王道だけじゃつまらない!観光で訪れたい全国の「珍」スポット70選

定番の観光スポットもいいけど、たまにはちょっと珍しいスポットに行ってみることをオススメしたい!なぜなら、普段は巡りあうことのないおどろきの景色に出会えるから。どうしてこうなった!?というB級っぽいスポットから、珍しい絶景スポットまで、知る人ぞ知る「珍スポット」をご紹介!

1.「道端にいる巨大招き猫」愛知県常滑市


なんてことない道路沿いに突然現れる、幅6.3m、高さ3.2mの巨大招き猫(顔だけ)!怖いようなかわいいような…とにかく迫力があることだけは確か。「とこにゃん」と名づけられたこの招き猫は、常滑駅から陶磁器会館に向かう道路沿いで出会えるぞ。

ここは招き猫通りと呼ばれていて、コンクリート壁に陶製の招き猫39体が埋め込まれ、本物そっくりの陶器猫11体も設置されている、猫好き、招き猫マニアの聖地。 写真に写る招き猫を見つめる2匹の猫も、実は作り物!

■ 基本情報


2.「別府の地獄温泉」大分県

人は辛い経験を語るとき「地獄を見た」と言う。しかしここ別府温泉では辛い経験などしなくとも「地獄を見てきた…」と語りだすことができる。98度の熱湯池やワニ地獄、血の池地獄が地上にあるのだ!その正体は別府地獄めぐり。れっきとした観光名所なのである。

カバに餌をやったり、実際に入ってみたりと、珍スポットとしても観光地としても優秀なので、ぜひ訪れてもらいたい。

■ 基本情報

  • ・名称: 別府地獄めぐり
  • ・住所:大分県別府市大字鉄輪559
  • ・アクセス: 亀川駅より鉄輪行きバス乗車→血の池地獄前より
  • ・営業時間: 08:00~17:00
  • ・電話番号: 0977-66-1577
  • ・料金: 大人2100円 高校生1350円 中学生1000円 小学生900円
  • ・公式サイトURL: http://www.beppu-jigoku.com/index.html

3.「フルーツバス停」長崎県諫早市

フルーツが道端に転々と落ちている…?そんな馬鹿な!と国道207号線沿いを歩くと、なんと本当にフルーツが落ちている!隣は見慣れた看板。そう、これはバス停だ。長野の小長井地域では、バス停と共にフルーツをかたどった待合所が設置されているのである。

設置されているのは、国道沿いを中心に、イチゴ、トマト、メロン、スイカ、オレンジの5種類が16ヶ所。スイカやトマトが果物に含まれるのか…同行者がいる場合、議論になりかねないので注意が必要だ。

■ 基本情報


4.「巨大砂絵」香川県観音寺市

砂絵といえば小さく儚いもの…そんな常識をくつがえすのが琴弾公園の「寛永通宝(かんえいつうほう)」!なんと東西122m南北90m周囲345mもあるそう。このスケール感抜群の巨大砂絵を見れば、健康で長生きでき、一生金銭的に苦労することはないと言われている。

■ 基本情報


5.「岩山に描かれた龍」鹿児島県霧島市

霧島市の山脈を進んでいくと、とんでもなく不思議な光景が現れる。なんと岩山に龍が描かれているではないか!しかもここは、オリジナル黒酢を製造している長命ヘルシン黒酢醸造所。黒酢と龍、あまりにもイメージがかけ離れている。

ある日オーナーが裏山を眺めていると、裏山の石が龍に見えたことから、芸術家を招いて山肌に龍の絵を描いてもらったそうだ。その後も金の仏像を置くなど、どんどん派手に進化している模様。ちなみに一般の方の見学も行っている。

■ 基本情報

  • ・名称: 長命ヘルシン黒酢醸造所
  • ・住所: 鹿児島県霧島市隼人町野久美田670-2
  • ・アクセス:隼人駅から、車で10分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 日・祝日
  • ・電話番号: 0995-43-1507
  • ・公式サイトURL: http://www.herushin.com/

6.「悪魔がいそうなゆがんだ家」静岡県浜松市

くすんだ色合いにゆがんが家…まるで悪魔でも住んでいそうなあやしげな建物。ここは決してテーマパークでもハロウィンのなにかでもなく、浜松にある賃貸アパートなのである。

同じく浜松にあるぬくもり工房・佐々木茂良建築デザインアトリエが手がけたもので、コンセプトは魔女の家。屋根の上にコウモリやハロウィンかぼちゃを乗せるなど、細部にまで凝った作りは見事。賃貸は問い合わせ受付中ですよ。

■ 基本情報


7.「頭だけの巨大な大仏」石川県小松市

石川県小松市の住宅街に、ドーンと鎮座する高さ15mの大仏。一見普通の大仏だが、頭だけで胴体がない!実はこのハニベ岩窟院は、まだ製作途中。彫塑家・初代院主の都賀田勇馬氏と、息子の伯馬氏によって作られており、このサイズの胴体が出来上がる予定。

まだ未完成なのに、すでに大仏Tシャツや閻魔大王マグカップなど、グッズもあるらしいぞ。

■ 基本情報

  • ・名称: ハニベ岩窟院
  • ・住所: 石川県小松市立明寺町イ1番地
  • ・アクセス: 小松インターから車で15分
  • ・営業時間: 9:00~17:00(4月~9月)、9:00~16:00(10月~3月)
  • ・電話番号: 0761-47-3188
  • ・料金: 800円  高校生以下500円
  • ・公式サイトURL: http://www.hanibe.com/

8.「海の中に立つ電柱」千葉県木更津市

なんと海の中に電柱が立っているという不思議な光景が、千葉県の江川海岸で見れるようだ。アサリ密漁を監視する小屋へ電気を贈るため、電柱が海中に並んでいるんだそうで、対岸には京浜工業地帯が見える。まるで対岸まで続くようだが、途中の小屋まででおしまい。

さらにはここ、知る人ぞ知るかなりの絶景スポットでもある!特に幻想的な風景が見られるのは夕暮れ時。カメラ片手に行ってみては?

■ 基本情報

  • ・名称: 江川海岸
  • ・住所: 千葉県木更津市江川 
  • ・アクセス:木更津駅からバス→江川停留所より徒歩10分
  • ・電話番号:0438-41-2234
  • ・関連サイトURL: http://www.egawa-gyokyou.or.jp/index.htm

9.「崖に立つ小便小僧」徳島県三好市

徳島県西部にある祖谷渓(いやだに)。秋は紅葉が見事な渓谷として有名な場所だが、断崖にはなぜか小便小僧が…。土台の岩は、祖谷街道の開設工事で奇跡的に残ったもので、谷底までの高さは200m。

昔の子どもたちが、ここに立って度胸試しをしたという逸話にちなんで作られたそうだが、あまりの高さに足がすくんでしまうことだろう。

10.「100種類以上のソフトクリーム」山口県岩国市

山口県岩国市の錦帯橋。そのすぐそばにあるのが100種類ソフトクリームのお店「むさし」。普通バージョンから、地元名産の岩国れんこんソフト、すっぽん粉末がかかっているものなど変わり種も多数。

オススメは地鮎ソフト!トッピングに鮎の尾ヒレが刺さっている斬新なソフトクリームなのである。1日限定メニューもあるようだが、よくもまぁ100種類も考えたものだ。

■ 基本情報

  • ・名称: むさし
  • ・住所: 山口県岩国市横山2-1-23 
  • ・アクセス: 川西駅から徒歩約15分
  • ・営業時間: 9:00~18:00 夏季延長
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0827-43-6340 
  • ・公式サイトURL: http://www.sky.icn-tv.ne.jp/~soft-100/

11.「巨大土偶の駅」青森県つがる市

木造駅にそれはいる。木造という名前なのだからきっと立派な木造なのだろう。そう思って行くと食らうのは肩透かし!壁面には巨大土偶が埋め込まれているではないか!どうしてこんなことになったのか…それにはあっさりとした理由がある。亀ヶ岡遺跡から遮光器土偶が発掘されたシンボルなのだ。

ちなみにこの土偶には愛称があり、その名もそのまま「しゃこちゃん」という。実物を見たら呼びかけてみよう。運が良ければ目が光るかも…?

■ 基本情報


12.「空飛ぶ団子」岩手県一関市

団子が空を飛んでくる!?そんな摩訶不思議な現象あるわけ…あったんです!団子を注文し、カゴに注文票を入れて木槌を鳴らす。すると渓流を挟んだ対岸にあるお店がカゴを引き入れ、帰りに団子とお茶がカゴに入って空中滑降する…そんなユニークな発想は岩手県にある「郭公屋」が行っている。

岩手の絶景、厳美渓の名物にもなっており、飛んでいる最中にカゴの中のお茶がこぼれないのは、まさに名人芸とも言えるだろう。

■ 基本情報

  • ・名称:郭公屋
    ・住所:岩手県一関市厳美町字滝ノ上211     
  • ・アクセス:一関駅からバス→厳美渓停留所からすぐ     
  • ・営業時間:9:00~16:00 (売切れ次第終了)     
  • ・営業期間:3月~11月(冬季休業)     
  • ・電話番号:0191-29-2031     
  • ・関連サイトURL:http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03209/1434.html

13.「宮崎のモアイ像」宮崎県

モアイ像を見にイースター島へ行きたい!そう思っている人たちよ、そんな遠くまで行かなくとも、モアイ像は宮崎県にいるのですよ。ほら、本物そっくり!

それもそのはず。宮城県のモアイ像はそこらのパチモンとは違い、チリ政府公認なのだから!チリ地震で倒れてしまった本家モアイ像の復旧を、日本企業が手伝ったことが縁となり、特別に許可を得て完全復刻したもの。おもしろいだけでなく、世界に誇れる珍スポットというわけだ。

■ 基本情報

  • ・名称: サンメッセ日南
  • ・住所: 宮崎県日南市大字宮浦2650
  • ・アクセス: 宮崎駅から日南行きバスで1時間20分、サンメッセ日南下車
  • ・営業時間: 09:30~17:00
  • ・定休日: 第一・第三水曜日(八月・祝日を除く)
  • ・電話番号: (0987)29-1900
  • ・料金: 大人700円 中高生500円 4歳以上350円
  • ・公式サイトURL: http://www.sun-messe.co.jp/index.html

14.「自然のものとは思えない石畳」沖縄県島尻群

沖縄県の奥武島に広がる、亀甲模様の石畳。直径1メートルほどの四角、五角形、六角形の石が並んでいる。これは火山の噴火で流れた溶岩が地中で冷えた時におきる「柱状節理(ちゅうじょうせつり)」が原因で、ここまで形がそろっているのは珍しい。2014年7月に国の天然記念物として指定されている。

■ 基本情報

  • ・名称: 畳石
  • ・住所: 沖縄県島尻郡久米島町奥武
  • ・アクセス: 久米島空港からタクシー利用
  • ・電話番号: 098-896-7010
  • ・公式サイトURL: http://www.kanko-kumejima.com/

15.「スロット機能つきのATM」岐阜県大垣市

ここはよくあるATM。と思いきや、ドライブスルーやスロットができるATM…?スロットで数字が3つ並ぶと時間外手数料が無料に、絵柄がそろえば現金1000円がもらえるという夢のようなATMなのだ!

ゴールド総合口座・スーパーゴールド総合口座なら、専用のゴールドATMでお金が降ろせ、現金用の封筒も金色だ。毎日お金を降ろしたくなってしまいそう…!

■ 基本情報

  • ・名称: 大垣共立銀行
  • ・住所: 本店 岐阜県大垣市郭町3丁目98番地
  • ・電話番号:0584-74-2111
  • ・設置場所: 金色ATMは各店舗に基本一台配備 スロットATMは店舗内、ドライブスルーATMは、羽島支店・ドライブスルーながくて出張所・藤沢支店
  • ・公式サイトURL: https://www.okb.co.jp/

16.「給油機のような自動販売機」香川県高松市

香川県高松市にあるびっくり自販機。自販機なのか給油機なのか、一瞬とまどってしまいそうだが、安心してほしい。給油ノズルとホースはただの飾りだ。ノズルも固定されているので動かない。

ヤマウチ セルフ多肥というガソリンスタンドに設置してあるこの自販機、インパクトが抜群すぎる。見た目はこんなだが、普通にジュースを買うことができる。

■ 基本情報

  • ・名称: ヤマウチ セルフ多肥
  • ・住所: 香川県高松市多肥上町1870-3
  • ・アクセス: 仏生駅から車で約5分
  • ・営業時間:06:00 - 24:00
  • ・電話番号:087-888-0510
  • ・参考サイトURL:http://gogo.gs/shop/3701000017.html

17.「豪華すぎる歯医者」岐阜県岐阜市

こちら、あやしい場所でもテーマパークでもありません。岐阜市にあるコメット歯科クリニックです。え、まさかの歯医者さん!?歯医者さんなのに4階建てのゴージャスな建物で、内部は螺旋階段やシャンデリア、高級イタリア料理店とゴージャス尽くし。

レクサスで岐阜駅まで送迎してもらえて、おまけに歯も治療できるって…すごすぎる。

■ 基本情報

  • ・名称: コメット歯科クリニック
  • ・住所: 岐阜県岐阜市下土居 3-3-11
  • ・アクセス: 岐阜駅よりタイクシーで15分
  • ・営業時間: 9:00~13:00 14:00~17:30(月・土は 18:30まで)
  • ・定休日: 木曜・日曜・祝日
  • ・電話番号: 058-233-6262
  • ・公式サイトURL: http://comet-1.com/

18.「本棚みたいなカレー売り場」埼玉県さいたま市

まるで本棚のようなカレー売り場、埼玉県さいたま市の大丸 浦和パルコ店内にある、その名も「カレーなる本棚」。商品数が230種類以上と多すぎるため、見やすい本棚形式を採用したんだそう。

全国のご当地カレーが並び、水戸納豆カレーや広島牡蠣カレー、いちごカレーなど、つい手が出そうなものから逃げたくなるものまで揃っているぞ。

■ 基本情報

  • ・名称: 北野エース 大丸浦和パルコ店
  • ・住所: 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和パルコB1F
  • ・アクセス: JR浦和駅より徒歩2分
  • ・営業時間: 10:00 ~ 21:00 
  • ・電話番号: 048-885-0711 
  • ・公式サイトURL: http://www.ace-group.co.jp/store/182_440.html

19.「消える沼」北海道斜里町

ここは北海道の斜里町ウトロ地区。普段はなにもない草原なのだが、6~7月にのみ突如現れ、そしてまた消えていく沼があるようだ。一体なぜ…?実はこのあたりは山に囲まれたすり鉢状の地形のため、春の雪解け水がたまると幻の沼が現れるのだ。それが「ポンホロ沼」と呼ばれている。

流れ込む水が絶えると、沼の水が徐々に干上がりまた元の草地に戻る。自力で行くにはなかなか辿り着かないため、出現シーズン限定のネイチャーツアーに参加するといいだろう。

■ 基本情報


20.「長すぎる店名」静岡県浜松市

浜松市のクイーンズヒルというウェディング施設併設のケーキ屋さん「パンパパーン」。しかしこの店名は略称で、正式名称は長すぎて名付け親の経営者でも最後までは言えないんだとか。お店が通学路にあるので、子供に興味を持ってもらおうとつけたそうだが…。名前はともかく、二度焼きパイシューは絶品。

正式名は「ビシャモン・シャンプー・マジカル・ベアーティトゥードー・ハウリオ・プロナウンスド・コッペパン・スギウラ・ミニクロワッサン・シシアーシチィ・チャイナ・モンブラン・ボヌール・アルネオ・ツヅチ・ホカホカ・エウダイモニアー・プリン・イチゴジャム・ハンドパレット・エストラント・ガーリック・マルチ・ウィラーバス・ウムチ・シャブリ・ショート・シャリブラ・スギヤス・ユウトウエビ・ハッピネス・グリュック・シフォン・フェチリタ・ディッチャ・ポン・デ・ケイジョパンパパーン」。

覚えられる人がいたら拍手を送りたい。

■ 基本情報

  • ・名称: パンパパーン
  • ・住所: 静岡県浜松市東区半田山4-4-25(浜松医科大学前) 
  • ・アクセス:JR浜松駅より車で約20分 
  • ・営業時間: 11:00~19:00
  • ・定休日:  火・水曜日
  • ・電話番号: 053-432-5009
  • ・公式サイトURL: http://www.queens-hill.jp/cakeshop/

21.「ピラミッド温泉」栃木県那須塩原市

青森、広島、長崎など、日本各地にピラミッドかもしれないと見られている山があるのは知っているだろうか。しかし甘いと言わざるを得ない。那須塩原にはそんな怪しいものなど物ともしない、本物のピラミッドがあるのだ。

その正体はピラミッド元氣温泉!ピラミッドで集めた宇宙エネルギーと地殻エネルギーのコラボを実現させた、養殖パワースポットなのである。温泉に入るもよし、瞑想するもよし、鶏肉で俗世に染まるもよしの…ぶっちゃけてしまえばエセスポットだ!

■ 基本情報

  • ・名称: ピラミッド元氣温泉
  • ・住所: 栃木県那須塩原市接骨木493-4
  • ・アクセス: 西那須野塩原ICから車で約5分
  • ・営業時間: 10:30~21:00
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: (0287)35-4141
  • ・平日料金: 大人550円 小人300円 乳児100円
  • ・公式サイトURL: http://pyramid-onsen.com/

22.「全国の高校ノートがある居酒屋」東京都港区新橋

新橋にある「九州郷土料理 有薫酒蔵」 には、全国各地の高校OBが閲覧、書き込みができる高校別ノートがずらり。日本には高校が5000校以上あるそうだが、有薫酒蔵にはなんと半分以上の高校別ノートが!書きこんでおけば、意外な再会が東京で叶うかも?もちろん悪口は書いちゃダメだぞ。

■ 基本情報

  • ・名称: 有薫酒蔵 新橋店 (ゆうくんさかぐら)
  • ・住所: 東京都港区新橋1-16-4 りそな銀行ビル B1F
  • ・アクセス: JR新橋駅日比谷口から徒歩2分
  • ・営業時間: 【月~金】17:00~23:30 【土曜日】16:30~23:00
  • ・定休日: 日曜、祝日
  • ・電話番号: 03-3508-9296 
  • ・公式サイトURL: http://www.shinbashi-yukun.com/

23.「おみくじつきのATM」三重県伊勢市

伊勢神宮の内宮、おかげ横丁にある第三銀行支店。伊勢神宮内宮に一番近いATMなのだが、ご覧の通りの古風すぎる佇まい。風情ある軒行燈に第三銀行の文字が入り、夜になれば灯がともるそう。さらにはATMの利用明細の裏におみくじがついており、大吉が出ると赤福が3個もらえる特典つき! 

■ 基本情報


24.「古風すぎるファミリーマート」三重県伊勢市

古い木造店舗が並ぶ中に、よく見るとあれ?ファミリーマートの文字が!こちらがある場所も伊勢神宮内宮のすぐそば、おかげ横丁付近。このあたりの街並みは景観に配慮しているので、コンビニと言えど周囲に溶け込むためにこうなったそう。2階はイートイン、看板も木製です。

■ 基本情報


25.「豪華すぎる安土城」三重県伊勢市

織田信長がつくった安土城は戦国時代に焼けてしまい、資料はほとんど残っていないのですが、あるではないか安土城!これは三重県にあるテーマパーク「伊勢安土桃山文化村」にある安土城の再現。若干カラフルすぎる気もするが、派手好きな信長だけに、本当にこうだったのかも!?

■ 基本情報

  • ・名称: 伊勢安土桃山文化村
  • ・住所: 三重県伊勢市二見町三津1201-1 
  • ・アクセス: 宇治山田駅より車で20分
  • ・営業時間:【3月17日~11月15日】 9:00~17:00 
  • 【11月16日~3月16日】 9:30~16:30
  • ・電話番号: 0596-43-2300
  • ・入村料:2500円 中高生1200円 小学生900円
  • ・公式サイトURL: http://www.ise-bunkamura.co.jp/index.php

26.「完成見込みのない歴史テーマパーク」滋賀県彦根市

滋賀県のお金持ちが1970年代から作り始め、40年経った今も増築を重ね、完成どころか崩壊しつつあるテーマパークがあるらしい。滋賀にある「佐和山遊園」!完成の見込みはほとんどなく、もはやサクラダファミリア状態。

石田三成ゆかりの建物を思いつくままに再現しているようだが、よく見ると城のドアはホームセンターで買ってきたようなものだったりと、少々様子がおかしい。入場無料なので、物好きの人はぜひ自分の目で確かめてほしい。

■ 基本情報


27.「怪しすぎるお好み焼き店」大阪府富田林市

大阪人のソウルフード、お好み焼きを提供している「大門お好み焼道場」。壁にぎっしり貼られた400のメニューに圧倒!ちょいちょい描かれているイラストも妙にリアルだ。この店がある大門は大きな駅ではないのだが、お客さんが途切れることなくオープンから40年、今も絶賛営業中! 

■ 基本情報

  • ・名称: 大門お好み焼道場
  • ・住所: 大阪府富田林市須賀2-20-7
  • ・アクセス: 滝谷駅から徒歩すぐ
  • ・営業時間: 9:00PM~翌4:00AM(要確認) 
  • ・定休日: 日・祝休
  • ・電話番号: 0721-53-3857
  • ・参考サイト:http://tabelog.com/osaka/A2708/A270802/27023583/

28.「世界各国の像がいすぎる霊園」北海道札幌市

モアイ像や鹿のブロンズ像、ストーンヘンジなどの像がこれでもか!というぐらい置かれている、フリーダムすぎる場所があるらしい。東京ドーム20個分の広すぎる敷地を誇る、札幌市にある真駒内滝野霊園だ。

なんとモアイ像は33体あり、ストーンヘンジには永代供養墓が併設されている。興味のある方は行ってみるがいいが、きっとあまりの広さに途方に暮れるだろう。

■ 基本情報

  • ・名称: 真駒内滝野霊園
  • ・住所: 北海道札幌市南区滝野2
  • ・アクセス: 札幌の中心部から車で約35分
  • ・営業時間:【4月~9月】7:00~19:00
  • 【10月~3月】7:00~18:00
  • ・電話番号: 011-592-1223
  • ・公式サイトURL: http://takinoreien.com/index.html

29.「激しく遊べるコンビニ」北海道網走市

コンビニ=買い物。そんな固定概念は今すぐ捨てていただきたい。牛乳の横でおもちゃが売られ、冷蔵庫の上にはヘリコプターのRCが鎮座している。そんなコンビニがあるのだから!

北海道網走市のコンビニストア、サンハートまるあ野尻商店。なにを思ったか、ここは充実したホビーコーナーがあり大人気だ。オホーツクあばしりパーツ関係も充実の品ぞろえで、プロショップ並み。そして床には車レースのコースが。さぁさぁ、コンビニへ遊びに行こう! 

■ 基本情報


30.「山頂に広がる無数の岩」長野県茅野市

日本百名山のひとつ、蓼科山の山頂は岩ばかりの珍スポット。山頂は100m以上もある円形の火口跡なので、樹木が育たなく見渡す限り岩ばかりなのだ。お天気が良ければ北東に浅間山、南南東に八 ヶ岳、南には南アルプス、西に中央アルプス、北西には北アルプスが見える絶景ポイントでもあるのですよ! 

■ 基本情報


31「巨大な蜂オブジェ」長野県東御市

ドカーンとたたずむ銀ピカの巨大な蜂…なんなんだこれは!トラックよりも巨大じゃないか!うしろには「蜂天国」の文字もあるし、恐ろしや…

一見恐怖を感じるこの施設は、スズメバチの巣で作ったアート作品が800点以上もある博物館。扇風機+蜂の巣、こけしの頭上に蜂の巣など、目を見張るものばかりあるようだが、果たして「天国」なのだろうか? 

■ 基本情報

  • ・名称: 蜂天国
  • ・住所: 長野県東御市加沢435−1
  • ・アクセス: しなの鉄道「滋野駅」からタクシーで5分
  • ・営業時間: 【7月~10月】9:00~18:00 【11月~6月】9:00~17:00
  • ・定休日: 火曜日(11~6月)、12/31~1/3
  • ・電話番号: 0268-63-3888
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://hatitengoku.okoshi-yasu.com/

32.「アピールポイントがおかしなお店」山梨県南都留郡

廃材のオブジェや店主の愛車・カウンタック、日本一長いリムジンでのドライブなど、アピールポイントがてんこ盛りなここは、なんのお店かというと…まさかのほうとうのお店!車にはちゃんとほうとうの写真があるでしょ?入り口に置いてある廃材利用エイリアンとプレデターに、びっくりして帰らないように。

肝心のほうとうは、野菜たっぷりで絶品!ちなみに店主は『みさか路マン』として山梨や神奈川のローカルCMに出演しているようだ。熱い店主が営むお店のほうとう、お試しあれ。

■ 基本情報

  • ・名称: 宝刀屋敷みさか路
  • ・住所: 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2746-1 
  • ・アクセス: 富士急行線 富士河口湖駅より車で10分
  • ・営業時間: 9:00~20:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 0555-76-7527
  • ・公式サイトURL: http://www.misakaji.co.jp/

33.「河童だらけのお寺」東京都台東区

浅草駅から徒歩10分ほどの合羽橋。業務用調理器具の問屋で有名ですが、その近くにかっぱだらけのお寺を発見。かっぱ寺とも呼ばれる曹源寺には、かっぱを祭った小さな神社が併設されている。敷地内にはあちこちにかっぱ像があり、常にキュウリのお供えも。かっぱの手のミイラと言われるものも納められているそうな…。

■ 基本情報

  • ・名称: 曹源寺
  • ・住所: 東京都台東区松が谷3-7-2
  • ・アクセス: つくばエクスプレス浅草駅A2出口 徒歩10分
  • ・電話番号: 03-3841-2035
  • ・公式サイトURL: http://www.sogenji.jp/

34.「世界一短いエスカレーター」神奈川県川崎市

神奈川県の川崎駅近くのショッピングセンター「川崎モアーズ」の地下2階には、ちっちゃなエスカレーターがある。高低差は83.4センチ(5段)しかなく、所要時間はわずか5秒!ギネス記録にも載っているのだが、"プチカレーター"というニックネーム通り、小さくてかわいい。

川崎市で生まれた赤ちゃんは、ここで初エスカレーター体験をするのが定番らしい。エスカレーターに乗っているように穏やかな人生が送れるんだとか。

■ 基本情報

  • ・名称: 川崎モアーズ
  • ・住所: 神奈川県川崎市川崎区駅前本町7
  • ・アクセス: 川崎駅直結地下通路
  • ・営業時間: 10:00~21:00(地下ショッピングフロア)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 044-211-1131
  • ・公式サイトURL: http://kawasaki-mores.jp/

35.「有料エスカレーター」神奈川県藤沢市

おいおいエスカレーターでお金を取るのかっ!?一瞬、困惑する「有料エスカレーター」は江ノ島に存在!江ノ島の地上と頂上は、106mのエスカレーターでつながっていて、名前は江ノ島エスカー。石段を登ると20分もかかるため、4分で頂上にいけるエスカーはとっても便利!有料なのも納得だ。

4つのエスカレーターを乗り継いでいき、途中で降りることも可能。区ごとに料金が加算されていくユニークな料金形態になっていますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 江ノ島エスカー
  • ・住所: 神奈川県藤沢市江の島2-3-9
  • ・アクセス: 片瀬江ノ島駅から徒歩20分
  • ・営業時間: 09:00~19:05
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号:0466-25-3525 
  • ・料金: 中学生以上360円 小学生180円 
  • ・公式サイトURL: http://enoshima-seacandle.jp/facilities/escar.html

36.「ズラリと並ぶ昭和な自販機」千葉県香取市

昭和ちっくな自販機がずらーっと並ぶこの空間は、昔の風景か…?いえいえこれは平成の現在の空間!千葉県香取市の24丸昇にあるこの自販機たちは、飲み物、カレー、トーストサンド、ラーメン、うどん、赤飯まであり、アツアツの軽食がボタンを押すだけで出てくるのだ。

ついには唐揚げ弁当、豚丼弁当も自販機で販売開始。お弁当は奥の調理場で作っているので、タイミングがいいと出来たてを食べられるぞ。

■ 基本情報

  • ・名称: 24丸昇
  • ・住所: 千葉県香取市野田510-1
  • ・アクセス: 小見川駅から徒歩約10分
  • ・営業時間: 6:30~24:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0478-83-2775
  • ・参考サイト:http://tabelog.com/chiba/A1204/A120404/12017737/

37.「マイメロワールドな歯医者」埼玉県草加市

歯医者には行きたくないけど、こ~んなマイメロワールドの空間ならがんばれる?埼玉県草加市のハーツデンタルクリニック谷塚は、外観から診察室内まで徹底的なマイメロづくし。子供が来やすいようにとの配慮から、こんなにラブリー&メルヘンな歯医者になったそう。

診察室ごとに別キャラがいるので、コンプリートしてみては?男性はちょっと行きづらいかもしれないけどね。

■ 基本情報

  • ・名称: ハーツデンタルクリニック 谷塚  
  • ・住所: 埼玉県草加市谷塚1丁目2−43
  • ・アクセス: 谷塚駅前東口(改札を出て左)を出てロータリーの正面右側
  • ・診療時間:09:30~13:00、14:30~19:00
  • ・定休日:水・日(祝日のある週は水曜営業)
  • ・電話番号: 048-934-9804
  • ・公式サイトURL: http://www.hearts-soka.jp/

38.「階段にビッシリ並ぶひな人形」茨城県大子町

飾神社の参道「百段階段」にビッシリとひな人形が並ぶ不思議な光景。これは茨城県大子町で、毎年3月3日に繰り広げられる華やかなイベントだ。これらは住民から寄贈されたもので、その数なんと約1000体!イベント当日は甘茶の接待もあるのだとか。 

ちなみに千葉県勝浦市の60段ひな壇にインスパイアされ、始めたらしい。

■ 基本情報

  • ・名称: 百段階段でひな祭り
  • ・住所: 茨城県久慈郡大子町 本町通り「十二所神社百段階段」
  • ・アクセス: 常陸大子駅から徒歩3分
  • ・開催日: 例年三月1週
  • ・電話番号: 0295-72-0191
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.daigomachi.or.jp/webdir/32.html

39.「愛知にある福岡めんたいこの博物館」愛知県常滑市

福岡の老舗めんたいこメーカー・かねふくが作っためんたいパークがあるのだが、場所はなぜか愛知県。かねふくの茨城県工場が被災した後、リスク分散と愛知県の支援策を利用して、この場所にできた模様。

館内は博物館→工場見学→試食→買い物と、ゆるキャラのタラピヨに誘導されるがまま。つい買ってしまうという、完璧な流れだ。

■ 基本情報

  • ・名称: めんたいパークとこなめ
  • ・住所: 愛知県常滑市りんくう町1-25-4
  • ・アクセス: 常滑駅から徒歩約10分
  • ・営業時間: 9:00~18:00
  • ・電話番号: 0569-35-9900
  • ・料金: 無料(有料施設あり)
  • ・公式サイトURL: http://mentai-park.com/park/tokoname/

40.「日本一安い自動販売機」大阪府大阪市福島区

自販機の商品といえばだいたい150円ぐらいするものだが、この自販機はなんと10円で売り出されているではないか!

大阪市福島区。ここはさまざまなものが激安で販売されるエリア。道路わきの自販機がオール10円だったり、50円だったり。有名メーカー品でも、在庫過多や賞味期限間近なら10円!商品はどんどん入れ替わるので、あえてディスプレイなしの自販機もあるんだとか。

■ 基本情報


41.「仏様が出迎えてくれるカフェ」大阪府大阪市

大阪市の野田新橋筋商店街にある「喫茶去 篝(きっさこ かがり)」では、入り口で看板仏像が出迎えてくれる。店内に入っても仏像、店の真ん中には豆の焙煎機が。店名である喫茶去とは禅語で「お茶でもどうぞ」という意味らしい。少々怪しげではあるが、コーヒーはおいしく意外とくつろげる空間。

 JR環状線高架下には姉妹店の喫茶去 煌 (きらめき)もあるので、ありがたくハシゴしましょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 喫茶去 篝 (カガリ)
  • ・住所: 大阪府大阪市福島区吉野2-8-36 
  • ・アクセス: 玉川駅から徒歩2分
  • ・営業時間: 6:00~18:30 
  • ・定休日:不定休
  • ・電話番号: 06-6443-4264
  • ・参考サイト:http://www.nikkansports.com/special/sangaria/meiten_10.html


42.「3万体の雛人形ピラミッド」徳島県勝浦町

徳島県の勝浦町では、毎年ビッグひな祭りが行われる。町おこしのために始め、今では会場に高さ8m、幅20mのピラミッドひな壇が設置される盛況ぶり。ひな壇は15段あり、4面すべてに全国から集まった3万体雛人形が並ぶのです。そのスケールったらびっくり仰天。雛人形タワーのできあがり。

■ 基本情報

  • ・名称: 勝浦町人形文化交流館 
  • ・住所: 徳島県勝浦郡勝浦町大字生名字月ノ瀬35−1 
  • ・アクセス:立江駅から車で15分
  • ・開催期間: 例年2月末~4月ごろ
  • ・電話番号: 0885-42-4334
  • ・公式サイトURL: http://www.bighinamaturi.jp/

43.「金色に光る謎のオブジェ」東京都墨田区

東京スカイツリーの横で、金色に光り輝く謎のオブジェ…不思議な形をしているが、このビル実はアサヒビールの本社なのだ!オブジェは金色の炎だそうで、「新世紀に向かって飛躍するアサヒビールの燃える心」
を表しているそう。

東京スカイツリーと炎のオブジェが並んだショットを狙いたいのなら、吾妻橋の上がオススメ。角度によっては、アサヒビール本社に写り込むスカイツリーも激写できるぞ。

■ 基本情報

  • ・名称: アサヒビール本社
  • ・住所: 東京都墨田区吾妻橋1丁目23−1
  • ・アクセス: 浅草駅徒歩3分
  • ・電話番号: 0120-011-121
  • ・公式サイトURL: http://www.asahibeer.co.jp/

44.「近未来すぎる神社」東京都中野区

コンクリートむき出しの、ごっつい風貌をしたこの建物はまさかの神社!とても神社には見えないというか…近未来神社といったところだろうか。

そんなぶっ飛び神社があるのは東京都中野区にある八津御嶽(やつみたけ)神社。家内安全・商売繁盛・厄除けにご利益があり、大正時代に山梨県の本宮から分社。東京・千葉・埼玉・神奈川の地鎮祭をお願いできるので、新築の予定がある方はぜひ。

■ 基本情報

  • ・名称: 八津御嶽神社 
  • ・住所: 東京都中野区本町二丁目七番六号
  • ・アクセス: 中野新橋駅より徒歩6分
  • ・電話番号: 03(3372)4252
  • ・公式サイトURL: http://www.yatsumitake.com/

45.「橋の上にある駅」高知県長岡郡

高知県にある土佐北川駅がある場所は、なんと川にかかる鉄橋の上!おそらくJR路線上で唯一の、トラス式橋梁にある駅なのだ。この駅は歩行者も利用する橋でもあり、土佐北川駅を通過して対岸に渡る人もいる。1日に上下線合わせて15本(平日)しか電車が通らないため、橋としての役割のほうが大きいのかも?

■ 基本情報

  • ・名称: 土佐北川(とさきたがわ)駅
  • ・住所: 高知県長岡郡大豊町久壽軒

46.「店名がまわりくどい店」大阪府茨木市

昔の若者の店…つまり、おじさま達ご用達ということでよろしいか?どんな店かというと、その名も「ナツメロ喫茶みさ」。名前も渋くて、いかにも長時間くつろげそうである。看板によれば、営業時間は12:00~17:00。昼からナツメロを歌いまくれると言う、昔の若者にやさしい時間設定でございます。

■ 基本情報

  • ・名称: ナツメロ喫茶みさ
  • ・住所: 大阪府茨木市
  • ・アクセス: 茨木駅東口からすぐ 
  • ・営業時間: 12:00~17:00

47.「地上に現れた地獄」富山県中新川群

地獄への入り口が、富山県に存在するのをご存知だろうか?地獄のテーマパークとも呼ばれる「まんだら遊苑」は、立山博物館に付属する施設で、立山まんだらの世界を五感で感じるスポット。

なかなかアーティスティックな施設で、苑内は地獄、天国、陽の道の3ブロックで構成。普段あまり使わない嗅覚も駆使して、あの世を体感できますよ…!

■ 基本情報

  • ・名称: まんだら遊苑
  • ・住所: 富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
  • ・アクセス: 千垣駅から徒歩約20分
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・定休日: 月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
  • ※12月1日~3月31日まで冬期休苑
  • ・電話番号: 076-481-1335
  • ・料金:400円 大学生320円 高校生以下無料
  • ・公式サイトURL: http://www.pref.toyama.jp/branches/3043/3043.htm

48.「シャッター通りのお化け屋敷」岐阜県岐阜市

どの商店街も閉店が続き、シャッター通りばかり。それを逆手に取ったのが岐阜県の柳ヶ瀬商店街。夏限定でお化け屋敷を始め、2015年は2年ぶりに再開し、お化けも増員してパワーアップ!空き店舗を利用しているので、周囲のさびれ感ともぴったりマッチしていて恐怖感も倍増!?
  • ■ 基本情報
  • ・名称: 柳ヶ瀬 お化け屋敷 
  • ・住所: 岐阜県岐阜市柳ケ瀬通1丁目2番地 豊富ビル1F(岐阜中日ビル北側)
  • ・アクセス: 岐阜駅から徒歩約10分
  • ・営業時間:11:00~20:00 【土日祝日】10:00~21:00
  • ・電話番号: 会場直通 058-264-3883
  • ・料金: 大人600円 中学生以下300円
  • ・公式サイトURL: http://www.gifu-obake.net/ 

49.「ひょうたんだらけのひょうたん会館」岐阜県養老郡

ジオラマや絵でひょうたんの成長を知ることができ、変わった形のヒョウタンを展示しているのが、養老町にあるひょうたん会館。フォルムのものから江戸時代の作品まで、右を見ても左を見てもひょうたんだらけの、最早博物館といって良い場所でしょう。

■ 基本情報


50.「タイガース模様のローソン」兵庫県西宮市

タイガースグッズだらけの店内。こちらは阪神タイガースのグッズショップ…だはなく、ただのコンビニ!ローソン西宮甲子園九番町は、阪神甲子園球場に一番近いコンビニということでタイガースグッズが激売れなんだとか。

オフィシャルグッズ購入後、イートインで休んで気力・体力を充実させるのがファンのお楽しみ。甲子園での試合日は、スタッフもタイガースユニフォームで勤務するそう。もちろん普通の商品も売っているのでご安心を。    

■ 基本情報

  • ・名称: ローソン 西宮甲子園九番町
  • ・住所: 兵庫県西宮市甲子園九番町230ー1
  • ・アクセス: 甲子園駅より徒歩約10分
  • ・電話番号: 0798-49-0555
  • ・公式サイトURL: http://store.lawson.co.jp/store/220078/

51.「今も現役62年前の観覧車」兵庫県姫路市

姫路市立動物園の開園は、昭和26年。姫路城の三の丸広場東側にあるのだが、園内は特にリニューアルせず、レトロ感たっぷり。遊園地部門には観覧車やモノレールがあり、62年前にできた姿のまま動いているのだ。観覧車は開園当初から人気のアトラクションで、当時はまだ観覧車自体がとても珍しかったそうだ。

■ 基本情報

  • ・名称: 姫路市立動物園
  • ・住所: 兵庫県姫路市本町68番地
  • ・アクセス:姫路駅から徒歩15分
  • ・営業時間: 午前9時から午後5時まで(入園は午後4時30分まで)
  • ・定休日: 12月29日から翌年1月1日まで
  • ・電話番号:079-284-3636 
  • ・料金: 大人200円  高校生未満30円
  • ・公式サイトURL: http://www.city.himeji.lg.jp/dobutuen/

52.「ゲゲゲの鬼太郎ATM」鳥取県境港市

鳥取県の境港市は、現在「ゲゲゲの鬼太郎」と絶賛コラボ中。鬼太郎ロードには130体以上の妖怪ブロンズ像があり、鳥取銀行のATMも木造風で周囲とマッチさせる徹底ぶり。そして看板には「妖怪に暗証番号を聞かれても教えないでください」の文字が。もちろん人間にも教えてはいけません。

■ 基本情報


53.「田舎で光り輝く民家」島根県大田市

島根県の大田市は、特に目立った観光地もない静かな場所。しかしクリスマスシーズンだけは、たくさんの観光客が集まるらしい。それも、ごく普通の個人宅に。実はこの個人宅、クリスマスになると2万球以上のLEDライトを使用したイルミネーションで輝くのだ!

おじいちゃんがお孫さんを喜ばせるために始めたようで、今では観光客が集まり、なぜか雑記帳に願い事を書いていく人が多いんだとか。夢がある…のか?

■ 基本情報

  • ・名称: クリスマスイルミネーション
  • ・住所: 島根県大田市五十猛町
  • ・アクセス: 大田市駅から車で約15分
  • ・オススメの時期: クリスマスシーズン限定
  • ・参考サイト:http://www.sanbesou.jp/news/?p=2070

54.「恐竜だらけの洞窟」和歌山県伊都群

小原洞窟恐竜ランドは、洞窟内で恐竜の模型が見られる不思議スポット。高さ7m、全長23mの実物大サイズのディプロドクスやティラノサウルスなど、20体以上が設置されているのだ。昭和37年まで鉱山として使われていた坑道を利用しているので、道は入り組んで迷路のよう。暗くて狭い洞窟内では、恐竜も迫力ありです。

■ 基本情報

  • ・名称: 小原洞窟恐竜ランド&極楽洞
  • ・住所: 和歌山県伊都郡かつらぎ町花園梁瀬1020
  • ・アクセス:笠田駅からかつらぎ町コミュニティバス「花園行き」で約1時間
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 10月~2月の木曜日(祝日の場合営業)
  • ・電話番号: 0737-26-0836
  • ・料金: 大人800円、小人500円
  • ・公式サイトURL: http://www.katuragi.or.jp/kyoryu-land/

55.「自家用船で買い物に行く島」香川県沖之島

香川県の沖の島は、小豆島から約100mほど距離にある島。島民60人のほとんどが高齢者だが、島にはお店がないため、隣の小豆島に行かなければならない。そんな小豆島までの交通手段はなんと自家用船!

公営の渡し船より自家用船のほうが早いので、住民のほとんどが2級小型船舶免許を所有。買い物や用事のたびに、おばあちゃんたちがマイボートを自動車感覚でブイブイ乗り回しているのだ。

■ 基本情報


56.「謎の入り口」東京都青梅市

住宅街の駐車場に突如あらわれる「ちゃんちきどうのひみつのいりぐち」。ん?ちゃんちきどう?ちょっとよくわからない入り口ではあるが、扉を開けるとひみつの指示書がある。その指示書をたどると到着するのが…ちゃんちき堂のひみつ工場(店舗)!あ~お店の名前だったのか!

ちゃんちき堂は、リヤカーでシフォンケーキを売っていた名物店。店主さんが1日大工券で大工さんに作成依頼した、遊び心いっぱいのスポットなのである。

■ 基本情報

  • ・名称: ちゃんちき堂
  • ・住所: 東京都青梅市塩船63−8
  • ・アクセス: 東青梅駅から徒歩約20分
  • ・営業日:火・水・土・日
  • ・営業時間:12:00~18:00
  • ・電話番号: 080-5491-4400
  • ・公式サイトURL: http://www.chanchikido.jp/

57.「ランチパックだらけのお店」東京都千代田区

ランチパックってどのお店もたいてい数種類、しかも定番の味しか置いてない気がするのだが、どうだろうか?そんな不満が解消される「ランチパック専門店」がつくばエクスプレスの秋葉原駅地下にはあった!店内はぜ~んぶランチパックで、あまり見かけないものや地方限定のものまで、品揃え抜群!

買う気はなくても、テンションが上がってついつい買ってしまいそうになることでしょう。山手線池袋駅北改札にもできたようですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: ランチパックSHOP TX秋葉原店 (ランチパックショップ)
  • ・住所: 東京都千代田区神田佐久間町1-6-10
  • ・アクセス: つくばエクスプレス秋葉原駅改札蕎麦
  • ・営業時間: 07:00~20:00 【土日祝】09:00~19:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 03-5289-3992
  • ・公式サイトURL: http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/shop/#akihabara

58.「アーティスティックなお米屋さん」香川県坂出市

香川県坂出市にあるお米屋さん&定食屋さん。ポップアートっぽい外観は、先代さんの縦横無尽なアイデアが現実化したもので3階まであるそう。この外観にびっくりするが、定食屋さん内部はごく普通で一安心。隣のお米屋 高木米穀から持ってきたご飯がおいしく、坂出市でも指折りの人気店なのだ。 

■ 基本情報

  • ・名称: 食事処こめや
  • ・住所: 香川県坂出市元町3-4-22 
  • ・アクセス: 坂出駅から徒歩約10分
  • ・営業時間: 11:00~14:30、17:00~22:00
  • ・定休日: 水曜日 
  • ・電話番号: 0877-46-2327
  • ・公式サイトURL: http://www.sanuki-m.com/komeya/

59.「どうしても見つけられないラーメン店」宮城県角田市

発見困難なラーメン屋だなんて客を呼ぶ気があるのだろうか?写真を見る限りでも、ラーメン屋なのか?会社なのか?よくわからない。そんなことを思ってしまいそうだが、これには深い理由が。

宮城県角田市にあるヤナハラ工業の社員寮。北海道の会社ですが、震災の復興事業で大勢来ている従業員用に寮を作ったのです。そこで昼間はラーメン屋として営業しているとのこと。1日30食限定で、味はかなり本格派。 ぜひ見つけてみてほしい。

■ 基本情報


最終更新 : 2015年10月02日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

札幌  網走  知床・羅臼・ウトロ  津軽半島  一関  大子・袋田温泉  河口湖  塩原温泉郷  浦和  草加  木更津  茅野  真田・東御  岐阜市  大垣 

この記事に関係する旅の目的

観光スポット  観光  美術館・アート 

この記事を見た人にオススメの記事