180度の虹がかかる島・ジープ島は奇跡の楽園だった!

奇跡の楽園と呼ばれる「ジープ島」をご存知ですか?「ジープ島」はミクロネシア連邦チューク州にあるトラック環礁、その中にぽつんと浮かぶ小さな島。この島にかかる180℃の虹が、絶景すぎると話題になっているんです!みんなが描く南国は、ここにありました! 

1.夢に描いた南国「ジープ島」!

グアムから飛行機で1時間半、テレビの絶景特集でも堂々の第1位に選ばれたジープ島は、直径34メートルの小さな南の島です。熱帯魚が泳ぐエメラルドグリーンの海と、島をぐるりと囲むハウスリーフは、夢に描いた「南の島」そのもの!  
年間平均気温30℃、水温28~30℃と一年を通して海に入れる南の楽園。12~4月が乾季、 6~10月雨季で、雨期は朝晩スコールが降る可能性があります。台風が直撃する事はないようなのでご安心を。 

2.180℃の虹は絶景特集で堂々の1位!

見てください!ジープ島にかかる180度の虹!島がすっぽり虹に覆われている様子は、まさに絶景。海が凪ぎになる一瞬、透明な海に雲が一面に映り込む様子も必見ですよ!この180度の虹は、スコールが多いので見られる確率は高いようです♪   
上から見ると、ジープ島がいかに小さいかがよくわかりますね。たった3分で一周できちゃうんですよ。周りを囲む珊瑚が美しいです。 

さらに、ジープ島は無人島であるため、夜空を邪魔する灯りが一切なし!常時吹いている貿易風の影響で空気がとても澄んでいるので、星々がくっきり!ビーチにサマーベッドを置いて、星空の下で寝るのも楽しみの一つです。 神秘的な月の光も見所で、水辺では月の道がしっかり見えますよ。

3.きらめく海で水中散歩を楽しめる!

野生のイルカと泳ぐドルフィンスイム

水面に浮かんでいるだけで寄ってきてくれる、とってもフレンドリーな野生のイルカに先導されて、ドルフィンスイムを楽しむことが出来ます♪

ダイビングでキミシマ遠征

ダイビングやシュノーケルのスポットです。キミシマブルーと呼ばれる、世界一とも言える真っ青な海とぽっかりと浮かぶ白い砂洲。運がよければ大物にも出会えるチャンスが!?
 

「タイタニック」で使用された沈没船

こちらもダイビングスポット。ここには映画「タイタニック」でも使用された沈没船「富士川丸」があるんです!ジープ島からわずか15分で行くことができ、水深も浅いのでじっくりと見ることが出来ますよ!

4.島にはコテージもあります!

島のコテージは大小2つあり、大きい方に8名、小さい方に5名宿泊することが出来ます。電気コンセントもあり、コンセントプラグも日本と同じなので便利です。本島であるモエン島の南端にはリゾートホテルがあります。3面を海に囲まれた抜群のロケーションですよ!

5.次のバカンスはぜひ「ジープ島」で♪

■ 基本情報

  • ・名称:ジープ島 
  • ・住所:ミクロネシア連邦
  • ・アクセス:ユナイテッド航空でグアムまで3時間半。乗り換えてトラック本島まで約1時間半。空港から車で約20分でホテルBLRに到着。島へは,BLRからボートで30分~40分です。
  • ・電話番号: 03-6279-6543
  • ・公式サイトURL:http://www.jeepisland.com/

素材提供:トリップアドバイザー
最終更新 : 2015年08月20日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

グアム 

この記事に関係する旅の目的

絶景 

この記事を見た人にオススメの記事