三島スカイウォークは日本最長400mの吊り橋!



三島スカイウォーク、という吊り橋をご存知でしょうか?日本最長400mを誇るこちらは、着工から3年かけ、2015年12月14日にオープンしました。静岡の新たなランドマークとして、地域活性化に一役買うこととなるでしょう。しかし、他の建築物と比べると、橋は見劣りする、と考える方もいるかと思います。「長いこと以外に魅力はあるのか?」という疑念も湧いてきているかもしれません。そんな人達に、そして勿論この最新観光地に惹かれている皆さんにも、雄大な自然を背景とした見どころをご紹介します!

三島スカイウォークは、吊橋を渡れば、空中散歩をしているようになるということから名付けられ、ちょっとスリルを感じがら、360度の大パノラマを楽しむことが出来る魅力一杯の観光スポットです。

新たな日本一が静岡に誕生!

「三島スカイウォーク」は雄大な自然あふれる静岡県三島市に誕生する、歩行者専用の吊り橋です。全長はなんと400m!人道吊り橋としては日本一の長さなんです!

三島スカイウォークからは、空にそびえる富士山や広大な駿河湾、折り重なる伊豆の山並みといった絶景が一望でき、訪れる季節や時間で様々な表情を楽しむことができます。うらやましいぞ、静岡!

三島スカイウォークって何?

国道1号線・東海道が箱根山から三島に向かって箱根山の西麗を下ってゆく途中には、知る人ぞ知る、富士山と駿河湾の素晴らしい光景が広がる場所がありました。

三島スカイウォークは、標高415mの箱根山西麗の地に、全長400mという日本一の長さの吊橋が架けられました。橋が架けられたことで、地上からの美しい景色と共に、橋上からは360度の大パノラマを楽しめるようになりました。

三島スカイウォークの正式名称は『箱根西麓・三島大吊橋』で、三島にある空を歩くような橋というイメージから愛称が付けられたものです。

ただ歩くだけじゃない!

展望デッキ


吊り橋を渡った先にある展望デッキでは、富士山や駿河湾をはじめ、三島の景色を眺めることができます。
隣接した2ヶ所のゆったりとしたスペースで、のんびりと眺望を楽しむことができます。

ウッドチャーム販売


吊り橋を渡った先でしか販売されていない木製のアイテムです。ヒノキの間伐材を使用したこのチャームには、自然にちなんだ様々な言葉が焼印されており、おみくじのような感覚で楽しむことが出来ます。せっかくだから集めてみたいですね♪

また、このウッドチャームには1つ1つに花の種がついています。橋の上から願いを込めて投げれば、吊り橋の下に鮮やかな花畑を広げることができるかもしれません。木製のため、橋から投げても自然に戻る環境に優しい商品です。未来の景色を作るのはあなた……なんて、なんだかロマンチック!

ショップ「スカイガーデン」


天井を埋め尽くすように配置された花のシャンデリアや、季節の花を飾った鑑賞コーナーなど、色鮮やかな館内では、ドリンクや軽食が用意されています。それに加え、いちご大福やフレッシュジュース、そして野菜・漬物といった、地場産のお土産も販売されています。

カフェ

おいしいコーヒーとこだわりソフトクリームが味わえます。吊り橋を渡り終えた後の休憩にピッタリ♪ あまりに綺麗で何往復もしちゃった後には、楽しいティータイムを満喫しましょう!

トイレ

広々とした空間、清潔感のある雰囲気にこだわった大型トイレは、車椅子でも利用しやすいように、1つ1つの個室が広く設計されています。女性トイレにはパウダールームも設置されているので、風が強かったり汗をかいたりしても安心ですね♪

三島スカイウォークのスゴイところ!

三島スカイウォークは、丈夫なワイヤーと主塔などで吊り支えられており、幅が狭い主径間400mもある長い人道吊橋ということから、風の影響を大いに受けてしまいます。風の影響を減じるために、歩廊面の中央は、風が通り抜け易いようにオープングレーチング構造になっています。

足下が格子状になっているとは言え、風が吹き抜けることもあり、谷底が見えるというスリルを味わえる橋は、2,100人もの大人が乗っても大丈夫という強さも誇ります。

日本一の歩行者専用吊橋

標高415mの箱根山西麗にあるスカイウォークは、主径間の長さ400m、主塔の全高が44m、高さ70.6mという深い谷間に渡された、美しくも巨大な吊橋です。橋の中央に立っても眺望を妨げないために、メインケーブルは橋面から高く設けられています。

2015年12月にオープンした三島スカイウォークは、それまで主径間の長さが390mで日本一だった大分県の九重町にある九重”夢”大吊橋を抜いて、日本一の人道吊橋となっています。

富士山

日本一の吊橋から眺められる日本一、天気が良ければ高さが日本一の富士山が、美しい形をした頂上から、なだらかに広がってゆく裾野の姿を、吊橋の上から眺めることが出来ます。吊橋からの眺めだけでなく、橋のモニュメントがある場所では、秀麗な富士山の姿を心おきなく眺めることが出来ます。

スカイウォークのワイヤーケーブルが、アンカレイジから主塔、橋本体へとなだらかに広がる姿は、円錐型をした富士山と相似形のようになっています。スカイウォークと富士山との美しい姿が、富士山を背景にして眺められ、印象的な光景を楽しむことが出来ます。

駿河湾

日本一の吊橋から眺められるもう一つの日本一、北西方向から南西方向に向きを変えると、三島から沼津へと広がる町の向こう側には、日本一の深さを誇る駿河湾が広がります。さらに南に向きを変えて行くと、駿河湾の眺めと伊豆の山々が重畳となっている姿を、楽しむことが出来ます。

日本一の長さを誇る橋では、日本一の高さを誇る山と、深さを誇る海の景観を、3つの日本一を一度に楽しめる贅沢が味わえます。

夕暮れ

秋から冬にかけては、日中の雪を冠した富士山も綺麗ですが、夕日に照らされた富士山は、時間を忘れて眺め入ってしまうほどの姿となるでしょう。富士山の美しい姿に加えて、オレンジ色に染められた吊橋の姿は、またとない印象深い光景となるでしょう。

さらに陽が落ちて行き、夕暮れに浮かび上がる吊橋の姿の向こうには、シルエットとなった富士山が見え、スカイウォークは富士山と共に幻想的な情景を見せてくれます。

夜景

富士山の姿がシルエットとなって行く頃には、駿河湾に夕日が沈んで行き、美しい夕焼けの情景を眺めることが出来ます。

夕暮れから夜に向かって行くと、三島から沼津の街に明かりが灯るようになり、秋から冬にかけては、夕焼けと夜景が入り交じり、移り変わって行く素晴らしい光景を楽しめます。温かい静岡と言えども、吊橋からの夕暮れから夜景を楽しむには、寒さ対策はしっかりとしておかなければなりません。

アクセス

三島スカイウォークの場所は、箱根はもちろんのこと、湯河原や伊豆に出かける道すがら、ドライブ途中で立ち寄るにはちょうど良い観光スポットとななっています。

車でなくても、小田急・相鉄・西武の各線沿線から出かけるなら、小田急を経由した箱根周遊「箱根フリーパス」のフリーエリアに入っているので、元箱根港からバスで手軽に迎えます。

車で

車でのアクセスは、沼津・三島方面からは、新東名・長泉沼津ICまたは東名・沼津ICから伊豆縦貫自動車道に入り、三島塚原ICで下りて国道1号線を箱根峠へと向かって行きます。箱根方面からは、箱根峠に向かい箱根山の外輪山を越えて、国道1号線を下って行くことになります。

東京方面からは、東名を沼津ICまで走るルートと、東名厚木ICから小田原・厚木道路に入り、箱根新道を走るルートの二つがあります。名古屋方面からは、新東名・東名を利用することになります。

鉄道で

一番早くて楽なルートとなるのは、三島まで新幹線を利用して、三島から元箱根へと向かうバスに乗り換えます。スカイウォークや三島周辺の観光には、バスが乗り放題となる「みしまるきっぷ」が便利でお得です。

箱根観光も一緒に楽しむなら、小田急と箱根登山鉄道で強羅へ行き、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ(代行バス運行中)と乗り継いで桃源台に向かいます。桃源台からは箱根海賊船で芦ノ湖を渡り、元箱根港からバスに乗れば、箱根の旅を楽しみながらスカイウォークに向かえます。

■ 基本情報

  • ・名称: 箱根西麓・三島大吊橋(愛称:三島スカイウォーク)
  • ・住所: 静岡県三島市笹原新田313
  • ・アクセス:箱根峠I.C.より約10分、「箱根西麓・三島大吊橋」バス停下車
  • ・営業時間: 09:00~17:00
  • ・電話番号: 055-972-0084
  • ・入場料金:大人1000円 中高生500円 小学生200円 幼児無料
  • ・公式サイトURL: http://mishima-skywalk.jp/

  • 三島スカイウォークについて

    三島スカイウォークは雄大な景色をより多くの人々に楽しんでもらいたいという思いに加え、三島のランドマーク・観光名所となることが地域活性化に繋がるとの考えから株式会社フジコーが建設を決意・開始し、着工から約3年半の歳月を経て、ついに完成となりました。
    地域の新たなシンボルとして、地域の人々と共に歩んでいってほしいですね。

    三島スカイウォークでは、静岡県内はもとより、全国から年間180万人の集客が予想されています。



三島スカイウォークは完成したばかりの真新しいスポットです。しかし、他の昔からある観光地に負けず劣らずの魅力を兼ね備えています。吊り橋ならではの、眼下にも遠方にも遥か彼方まで広がる原風景は絶景と称すことのできるものですし、心地よい風を感じながら楽しむこともできるかもしれません。日本最長400mを渡り切ったら、カフェでコーヒーとアイスクリームで一服することもできます。この場所ならではのお土産や、地元の商品まで取り揃えたショップで買い物を楽しめれば、まさしく満喫し尽した、と言えるでしょう。静岡のランドマークとして、今後も残る、それどころか発展していくであろうここに、一足早く旅行で訪れてみてくださいね!

三島スカイウォークの魅力を知っていただけたでしょうか?寒さ対策をしっかりして、雪を冠した美しい富士山と、夕暮れから夜に移って行く駿河湾の絶景が楽しめる、秋から冬の季節に是非とも出かけてみたいものですね♫
最終更新 : 2016年05月10日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

三島 

この記事に関係する旅の目的

橋・吊り橋  展望台  カフェ・喫茶店  ソフトクリーム  お土産 

この記事を見た人にオススメの記事