水族館のナイトツアーおすすめ10選。癒しスポットをご紹介!

水族館にナイトツアーがあるのをご存知ですか?昼間だけしか入館出来ないイメージがありますよね。実は、特別に遅い時間まで営業していたり、お泊りして鑑賞することが出来たりするところがあるんですよ。夜は、幻想的な雰囲気を楽しむことができるとあって、とても人気があります。

デートや会社帰りに利用する人もいるとか。今回は、東京や神奈川などの都心を中心に厳選した10ヶ所をまとめてみました。ぜひ訪れる際の参考にして下さいね。

1.サンシャイン水族館(東京都)

まずは東京、池袋にある「サンシャイン水族館」です。夏休みには、子供と一緒に夜の探検隊(サンシャイン水族館に泊まろう)が開催され、消灯後の水族館を飼育スタッフともに探検して生物の様子を観察したり、お仕事体験をすることもできます。 もちろん、就寝は水族館館内の好きな生物の水槽前で、特別な夜を過ごすことができます。

■ 基本情報

  • ・名称:サンシャイン水族館
    ・住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ  
  • ・アクセス:東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩3分
  • ・定休日:年中無休(都合により営業日、営業時間変更になる場合もあります)  
  • ・料金:大人(高校生以上) 2,000円、子供(小・中学生)1,000円など。  
  • ・電話番号:03-3989-3466
  • ・公式サイトURL:http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/

このスポットの情報をみる

2.エプソン アクアパーク品川(東京都)

「エプソン アクアパーク品川」は、品川プリンスホテルの近くにある水族館です。平日19時以降のアクアナイトチケットは1名1,050円とお得で、通常は22時まで開館していることからデートに使われることが多いようです。
「サメとエイの海中トンネル」は約20mの海中トンネルで、珍しいエイの泳ぐ姿を真下から見ることができ、まるで海底散歩をしているような気分になれます!エイの泳ぐ姿も鑑賞できます。他には、360度円形のイルカプールでみる夜のイルカショーも見どころです。華麗なイルカのジャンプも見れます♪

2015年7月にリニューアルされ、都市型エンターテインメント施設として音・光・映像による演出が楽しめるようになりました。昼と夜で演出が異なるパフォーマンスを開催しているので、来場する時間を変えて楽しめるのも魅力ですよね。

■ 基本情報

  • ・名称:エプソン アクアパーク品川
  • ・住所:東京都港区高輪4-10-30 
  • ・アクセス: 新幹線・JR線・京急線の品川駅前(高輪口)
  • ・営業時間:日付により異なる(営業時間カレンダー参照)  
  • ・定休日:なし  
  • ・電話番号:03-5421-1111(音声ガイダンス)
  • ・公式サイトURL:http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/aquastadium/

このスポットの情報をみる

3.すみだ水族館(東京都)

すみだ水族館は、東京スカイツリー内にある小笠原の海を再現した水族館です。「ブルーナイトアクアリウム」は、18:30を過ぎると水族館がライトダウンされ、昼間見ていた生き物たちの夜の異なる姿や行動に驚かされたりと、様々な発見が楽しめます。また季節や時期によって様々な企画があります。
見たことない「チンアナゴ」たちのゴハンタイムは、毎日19:00~です。
大水槽は東京の海をイメージした作りになっています。
ゆっくり回って1時間半ほどで館内を見ることができます。20時まで入館するこができるので(季節によって閉館時間が変動することがあり、閉館の1時間前まで入館可能)、ソラマチなどでちょっと早めのディナーを楽しんだ後に夜の水族館を楽しむことができるのがいいですよね。

■ 基本情報

  • ・名称:すみだ水族館
    ・住所:東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン ソラマチ5F・6F  
  • ・アクセス: 東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・京成押上線・都営地下鉄浅草線「押上(スカイツリー前)」駅 すぐ
  • ・営業時間:9時~21時 
  • ・定休日:なし(年中無休)  
  • ・電話番号:03-5619-1821(9時~21時) 
  • ・公式サイトURL:http://www.sumida-aquarium.com/

このスポットの情報をみる

4.東京タワー水族館(東京都)

なんと!東京タワーにもあるんです。東京タワー水族館は、その中にある水族館。
900種類の観賞魚50,000匹を世界から集められ、その規模は「世界一」を誇るほどだと言われています。

棲息地別に分類展示されており、それぞれのコーナーごとに異なるBGMが流れていたりとじっくりと鑑賞できるようになっています。営業時間は19時までなので、水族館を楽しんだ後は東京タワーの展望台からの夜景観賞はいかかですか?

■ 基本情報

  • ・名称:東京タワー水族館
    ・住所:東京都港区芝公園4-2-8 
  • ・アクセス:都営大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分
  • ・営業時間:10:30~19:00(季節により変動あり)  
  • ・定休日:年中無休  
  • ・電話番号:03-3434-8833
  • ・公式サイトURL:http://www.suizokukan.net/

5.横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県)

横浜・八景島シーパラダイス内にある水族館『アクアミュージアム』。360度の円柱水槽やイルカ水槽など自然のありままの姿がみれる水族館です。
ドルフィンファンタジでの癒しの時間を楽しめる大人の女性限定プランもあり、 夜食やカクテルなどを楽しみながらイルカたちからの癒しパワーをいただきます。
夏休みには『水族館お泊り親子学級』があり、夜の水族館を親子で楽しめます。

園内にある4つの水族館の入館料とアトラクションフリーパスがセットになった「トワイライトパス」、水族館のみペアで入館できる「ペアナイトアクアリゾーツパス」と 夕方から利用できるお得なチケットがあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称: 横浜・八景島シーパラダイス
  • ・住所: 横浜市金沢区八景島
  • ・アクセス: シーサイドライン八景島駅より徒歩すぐ
  • ・営業時間: アクアミュージアム9:30~18:00(平日)、9:00~20:00(土日)
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 045-788-8888(テレフォンインフォメーション)
  • ・公式サイトURL: http://www.seaparadise.co.jp/

このスポットの情報をみる

6.新江ノ島水族館(神奈川県)

人気のお泊りナイトツアー「新江ノ島水族館・夜の探検隊」は2004年7月よりスタートしました。 閉館後にスタッフからの解説付きで、生き物たちの様子を観察するなど、まるで海の中にいるような感覚で楽しく過ごせます。
「子供限定 夜の探検隊」、「親子限定 夜の探検隊」、スペシャルプログラム「大人の女性限定クラゲヒーリングナイト」などがあり、それぞれのテーマにあわせた体験プログラムを楽しむことができます 。
夜の探検隊の開催スケジュールは開催月の前月1日からHPなどでアナウンスされるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。事前申し込み制で応募多数の場合は抽選とのことですが、夜の生き物たちの生態を見る滅多にないチャンスですよ。

■ 基本情報

  • ・名称:新江ノ島水族館
  • ・住所: 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
  • ・アクセス: 小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅から徒歩3分。
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0466-29-9960
  • ・公式サイトURL: http://www.enosui.com/

このスポットの情報をみる

7.鴨川シーワールド(千葉県)

見ると幸せになる「笑うアシカ」や、なかなか見ることができない「ベルーガ(シロイルカ)」、「シャチ・イルカ」のショーが見どころです。
レディースナイトステイは「シャチ特別パフォーマンス」の貸切観覧や水族館探検などが楽しめ、大水槽で優雅に泳ぐさかなたちを眺めながら一夜を過ごすことができる女性限定の特別プランです。
人気のプログラムの「トロピカルナイトステイ」は、水族館探検、シャチ特別パフォーマンス貸切観覧、ベルーガタッチなどを楽しみ、色カラフルな熱帯の魚が泳ぐ大水槽「無限の海」を眺めながら、 寝袋で夜を過ごします 。
他にも「ナイトアドベンチャー」、「大人のナイトステイ」、「ロッキーワールド・ナイトステイ」、「トロピカルアイランド・ナイトステイ」など季節限定で夜の水族館を楽しめるイベントが盛りだくさん!開催日時などはHPにアップされるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称:鴨川シーワールド
  • ・住所: 千葉県鴨川市東町1464-18
  • ・アクセス: 安房鴨川駅から無料送迎バスで約5分
  • ・営業時間: 通常営業:9:00~17:00、夏季営業8:30~17:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 04-7093-4803
  • ・公式サイトURL: http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html

このスポットの情報をみる

8.アクアワールド(大洗水族館)(茨城県)

サメやマンボウなどの海の生き物の大水槽を裏側から見られる『水族館探検ツアー』や、人の角質を食べる小さな魚「ガラ・ルファ」でエステ体験なども楽しめる水族館です。
水族館ナイトキャンプも行われており、飼育員と夜の水族館を探検します。大水槽前のサメやマンボウが泳ぐ姿を寝袋から見ながら夜を過ごします。

水族館ナイトキャンプへは事前の申し込みが必要です。ネットや電話では不可で、往復はがきのみの応募になっているので注意してくださいね。HPの自然体験塾のページに詳細が載っているので気になる方は確認してみてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称:アクアワールド(大洗水族館)
  • ・住所: 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
  • ・アクセス:ひたちなか海浜鉄道湊線「那珂湊駅」からバスで約7分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 029-267-5151
  • ・公式サイトURL: http://www.aquaworld-oarai.com/

このスポットの情報をみる

9.葛西臨海水族園 (東京都)

東京湾に面した地上30.7メートルにもなる大きなガラスドームの水族館です。近くには観覧車があります。
人気のマグロ回遊が圧巻です!  専門の動物解説員と館内めぐりできる平日ガイドツアー「本日のオススメ旬な生き物」「マグロのヒミツ」や休日には「水槽の裏側」がのぞけるツアーも開催しています。普段見ることができない生き物の姿や新たなる発見が見つかるはず! 
夜の水槽を飼育スタッフの解説を聞きながらじっくりと見ることができるイベント「大人のための夜の観察会」や 開園時間を3時間特別延長して水槽の照明を消した夜の水族園を見ることができる期間 
(指定日あり)もあります。

通常は17時閉園ですが、お盆の時期だけ特別営業で20時閉園となり魚たちと一緒に夜を迎えることができます。夜ならではの特別バージョンのガイドやイベントなどが用意されていたりするので、気になる方はHPなどをチェックしてみてくださいね。

■ 基本情報

  • ・名称:葛西臨海水族園
  • ・住所: 東京都江戸川区臨海町6-2-3
  • ・アクセス: JR京葉線「葛西臨海公園駅」下車、徒歩5分
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・定休日: 毎週水曜日、年末年始(12月29日~翌年1月1日)ほか
  • ・電話番号: 03-3869-5152
  • ・公式サイトURL: http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

このスポットの情報をみる

10.ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館(神奈川県)

中華街大通りにある、吉本興業がプロデュースした水族館です。おもしろ水族館(小学校)では下駄箱が水槽になっていたり、赤ちゃん水族館(幼稚園)ではすべり台が水槽になっていたりと楽しさが満載!

各ゾーンにテーマがあり、魚の不思議や生き物のすばらしさを楽しく学べます。山下公園に行けば、帰りに夜景も楽しめますよ♪
館内では魚に関するクイズが出題されていたりするので、見るだけでなく楽しく学ぶこともできる水族館になっているんですよ。観光名所でもある横浜中華街のなかにあるので、食事や買い物ついでに寄れるのも便利ですよね。

■ 基本情報

  • ・名称:ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館
  • ・住所: 神奈川県横浜市中区山下町144
  • ・アクセス: JR京浜東北線根岸線「石川町駅」から徒歩5分
  • ・営業時間: 【平日】11:00~20:00【土・日・祝日】10:00~20:00
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 045-222-3211
  • ・公式サイトURL: http://www.omoshirosuizokukan.com/
このスポットの詳細をみる

水族館のナイトツアーに興味を持っていただけたら嬉しいです。幻想的なライトに照らされた美しい魚たちを鑑賞することは、普段はなかなか経験出来ないことですよね。特に子どもたちにとっては、夜の探検気分で忘れられない思い出になるのではないでしょうか?

神奈川県の新江ノ島で開催される「大人の女性限定」プログラムは、クラゲのもつヒーリングパワーで癒されるという新しい試みです。ぜひ足を運んでステキな体験をして下さいね。このスポットの情報をみる
最終更新 : 2016年04月26日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

大洗  鴨川  葛西  東京タワー周辺  品川  東京スカイツリー周辺  横浜・みなとみらい  藤沢・江ノ島 

この記事に関係するジャンル

水族館  デート  ツアー