アユタヤ遺跡群をご紹介。タイの古都で歴史ロマンにひたる


アユタヤという場所は知っているでしょうか。さまざまな建造物が世界遺産に登録されている地として有名ですよね。そんな世界遺産の地に行ったら一度は見て知って体験して帰りたいという歴史に残るスポットをいくつかご紹介しましょう。

アユタヤ遺跡群といえば、タイの人気観光スポット! 1991年にユネスコの世界遺産として登録されており、14~17世紀まで栄華を極めた王朝の、歴史や美しさが現代にも残っています。同じアジアとは言っても、日本とは全く異なる建築様式や色彩美に、圧倒されること間違いなしです!

また、バンコクから北へ80kmほどの古都にある歴史的建造物で、日帰りでも楽しむことができちゃいますよ♪旅行の際にはぜひ立ち寄りたいところ!みなさん、ご紹介する見どころを見て予習していきましょう。

1.アユタヤ遺跡群とは?

400年に渡り都として繁栄したアユタヤ王朝の遺跡群です。1767年にビルマ(ミャンマー)の攻撃を受けて壊滅的な状況となり、アユタヤ王朝は消滅しました。多くの建物や石像は破棄され、現在は王宮跡と寺院跡が残っています。1991年に、周辺の遺跡とともに古都アユタヤとして世界遺産に登録されました。

2.アユタヤ遺跡群の10のみどころ

王宮跡

ビルマに攻撃を受け、1767年に消失した王宮はレンガや柱の跡などが残る廃墟です。

ワット・プラ・マハタート

アユタヤ王朝三台目の王、ボーロマ・ラーチャーティラート1世によって建てられました。

高さ50mとも言われた仏塔。

木の根元に埋もれた仏頭。ビルマ軍によって破壊された仏像はほとんど首を切られてしまっています。

ワット・プラ・シー・サンペット

アユタヤ王宮にある最も重要な寺院です。東西に並ぶ3つのストゥーパ(仏塔)には、歴代の王の内3人の遺灰が納められていると言われています。
かつては仏塔の東側に本堂が建立され、高さ16m、重さ171kgの純金に覆われた立仏像が置かれていました。その仏像の名前が「プラ・シーサンペット」と言い、寺院名の由来でもあります。

ライトアップされた「プラ・シーサンペット」

ワット・ラーチャブラナ

王位継承で互いに殺し合ったという二人の兄のために、8代目の王、ボロマ・ラーチャティラート二世が建立したという寺院です。
1958年に修復された際に、多くの宝物類が発掘され、現在はチャオ・サン・プラヤー国立博物館に展示されています。

仏塔からみた礼拝堂。

ワット・モンコン・ボビット

「プラ・モンコン・ボビット」という仏像を祀る「ワット・モンコン・ボビット」。
沢山の人がお参りをしています。

高さ12.45mの「プラ・モンコン・ボビット」はタイ国内で最も大きいブロンズ仏像の一つです。

ワット・プララーム

ラメスワン王が父ウートン王の葬儀のために建立したとされるアユタヤ王朝初期の寺院。

仏塔前に祀られている仏像も首を切り取られています。


ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

横たわる涅槃像。
修行僧の瞑想の場として初代ウートン王に建てられた寺院です。塔には途中まで登ることができます。
ズラッと並んだ仏像は壮観です。

日本人町跡

広い公園内にある日本人町の跡地。アユタヤと日本の貿易の最盛期には日本人町の人口は1,000人~1,500人もいたそうです。

ワット・パナン・チューン

高さ19mの座仏像。アユタヤがビルマにより破壊された中で奇跡的に残った寺院です。

本殿内には多くの仏像が祀られ、多くの参拝客が訪れています。

バンパイン宮殿

アユタヤ王朝24代目のプラサート・トーン王によりバーン・パ・イン島に建設された夏の避暑用離宮。
現在のものは1872年~1889年に建てられたものです。

水の中に佇む「プラ・ティーナン・アイサワン・ティッパ・アート」

「ホー・ウィトゥーン・タッサナー」は見晴らし台として建てられました。形も色もユニークですね。

3.体験者の声


  • 結局、2時間で一人150B(約450円)でアユタヤ巡り。う〜ん、これは安くも、高くもないかな。 アユタヤは遺跡と遺跡が離れてたりするので、自力での観光は向いてないです。レンタサイクルもあるけど、暑いから無理無理。 トゥクトゥクに揺られ、目的地を目指す!

  • 4.場所

    アユタヤ遺跡群の周辺の地図です。


    5.基本情報

    ●日本からバンコクまでは直行便でのアクセス
    成田から約6時間30分、 関空からは約5時間45分、 名古屋からは約6時間、 福岡からは約6時間20分かかります。
    ●バンコクからアユタヤへバスでのアクセス
    北バスターミナルから、約1時間半~2時間、約80kmの行程です。バスは20分~30分間隔で運行しています。
    ●バンコクからアユタヤへ鉄道でのアクセス
    ホアランポーン(Hualamphong)駅から約1時間半です。普通、急行、特急列車があります。
    料金は大人片道15バーツ(約45円)です。
    ●バンコクからアユタヤへクルージングでのアクセス
    アユタヤへのクルージングツアーがいくつもあり、毎日運行している業者もあります。
    ランチ付クルーズの場合は所要時間 約8時間半、料金は大人 2,100バーツ(施設入場料・ランチ等込)です。
    詳細はこちら→ http://www.nihongoyoyaku.com/cruise.html

    ■ 基本情報

    • ・名称: アユタヤ歴史公園
    • ・住所: Chikun Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya
    • ・営業時間: 8:00〜18:00、無休ライトアップ:19:00〜21:00
    • ・平均旅行代金: 東京発 4日間    \71,900、  大阪発5日間    \93,644
               名古屋発5日間    \111,356、福岡発5日間    \86,678
    • ・オススメの時期: 11月~2月
    • ・公式サイトURL: http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=570



    アユタヤ遺跡群で見たい!知りたいのスポット


    古都アユタヤ

    まずはここからしっかり押さえておく必要がありますね。アユタヤといったら基盤となる場所です。遺跡ごとに特色が違うのでさまざまな風情のアユタヤを楽しめます。多くのツアーだったら観光ガイドの方がいろんな説明を行ってくれるのですが、事前に勉強しておくともっと楽しめるかもしれません。

    ここに来たら必ず見てほしいのが「仏像」です。仏像といっても単体ではなくていろんな表情の仏像があるので、変化を感じ取ることでより楽しさが広がることと思います。

    ■ 基本情報

    • ・名称: 古都アユタヤ
    • ・住所: Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000



    エレファントキャンプ


    タイトルの通りエレファント(像)に乗って遺跡周辺を散歩できるというプランです。ツアーであったらオプションとして簡単につけることができる人気のプランになっています。体験時間も10分ほどなので時間を取らせませんし、短時間だからこそ満喫できるようにもなっているのです。

    一つだけ気を付けておかなければいけないのが、像使いが商品を売ってくるということです。かなり高額な価格で提示してくるので惑わされないようにするという力も必要になりそうですね。

    ■ 基本情報

    • ・名称: アユタヤ エレファントキャンプ
    • ・住所: Forest Road, next to one worthwhile KHUNPAEN Ayutthaya Historical Park.

    ワット ローカヤースッター


    外国人であれば無料で入場することができるという太っ腹なスポットです。一番の見どころは屋外に出からすぐに見える涅槃仏といったところでしょうか。非常に迫力があって止まってじっと見つめてしまうほどうっとりするものがあります。

    食事をするスペースもしっかりとられています。注意点としては犬が必ずいるというところでしょうか。日本と違う仏教の世界を体験したいという方にはおすすめできるスポットでしょう。

    ■ 基本情報

    ワット プラ マハタート 仏頭


    仏頭と寝釈迦仏をみたいという方は必ず訪れたいスポットです。偶然が作り出すにはあまりに不自然なほどしっかりできているのが不思議な気持ちにさせてくれます。自然が生み出した感動を味わいたい方には必ずおすすめできるスポットになります。

    さらにここはアユタヤを象徴するスポットともいわれています。ツアーなんかはここが取り入れられているところも多いのではないでしょうか。

    ■ 基本情報

    • ・名称: ワット プラ マハタート 仏頭
    • ・住所: Tha Wasukri, Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000

    ワット チャイワッタナーラーム


    中央にある大きな5本の仏頭の周りを小さな仏頭が囲んでいる姿は荘厳的です。いつまでも眺めていたいという気持ちに駆られます。さらに計算された配置になっているので仏頭の大きさの比較が簡単にできるようにもなっています。

    アジア系の観光客も少なめなのでゆっくりと観賞することができます。自転車でのサイクリングコースもあるのですが、大通りを通るのでできるだけ人混みが苦手という方は避けた方がいいでしょう。

    ■ 基本情報

    • ・名称: ワット チャイワッタナーラーム
    • ・住所: Ban Pom, Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000
    • ・営業時間: 8:00~17:00
    • ・定休日: なし
    • ・料金: 50バーツ (外国人料金)

    プラ ティナン アイサワン ティッパート


    離宮内の池の中央にある十字架の美しいタイの建築物です。様々なある観光スポットの中でも最も日本人が知っているであろうタイの風景を写真に収めることができるスポットといっても過言ではないでしょう。さらに皇室行事としてはレセプション会場としても使用されていたようですよ。

    大量の黄金を使って建てられたらしいので実際に中に入って見学することはできないのですが、見る価値は十分にあると思います。周りには木陰があるので直射日光を避けて見学も可能です。

    ■ 基本情報

    • ・名称: プラ ティナン アイサワン ティッパート (バーンパイン離宮内)
    • ・住所: Bang Pa-In Palace, Ayutthaya Province, Thailand
    • ・営業時間: 8:30~16:30 ※チケット販売は15:30まで
    • ・公式サイトURL: http://www.palaces.thai.net/day/index_bp.htm

    ワット プーカオ トーン


    アユタヤ遺跡群の中央からはかなり遠い場所なのですが、田園風景が広がっているスポットになります。幹線道路をひたすら自転車でこいでいく様は、非常に趣があって走っていて楽しいと思えるような場所です。サンセットタイムに行くと夕日を浴びることができるので、とても気持ちがいいですしおすすめです。

    田園なので周囲には観光客波に人がいるというわけではありません。なのでのどかな時間を満喫することができますね。

    ■ 基本情報

    • ・名称: ワット プーカオ トーン
    • ・住所: Phukhao Thong Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000
    • ・営業時間: 24時間
    • ・定休日: なし


    プラ ティナン ウェーハート チャルムーン


    パーン・パイン離宮内にある観光スポットです。バスガイドさんからの説明を聞いた方がよりわかりやすく見学することができるそうです。内部には中国製の床のタイルが敷き詰めてあったり、その中にも美しい木や鳥や動物などの絵が描かれていて一瞬で皇室に来たような感覚にさせてくれます。

    1889年に建築されたこの建物は1階部分だけなら撮影が可能です。とても豪華なので一度は撮影しておくことをお勧めします。

    ■ 基本情報

    • ・名称: プラ ティナン ウェーハート チャルムーン (バーンパイン離宮内)
    • ・住所: Bang Pa-In Palace, Ayutthaya Province, Thailand
    • ・営業時間: 8:30~16:30 ※チケット販売は15:30まで
    • ・公式サイトURL: http://www.palaces.thai.net/day/index_bp.htm

    ホー ウィトゥン タサナー


    余り混んでいないので簡単に、そして気軽に登ることができる観光スポットです。塔になっているので頂上まで行くのにそんなに時間はかかりません。また頂上まで登った後に見える景観は自然をより一層感じることができるでしょう。

    塔を登るには内部にある螺旋階段を登らないといけません。ある場所まで登ると中央部分がテラスのような構造になっているので、そこで記念撮影もできます。風通しもいいです。

    ■ 基本情報

    • ・名称: ホー ウィトゥン タサナー (バーンパイン離宮内)
    • ・住所: Bang Pa-In Palace, Ayutthaya Province, Thailand
    • ・営業時間: 8:30~16:30 ※チケット販売は15:30まで
    • ・公式サイトURL: http://www.palaces.thai.net/day/index_bp.htm

    チェディ


    ワット・マハタートなど知っている建造物やお寺がたくさんあるスポットです。ビルマ軍という軍隊に破壊されてしまったものもあるのですが、その現存が残されているのである意味歴史資料館のような感覚で観賞することができるでしょう。そして各お寺には「チェディ」という仏塔が現存しています。

    高さは50メートルほどで縦に細長い形をしているのが特徴的です。ツアーで行くとガイドさんからの様々な説明を受けることができるのでとてもおすすめできます。

    ■ 基本情報

    • ・名称: チェディ
    • ・住所: Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000





    アユタヤ遺跡群には皆さんが知って総意で意外と知らない歴史のある建物型草なることがわかりました。観光に興味があって歴史的建造物にも興味があるという方は少し頑張っていってみることをお勧めします。行って損するものはないですよ。

    アユタヤ遺跡群には、行かなければならないスポットがいっぱいですね♪どの建物も、それぞれの顔や雰囲気があるので、全部回っても飽きません!また、栄華を極めた王朝の歴史を感じるだけでなく、その後のビルマ軍によって破壊されてしまった部分も、この観光地の一部。この場所に流れた時に思いを馳せてみたいものです。広範囲を効率よく見るためには、ツアーに参加するかトゥクトゥクを利用するのが一般的です。より、タイの魅力を感じるためにも現地の情報を有効活用しましょう♪
    最終更新 : 2016年05月23日

    スポンサーリンク

    この記事に関係する地域

    タイ 

    この記事に関係する旅の目的

    遺跡 

    この記事を見た人にオススメの記事