吉祥寺・三鷹のおすすめ観光スポット22選。東京の中でも注目度が急上昇です!

吉祥寺・三鷹エリアの観光スポットをご紹介したいと思います。ここは、中央線の沿線の中でも懐かしくレトロな感じで、とても自然が豊かなところというイメージですよね。ですが、新宿などの都心に負けないくらいデパートや専門店も沢山ありますし、新しい見どころも増え続けているのですよ。年々注目度がアップしている熱い場所なので、目が離せませんよね。お天気の良い日には散策のついでに色々な所へ立ち寄ってみるのも、おすすめですよ。

1.三鷹の森ジブリ美術館


「となりのトトロ」「天空の城ラピュタ」など数々の名作を生み出した、スタジオジブリ。その作品世界をそのまま美術館にしてしまったのがこちらです!入り口には大きなトトロの人形がお出迎え。屋上にはラピュタのロボット兵が佇み、大人も子供も大興奮のスポットです。

■ 基本情報

  • ・名称:三鷹の森ジブリ美術館 
  • ・住所:東京都三鷹市下連雀1−1−83 
  • ・アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅、京王井の頭線井の頭公園駅からは徒歩約15分 
  • ・営業時間:10時~18時 
  • ・定休日:毎週 火曜日 
  • ・電話番号:0570-055-777 
  • ・料金:大人・大学生 1,000円、 高校・中学生 700円、 小学生 400円、 幼児 100円 
  • ・所要時間:約1時間 
  • ・公式サイトURL:http://www.ghibli-museum.jp/top.html

2.井の頭恩賜公園


吉祥寺の代表的観光スポットといえば、井の頭公園!動物園やボート遊びのできる池もあり、ゆったりと散策するのもおすすめです。デートにも家族連れにもぴったりの、自然満喫スポットとなっています!

■ 基本情報

  • ・名称:井の頭恩賜公園
  • ・住所:東京都三鷹市下連雀1丁目1 
  • ・営業時間:入場自由 
  • ・電話番号:0422-47-6900(井の頭恩賜公園案内所) 
  • ・オススメの時期:春、秋 
  • ・公式サイトURL:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/inokashira/

3.三鷹 風の散歩道

三鷹駅から井の頭公園に向かって、玉川上水に沿って遊歩道が整備されています。その名も「風の散歩道」。名前の通り、風が吹き抜ける気持ちよい散歩道で、四季折々の自然が目を楽しませてくれます!

■ 基本情報

4.国立天文台


三鷹市には、なんと天文台があるのです!天文学の歴史的建造物や、観測機器なども見学でき、構内は散策にもぴったり。月2回の定例天体観望会も行われ、多くの人びとに天文学の魅力を広めているスポットです。

■ 基本情報

  • ・名称:国立天文台 
  • ・住所:三鷹市大沢2-21-1 
  • ・営業時間:10:00~17:00(入場は16:30まで) 
  • ・定休日:年末年始(12月28日~1月4日) 
  • ・電話番号:0422-34-3688 
  • ・料金:無料 
  • ・所要時間: 約1時間 
  • ・公式サイトURL:http://www.nao.ac.jp/

5.井の頭自然文化園

井の頭恩賜公園の敷地内にある自然園が、井の頭自然文化園です。動物園と水生物園に分かれていて、動物園にはモルモットやニホンリスなど哺乳類や鳥類がいます。

そして、水生物園には魚類や鳥類などが飼育されていて、合わせて約200種を展示しています。動物園には北村西望の彫刻園やミニ遊園地などももあり、小さなお子様連れの家族なら1日かけて遊ぶことができますよ。

■ 基本情報

  • ・名称:井の頭自然文化園
  • ・住所:東京都武蔵野市御殿山1-17-6
  • ・アクセス:JR吉祥寺駅・京王吉祥寺駅公園口→徒歩10分
  • ・営業時間:9:30~17:00
  • ・定休日:月曜日
  • ・電話番号:0422-46-1100
  • ・料金:入園400円、シルバー(65歳以上)200円、中学生150円(都内在住・在学の中学生無料)
  • ・公式サイトURL:http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/

6.都立野川公園

園内をゆったりと野川が流れている公園が、都立野川公園です。公園の北地区は国分寺崖線の南縁にあたり、武蔵野の自然の面影が残っていて、清々しい気分になることができます。

自然観察園では、四季折々の植物や野鳥をはじめとする生きものを観察できたり、水広場では水遊びができるため、季節を通してたくさんの一が訪れる公園です。事前予約でバーベキュー広場も利用することができますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 都立野川公園
  • ・住所:東京都三鷹市大沢6-4-1 都立野川公園サービスセンター
  • ・アクセス:西武多磨駅→徒歩15分
  • ・電話番号:0422-31-6457 (公園サービスセンター)

7.三鷹天命反転住宅

三鷹天命反転住宅は、芸術家・建築家の荒川修作+マドリン・ギンズによる、世界で最初に完成した「死なないための住宅」。

全部で9戸の集合住宅は、内外装に14色の鮮やかな色が塗られており、一部屋一部屋の色の組合せが全く異なることから、「極彩色の死なない家」(瀬戸内寂聴氏)として、東京西郊外の三鷹市のランドマーク的存在にもなっています。

※集合住宅のため敷地内への許可のない立ち入りはできません。見学をご希望される方は見学会へご参加ください。

■ 基本情報

  • ・名称: 三鷹天命反転住宅
  • ・住所: 東京都東京都三鷹市大沢2丁目2-8
  • ・アクセス: 新宿駅から車で10分
  • ・電話番号: 0422-26-4966
  • ・公式サイトURL: http://www.rdloftsmitaka.com/

8.太宰治文学サロン

太宰治文学サロンは平成20(2008)年の歿後60年と翌年の生誕100年を記念して、太宰が通い「十二月八日」に登場する、伊勢元酒店の跡地に平成20年3月に開設されました。

定期的に企画展示を開催し、直筆原稿の複製や初版本、初出雑誌など様々な貴重な資料が公開されています。また、太宰治文学サロンにはガイドボランティアがおり、太宰の足跡や三鷹について展示ガイドを行ってくれます。

■ 基本情報

  • ・名称: 太宰治文学サロン
  • ・住所: 東京都三鷹市下連雀3-16-14
  • ・営業時間: 10:00~17:30
  • ・定休日: 月曜日、年末年始
  • ・電話番号: 0422-26-9150
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://mitaka.jpn.org/dazai/

9.三鷹市山本有三記念館

山本有三記念館は作家山本有三が昭和11年から21年まで住んでいた、大正末期の本格的な欧風建築となっています。客がくつろぐ応接間や、個性的にデザインされた3つの暖炉などがあり、壁やドアにも装飾的な細部を持っているため見ているだけでも飽きません。ここは、三鷹市の文化財にも指定されています。

山本有三記念館では、有三の文献や近辺資料と共に住居を公開し、企画展や講演会などを行い、広く社会に貢献した山本有三を、多角的に研究し、発表しています。

■ 基本情報

  • ・名称: 三鷹市山本有三記念館
  • ・住所: 東京都 三鷹市 下連雀2-12-27
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・電話番号: 0422-42-6233
  • ・料金: 一般300円
  • ・公式サイトURL: http://mitaka.jpn.org/yuzo/

10.三鷹の水車・しんぐるま

三鷹市には、大沢の里水車経営農家に、通称新車(しんぐるま)と呼ばれている日本でも有数の水車があります。しんぐるまは東京都から「武蔵野(野川流域)の水車経営農家」として有形民俗文化財の指定を受けていて、日本機械学会からは「旧峯岸水車場」として機械遺産の認定を受けています。

しんぐるまは、江戸時代の文化5(1808)年頃に創設され、昭和43(1968)年頃に野川の改修によって水流が変わるまでの160年間、回り続けていたそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 三鷹の水車・しんぐるま
  • 住所:東京都三鷹市大沢6-10-15
  • ・アクセス: JR中央線三鷹駅より「朝日町」または「車返団地」行、竜源寺下車徒歩5分
  • ・営業時間: 10:00~16:00
  • ・定休日: 水曜日
  • ・料金: 100円 (中学生以下は無料) 
  • ・公式サイトURL: http://www.city.mitaka.tokyo.jp/suisya/index.html

11.三鷹市美術ギャラリー

三鷹市美術ギャラリーは、「人にやさしいまちづくり」の実現を目指すための文化ネットワークの一環として、交通至便な三鷹駅前(南口)の N・E・O CITY MITAKA 商業棟CORALコラル5階に平成5年10月に開館されました。

三鷹市美術ギャラリーは、駅前という好立地にあるので、お休みの日だけでなく、仕事帰りにも立ち寄ることができる場所です。

■ 基本情報

  • ・名称: 三鷹市美術ギャラリー
  • ・住所: 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORALコラル5階
  • ・営業時間: 10:00~20:00
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号: 0422-79-0033
  • ・料金: 展覧会ごとに異なる
  • ・公式サイトURL: http://mitaka.jpn.org/gallery/

12. ハーモニカ横丁

吉祥寺の代名詞とも言えるこちらのスポット。駅前の細い路地の中に約100軒のお店が軒を連ねる商店街です。戦後の闇市を思わせる雰囲気は、どこか懐かしく、活気にあふれています。小さいながらも隠れた名店が多く、お気に入りのお店を探すのも楽しいですよ!

■ 基本情報

  • ・名称:ハーモニカ横丁 
  • ・住所:東京都武蔵野市中町1丁目5−8 
  • ・アクセス: 吉祥寺駅北口出てすぐ
  • ・営業時間:各店舗ごとに異なる 
  • ・定休日:各店舗ごとに異なる 
  • ・電話番号:各店舗ごとに異なる 
  • ・公式サイトURL:http://www.gotokyo.org/jp/kanko/musashino/spot/s_178.html

13.吉祥寺サンロード商店街

吉祥寺駅北口出て正面にある、飲食店やいろんなお店がある楽しい商店街が、吉祥寺サンロード商店街です。チェーン店が多いですが、中には昔から地元経営しているお店もあるので、懐かしさと新しさを感じられる町並みになっています。

土日はたくさんの人で混雑していますが、ゆったりと歩きながらお散歩するのにとってもおすすめな商店街です。

■ 基本情報

  • ・名称: 吉祥寺サンロード商店街
  • ・住所: 東京都杉並区堀ノ内2丁目18 サンロード
  • ・公式サイトURL: http://www.sun-road.or.jp/

14.中道通り商店街

吉祥寺中道通り商店会は、商店街の良さが詰まった、親しみ感じる商店街です。なので、子供だらお年寄りまで、みんなが楽しめる場所だと評判!

駅から井の頭公園までの中道通り商店会道には、デパートやショッピングモールにない楽しさがありますよ。一人でぶらっと行ってもよいし、カップルやファミリー楽しくお買い物を楽しむことができます。中には、 掘り出し物が売っているお店もありますよ。

■ 基本情報

15.吉祥寺オデヲン

映画館の吉祥寺オデヲは、東亜興行が1954年(昭和29年)9月、東京都武蔵野市の吉祥寺地区に吉祥寺オデヲン座として開館。

1978年(昭和53年)10月には、同地を吉祥寺東に建替えて、同館のほか吉祥寺スカラ座、吉祥寺セントラル、吉祥寺東宝の各映画館を開館、パチンコ店吉祥寺ゲームセンターが入った複合施設でしたが、2012年(平成24年)1月21日、同会館内の映画館をすべて現館名に統一されたそうです。

現在も座席は全席自由の定員入替制となっていて、昔ながらのスタイルに年輩の人からは重宝がられているそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 吉祥寺オデヲン
  • ・住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-3-16吉祥寺東亜会館
  • ・アクセス:JR吉祥寺駅東口徒歩1分
  • ・電話番号: 0422-48-6521
  • ・公式サイトURL: http://cinemaodeon.jp/

16.武蔵野市立吉祥寺美術館

武蔵野市立吉祥寺美術館は2002年2月、日常生活と文化・芸術を結び親しむ場として、多くの人々で賑わう吉祥寺の街中に開館した美術館です。

収蔵作品は、野田九浦の日本画をはじめ、油彩、版画、写真など約2000点にものぼります。町中にあることから、仕事帰りなどでも気軽に立ち寄ることができるめずらしい美術館。ミュージアムショップではオリジナルグッズを販売しています。

■ 基本情報

  • ・名称: 武蔵野市立吉祥寺美術館
  • ・住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1−8−16
  • ・アクセス: JR、京王井の頭線吉祥寺駅中央口(北口)から徒歩約3分
  • ・営業時間: 10:00~19:30
  • ・定休日: 水曜日
  • ・電話番号: 0422-22-0385
  • ・料金: 大人・大学生・高校生・中学生 100円小学生以下・65歳以上・障害者 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html

17.武蔵野プイレス

「武蔵野プレイス」は、図書館、生涯学習センター、市民活動センター、青少年センターなどといったこれまでの公共施設を始め、その他複数の機能を積極的に融合させた施設です。

図書や様々な活動を通して、人が出会情報を共有・交換しながら、知的な創造や交流を生み出し、地域社会の活性化を深められるような活動支援型の公共施設をめざしています。自然に囲まれた図書館なので、休日に立ち寄るのもおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: 武蔵野プイレス
  • ・住所: 東京都武蔵野市境南町2丁目3番18号
  • ・アクセス:JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」南口下車、徒歩1分
  • ・電話番号: 0422-30-1905
  • ・公式サイトURL:tp://www.musashino.or.jp/place.html

18.武蔵野八幡宮

武蔵野八幡宮は、武蔵野市吉祥寺東町にある神社です。武蔵野八幡宮は延暦八年(789)坂上田村麻呂が宇佐八幡大神の分霊を祀り江戸水道橋附近に創建したと伝えられています。

明暦の大火(1657)後に水道橋附近(吉祥寺村)の住民が当地周辺に移住し吉祥寺村が開村するにあたり村の鎮守として、寛文年間(1661-1672)遷座したと言われています。武蔵野吉祥七福神の大国様となっています。

■ 基本情報

  • ・名称: 武蔵野八幡宮
  • ・住所: 東京都 武蔵野市 吉祥寺東町1-1-23
  • ・アクセス: JR中央線・総武線・京王井の頭線・営団東西線「吉祥寺駅」 徒歩10分
  • ・電話番号: 0422-22-5327
  • ・公式サイトURL: http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/26_kitatama/26140.html

19.禅林寺

大正末期、現在の三鷹市付近は5.6戸の民家が散在していただけで、このあたりは畑地で、都心へ出るには吉祥寺駅で乗降していたそうです。そのため、禅林寺では、住民の利便を計り、大正13年11月、駅設置請願書に地方有志の記名捺印を求め、東京鉄道局長に提出しましたが競願となりました。

その後慎重審議の末、三鷹市の採用を決定し、昭和3年初春に駅設置が可能となり、 これにより、禅林寺はその寺地750坪を駅の敷地として寄附し車庫敷地等の買収に着手、昭和5年6月25日に待望の三鷹駅が開設されたという歴史があります。

■ 基本情報

  • ・名称: 禅林寺
  • ・住所: 東京都三鷹市下連雀4丁目18−20
  • ・電話番号: 0422-44-8365
  • ・公式サイトURL: http://www.zenrinji.jp/

20.井の頭弁財天

真っ赤な建物が目立つ井の頭弁財天。創建は江戸時代が始まるずっと前になるそうです。弁財天または弁天様は、水神の神で神田上水源を守護し、音楽、芸能の守護神でもあり江戸町人から信仰されました。

江戸の人たちにとっては1日を費やす格好の行楽地となっていた場所でもあるようです。久我山方面から訪れる人のために立てた道標が今でもあって、黒門と共にかつての参道の当時の様子を思い浮かべることができます。武蔵野吉祥七福神巡りの一つにもなっています。

■ 基本情報

  • ・名称: 井の頭弁財天
  • ・住所: 東京都三鷹市井の頭4-1
  • ・アクセス: 吉祥寺駅から徒歩5分
  • ・電話番号: 0422-48-4484
  • ・公式サイトURL: http://www.inokashirabenzaiten.com/

21.玉川上水

玉川上水は、江戸の人口が増えて井戸や小川だけでは飲料水を賄えなくなったため、江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画。そして、承応2年(1653年)に玉川庄右衛門、清右衛門の二人の兄弟が完成させたと言われていて、その後玉川上水と呼ばれるようになったそうです。

上水は取水口である多摩川の羽村から四谷大木戸までの43kmに及ぶのですが、この間は勾配が緩やかなため、うまく水を流すのに苦心したと伝えられています。

■ 基本情報

  • ・名称: 玉川上水
  • ・住所: 東京都三鷹市大沢6-4-1
  • ・アクセス: 西武拝島線・多摩都市モノレール「玉川上水」から徒歩5分
  • ・電話番号: 0422-31-6457
  • ・公式サイトURL: https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index060.html

22.武蔵野の森公園

武蔵野の森公園は2000年4月に開園した公園で、調布飛行場を北と南から挟み込む形で出来ています。公園は北側の地域と南側の地域に分れていて、両地域を結ぶ細長い散策路が飛行場の西側にあります。

北側地域では子供が遊べる遊びの広場や大芝生広場があります。また、展望の丘や故郷の丘に上ると広々とした飛行場の滑走路が見渡すことができて、爽快感がありますよ。南側地域には、子供のための野球場やサッカー場などがありスポーツを楽しむ事が出来ます。

■ 基本情報

  • ・名称: 武蔵野の森公園
  • ・住所: 府中市朝日町三丁目、調布市西町、三鷹市大沢五・六丁目
  • ・アクセス:西武多摩川線「多磨」から徒歩5分
  • ・電話番号: 042-365-8435(武蔵野の森公園サービスセンター)
  • ・公式サイトURL: http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index058.html






吉祥寺・三鷹の観光スポットをご紹介しました。いかがでしたか。こじんまりしていながら個性的な魅力のあるところばかりですよね。中でも、日時を指定してからしか入ることができないジブリ美術館はとても人気があり、一度は行っていただきたいと思うおすすめな場所です。大きなトトロの人形がお出迎えしてくれ、屋上にはラピュタのロボット兵が佇んでいるのですから大人も子供も大興奮ですよ。ファミリーでもデートでも思いきり楽しめること間違いなしです。
最終更新 : 2016年02月15日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

吉祥寺・三鷹 

この記事に関係する旅の目的

吉祥寺・三鷹の観光  観光  人気観光スポット  ジブリ  お散歩・まち歩き  ご当地グルメ 

この記事を見た人にオススメの記事