【まるで宇宙】真っ暗な洞窟に広がる天然のプラネタリウム「ワイトモ鍾乳洞」。その神秘さは想像を絶するレベルだった

『えっ!まるで宇宙で星空を眺めてるみたい!』

そんな神秘的な光景を眺められるのが、ニュージーランドのワイトモ鍾乳洞。世界7不思議に次いで8番目の不思議といわれている「土ボタル」が見られる場所です。「土ボタル」は南半球でしか生息しないヒカリキノコバエの幼虫で、青白い光を放つ発光虫です。この土ボタルが魅せる絶景を、少しご紹介します。

後述するように、「天空の城ラピュタ」に出てくるあのシーンに似てますよね^^?


土ボタルの光と反射する水

水の色までご覧の通りです。

無数に広がる幻想的な光

どこまでも続きます。


鍾乳石と光のコラボ。

恋人同士にとってはとてもロマンチックな場所ですね。


美しい光の筋

目を奪われる美しさです。 これは土ボタルが粘液のついた糸を垂らして出来たもの。


天井は青白い光で覆われています。

夢の世界のようですね。


まるで満天の星空

昼間でもここに来れば星空が、、、。


SF映画のワンシーンみたい

自然のものとは思えません。


連なる光の玉。

宝石のような輝きです。

ワイトモ鍾乳洞の紹介動画をどうぞ。

ヒカリキノコバエの幼虫(土ボタル)が粘液のついた糸を垂らす様子。




ヒカリキノコバエの幼虫は洞窟や洞穴の天井に生息しています。20~30cmの粘液をクモの糸の様に垂らして暗闇で発光し、青広い光におびき寄せられた虫を粘液で絡めとり捕食します。幼虫の期間は約6ヶ月~12ヶ月。口を持たない成虫は、生殖と産卵を終えると数日間で死んでしまいます。


「天空の城 ラピュタ」のモデルにもなった?

主人公のパズーとシータがポムじいさんと出会う「飛行石の洞窟」。ワイトモ洞窟は、灯りを消すと光が現れるあの幻想的なシーンのモデルになったといわれています。

ワイトモ鍾乳洞どこにあるの?

ワイトモ鍾乳洞はニュージランドのワイトモという小さな町にあります。日本からは成田空港発ニュージーランド航空のオークランド直行便が利用でき、飛行時間は約10時間50分です。オークランドからはワイトモへの直行便コースと近くのロトルアを経由するコースがあります。

●オークランドからワイトモへ行く場合。
・・・・長距離バスで約3時間

●オークランドからロトルアを経由してワイトモへ行く場合。
・・・・オークランドからロトルアへ飛行機で40分、ロトルアからワイトモへ長距離バスで約2時間半

●周辺の地図


最終更新 : 2015年06月17日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

ニュージーランド 

この記事に関係する旅の目的

ニュージーランドのケイビング・洞窟探検  ニュージーランドの洞窟・鍾乳洞  洞窟・鍾乳洞  ケイビング・洞窟探検  プラネタリウム  ロケ地・舞台  天空の城ラピュタ 

この記事を見た人にオススメの記事