タイ王国発祥の地!世界遺産「スコータイ遺跡公園」に行かなきゃ損!

タイ王国発祥の地、スコータイ遺跡公園はタイ北部の観光名所です。寺院を中心とした貴重な遺跡を見ることができます。

1.スコータイ遺跡公園とは? 

スコータイ市内から西へ12kmの場所にあるスコータイ王朝の都跡です。3重の城壁の内外には寺院を中心に200ヶ所以上の遺跡が管理・保存されています。近隣のシーサッチャナーライ歴史公園や、カムペーンペット歴史公園と併せて1991年に世界遺産に登録されました。

2.スコータイ遺跡公園の10のみどころ 

1.ワット・マハタート

遺跡公園内で最も重要な寺院とされ、スコータイ遺跡の中心的存在です。多数の仏塔や仏像、寺院跡の古びた煉瓦の柱などが並んでいます。中心となる仏塔の頂上には蓮の蕾をモチーフにした飾りがあり、台座には釈迦の弟子たちと釈迦像の装飾が施されています。

2.ワット・シー・サワイ

もともとはヒンドゥー教の神殿として建てられ、後に仏教寺院に改造された遺跡です。他の寺院とは形が異なる仏塔や、ヴィシュヌ神の石像など、ヒンドゥー教の名残ともいえる装飾がところどころに残っています。

3.ワット・サ・シー

濠に囲まれた美しい寺院、ワット・サ・シーは「聖なる池の寺院」という意味です。スリランカ様式の釣り鐘型の仏塔が特徴的で、礼拝堂の本尊には行者シッダールタがブッダになる姿を現した仏像があります。貴重な遺跡として有名です。

4.ワット・トラパン・グーン

ワット・マハタートの西側にある「銀の池」を意味する寺院です。蓮を象ったスコータイ様式の仏塔と白い漆喰の仏像、土台と支柱の一部が残っていて、少し離れた場所に修行僧のレリーフがひとつ立っています。

5.ワット・チャンローム

公園の入口から東側へ1kmの場所にある釣鐘型の仏塔です。台座部分に象のモチーフが並び、塔全体を象が支えるような構図になっています。象の数は全部で32頭。城壁北側のサン・ルアン門のそばにも同じ釣り鐘形の仏塔「ワット・ソラサック」があります。そちらの象の数は24頭です。

6.ラームカムヘン国立博物館

遺跡公園入口にある博物館で、仏頭や仏像、装飾品、木彫り、陶器などのスコータイ周辺の発掘物が13世紀から20世紀のものまで幅広く展示されています。また、遺跡が修復される以前の公園の写真も展示されているので、実際と見比べてみるのも良いかも知れません。

7.ワット・シーチュム

四方を壁に囲まれた大仏殿の中に、高さ15m、幅11.3mの漆喰の大仏「アチャナ仏」が祀られている有名な寺院です。「アチャナ」とは、バリ語で「動かぬもの、変わらぬもの」という意味があります。厚さが3mもある礼拝堂の左側の壁にはトンネルがあり、釈迦にまつわる壁画が50点ほど描かれています。

8.ワット・プラパイ・ルアン

城壁北側にあるワット・プラパイ・ルアンは、ワット・マハタートの次に重要とされたスコータイ遺跡最古の寺院です。寺院の中も自由に見ることができますが、現在は修復はほとんど手がつけられておらず、仏塔の上部は崩れかけています

9.ワット・チェトゥポン

城壁南門から約1.5kmの所にある寺院の遺跡で、城壁南側では最大の規模となります。モンドップ(塔堂)と呼ばれる頭部が崩れた大きな仏像のレリーフがあり、四角柱に背中合わせで仏立像と遊行仏が立っています。

10.ワット・サパーンヒン

公園の城壁西側の高さ200mの小高い丘の上に建つ寺院です。本堂跡には、高さ12.50mの「アンタロッド大仏」が祀られています。サパーン・ヒンは「石橋」という意味があり、その名前の通り寺院までは300mの石畳の道が続いています。ここからスコータイ遺跡を見渡すことができます。

スコータイ遺跡公園は、毎週土曜日18:00~21:00にライトアップされています。夜の遺跡群も魅力的ですね。

3.体験者の声

  • 遺跡公園の中は思ったより広大だった。観光客も多いがそれもあまり気にならなかった。アジアの遺跡は色々見てきたので今更と思っていたところもあったが、正直久々に感動した。何と言うか、当時の王朝の繁栄をそのまま表すような広さと堂々とした遺跡群に圧倒されたとでも言おうか。
  • 屋根のない四方を壁に囲まれた状態で鎮座する、アチャナ仏。
    遺跡でありながら、現在も信仰を集めているとか。 保存状態もいいです。13世紀ぐらいのものかな。 神聖な気持ちになる場所ですね。 ていうか、チケットオフィスより手前からでものぞいてるんだよー。

  • 4.場所

    周辺の地図

    5.基本情報

    スコータイ遺跡公園へのアクセス方法をご紹介いたします。
    ●飛行機・・・スワンナプーム国際空港から直行便が一日2便出ています。所要時間:約1時間20分
    ●バス・・・バンコク北ターミナル発 所要時間 約7時間 (2等255バーツ、1等328バーツ)
         チェンマイ発アーケードバスターミナル発:所要時間約6時間 アユタヤ発 所要時間約6時間
         ※スコータイのバスターミナルから市内までは2,3キロあるのでソンテウ利用が便利です。
    ●ソンテウ・・・スコータイ市内プラルアン橋近くに15分おきにソンテウが出ています。(30バーツ)

    スコータイ遺跡公園は広いので、レンタサイクルやバイク、屋根のあるトゥクトゥクをチャーターしてまわるのがおすすめです。
    公園内にはレンタサイクル店が沢山あり、自転車は30バーツ、バイクは200バーツぐらいで借りることができます。

    ■ 基本情報

    • ・名称: スコータイ遺跡公園
    • ・住所: Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
    • ・営業時間: 毎日 6:30~18:00、
    •        土曜のみ 6:30~21:00(ライトアップは土曜のみ18:00~21:00)
    • ・電話番号:歴史公園インフォメーションセンター 055-697-310
    • ・料金: 遺跡は北側・中央部・西側に分かれており、各遺跡1人100B、園内トラム1人40B
    • ・所要時間: 毎日6:30~18:00、
    •        土曜のみ6:30~21:00(ライトアップは土曜のみ18:00~21:00)
    • ・公式サイトURL:http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=251
    最終更新 : 2015年02月13日

    この記事を見た人が見ている記事

    この記事に関係するエリア

    タイ 

    この記事に関係するジャンル

    タイの遺跡  遺跡  公園  寺・神社