【東京】冬でも汗だく!本当に美味しいカレー!絶対に行っておきたいオススメのお店7選

欧風、インド、タイ…どんなカレーがお好みですか?寒い日に半袖Tシャツで汗をかきながら食べるカレーなんて最高ですね!!東京で絶品のカレーが楽しめるお店をご紹介します♪ぜひ参考にしてください。

1.ピワン(piwang)/吉祥寺

吉祥寺の飲み屋街・ハーモニカ横丁にあるピワンは、探しても見過ごしてしまうほどの小さなお店です。横丁と横丁の間、1坪弱の敷地に1畳分ほどのキッチンスペース。隠れ家のようなこちらは座席3つ!立ち席が2人分。この小さな店内から漂ってくるスパイシーな薫りがすごいです!

メニューは王道のチキンカレーと日替わりカレーがあり、2種盛りがおすすめです。目にも楽しめる美しいコントラスト!日替わりはサバや秋刀魚など変化球満載のカレーが出るので、ツイッターをこまめにチェックして、気になる時に行くと良いですね!

■ 基本情報

  • ・名称:ピワン 吉祥寺
  • ・住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4 ハーモニカ横丁
  • ・アクセス:吉祥寺駅から徒歩すぐ
  • ・営業時間:12:00~15:30、18:00~21:00
  • ・定休日:水曜、不定休
  • ・公式サイト:http://piwang.jp/


2.タイカリーピキヌー/駒沢公園

駒沢公園駅から程近い場所に位置するピキヌー。広くて開放感のある厨房と、レトロな店内はカレーへの期待が高まります♪メニューに唐辛子マークがあり、辛さの目安になっています。こちらのカレーはタイカレーですが、ココナッツミルクを使わない澄んだスープのカレーもあるので、苦手な方にもおすすめです。

一番人気はチキンカレー。とにかく辛い! スパイシーなのですが、ゆで卵とジャガイモが辛さの逃げ道になっていて、相性抜群。卓上の唐辛子入りナンプラーを足したり、ご飯にかけても美味しいです。ハフハフしながら汗をかいて食べたい一品。まずは、唐辛子マークを参考にオーダーしてみてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称:タイカリーピキヌー
  • ・住所:東京都世田谷区駒沢1-4-10
  • ・アクセス:駒沢大学駅から徒歩1分
  • ・営業時間:11:30~15:00(土日祝は12:00~)、18:00~21:00
  • ・定休日:火曜・水曜
  • ・電話番号:03-3422-7702
  • ・公式サイト:http://www.pknoo.com/


3.トマト/荻窪

荻窪で大人気のトマトは、昭和57年から続く欧風カレーとシチューの専門店です。36種類ものスパイスを使った、シンプルながらも奥深い味わいのルーはかなり濃い色をしています。まずおすすめしたいのが「ビーフジャワカレー」。こちらに季節の野菜やチーズなどお好みのトッピングをしてみてください♪

固めに炊いたライスと、上にのったレーズンとチーズが隠し味になり、スプーンがとまりません!

■ 基本情報

  • ・名称:トマト
  • ・住所:東京都杉並区荻窪5-20-7 吉田ビル 1F
  • ・アクセス:荻窪駅から徒歩5分
  • ・営業時間:11:30~13:30、18:30~20:30 ※昼夜共に売切れ次第終了
  • ・定休日:水曜、木曜、不定休
  • ・電話番号:03-3393-3262
  • ・参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13001113/


4.タイ屋台料理ナイファン/野方

西武新宿線の野方駅といえばディープなイメージがありますが、こちらにあるタイ屋台料理ナイファンに絶品カレーがあります。プーパッポンカリーという聞きなれない名前のカレーですが、ふわふわの卵とカニのカレー炒めなんです。【プー】はカニ、【パット】は炒める、【ポンカリー】はカレーの事を意味します。

ナイファンのプーパッポンカリーは贅沢にソフトシェルクラブを使用したもの。殻ごと食べられる柔らかいカニとまろやかなふわふわ卵が絡み合い、その中にもピリッとした辛さがあります。

タイ米との相性も抜群!野方という場所柄か、リーズナブルなお値段で食べられるのも人気の秘密です。タイ人ママが作る本場のプーパッポンカリーをぜひ味わってください。

■ 基本情報

  • ・名称:タイ屋台料理ナイファン 野方
  • ・住所:東京都中野区野方5丁目30−19
  • ・アクセス:野方駅から徒歩1分
  • ・営業時間:11:00~14:30、17:00~23:00(金土は~24:00)
  • ・定休日:月曜
  • ・電話番号:03-5364-9389
  • ・公式ブログ:http://ameblo.jp/nayfan/


5.天馬/青山

ファッショナブルな建物が並ぶ表参道・青山で、一際いい香りを放つ天馬。こちらはカレーはもちろんですがカレーパンも大人気です。ビーフカレー、バターチキンカレー、辛口キーマカレー、とろとろ半熟卵とカレーパンだけで4種類!

辛さが苦手な方はマイルドな半熟卵がおすすめです。中からとろーっと卵があふれ出しまろやかにしてくれます。その場で揚げているので、熱々の出来立てを頂くことができますよ!

カレーは辛さの調節ができるので、普通に食べるも良し、辛さ10倍に挑戦するも良し!フルーツをたっぷり使用しているカレールーは辛さの中にもフルーツのコクがあります。女性一人でもふらっと入りやすい雰囲気のカレー屋さんは貴重です!

■ 基本情報


6.カレーの南海/祖師谷大蔵

キッチン南海といえば、学生とサラリーマンのランチの宝庫!神保町に本店を構える洋食屋さんです。そのキッチン南海がカレー専門店をオープンしました。こちらでも定番のカツカレーを頂くことができ、大きなお皿に盛られたご飯、真っ黒なルーがたっぷりとかかっている姿は神保町と同じです。

初めての方はカレーは外せない安定の美味しさ!ですが、こちらで食べていただきたいのがカレーピラフです。具は玉ねぎ、ピーマン、ウィンナーが入ったレトロなもの。ピラフにクリームコロッケやカツをセットにすることができてコストパフォーマンスも良いです。

カレーを食べた方はこちらも試してみてください!テイクアウトもできるのでお弁当にも良いですね♪

■ 基本情報

  • ・名称: カレーの南海
  • ・住所: 東京都世田谷区祖師谷1-35-4
  • ・アクセス: 祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩3分
  • ・営業時間: 11:30~21:00
  • ・定休日: 水曜
  • ・電話番号: 03-3484-8771
  • ・公式サイト:http://www.geocities.jp/curry_nankai/


7.欧風カレーボンディ

カレーの町、神保町で昭和42年から続くボンディ。神田カレーグランプリでグランプリを受賞した有名店です。このカレーは一度食べたら忘れられない!ルーは、何種類もの野菜とフルーツ、乳製品をあわせたまろやかな旨みの中にも辛さが残るインパクトある味です。

なみなみと注がれたカレーポットの中には、ごろごろと大きくカットされたビーフやチキンの具が隠れています。

白いお皿に皮付きのジャガイモが2つ、バターと塩でカレーが出来上がるまでこちらを頂きます。なんてことの無いジャガイモもこちらで食べるとご馳走のように美味しいです!コトコトと煮込まれた野菜の甘みとコクがバランス良く絶妙なブレンド。激辛派も路線変更する!?欧風カレーをぜひ食べてみてください。

■ 基本情報

  • ・名称: 欧風カレー ボンディ
  • ・住所: 東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター 2F
  • ・アクセス: 神保町駅から徒歩1分
  • ・営業時間:11:00~22:30
  • ・定休日: 年末年始
  • ・電話番号: 03-3234-2080
  • ・公式サイトURL: http://bondy.co.jp/web/


まとめ

東京でおすすめの本当に美味しいカレー屋さんをご紹介しました。読むだけでスパイスの薫りが漂ってきそうです。次のランチはカレーに決定ですね♪


素材提供:トリップアドバイザー
最終更新 : 2015年12月22日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

東京  神田・神保町  表参道  荻窪・西荻窪  経堂・成城  中野  三軒茶屋・駒沢・池尻  吉祥寺・三鷹 

この記事に関係する旅の目的

カレー 

この記事を見た人にオススメの記事