恵比寿のヱビスビール記念館は、試飲もできて観て飲んで楽しい、ビール好きにはたまらないスポットだった。












ビールにまつわる情報を、体験して学ぶことができる「ヱビスビール記念館」。今回は、ビール好きにはたまらないアミューズメント施設についてご紹介いたします。

東京都渋谷区恵比寿町。ここに今や本物のビアの一大スポットとも思わせるエビスビール記念館があり、エビスに関する色々なエピソードやこだわりを知る事が出来ます。今回は見ても楽しいし、試飲も出来ちゃうという、お得なこの記念館について簡単にまとめてみました。


ヱビスビール発祥の地「恵比寿」にできた記念館

恵比寿ガーデンプレイス内にある「ヱビスビール記念館」は、ヱビスビールの歴史や楽しみ方を知り、体験できる記念館です。ヱビスビール生誕120年記念で、ヱビスビール発祥の地、恵比寿に作られたんですよ!恵比寿という地名もヱビスビールから来ていますから、何だか歴史を感じますね。

建物の中の至るところにあの有名なエビスビールのロゴマーク。ここの建物にあるだけで、そのマークはいつも以上に高級感に満ちているように見えます。何気なく飲んでいるエビスビールにも、しっかり見てみると作られてるまでに想像を超えるストーリーが眠っていました。ここで誰も知ることがなかった誕生ヒストリーがたくさん語られていますので一度は見ておきたいスポットです。

特にビール好きでなくても楽しめる場所。ビール好きの彼と一緒にここでデートっていうのもたまにはいいかもしれませんね。ここでエビスビールのことを知り味わうことでビールが好きになる人もいるかもしれませんよ。

ヱビスビール記念館でやりたい3つのこと

名前は知っているけど、実際にどんなところなのか、何が出来るかなど詳細が分からない方もおられると思います。どんな楽しいことが待っているかこちらで簡単にご紹介してみたいと思います。意外なものもあってすごく興味を惹かれていくと思いますよ!

(1) 記念館見学

記念館の見学自体は、無料なんですよ! ヱビスギャラリーでは、ヱビスビールの誕生から現在までを知る貴重な資料が展示されています。また、缶ビール609本を使って作られた巨大缶ビールのオブジェも圧巻!

過去に使われていたエビスビールの広告も一緒に展示されています。イラストから始まり、写真を使われるようになった頃まで数多くの種類をみることが出来、エビスビールだけでなく現代までの歴史の流れも一緒に見れますのでとても楽しめます。巨大缶ビールのオブジェは他では見られないレアなオブジェですので絶対に見ておきましょう。

歴史を感じられるポスターは昔を懐かしむのにもいいですね。現在と前のデザインの違いなど比較してみるのも楽しいのではないでしょうか。他では見られない巨大缶ビールも是非見ておきたいですね。これならビールに詳しくなくても楽しめそうです。

(2) ヱビスツアー


ツアーラウンジとヱビスギャラリー、ツアーのみ入れるコミュニケーションステージを巡るツアーです。事前予約も当日受付もありますが、日によってはピッタリな時間が定員になってしまうことも。

ツアーは事前予約の方が優先されますから、気になる方は前日までに予約しておいて下さいね!ちなみにツアーに参加した未成年の方は、ギャラリーまでの参加になります。

エビスビールをこよなく愛する方には必見のツアーです。ビールが大好きなお友達同士、カップルでの参加も楽しそうですね。ツアー参加者のみにしか見られない、また知ることの出来ない内容もありますのでここでは残念ながら詳細をご紹介することが出来ません。気になる方は是非ツアーに参加して自分で体験してみてくださいね。

これはちょっと気になりますよね。特にエビスビールが好きな人は是非参加してさらに詳しくエビスの魅力を知っちゃいましょう!未成年の方はギャラリーまでですが、もう少し大人になったらまたここへきてみるのも楽しみの1つだと思いますよ。

(3) テイスティングサロンでの試飲

そして3つ目が「試飲」。ビール工場見学でも定番の楽しみ方。これはビール好きならイカなきゃ損です!ビールの美味しい飲み方、注ぎ方を教えてもらいながらの試飲は超楽しい!

ビールが飲めない方やお子様には、ノンアルコールビールとソフトドリンクもありますよ。400円のコインを購入することで、ビールやおつまみと交換できます。月ごとに内容も変わるので、一年を通じてビールを楽しめますよ!

ビールを美味しく飲むには、ただ泡の分量と温度を気にするだけではダメだったんです!ビールに合う本当のおつまみはなんなのか?グラスにただ注ぐだけではダメなの?今までの自分の知識では考えなかった発想に触れることが出来ますので是非試飲に参加してみましょう。これから飲むビールがさらに美味しくなる秘密をたくさん知ることが出来そうです。

ビールが苦手っていう人はここで美味しいビールの飲み方を教われば好きになるかもしれませんね。なのでビール好きだけではなく苦手な人も是非参加してみてください。ビールの味がここで変わるかもしれませんよ。

こんな人にオススメ!

この施設を訪れている方は、次のような方が何度もリピートしてまで足を運んでいる場所なんです!あなたも次の項目に一つでも当てはまったら是非行っておくべきですよ!あなたも常連の一人になる日もあっという間にくるかもしれませんね!

(1) ビール・お酒が好きな方!

やはりビールが好きな方には、是非訪れて頂きたいスポットです。 ツアーでは500円で2杯分ビールが飲めますし、テイスティングサロンでは400円のコインを買っておつまみとビールが楽しめます。特に暑くてビールの飲みたくなる夏には、最高のスポットです!

もちろん夏だけでなく、春の花見にも、秋の月見や星空の下でも、冬の雪化粧や温かい鍋物を囲む時にも、ここで美味しいビールを頂いておけば、ここから外に出た後もとっても楽しい気分のまま次に美味しいアルコールを楽しむことが出来そうです。フル活用出来る知識を身につけることが出来ますので、これからもアルコールを楽しんで行かれたい方は是非とも行っておきたいスポットです。

もちろんビールやお酒が好きな人は行ってみたいですよね。ただ美味しくビールを飲むだけではなく歴史や製造過程を知ることでこの美味しさの元を知り一口がとても深い味わいに変わるのではないでしょうか。ビールが好きなら歴史を知っておくのも悪くありませんよ。

(2) 工場見学や記念館巡りが好きな方!

ブランドコミュニケーターによる解説付きのツアーは、非常に勉強になります。 工場見学・体験などがお好きな方には、ピッタリのスポットですよ! レアグッズを売っているミュージアムショップを巡るのも楽しいかもしれません。

もちろんお酒が苦手な方だって楽しむことが出来ます。製造過程や体験を通して新しい発見が出来ますし、歴史全般に興味がある方はエビスビールの誕生の歴史にはとっても興味を惹かれると思います。お酒が好きなお友達のために、ここでのレアグッズをプレゼントとして用意するためにも足を運ぶことも出来ますので、利用シチュエーションを始め利用者の制限は全くありませんのでご安心くださいね。

ここはデートにも良さそうですね。ビール好きのカップルでもどちらかがビールが好きで苦手っていう場合でも2人とも楽しめる場所ではないでしょうか。なのでちょっと変わったデートがしたいって時に、ヱビスビール記念館なんてどうでしょうか。

(3) 恵比寿付近で、遊び&ビールを飲みにいけるスポットを探している方!

体験できてためになる、しかもビールも飲める。 どこかちょっと遊びにいきたいな、と思っている方にも最適です。 ビールとおつまみがあるので、飲みたい方にもオススメですよ!

恵比寿近辺、ちょっと高級感のある響きですし、それに一体どんなスポットがあるか分からない方もまだまだたくさんおられる方も多いと思います。観光スポットに困った時は是非ここへ足を運んでみましょう。想像している以上に充実出来るはずですよ。日頃お店に飲みに行くだけの方にはすごく新鮮だと思いますので是非一度は行っておきたいですね。

観光客にもオススメですね。ビールが飲めて楽しめるなんてお店以外でもできるなんて行ってみたいって思う人は多いはず。家族連れでも行けるのでビール好きなお父さんのために観光めぐりの1か所に加えてみてはいかがでしょうか。

■ 基本情報

  • ・名称: ヱビスビール記念館
  • ・住所: 東京都渋谷区恵比寿4-20-1恵比寿ガーデンプレイス内
  • ・営業時間: 11:00~19:00(ヱビスツアー最終回17:10)
  • ・休館日: 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、特別休館日
  • ・電話番号: 03-5423-7255
  • ・料金: 入館料は無料、ヱビスツアー、テイスティングサロンでの試飲は有料。
  •     <ツアー料金>
  •      ・大人(20歳以上) 500円(試飲つき)
  •      ・中学生以上20歳未満 300円(ソフトドリンクつき)
  •      ・小学生以下 無料(ソフトドリンクつき)
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/kengaku/

地図はこちら

恵比寿駅から徒歩ですと少し歩くかと思いますが、全然遠い距離ではありません。ビールの試飲もされる方が多いと思いますので、お車が必須ではないのが嬉しいですね。安心して電車で行くことが出来ます。このスポットを巡ったあとは、近くに恵比寿ガーデンプレイスもあります。恵比寿の中でも指折りの人気スポットですので、合わせて遊びに行かれるのも楽しそうですね。

恵比寿はデートに人気がある場所なので記念館に行った後も楽しめるのでいいですよね。しかも渋谷や新宿にも近いのでその後に電車に乗っていくのにも便利だと思います。是非次のデートは恵比寿で待ち合わせて記念館に行ってはどうでしょうか。



エビスビール記念館オリジナルグッスもご紹介!


ミュージアムショップではエビスビール記念館にしかないものが一杯。ここではオリジナル商品の幾つかをご紹介しちゃいます♪

うすはりSHIWAタンブラー

このタンブラーはエビスビールに超マッチしたもの。特別の表情を持ったタンブラーで勿論手作りです。口で吹いて金型で作りますが、息を吸う事で緩やかなくぼみが出来るので、ひとひとつ異なるグラスになっています。ビールを注いでその手になじむ仕上がりにほれぼれする事でしょう。

実はこの「うすはり」タンブラーは、江戸硝子として古くからあった薄吹きグラスに製造元の松徳硝子の「電球」作りのノウハウ元にして開発されたもので、伝統的な一口ビールグラスに新しい技術が加わって「飲み物を美しく飲むことの出来るグラス」になっています。

これなら家でも美味しいビールが飲めそうですね。ビール好きはタンブラーにこだわりを持っている人が多いと思うのでこれはお土産にいいのではないでしょうか。見ても飲んでも楽しめるなんて最高です。ビール好きの人の誕生日プレゼントにもオススメですよ。

コロコログラス

エビスビール記念館のミュージアムショップにある最も人気のあるグラスがこれ。勿論オリジナル作品です。全て手作業で制作しているというから、世界にただ一つのグラスですよ。単純な形の中にある美学を感じながらビールを飲む。そんな贅沢な時間を演出してくれる小道具にもなります。

ちなみにこのグラスは持った時の軽さに驚くとの事で、その薄さや透明さに繊細な仕事を見る事が出来るようです。この作品はガラス作家、木下宝さんの手によるもの。お土産にもよさそうとの評判です。

世界にたった1つのグラスで飲むビールは格別違う美味しさではないでしょうか。これはお父さんのお土産に喜ばれると思いますよ。日頃の感謝の気持ちを込めて1つ買って行ってはどうでしょうか。きっとお父さんも愛用してくれるはずです。

珪藻土コースター

このコースターの素材である珪藻土は水気をよく含み、呼吸するというナチュラルなもの。これに左官屋さんの技術が加わってまあるい形が作られました。エビスマークが可愛く、ビールグラスをコースターに乗せると笑顔のエビスさんとランチオンタイム!という感じ。

コースターはテーブルを濡らさないためにグラスの水滴を吸い取るものですが、このコースターは素材が珪藻土のため、吸い取った水をそのまま自然に蒸発出来るのです。しかもお手入れも簡単。シミも取り除けるとの事です。

エビス箸

なんとエビスマーク入りのお箸もあります。「けずり箸」と呼ばれるこの漆仕上げのお箸は箸専門メーカーの兵左衛門が作っているものです。「持ちやすく、使いやすい」を追求すると、こんなお箸に仕上がるのかという計算された「けずり目」が特徴。ビールのおつまみに使用するお箸に最適です。

ちなみに、兵左衛門ではメーカーのモットーとして「お箸は食べ物です」を掲げているそうです。一度「けずり箸」で食べるとその使い心地に手放せなくなってしまうのは、口に入る箸先に天然漆を100%を使うというこだわりから。

ボンピン堂の「守袋」

エビスさんつながりで、縁起の良い守り袋もミュージアムショップにて扱っています。この江戸っ子好みの粋な守袋はエビスマークのデザインに型染めという技法を用いて作られたもので、袋の素材は会津の木綿を使用しています。

用途は人によって変わりますので、アクセサリーや数珠に印鑑などを入れておくのも良いでしょうね。江戸時代では袋にお守りを入れ、懐中にしのばせておく事が流行したようですので、縁起の良い贈り物としてこの守袋を使っても良いでしょう。

記念館でエビスビールの楽しみ方やその味に迫る!!


エビスビールは本物のビール。「最高に美味い!」を実現するために様々なごだわりを追求しているそうです。ここではその味の秘密やエビスビールだけの楽しみ方もご紹介したいと思います。

エビスビールの香りを楽しんで違いが分かる男になろう!!

エビスビールは選びに選んだ麦芽とホップの香りに加えて、エビス酵母と呼ばれる芳醇な香りを生み出す酵母とのバランスを追求、深いコクがさらに進化しているとの事。その上品な香りは料理をさらに美味しくしてくれるようです。

ちなみに口にエビスビールの入ったグラスを運ぶと、そこからはエビスの香りと、口に広がるコクは他では絶対に真似出来ない!と言われくらいの絶妙さ。これはもうビール好きの男性にはたまらないでしょう。

エビスビールの泡へのこだわりがハンパないその訳とは? 

実はグラスに注がないでそのまま飲むのは泡を出さないのでもったいないという説があります。それはエビスビールの泡はそのきめ細かさで楽しい時間を演出できるからなのです。つまりグラスからこぼれそうでこぼれないスリル感をハレの日なんかで楽しめる訳ですね。

エビスビールを飲むと分かるのが、他のビールとは違うこの泡の質です。飲み続けてもそのきめ細やかな泡が出来てゆく。ちなみにグラスに注いだエビスビールの中の泡と間の出来たモヤが美味いビールの証なのだとか。

見た目の美しさも完璧なエビスビールの黄金色

見た目も美味しさの一つ。エビスビールは理想のビールを目指しているので、色も最高を追求しています。
造り手の理想のビールへの思いがエビスビールの黄金色を実現、飲む人が幸せになってくれるように工夫しているようです。また、この最高の黄金色を保つ事がブランディングにも役立つのですね。

このキメの細かい泡だちと黄金色のエビスビールを見て、「タダ者ではないぞ!」感を持つ人や輝く黄金色を見て「味しそう!」感を持つ人もいて、まさに贅沢な時間がそこにあるのかも。

丸くなったその味はエビスの味

エビスビールは長い時間をかけてはじめて作る事の出来るビール。甘味や苦味、酸味や塩味なとが普通のビールの1.5倍の熟成期間を経て融合され「丸い味」になります。その結果、余計なものが無くなってコクが純化されコントラストがはっきりした味になる。

ドイツ人も絶賛するエビスビールのその味は実はすっきりしたもの。雑味がなく深い味わいで、何杯でも飲めてしまう飽きのこないおいしさなのです。ノド越しの良さ、適度なニガさ、そしてコクと、ビール好きの人生をより豊かにするビールにエビスが選ばれています。

ノド越しも本物。エビスビールでちょっと贅沢な時間を!

エビスビールの丸い味はすっきりしたノド越しにもあります。「ビールを飲みたいな」と思った時に飲む本物のエビスビールをノド越しにゆっくり味わうのが「ちょっと贅沢な時間」ですね。麦芽100%でビールを作るそのこだわりが最高のおいしさを追求する元になっています。

贅沢な感じはマイルドな苦味を持つエビスビールだけのもの。すっきりとしたノド越しは余韻が残るとも言われていて、味の交響曲が奏でられるとか。なので、これはもうエビスビールで乾杯するしかなさそうですので、一度と言わず二度三度とエビスビール記念館に行くべきかと思います。




ビール好きな人にとってのエビスはちょっとだけ高級感のあるもの。それは飲み方、楽しみ方にも表れているようです。ちなみにそんなエビスをイメージする「贅沢な時間」のために製造段階でのこだわりを知る事も記念館で出来るのでうれしいですね。また、エビスの製造工場をきっかけに恵比寿という地名が生まれた事はやはり大変面白く思います。
最終更新 : 2016年07月04日

この記事に関係するエリア

恵比寿・代官山 

この記事に関係するジャンル

恵比寿・代官山のお酒  お酒  社会見学 

この記事を見た人が見ている記事