銀山温泉の人気旅館まとめ。レトロな街並みで人気です!


銀山温泉は名前からわかる通り、江戸時代に大銀山として栄えた場所!銀山の衰退後は湯治客相手に細々と営業するように。また大正時代の大洪水で壊滅的な被害を受けたが、昭和に大量高温の源泉を掘り当ててからは、今あるノスタルジックな昔の雰囲気が残る木造3~4階建の宿へと次々に増築!!

1.銀山温泉とは?

銀山温泉は山形の雪とスイカが名物な、尾花沢市にある大正浪漫を感じるような趣ある温泉街で、タイムスリップしたような雰囲気が魅力です。NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことでも有名で、千と千尋の神隠しにも出てきそうな街並みは、日が暮れると温泉街にガス灯が灯ってさらにロマンチックになります。

街の雰囲気はもちろん、足湯や、美味しい料理も楽しめ、国の重要文化財にも指定されている風情ある旅館もいっぱい!そんな素敵な銀山温泉のオススメのお宿を厳選してご紹介します。

川のせせらぎや湯けむり、湯の香りなど癒される大正浪漫溢れる風情。どの宿も情緒溢れる素晴らしいところばかりです。温泉はもちろんですが、昭和61年に制定された「銀山温泉家並保存条例」によって風情ある旅館を楽しむことができるようになっています

銀山温泉の温泉街は、尾花沢市の市街地から東側に10kmほど入った狭い銀山川の両側に密集しており、橋の欄干やガス灯に昔ながらの木造の旅館とが、まるで大正時代の町並みを思わせる場所です。そして、温泉街には車では入れず、手前の駐車場から徒歩で行くことになります。また、温泉街の奥には大きな滝があり、その上にはかつて石見銀山と並ぶとも言われた銀鉱山跡も残されています。

2.銀山温泉へのアクセス

【車】
 ● 東北自動車道/古川IC → (国道47号線) → 鳴子 → 赤倉 → 山刀代峠 → 尾花沢 → (国道347号線)           → 銀山温泉 
 ● 東北自動車道/村田JCT → 山形北IC → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉 
 ● 東北自動車道/仙台宮城IC → 関山峠 → 東根 → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線)
                          → 銀山温泉

【電車(JR)】
 ● 山形新幹線利用/山形 → 奥羽本線急行で40分 → 大石田バスで15分 → 尾花沢のりかえ40分 →                                 銀山温泉 
 ● 東北新幹線利用/仙台 → 特急バス(新庄行)で約2時間 → 尾花沢のりかえ → バスで40分 →
                              銀山温泉

【飛行機】
 ● 山形空港/お車で1時間 → 銀山温泉


地図上で最短路となる経由もありますが、これは狭小であるために銀山温泉組合が推奨していない通行路です。温泉街は一般車両が通行禁止になっています。このため宿泊する場合は宿指定の駐車場に、日帰りの場合は温泉街から徒歩圏内の場所に車を停めることになります。

銀山温泉のある尾花沢市の東側には奥羽山脈の山々がそびえており、宮城県側の大崎市から国道347号線が鍋越峠を越えて尾花沢市に繋がっていますが、地元の人もあまり使わない狭い山道です。宮城県側から行く場合は鳴子を越えて、山刀代峠から入るのがおすすめです。また、南側の村山市からも山の中を通る最短となる道があるのですが、こちらも林道のような山道なので、車で行く場合は、国道13号線から尾花沢を経由して行くことをおすすめします。なお、新幹線で行く場合は、最寄りの大石田駅まで無料バスが往復しているので利用してください。

3.銀山温泉の歴史

銀山温泉は、かつて江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しています。大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べていて、昔ながらの独特な景観を味わうことができます。

銀山温泉は奥州街道より約12km入った山間部にあるため、自然に囲まれたゆったりとした時間を感じることができる場所です。

開湯は寛永年間、延沢銀山の工夫が銀山川の中に湧いている温泉を発見したのがはじまりです。銀山が閉山したあとは湯治場として賑わいをみせていました。しかし1913年の大洪水によって温泉街は壊滅、その後復興し現在の光景になったのです。

温泉街が復興したのは昭和元年にボーリングによって多量のお湯が湧出して以降で、道路の整備も進み湯治場としての賑わいも戻りました。また、昭和61年には「銀山温泉家並保存条例」が制定され、大正浪漫を感じさせる風情ある旅館が立ち並ぶ温泉街が保存されています。そして、NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となった町並みを、また「千と千尋の神隠し」にも出てきそうな街並みを見ようと、多くの観光客が訪れています。

4.銀山温泉のおすすめ宿 13選

1.滝と蕎麦の宿 瀧見館

銀山温泉の中で一番奥まったところにある旅館。 お部屋からも露天風呂からも、四季折々の絶景が見られます。尾花沢産のそば粉を使った「挽きたて、打ちたて、湯でたて」の限定50食の十割そばも味わえます。

自慢の十割そば。打ちたて、茹でたてで、なんとおかわり自由!

露天風呂からの眺めが素晴らしいです。
お部屋からも四季折々の絶景を楽しめます。

高台に位置する瀧見館は周囲を木立に囲まれ、眼下には滝を望むことができる素晴らしいロケーション!自家製手打ちそばもさることながら、斬新な山形料理には舌鼓を打つことまちがいなしですよ。普段食べることの少ない川魚料理などもあります。

銀山温泉の温泉街には川の両岸に車では入れない狭い歩道があり、その歩道を多くの橋が繋いでいます。そしてこの川は、温泉街のもっとも奥まった場所で滝となっています。大正浪漫が感じられる町並みの奥にある、こちらの瀧見館は、温泉旅館とそば屋とをやっており、滝を見ながら温泉やお蕎麦が楽しめます。

■ 基本情報

  • ・名称:滝と蕎麦の宿 瀧見館
  • ・住所:山形県尾花沢市銀山新畑中山522
  • ・アクセス:東北自動車道より山形自動車道山形北ICよりR13新庄方面へ尾花沢から347
  • ・電話番号:0237-28-2164
  • ・公式サイトURL:http://www.takimikan.jp
  • ・口コミ確認と予約はこちらから:http://www.jalan.net/yad316868
プラン・料金はこちら

2.能登屋旅館

旅館自体が国の有形文化財にも指定されている、雰囲気満点の旅館。露天風呂、地下にある洞窟風呂、お部屋の檜風呂・・・と、お湯を堪能できます。

大正浪漫な趣を残しながらもリニューアルされた使い勝手の良い館内で、ゆっくりくつろげます。

施設内にはくつろぐことができるカフェや談話室などがあります。この談話室は大正3年に完成した木造3階建ての中でも最も特徴的な部分なんですよ。展望露天風呂からは白銀の滝を望むことができます。洞窟風呂は貸し切りとして利用できます。

入り口の前に橋がかかり、見上げると木造の3階建ての独特の建物のこちらは、よく「千と千尋の神隠し」に登場する「油屋」にも似ていると言われます。銀山温泉を代表する建物で、向かい側の小関館とともに、銀山温泉の観光パンフレットでもよく見かける旅館です。

  • ■ 基本情報
  • ・名称:能登屋旅館
  • ・住所:山形県尾花沢市銀山新畑446
  • ・アクセス:JR山形新幹線大石田駅から尾花沢市営バス銀山温泉行きで40分、終点銀山温泉下車 徒歩8分(大石田駅から送迎あり、予約制)
  • ・電話番号:0237-28-2327
  • ・公式サイトURL:http://www.notoyaryokan.com

3.御宿 やなだ屋

1日4組限定の、落ちついた小さな旅館です。銀山温泉のほぼ中央に位置するだけあって、ロケーションは最高。口コミなどで評価の高いお宿でもあり、お料理が特に評判!尾花沢牛のステーキやしゃぶしゃぶは、一度は味わって頂きたい絶品です!

肉汁したたる尾花牛のステーキ。とっても美味しいです♪

少人数受け入れの小さい宿なので、お風呂の時間が同じになることも少なくのんびり過ごすことができます。アットホームな接客で、はじめて山形を訪れた方には色々と親切に教えてくれます。食事は食べきれないほどの量が並びますが、どれも絶品と高評価を得ています。

大きな温泉旅館で団体客といっしょになっていまい、静かな場所でゆっくりと思っていたのに、がっかりということはありませんか。こちらは1日4組限定の宿ということで、騒々しい団体客がおらず、静かな場所でゆっくりとくつろぐことができる宿です。大きな旅館のような広いお風呂といった設備はありませんが、アットホームな雰囲気で人気があります。

■ 基本情報

  • ・名称:御宿 やなだ屋
  • ・住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑416
  • ・アクセス:JR大石田駅下車、銀山温泉行バスで40分、下車徒歩5分
  • ・電話番号:0237-28-2030
  • ・公式サイトURL:http://www.ginzanonsen.jp/yanadaya/
  • ・口コミ確認と予約はこちらから:http://www.jalan.net/yad380332
プラン・料金はこちら

4.旅館 藤屋

有名建築家、隈研吾さんによって設計された、木造三階建ての宿。和紙や特殊なステンドグラス等を用いた、内装の雰囲気が素敵な旅館です。

お部屋の内装はすっきりしながらもぬくもりがあって、とてもおしゃれ。

このお宿は大正浪漫というより和モダンといった感があり、お部屋や温泉が非常に凝った作りになっています。5つの貸し切り風呂があり、24時間好きな時間に周囲を気にせずゆったりと温まることができます。2008年度国際照明デザイナー協会(IALD) 最優秀賞を受賞しています。

貸切温泉も、とても雰囲気があります。

すべての部屋が銀山川に面していて、温泉街の街並みを見ることができます。和室とベッドがあるタイプの部屋があり、普段の生活スタイルを崩したくないという方にもおすすめです。また館内は壁が手漉き和紙のため禁煙ですので、指定の喫煙スペースで喫煙をお願いしますね。露天風呂は旅館到着後に時間予約するようになっています。

こちらは以前、和服の似合う青い目の女将のいる宿として有名になった温泉旅館です。今は、経営者が変わってしまい、高級温泉旅館として営業しています。広い館内に客室は8室という贅沢な造りで、和モダンに徹した内装は、日常を忘れさせてくれる空間となっています。

■ 基本情報

  • ・名称:旅館 藤屋
  • ・住所:山形県尾花沢市銀山新畑443
  • ・アクセス:JR山形新幹線で大石田駅下車、車にて約25分
  • ・電話番号:0237-28-2141
  • ・公式サイトURL:http://www.fujiya-ginzan.com
  • ・口コミ確認と予約はこちらから:http://www.jalan.net/yad311571
プラン・料金はこちら

5.味とまごころの宿 昭和館

入口のたぬきが目印。源泉掛け流しの天空露天風呂が素敵な旅館です。ここの自然に囲まれた場所で入る温泉は格別ですよ。

銀山の山々を眺めて癒されたら、真心のこもったおいしいお料理を頂きましょう。おもてなしの良さに人気があり、和を感じながら寛ぐのに最適なお宿です! 豪華な懐石料理。季節の山菜や、地場の食材を取り入れて作っているそうです。

かつて大銀山として賑わっていた「延沢銀山」のふもとにある「昭和館」。「一期一会」を大切にした細やかな心配りが人気の秘密☆さらに温泉の泉質はとっても柔らかく、加水・加熱を一切してないそうですよ。HPからの予約がお得になっています。

温泉街から見える外観は周囲の温泉旅館にもマッチする木造風の3階建てですが、実は2004年にリニューアルした鉄筋コンクリート6階建てで、ロビーも広々としており、最上階には露天風呂もあります。エレベータも付いているので、上の階でも安心して泊まれます。

■ 基本情報

  • ・名称:味とまごころの宿 昭和館
  • ・住所:山形県尾花沢市銀山新畑420
  • ・アクセス:JR大石田駅よりバスで40分
  • ・電話番号:0237-28-2151
  • ・公式サイトURL:http://www.shouwakan.net
  • ・口コミ確認と予約はこちらから:http://www.jalan.net/yad331048
プラン・料金はこちら

6.仙峡の宿 銀山荘

大正浪漫あふれる温泉街からはほんの少し離れた所にあり、とても静かな環境。ここ銀山荘は、銀山温泉で一番広い露天風呂と、東北唯一の寝湯露天風呂を楽しめるお宿。山々の見せる四季折々の美しい姿を見ることができます。 
露天タイプの大浴場・寝湯、岩盤浴施設など温泉施設が充実しています。露天風呂から眺める、大自然に囲まれたロケーションが最高です!

地元山形で採れた、新鮮な旬の素材をたくさん盛り込んだ和食もおすすめです。

ニーズに合わせたさまざまなプランがあります。特に女性限定の女子会プランは大人気☆プライベート半露天風呂付きの客室で、女性グループであれば親子や姉妹、仕事関係でも利用できます。ほかに60歳以上の方がいる場合に利用できるシニアプラン、カップルや夫婦に人気の二人限定プランなどがあります。

銀山温泉は、銀山川の両側に密集した温泉街が特徴で、車は温泉街の手前の小高い開けた場所にある駐車場に停めます。この駐車場から下り坂を降りて温泉街まで歩くのですが、銀山荘はその道の途中にあります。小さな温泉旅館が並ぶ銀山温泉ではひときわ大きな温泉旅館で、広い露天風呂など設備も充実しています。

■ 基本情報

  • ・名称:仙峡の宿 銀山荘
  • ・住所:山形県尾花沢市銀山新畑85
  • ・アクセス:大石田駅よりバス30分
  • ・電話番号:0237-28-2322
  • ・公式サイトURL:http://www.ginzanso.jp
プラン・料金はこちら

7.銀山温泉の宿 旅館 酒田屋

家族として迎え、寛いでもらうことをテーマとしている旅館。 居心地の良い雰囲気のおもてなしに、ゆったりと過ごせること間違いなし。 源泉掛け流しの温泉に浸かったら、山菜や川魚を使ったお料理を楽しみましょう。 他の旅館に比べるとリーズナブルな価格で利用できます。

アットホームなおもてなしは決して高級ではないけれど、どこかホッとできる旅館です。季節に応じた旬の食材をふんだんに使用した食事は満足できることまちがいなし!畳の香りが漂う和室は癒やされますよ。目の前には足湯もあります。

銀山温泉の温泉街の入り口近くにある客室が8室の小さな温泉旅館です。入り口のすぐ近くに足湯があり、隣りは「立ち食い豆腐」で有名な野川とうふやがあるなど、休みの日ともなると多くの観光客が集まる場所です。また、隣りの老舗のおまんじゅう屋・亀屋の亀まんじゅうは、銀山温泉の定番のお土産です。

■ 基本情報

プラン・料金はこちら

8.銀山温泉 旅館 永澤平八

大正14年築の趣あるお宿で、まさに大正浪漫といった雰囲気。 予約なしの貸し切り露天風呂で温まったら、和牛のステーキを始めとするおいしいお料理を堪能!温泉街の雰囲気をより一層味わうなら、是非泊まりたいお宿です!

川側のお部屋からは、大正浪漫漂う銀山温泉の街並みをお楽しめます。 ゆったりできる温泉。貸切風呂もあります。

■ 基本情報

プラン・料金はこちら

9.旅館 松本

温泉街の中心にある、やや小さめな全10室の旅館です。季節感のあるおいしいお食事を堪能できますよ。のんびりとリーズナブルな価格で温泉を楽しむなら、ピッタリのお宿です!

古き良き温泉宿といった雰囲気の客室。豪華な梅プランのお料理。地元産野菜をとりいれた味自慢の郷土料理です。

■ 基本情報

  • ・名称:旅館 松本
  • ・住所:山形県尾花沢市銀山新畑421
  • ・アクセス:尾花沢市内より車で30分
  • ・電話番号:0237-28-2021
  • ・公式サイトURL:http://www.ginzan-matsumoto.com
  • ・口コミ確認と予約はこちらから:http://www.jalan.net/yad313120
プラン・料金はこちら

10.銀山温泉 古勢起屋別館

古勢起屋別館は、落ちついたレトロな和風建築が特徴のお宿。大正浪漫を感じさせる館内から見える、温泉街の風景がまた風情があって素敵。大浴場で温泉を堪能したら、夜は銘酒やカクテルで大人な時間を過ごしませんか?

温泉街を眺められる川側と、静かな山側のお部屋を選べます。どちらも時代を感じさせるいい雰囲気です。

そして、身体の芯から温まる源泉かけ流しの湯で幸せ♡

■ 基本情報

  • ・名称:銀山温泉 古勢起屋別館
  • ・住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑417
  • ・アクセス:JR大石田駅よりバス30分、東北中央道東根IC尾花沢方面へ40分 尾花沢バス亭より市営バス
  • ・電話番号:0237-28-2322
  • ・公式サイトURL:http://www.kosekiya.jp
プラン・料金はこちら

11.伝統の宿 古山閣

木造4階建の銀山温泉伝統の宿として人気があるのが、伝統の宿 古山閣です。静かに流れる川がすぐ近くにあり、せせらぎを聞きながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

風情ある建物と貸切露天風呂、そして尾花沢牛の しゃぶしゃぶなど季節の旬の素材を活かした お料理では絶品だと評判です。昔の空気が今も流れているような優しく懐かしい感覚を味わえるお宿です。都会の喧騒から離れたい時におすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: 伝統の宿 古山閣
  • ・住所: 山形県尾花沢市銀山温泉423
  • ・アクセス: 大石田駅より尾花沢経由銀山行バスにて35分
  • ・電話番号: 0237-28-2039
  • ・料金: 26,293円~
  • ・公式サイトURL: http://www.kozankaku.com/

12.旅籠 いとうや

旅籠の心を今に伝える1日4組限定のお宿が、旅籠 いとうやです。ここは一度泊まると、必ずリピートしたくなる宿として有名です。

山間の静かな宿の風情と古き良き時代の懐かしさを残す木造三階建てとなっていて、居るだけで心が和んでくるのを感じられます。また、地元の旬の素材をいかした手作り料理と、源泉100%のお湯で日頃の疲れもリフレッシュすることができますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 旅籠 いとうや
  • ・住所: 山形県尾花沢市銀山新畑447
  • ・アクセス: 国道13号から尾花沢市内を抜けて県道188号線を銀山温泉まで道なり
  • ・電話番号: 0237-28-2025
  • ・料金: 35,017円~
  • ・公式サイトURL: http://hatago-itouya.com/
プラン・料金はこちら

13.昭和館

厳選かけ流しの天空露天風呂がとっても気持ちいい!と評判のお宿が、昭和館です。銀山温泉の風に包まれながら開放的な気分で温泉を楽しむことができます。

また、この旅館では、山の恵みたっぷりの懐石料理を堪能することができるのですが、どの料理も素材の味が引き立っていて、絶品だと人気があります。とても温もりを感じられる対応をしてくれるので、ゆっくりとくつろぐことができます。

■ 基本情報

  • ・名称: 昭和館
  • ・住所: 山形県尾花沢市大字銀山新畑420
  • ・アクセス: JR大石田駅よりバスで40分
  • ・電話番号: 0237-28-2151
  • ・料金: 19,564円~
  • ・公式サイトURL: http://www.shouwakan.net/
プラン・料金はこちら

5.銀山温泉周辺のお店

1.伊豆の華

銀山温泉の素敵な景色を眺めながら、美味しい料理をいただくことができるお店として、人気があるのが、伊豆の華です。

夜のテラス席は、とてもロマンチックな雰囲気だと評判なんですよ。ティータイムはもちろんのこと、夕食に利用したり、バーとして旅館の食事の後に利用するのもおすすめです。時間が止まったような素敵なひと時を過ごすことができます。

■ 基本情報

  • ・名称: 伊豆の華
  • ・住所: 山形県尾花沢市銀山新畑383
  • ・営業時間: 11:00~14:30、14:40~18:00 、18:00~22:30
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 0237-28-2036
  • ・料金: 1000円~
  • ・公式サイトURL: http://izunohana.com/

2.江戸屋

温泉街の真ん中辺りにあるお土産店が、江戸屋さんです。油屋のモデルの能登屋さんの目の前にあるので、分かり易いですよ。

お土産は様々とありますが、いち押しは山形名物のパインソーダです!山形県人のソウルフードならぬソウルドリンクがパインソーダだそうです。キンキンに冷やされているのですが、買うとすぐに開けてくれますよ。シュワッとした炭酸がとっても爽やかな一品です。

■ 基本情報

  • ・名称: 江戸屋
  • ・住所: 山形県尾花沢市銀山新畑410
  • ・アクセス:JR山形新幹線大石田駅から尾花沢市営バス銀山温泉行きで40分
  • ・営業時間: 8:00~19:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 
  • ・料金: ~1000円

3.八木橋商店

銀山温泉街の奥にある地元お土産と山形地酒専門店が、八木橋商店です。玄関の両脇に朱色で染められた柱があるのですが、それが目印となります。

地元拘りの逸品から県内の蔵元、ワイナリー直送の厳選された日本酒、焼酎、国産リキュール、国産ワインなどがあります。地酒銀山温泉各種400~1750円や、地元酒蔵みちのく六歌仙スイカのお酒各種1520~1730円はお土産に最適です。

■ 基本情報

  • ・名称: 八木橋商店
  • ・住所: 山形県尾花沢市銀山新畑448
  • ・アクセス: JR大石田駅→山交バス銀山温泉行きで40分
  • ・営業時間: 8:30~18:30
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0237-28-2035 (八木橋商店)

4.カリーショップスワローネ

ランチに美味しいカレーが食べたい!という人には、ぜひ立ち寄っていただきたいお店が、カリーショップスワローネです。

このお店の人気メニューは、古勢起屋ビーフカリー!こだわりのルーと尾花沢牛がコラボし美味しい味わいを堪能することができます。クラシックモダンな落ち着いた作りの店内は、ゆったりと過ごすことができますよ。ランチにおすすめのお店です。

■ 基本情報

  • ・名称: カリーショップスワローネ
  • ・住所: 山形県尾花沢市銀山新畑417 古勢起屋別館 1階
  • ・アクセス: JR山形新幹線大石田駅からはながさバス銀山温泉行きで40分
  • ・営業時間: 11:00~14:00
  • ・定休日:不定休
  • ・電話番号: 0237-28-3355
  • ・料金: ~1000円
  • ・公式サイトURL: http://www.ginzanonsen.jp/carry.html

6.銀山温泉の散策はココ!


1.おもかげ園

銀坑道の入り口前の公園で、散策の際はここからスタート!温泉街から正反対の端にある場所で坑道散策の始めにすると行きやすい立地!室町時代の坑道で学術的にも重要な所で、国指定史跡にも指定されている。お手洗いもあり便利な場所。ココから白銀の滝や鬼子母神への散策も♪

歴史的遺産である銀坑道への散策もお勧めな銀山温泉!温泉街が栄えた歴史は「銀鉱山」にあり!!ぜひこの機会に温泉街付近の銀鉱山も探検してみてくださいね。雪が降り始めると危険なので散策できません。GW前ごろまで待ってくださいね♪

2.菓子処 めいゆう庵


温泉街の入ったところにある「白銀橋」手前にあるおまんじゅう屋!店内には沢山和菓子が!!その中でもやっぱり温泉まんじゅうが人気♪蒸したての「銀山まんじゅう」を片手に温泉街の散策もいいですね♪ごま入り、竹炭入りも黒糖入りの皮とよく合います♪また山形と言えは枝豆をすりつぶした「ずんだ」!こちらではずんだ羊羹も人気。

またあげ饅頭もおすすめ♪カリッとした皮と甘~いあんこがとってもおいしいです。珍しいものに昔のお侍さんから農民に愛された、携帯食であった「「くぢら餅」!長く持ち歩いても味が変わらないものとして庶民に知られていたもの。薄く切って焼いて食べるとおいしいですよ♪

3.はいからさん通り

温泉街の奥の方に行くと2階建ての喫茶店があります。温泉街らしい趣ある外観に加え、店内は朱色がきれいなレトロな雰囲気!!こちらはジュースや珈琲やカレーやラーメンが食べられるお店♪このお店で有名なのがカレーパン!!温泉街でびっくりの名物ですが、ネット販売もされるほどの人気。山形県産小麦「ねばりごし」使用のスパイシーなカレーパン♪

朝の7時からあげたが並ぶお店!温泉街で早起きしてしまったときはカレーパン片手に散策がいいですね。ちゃんと食べ安いようにシートの紙に包んでくれます。温泉まんじゅうで甘い口の中をスパイスで一新!!その後また温泉まんじゅうもどんどんいけますね♪

4.伊豆の華

温泉街の中ほどにある食事処。昼間はそばが有名で甘味も沢山メニューにある。その中の「蕎麦アイス」がおすすめ♪夏の散策に最適♪温泉で暖まった所にもおいしいですね!店内もレトロな雰囲気!温泉街にぴったりな内装だが、なんだかおしゃれ♪
カウンター席や二階から温泉街の眺めも素敵♪夜はお酒もあり、昼と夜でまた違ったメニューを楽しめる♪

蕎麦で有名な山形県の名で、作付面積県内NO.1の尾花沢!そばの香りとのど越しが他とは違う、本場のそばをぜひ堪能してください♪
そば粉10割につなぎ粉1割のといち(外一)そばがお勧め!!

5.野川とうふや

和楽足湯ちかくの散髪屋さんが一緒にしているお豆腐屋さん。入り口が狭く、呼び鈴を鳴らすと奥から出てきてくれる昭和な感じのお店。商品は木綿豆腐の立ち食い豆腐170円や、立ち食い生揚げ200円、立ち食い湯豆腐200円!その場で食べるのもいいし、前の無料の足湯でゆっくり座って食べるのもお勧め♪小さな椅子とテーブルでも食べられます♪

普通の透明のパックに入ってるお豆腐ですが、最高においしい!!ビール合う脂っこくない生揚げ♪山形県産大豆「里のほほえみ」使用で無添加手作り♪外はパリッと、なかはとろっとで、甘辛のたれが絶妙!!温泉まんじゅうもいいですが手作り素材の甘味をたっぷり感じる手作り豆腐もおすすめ♪


6.亀屋

銀山温泉でしか買えない「亀まんぢう」!温泉街の入り口にあるお店で足湯があるところのお店。老舗の和菓子屋でここでしか買えないお饅頭。宿泊客のお部屋のお茶うけで出ているせいか、宿泊客の予約分で売切れてしますほど!黒糖の薄皮の中に品のいいあんこが!!一個90円、12個入り1,000円。これを目当てで行かれる方は電話予約していった方がいいですよ。

和菓子の好きな方の間では日本一おいしいと評判のおまんじゅう♪ぜひ予約して購入しに行ってくださいね。朝のうちに店頭からはなくなってしまいます。餡にも黒糖が練りこまれ絶妙の甘さです♪お土産屋さんでは真空パックで売られている!店頭では蒸したてが!味がまた違っておいしいですよ。

7.白銀公園

銀山として栄えた銀山温泉は昔の坑洞がたくさんある。見学できるところも多く、歴史的価値のあるものも沢山。そんな坑洞と銀山川を含めた周辺地域を白銀公園と呼ぶ。川沿いに50分ほどの散策コースがあり、白銀の滝などは納涼とリフレッシュを兼ねてたくさんの方が来られる♪
温泉街の雰囲気とはちがい、ひんやりする銀坑洞内は、夏には清涼かんたっぷりですね♪

温泉街からゆったり散策しながら行けるので、夏にはマイナスイオンたっぷり浴びてリフレッシュ間違いなし!空気も緑も綺麗で癒されること間違いなし。滝の音を聞きながら癒され、温泉で癒される銀山温泉です。銀山後の散策も異世界に迷い込んだかのようで、昔の人の偉業を再確認できます!

8.銀鉱洞

江戸幕府直営の大銀山「延沢銀鉱跡」をめぐる散策がおすすめ。今はすでに廃坑にはなっているが国の史跡に指定され照明が付き観光コースとなっている。白銀公園のお手洗い横の階段を登っていくと白銀の滝がある。すぐに「せことい橋」→「コウモリ穴 」→歴史を感じる「河鹿橋 」→「夏しらず杭 」10分ほどで文化庁史跡指定「延沢銀山廃杭洞」へ♪見学料無料です。

散策コースは各所に見どころありで1時間のんびり、滝を見たり歴史的に趣のある橋で写真を撮ったり。坑道の出入り口は急な細い階段で薄暗く、ひんやり異空間へ導きます♪
温泉街もレトロでいいですが銀山温泉は銀山跡の見学がお勧め!ほかではできない体験ができますよ。

9.和楽足湯(わらしゆ)

平成13年6月に完成した無料の足湯。温泉街の入り口にあり、銀山川のほとりにあり源泉がそのまま使われているので効能も期待できそう♪ベンチの位置や高さにも工夫がみられる。温泉街の景色を眺めながらゆったりと楽しめる♪
少し熱めの源泉が流れています!!

銀山跡を散策した後は、この無料足湯でゆっくり癒されてみてはいかがでしょう。川のそばに作られ、川の流れをみながら温泉街を見渡すのもいいですね。また晩はガス灯の明かりの中はいるのも素敵。手軽に温泉に入れ、温泉街の雰囲気を味わえるスポット♪
足湯場の真ん中に竹があり、足を上げて休憩しながらゆったり入れますよ!

10.山の神神社

鉱山は山深く掘り進めていくために危険がつきもの、そこで安全を祈願してまた銀が多く取れることを祈って作られた鉱山の守護神「金山彦命」と生産安産の神「木花開邪姫命」が祭られています。しかし鉱山が衰退すると後者が残り、子宝安産、夫婦円満の神様として知られる「山の神神社」になりました。子宝の神様がここに祭られている理由はそこにあるようです!

この神社は奇祭としても有名で、夫婦円満、子宝、安産の神様として有名で、子供が欲しい方がわざわざお参りに来るほど!!小さな神社ですがぜひお参りに立ち寄ってみてくださいね!!
子授けスポットで有名です!!




銀山温泉の宿はいかがでしたか?ただの温泉街とは違い銀山の採鉱跡が残る地域!
その抗洞を見て散策するのも興味深いものがありますよ!周辺での森林浴や見事な滝に、歴史を感じる橋もあります♪

秋の紅葉の時期もおすすめですが、なんと言っても冬の雪景色の街並みは幻想的でおすすめ♪
真っ白い雪が積もり、オレンジの光が照らすガス灯の街並みはとても素敵です。宿に戻って入る温かい温泉と美味しい料理をぜひ味わってください。寒がりな人は雪景色が見える温泉宿や客室露天風呂がある宿にして、じっくり雪を眺めてみるのも日頃の疲れもとれ、最高な時間が過ごせますよ。

見どころたくさんの銀山温泉にぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
最終更新 : 2016年05月24日

この記事に関係するエリア

銀山温泉 

この記事に関係するジャンル

旅館  露天風呂付きの客室  デート  温泉  女子旅 

この記事を見た人にオススメの記事