ガリガリくんもびっくり!新潟県民なら知っている50円ご当地アイス「もも太郎」とは

新潟県の「もも太郎」というアイスキャンディをご存知ですか?新潟県民なら誰でも知っている 、昭和20年台から愛され続けているご当地アイスです。お値段はガリガリくんもびっくりの50円!素朴な味わいを確かめてみませんか。

ご当地アイス「もも太郎」

株式会社セイヒョーが昭和20年台から製造販売しているアイスキャンディー。新潟県民ならどの世代も食べた経験があるアイスです。その認知度は、ガリガリ君やハーゲンダッツなどの全国区アイスより上なんだとか!コンビニでも駄菓子屋でも買えるのも、その秘密の一端かもしれませんね。

もも太郎だけど味は…?

「もも太郎」なのにその味は「イチゴ味」。角氷を砕きイチゴシロップを混ぜて押し固め、氷粒がしっかり残るアイスバーです。かき氷そのままの食感と、さっぱりとした後味が特徴。 昭和初期、お祭りなどの屋台で売られていた、桃の木型にかき氷とイチゴシロップをいれた「もも型」がそのネーミングの由来です。

姉妹品は「金太郎」「ビバオール」

金太郎

「もも太郎」の姉妹品の一つ「金太郎」。「もも太郎」と同様に大きな角氷を砕き、あずきを加えて押し固めたアイスキャンディー。しっかり残った氷粒のシャリシャリの食感と甘いあずきのコラボレーションが魅力の一品です。

ビバオール

1970年台に仙台市で作られ、南東北、北関東や新潟県一帯の駄菓子屋で売られていたアイスキャンディー。製造していた会社の倒産により中断していたものを株式会社セイヒョーが復活させました。イチゴ味のアイスの中にイチゴソースをたっぷり詰めた、その懐かしい味をどうぞ。

どこで購入できるの?

新潟県内のスーパーやコンビニで夏場中心に手に入ります。その他、セイヒョーWebショップやセイヒョー豊栄工場敷地内にある「もも太郎ハウス」でもどうぞ。ビバオールは、東北地方のスーパーやコンビニでも買うことができます。

製造販売についての詳細

製造販売している「株式会社セイヒョー」は、大正5年(1916年)に新潟市に創業した「冷凍倉庫における保管業務」からスタートして、現在では「氷の製造卸売」「もも太郎などの氷菓・アイスクリームの製造・卸」「笹だんご等の和菓子製造卸」や「食品の卸売」など幅広く事業を展開する会社です。

■ 基本情報

  • ・名称:セイヒョー直営アンテナショップ もも太郎ハウス
  • ・住所:新潟市北区木崎1782-1 セイヒョー豊栄工場敷地内
  • ・アクセス:新崎駅から車で10分
  • ・営業時間:09:00~16:00(10~3月は10:00~)
  • ・電話番号:0800-500-0144
  • ・公式サイトURL:http://www.seihyo.co.jp


ぜひ食べてみて!

以上、新潟県のご当地アイスキャンディー「もも太郎」のご紹介でした。新潟県を訪れた時に、コンビニに立ち寄り、その素朴な美味しさを味わってみませんか。きっと、虜になることでしょう。

最終更新 : 2016年01月10日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

新潟  新潟市 

この記事に関係する旅の目的

ご当地グルメ  B級グルメ  アイスクリーム 

この記事を見た人にオススメの記事