れてみてください。

■ 基本情報

  • ・名称: ベーリック・ホール
  • ・住所: 〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町72
  • ・アクセス: 石川町駅からバスで15分
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・定休日: 第2水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
  • ・電話番号: 045-663-5685
  • ・公式サイトURL: http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Berrick/

4-5.【横浜開港資料館】で横浜に関する歴史を知る

戦前から続く横浜の歴史を知りたければここがおすすめです。海外の文化と日本の文化が混在した珍しい場所で、その歴史の全てを感じることが出来るでしょう。のんびり散歩観光をしたい方にもおすすめのスポットです。

■ 基本情報

  • ・名称:横浜開港資料館
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区日本大通3
  • ・アクセス: みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口から徒歩2分
  • ・営業時間:午前9時30分~午後5時まで 
  • ・定休日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始、資料整理日
  • ・電話番号: 045-201-2100
  • ・料金: 大人200円、小中学生100円
  • ・公式サイトURL: http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

4-6.【横浜人形の家】で様々な国の文化に触れる

世界中の人形が展示されている場所です。人によっては少し怖いと感じるかもしれませんが、話題のネタに一度訪れてみるのもよいでしょう。海外の人形も日本の人形も揃っており、かなり独特な雰囲気があります。小さな子どもさんには少し怖いかもしれません。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜人形の家
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区山下町18
  • ・アクセス: みなとみらい線 元町・中華街駅4番出口より徒歩3分
  • ・営業時間: 午前9時30分~午後5時
  • ・定休日: 毎週月曜日・年末年始
  • ・電話番号:045-671-9361 
  • ・料金:大人400円 子ども200円 
  • ・公式サイトURL:http://www.doll-museum.jp/

4-7.流行の発信地【元町商店街】で横浜のオシャレをチェック

元町商店街はちょっとした流行の発信地で、アパレル関連のお店も多くあります。安くおしゃれな洋服が買えるお店もあるので、女性には特におすすめです。休憩場所が少ないので、ゆっくりと見て回るつもりでいるとよいでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 元町商店街
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区元町1
  • ・アクセス:元町駅下車 南へ徒歩3分
  • ・電話番号:045-641-1557
  • ・公式サイトURL:http://www.motomachi.or.jp/

4-8.海上バス【シーバス】で横浜の街を移動する

横浜駅東口、みなとみらい21、赤レンガ倉庫と山下公園を結ぶシーバスは横浜を遊びつくすのに欠かせない交通手段です。バスやタクシーを使うよりは少し時間をかけてシーバスを使うことをおすすめします。横浜の高層ビルを海側から一望できます。

4-9.【三溪園】で藤の花と歴史的建造物を散策する

春には桜、秋には紅葉がとても趣深い三溪園は、のんびり横浜観光をしたい方におすすめです。日本の伝統建築と自然の調和が美しく、歴史の流れを感じさせてくれます。雰囲気が非常によく、晴れた日には特に魅力的です。梅雨時にはあじさいがきれいです。

■ 基本情報

  • ・名称:三溪園
  • ・住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58−1 三溪園内
  • ・アクセス:根岸駅 1番乗り場《市バス58・99・101系統》10分 本牧下車・徒歩10分
  • ・営業時間:9:00から17:00
  • ・定休日: 年末年始
  • ・電話番号: 045-621-0634
  • ・料金: 大人500円、子ども200円
  • ・オススメの時期: 梅雨時のあじさいがきれい
  • ・公式サイトURL:http://www.sankeien.or.jp/


4-10.かつて活躍していた市電の足跡を【横浜市電保存館】で辿る

「横浜市電保存館」では、昭和37年から10年間の間”ちんちん電車”の愛称で親しまれていた市電を保存・展示しています。

市電には実際に乗って当時の空気を感じることができ(動きません)、鉄道ジオラマコーナーでは約20分の雨天ショーを1日5回行なっています。また、懐かしい地下鉄の映像を見ながら市電の運転体験が出来るコーナーや、当時の貴重な映像を放映しているシアターもあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜市電保存館
  • ・住所: 〒235-0012 神奈川県横浜市磯子区磯子区滝頭3丁目1−53 
  •             滝頭第三住宅 滝頭 3−1−53
  • ・アクセス: JR根岸駅から市営バス21系統市電保存館前行・78・133系統で約7分。
  •                  「市電保存館前」下車すぐ。
  • ・営業時間: 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  • ・定休日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/29〜1/3)
  •                   ※春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館
  • ・電話番号: 045-754-8505
  • ・料金: 大人・高校生:100円
  • ・公式サイトURL: http://www.shiden.yokohama/

4-11.【横浜山手・テニス発祥記念館】でローンテニスの歴史に触れる

横浜山手は1876年に日本最初のローンテニスが行われ、日本初のテニスクラブが誕生した場所です。「横浜山手・テニス発祥記念館」はテニス発祥120周年を記念して、山手公園内に建てられた記念館で、館内にはテニスの歴史についての貴重な資料や、当時のテニス用品などが展示されています。

10分ほどで見終わってしまう小さな記念館ですが、100年以上も昔に使用されていたテニスラケットなど、興味深い展示物を無料で鑑賞できるので、山手公園散策と合わせて是非お立ち寄りください。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜山手・テニス発祥記念館
  • ・住所: 〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町230
  • ・アクセス: JR桜木町駅より11系統・保土ケ谷駅東口行「山手町」下車徒歩5分
  • ・営業時間: 10:00~17:00(入館16:30まで)
  • ・定休日: 第3月曜日・年末年始(月曜日が祝日の場合はその翌日)
  • ・電話番号: 045-681-8646
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/yamate/te-1.html


4-11.重要文化財に指定されている素敵な洋館【外交官の家】

外交官の家は明治政府の外交官「内田定槌氏」の邸宅として明治43年に建てられた素敵な洋館で、設計はアメリカ人で立教学校の教師としての経歴も持つ「ジェームズ・ガーディナー」です。

現在は国の重要文化財に指定されており、室内には家具や調度品などが再現され、当時の暮らしぶりが見学できるようになっています。また建物横にある喫茶室「ブラフガーデンカフェ」では、イタリア産の瓶ビールや、オリジナルブレンドの「外交官コーヒー」、ランチプレートなどが楽しめます。

■ 基本情報

  • ・名称: 外交官の家
  • ・住所: 〒231-0862 神奈川県横浜市 中区山手町16
  • ・アクセス:JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩5分
  • ・営業時間: 9:30~17:00(7・8月は18:00まで延長)
  • ・定休日: 第4水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
  • ・電話番号: 045-662-8819
  • ・公式サイトURL: http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Gaikoukan

5.横浜でレジャーを楽しむならココ!

5-1.【横浜スタジアム】で野球を観戦する

横浜ベイスターズの本拠地で、主に野球向けのスタジアムです。会場では、食事やお酒を持参して、野球の試合を見ながら楽しめます。普段とは違う雰囲気を味わいたい方にはこの横浜スタジアムもおすすめです。タイミングがあればプロ野球公式戦も見られるでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜スタジアム
  • ・住所: 神奈川県横浜市 中区横浜公園
  • ・アクセス:JR根岸線「関内駅」南口より徒歩2分
  • ・電話番号: 045-661-1251
  • ・公式サイトURL: http://www.yokohama-stadium.co.jp/

5-2.【四季の森公園】でお花と自然を楽しむ

水と緑を体で感じられる公園です。四季の移ろいに合わせて公園の雰囲気も大きく変化する魅力的な場所です。虫や鳥も多く、子どもにとっては楽園とも言えます。家族で行く場合には虫除けや日焼け止め必須です。噴水での水遊びも良い思い出になるでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 四季の森公園
  • ・住所: 神奈川県横浜市緑区寺山町291
  • ・アクセス:JR横浜線中山駅南口から公園北口まで徒歩約15分
  • ・電話番号:045-931-7910
  • ・公式サイトURL: http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/

5-3.【野毛山動物園】で無料の動物園を楽しむ

先ほどご紹介した野毛山公園に隣接。横浜で無料で楽しめる動物園です。アライグマなどかわいい動物もおり、子どもと一緒でも十分楽しめます。ガーデニングもきれいに整っており、景色もよく散歩感覚で訪れるのも贅沢でよいでしょう。少しのんびりしすぎた動物たちの姿を見ることができます。

■ 基本情報

  • ・名称: 野毛山動物園
  • ・住所: 〒220-0032 神奈川県横浜市 西区老松町63−10
  • ・アクセス: JR 根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅下車徒歩15分
  • ・営業時間: 午前9時30分から午後4時30分
  • ・定休日: 毎週月曜日(祝日にあたる場合は、翌日)、12月29日~1月1日
  • ・電話番号:045-231-1307 
  • ・料金:無料
  • ・公式サイトURL:http://www2.nogeyama-zoo.org/

5-4.【よこはま動物園ズーラシア】で珍しい動物に出会う

本格的な動物園も楽しみたい方にはゾーラシアがオススメです。動物を観察しやすいように工夫されており、より身近に動物の存在を感じられます。バスで訪れる感覚なので、予定のない日や時間に余裕がある時に訪れたほうが良いでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: よこはま動物園ズーラシア
  • ・住所: 〒241-0001 神奈川県横浜市 旭区上白根町1175-1
  • ・アクセス:JR横浜線「中山」駅南口下車、各駅から、よこはま動物園行きバスで約15分
  • ・営業時間:9:30~16:30
  • ・定休日: 毎週火曜日(祝日の場合は翌日休園)、12/29~1/1
  • ・電話番号:045-959-1000
  • ・料金: 大人800円、高校生300円、小中学生200円、小学生未満無料
  • ・公式サイトURL: http://www2.zoorasia.org/

5-5.国内最大級の【横浜国際プール】を思いっきり楽しもう!

大きな試合が行われることもある国際プールです。一般の方でもお手頃な価格で利用できます。水泳の練習や水遊びにも良いですが、どちらかというとアスリート向きなので、散歩ついでに見て回るくらいでも十分かもしれません。雨の日のプール遊びにもおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜国際プール
  • ・住所: 〒224-0021 神奈川県横浜市都筑区北山田7−3−1
  • ・アクセス:横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田」駅から徒歩5分
  • ・営業時間: 9時30分~21時45分
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号:045-592-0453 
  • ・料金:  大人2時間700円  中学生以下350円
  • ・公式サイトURL: http://www.waterarena.jp/program

5-6.家族におすすめ!【こども自然公園】の大型遊具で遊ぶ

横浜にある公園の中で最も大きい公園です。遊具も多く、緑や自然が多いので息抜きに最適です。かなり大きな遊具があるのもこの公園の魅力。一度遊具に入ったら1、2時間は子どもが出てこないと思ったほうが良いでしょう。夫婦二人で公園デートをするのも良いかもしれません。レジャーシートを広げてピクニックを楽しむこともできます。

■ 基本情報

  • ・名称: こども自然公園
  • ・住所: 横浜市旭区大池町65-1
  • ・アクセス:相鉄線「二俣川」駅 徒歩15分
  •       相鉄線「南万騎が原」駅 徒歩7分
  • ・開園時間: 終日開園
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 045-311-2016(北部公園緑地事務所)
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.city.yokohama.lg.jp/asahi/guide/shisetsu/midori/park/kodomoshizen/

5-7.【帆船日本丸】の船内を見学する

横浜では数少ない帆船を見ることもできます。船内を見学できるのでチャンスがあれば中まで見てみるとよいでしょう。西洋風の帆船ですが、日本独特のデザインも採用されており、文化の調和を見ることができます。シーバスと合わせてこちらも楽しみたいものです。

6.発見!横浜のグルメ

6-1.屈指の観光グルメスポット【横浜中華街】へ行く

横浜と言ったら中華街です。夜遅くまでおいしい料理が楽しめます。お昼時にはランチ、夕方には贅沢な中華料理ディナーもおすすめ。辛いものから甘いスイーツまであるので、1日かけて楽しむつもりで行った方が良いです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜中華街
  • ・住所:神奈川県横浜市 中区山下町118−2
  • ・アクセス:日本大通り駅、石川町駅から徒歩5分程度
  • ・公式サイトURL:http://www.chinatown.or.jp/

6-2.【新横浜ラーメン博物館】で選りすぐりのラーメンを楽しむ

横浜でグルメを満喫したい方にオススメなのがラーメン博物館です。様々なラーメンを1カ所で楽しめるので食欲を満たすのにも最適です。ラーメンの食べ比べも楽しめます。食事時にも観光を楽しめる場所です。できるだけお腹をすかせていったほうがお得です。

■ 基本情報

  • ・名称: 新横浜ラーメン博物館
  • ・住所: 神奈川県横浜市 港北区新横浜2丁目14−21
  • ・アクセス:新横浜駅(JR東海道新幹線・JR横浜線・横浜市営地下鉄)より徒歩5分
  • ・営業時間:11時00分~21時30分
  • ・電話番号: 045-471-0503
  • ・公式サイトURL:http://www.raumen.co.jp/

6-3.横浜発祥の【美味しい家系ラーメン】を食べる

横浜が発祥と言われている家系ラーメン。寿々喜家や吉村家など、それぞれに独特の味を守っているラーメンで、IEK48総選挙なるものが開かれるほど人気です。横浜の地に点在しているので見つけたらまずはどこからでも味わってみてください。

6-4.【キリン横浜ビアビレッジ】でここでしか飲めないビールを味わう

KIRINのビール工場として知られており、観光客も多い場所です。歩いていける距離ではないですが、工場でできたてのビールを楽しめるのはかなり魅力です。観光バスの乗り入れも多いのでツアーの一貫として楽しんでみるのもよいでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: キリン横浜ビアビレッジ
  • ・住所: 神奈川県横浜市 鶴見区生麦1−17−1
  • ・アクセス:京浜急行線「生麦駅」より徒歩約10分、JR「横浜駅」よりタクシーで約20分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 月曜日・年末年始
  • ・電話番号:045-503-8250 
  • ・料金: 工場見学は無料
  • ・公式サイトURL: http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/

6-5.【横浜の地酒】を飲み比べる

横浜には地ビール、清酒、ワインまで地酒が意外と多く存在します。一番数が揃っているのは「横浜君嶋屋」というお店ですが、コンビニなどで購入することもできます。居酒屋に入って色々飲み放題で楽しめば、好みのお酒を見つけられるでしょう。

6-6.横浜の地魚を使った【海鮮料理】を堪能する

横浜では、太平洋や横浜近郊の海で採れた魚介類を味わえます。漁港が近いこともあり、やはり海鮮丼や海鮮料理は欠かせません。みなとみらい21にも海鮮料理が味わえるお店が多いので、見つけたらぜひ立ち寄ってみてください。

6-7.横浜産の【横濱ビーフ】を使った牛肉料理を食べる

横浜ビーフはカレーに入れたり、お刺身・焼き肉として食べる事もできます。肉の臭みが少なく、さっぱりとしているので滋養強壮にも最適です。キムチやしそなどと一緒に食べるとより一層旨味が増します。横浜を訪れたら一口だけでも味わってみてください。

■ 基本情報

  • ・名称:グリルド エイジング・ビーフ 横浜店
  • ・住所: 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目15
  • ・アクセス:JR 横浜駅 きた西口 徒歩3分
  • ・営業時間:17時00分~23時30分 
  • ・定休日:第二月曜日・年末年始
  • ・電話番号:045-548-6510 
  • ・料金: 2000円から4000円 
  • ・公式サイトURL:https://plus.google.com/100731986367250686669/about?gl=jp&hl=ja

6-8.【横浜の地鶏】を使ったグルメを楽しむ

ビールによく合う横浜の地鶏。串焼き・焼き鳥で楽しむのが一番です。3000円から4000円ほどで食べ放題、飲み放題のお店も多いので、心ゆくまで地鶏を味わいたい方はぜひ!海産物を一緒に楽しめる所もあるので、特に横浜観光ではオススメです。

6-9.【横浜のB級グルメ】を探しにいく

横浜には幾多のB級グルメがあり、横浜に住んでいる方でもその全てを味わうのは難しいです。人気店では行列ができるほど好評ですが、カレーとラーメンは味わっておいて欲しい料理です。横浜でしか味わえない特別なメニューも多いです。

6-10.横浜発祥のB級グルメ【神奈川サンマー麺】が美味しいお店を探す

隠れた名物料理のサンマー麺も機会があったら食べてみてください。少しとろみもあるラーメンで、独特な味わいに熱狂的なファンも多いです。野菜いっぱいのヘルシーな食べ物なので、女性にもおすすめの一品です。ボリュームもそこそこあり、男性にもオススメです。

6-11.【しらすの釜揚げ丼】を食す

海の恵として人気なのがしらすの釜揚げ丼です。多すぎるという程に丼に盛られたしらすを思う存分楽しめます。意外と卵の黄身を溶かしながら食べるのがおいしく、お味噌汁なども磯の香りがしてとてもクセになります。横浜でこれを食べないとかなりもったいないです。

7.横浜観光にオススメのホテル

7-1.目の前の大観覧車がたまらない【横浜ベイホテル東急】

みなとみらい駅からも徒歩1分とアクセス抜群のホテル。目の前には大観覧車!バルコニーから眺めるオーシャンビューは最高です。お部屋によっては、オーシャンビューのバスルームもあります。

シンプルで落ち着いたデザインのインテリアも好評です。また、23~25階に位置する特別フロア「ベイクラブフロア」ならラグジュアリーなステイを叶えてくれそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜ベイホテル東急
  • ・住所: 横浜市西区みなとみらい2-3-7
  • ・アクセス:みなとみらい駅から徒歩1分
  • ・電話番号: 045-682-2222
  • ・料金: 最安値4629円~ じゃらん
  • ・公式サイトURL: http://ybht.co.jp/

7-2.駅真上だから移動も快適!【ホテルアソシア新横浜】

改札からエレベーター1本でフロントへ。新横浜駅真上だから移動も快適。新幹線利用者にとってはかなり便利ですね。ここはなんといっても、お部屋から新幹線が見れるところがウリ。新幹線をモチーフにした装飾のコンセプトルームもあります。

小学生以下の子どもには、新幹線グッズのプレゼントや新幹線乗務員のユニホームを着て記念撮影できる宿泊プランもあるので、ファミリー層におすすめです!

■ 基本情報

  • ・名称: ホテルアソシア新横浜
  • ・住所: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-100-45
  • ・アクセス:JR新横浜駅真上(徒歩0分)  新横浜中央ビル(新横浜駅ビル内)
  • ・電話番号: (045)475-0011(代表)
  • ・料金: 最安値8425円~ じゃらん
  • ・公式サイトURL: https://www.associa.com/syh/

7-3.横浜のシンボル!【ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル】

海に浮かぶヨットの帆をイメージした外観は横浜のシンボルともなっていますね。横浜・みなとみらいでいちばん海に近いベイサイドホテルです。ベイサイドならではの港の景色はもちろん、みなとみらいの夜景も煌びやかで魅力です。

■ 基本情報

  • ・名称: ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル
  • ・住所: 神奈川県横浜市西区みなとみらい 1-1-1
  • ・アクセス: みなとみらい線みなとみらい駅下車、徒歩約5分
  •       首都高速横羽線みなとみらいランプより約2分
  • ・電話番号: 045-223-2222
  • ・料金: 最安値5925円~ じゃらん
  • ・公式サイトURL: http://www.interconti.co.jp/yokohama/index.html

7-4.まさに天空のホテル!【横浜ロイヤルパークホテル】

横浜ランドマークタワーの高層部にあるホテルです。客室はすべて210メートル以上。展望台にいるような、まさに天空のホテルですね。横浜ランドマークタワー最上階70階のスカイラウンジ「シリウス」で至極のディナーをどうぞ。オリジナルカクテルやジャズの生演奏など、素敵なひとときを過ごせそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜ロイヤルパークホテル
  • ・住所: 横浜市西区みなとみらい2-2-1-3
  • ・アクセス:MM線みなとみらい駅、JR京浜東北線・横浜市営地下鉄桜木町駅5分
  •       首都高速横羽線みなとみらい1分
  • ・電話番号: 045-221-1111
  • ・料金: 最安値6018円~ じゃらん
  • ・公式サイトURL: http://www.yrph.com/

7-5.老舗の歴史を感じる【ホテルニューグランド】

昭和2年に完成。横浜市の歴史的建造物認定されているクラシックホテル。マッカーサー元帥やチャーリー・チャップリン、ベーブ・ルースなど数多くの著名人も利用されたそうです。そして、ニューグランドのシンボル的存在、本館の大階段はまさにクラシカル。タイムスリップした気分にさせてくれます。

客室は重厚でクラシカルな雰囲気の本館とベイブリッジや大桟橋を望むタワー館に分かれています。

■ 基本情報

  • ・名称: ホテルニューグランド
  • ・住所: 横浜市中区山下町10番地
  • ・アクセス:みなとみらい線「元町・中華街駅」1番出口より徒歩1分
  •       JR根岸線「石川町駅」徒歩13分
  • ・電話番号: 045(681)1841
  • ・料金: 最安値5092円~ じゃらん
  • ・公式サイトURL:http://www.hotel-newgrand.co.jp/

7-6.巨大窓から眺める夜景は感動!【ニューオータニイン横浜】

JR桜木町駅から徒歩1分。大きな窓が魅力的なホテルです。ブラインドを上げたら感動絶景が待っています。開けたまま一晩過ごしたくなるほど。内装やインテリアがアーバンスタイリッシュなデザインでまとまっていて、素敵です。

また、愛煙家には残念ですが、完全禁煙ホテルなのもポイント。加湿空気清浄機も完備しています。

■ 基本情報

  • ・名称: ニューオータニイン横浜
  • ・住所: 神奈川県 横浜市 中区 桜木町 1-1-7 TOCみなとみらい
  • ・アクセス:JR桜木町駅徒歩1分
  •       首都高速横羽線、みなとみらいランプより約2分
  • ・電話番号: 045-210-0707
  • ・料金:最安値 4166円~ じゃらん
  • ・公式サイトURL: http://www.newotani.co.jp/innyokohama/

7-7.フローリングのレディスルームがおすすめ♪【横浜桜木町ワシントンホテル】

みなとみらいの景色はもちろん、レディスフロアがあるところも魅力。セキュリティーもばっちり、アメニティーもTSUBAKIやDHCなど設備、サービスともに安心・満足のお部屋です。やさしく温かみのある色調のフローリング部屋。女性の横浜ひとり旅にぜひ、おすすめしたいホテルです。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜桜木町ワシントンホテル
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1
  • ・アクセス: JR線・市営地下鉄 桜木町駅正面
  •       みなとみらい線馬車道駅徒歩3分
  • ・電話番号: 045-683-3111
  • ・料金: 最安値2777円~ じゃらん
  • ・公式サイトURL: http://washington-hotels.jp/yokohama/sakuragicho/
さっそくおすすめスポットを予約しに行く

横浜の観光スポットいかがでしたか?大人はもちろん子供やおじーちゃん、おばーちゃんも一緒に楽しめるスポットがたくさんあります。1日じゃ遊びつくせませんが、何度行っても楽しめる場所として、友人、カップル、家族と映画・グルメ・買物・夜景・遊園地・温泉などテーマを決めて楽しんでください。

常に新しいお店ができ季節によって行われる花火大会などの楽しいイベントがある街、横浜観光の参考にしてください。


素材提供:トリップアドバイザー

この記事に関連する口コミ


5月のゴールデンウイークに家族で横浜観光スポット巡りをしました。
海を眺めてリラックスしたかったので、車や電車の交通アクセスのいい山下公園の目の前のホテルに2拍3日しました。
横浜は観光スポットがたくさんあって、行く前に入念に家族会議をしていきたいところを検討したり、時間配分をしたりして行きました。なかなか予定通りとはいかなったかのですが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

小さい子どもがいたので、アンパンマンミュージアムに行きました。美味しいパンを食べることができたり、アンパンマンと仲間たちのショーを見ることができ、子どもは大喜びでした。また、ガーデニングが家族で好きだったので、横浜イングリッシュガーデンに行きました。1200種類のバラの庭園を見ることができ、とても香りが高いバラが多かったので、とてもリラックスでき、ガーデニングの参考になりました。天気もよくて海も綺麗で楽しめました。

(30代 女性 千葉県)

昨年の年末に夫婦で横浜観光スポットに行くことになり、一泊二日で楽しんできました。高速を使って車でいきました。
ホテルは少し豪華に、パシフィックホテルに泊まりました。海の夜景など楽しみたかったし、憧れていたホテルだったので嬉しかったです。スタッフの方もとても丁寧でさすがだなと思いました。行きたい観光スポットはたくさんあったのですが、赤レンガ倉庫でショッピングを楽しみました。

また、中華街で肉まんを食べて、そこでも散歩しがてら買い物を楽しみました。ランドマークタワーにも行きました。展望台まで登り、天気がよく空気が澄んでいたので、富士山も綺麗に見えました。ランドマークタワー内にもショッピング施設がたくさんあり、世界でたった一つのオリジナルのぬいぐるみを作ることのできるビルド・ア・ベアワークショップが都内にもないお店だったので、貴重な体験をすることができました。やっぱり二泊三日くらいあった方がもっと楽しめるなと思いました。

(30代 女性 埼玉県)

夏に横浜みなとみらいを観光しました。日帰りではありましたが、みなとみらいのクイーンズスクエア、赤レンガ倉庫、そしてアンパンマンミュージアムなど、暑かったこともあり室内の施設を中心にまわりました。ショッピング施設が多いので子供が満足できたのはアンパンマンミュージアムでしたが、大人も赤レンガ倉庫のカフェで一息ついたりと満喫することができました。

この近辺にはショッピング好きの方は一日あってもまわり切れないほどのお店があります。MARK IS みなとみらいやクイーンズスクエアには雑貨店や衣料品店が多く入っています。
みなとみらいと一口に言っても一つ一つの施設がわりと離れているので、暑い日に子連れでたくさんまわるのは少しきつかったのでタクシーを利用しました。次回は春か秋のお散歩しやすいシーズンにのんびり歩きながら事前にどの施設をまわるか決めながら横浜観光スポットをまわりたいと思います。

(30代 女性 神奈川県)

横浜観光スポットは数多くありますが、その中で行って感動したのは横浜ランドマークタワーの展望フロア「スカイガーデン」ですね。なんと高さは273メートル、地上69階にあります。料金は1000円。ちょっと値段を見て悩みましたが、雲の少ない晴天の日であまりここに来ないので記念に上ってみることにしました。世界最速のエレベーターですいすいと69階まで上がります。

横浜港とみなとみらい、東京湾、横浜スタジアム、富士山などの雄大な景色が広がっています。横浜の街を歩いていると忘れてしまいそうですが、やはり港町。とくに、みなとみらいは海に囲まれている地区で上から見るととても美しいですね。今回は昼間に行きましたが、夜来るときっと夜景がすばらしいのだろうなあ、なんて思いました。スカイガーデンには横浜土産を売っているショップや、景色を見ながらゆっくりとできるカフェもあります。
デート中のカップルが多いので独り身には少し切なかったです…。

(20代 男性 埼玉県)

横浜観光スポットとして有名な山下公園で、目当ての赤い靴はいてた女の子像を見てきました。思ったより小柄な像で、かわいらしかったです。そこからは船が切れ間なく行き交うさまがよく見渡せて、しばらく眺めて飽きませんでした。港だから波が穏やかで、ゆったりのんびりした空気が漂う感じでした。よく耳にする横浜ベイブリッジも迫って見えて、見ごたえがありました。山下公園には沈床花壇と呼ばれる場所があり、5月だったので、そこにバラがたくさん咲いていました。山下公園はバラの名所でもあるそうです。

その日は横浜駅近くのビジネスホテルからJR関内駅で降りて、歩いてそこまで行きました。20分くらいかかったと思います。港に係留されている氷川丸が見えた時は、その大きさに驚いたものです。近くで見ると、圧倒されるほどの重厚感でした。かなり古いものだそうで、歴史を感じさせる雰囲気でした。今度訪れたら、もっと長い時間をここで過ごしたいです。

(50代 女性 兵庫県)
最終更新 : 2016年04月27日

この記事に関係するエリア

横浜・みなとみらい  神奈川 

この記事に関係するジャンル

横浜・みなとみらいの観光  観光  観光スポット  人気観光スポット  水族館  遊園地 

この記事を見た人にオススメの記事