これぞ本物!牡蠣小屋ならぬ「うに小屋」で、うにまみれになろう!

※画像はイメージです
高級食材のイメージが強いうに。「うにまみれ」なんて、贅沢な響きですよねえ。うに好きにはたまりません!そんなうに好きさんに朗報。なんと"牡蠣小屋"ならぬ"うに小屋"があるんです!高級なうにがリーズナブルにいただけるので、安心して「うにまみれ」になれちゃう♪次はうに小屋ブームがやってくる!?

うにの概念をくつがえす!?話題の「うに小屋」

東京・高田馬場にある絶品のうにが食べられる「うに小屋」。通常は高級寿司店などでしか食べられない、北海道利尻産の絶品うにが、産地直送でリーズナブルに満喫できるんです。「牡蠣小屋」ならぬ「うに小屋」のブームがやってくる!?と、最近、メディア等で大注目されている居酒屋です。

都心で新鮮なうにが食べられる!

ロケーションは高田馬場駅より徒歩約5分という都心!こんな都会の真ん中なのに、新鮮なうにが北海道の産地から直送されてくるんです。店内はまるで北海道♪

うにが苦手な人にも食べてほしい!「水うに刺し」

「私、うにって苦手…」という人にこそオススメなのが、このお店の「水うに刺し」。実は、うにの味にある独特なクセの正体は、保存過程で使用する「ミョウバン水」の臭いなのだそう。水うに刺しはミョウバン水を使用した箱うにではなく、無添加の味を楽しめます。ほんのり甘くて濃厚な味です!

コスパも抜群!

この極上の「水うに刺し」は、なんと2人前で1,900円!通常のお店なら5,000円近くする高級な食材ですが、産地直送の「うに小屋」ならでは!他のメニューも居酒屋価格で、おサイフにも嬉しいですね♪

水うにの食し方

うには産地から直送されるため、その日によってムラサキウニやバフンウニなど、うにの種類は違うのですが、いずれも醤油をつけずにそのままいただくのがオススメ。うにの自然な甘味と濃厚な味わいが舌を直撃!!も~う、うにが苦手なアナタも、うにの虜になってしまうことでしょう。

どうしても味気が足りない人は、お好みで岩塩をぱらっとほんの少し。ちなみに、うにの産地出身の筆者も、子供のころから、生うにには醤油をかけるな、と教えられていました。新鮮なうにには、調味料は不要なんです!!これ、ホント。

うに系おすすめメニュー

おすすめは「雲丹しゃぶ」。うには火を通しても美味しくいただけますが、そんな贅沢の極みともいえる「雲丹しゃぶ」が「うに小屋」の人気メニュー。うには加熱しすぎると香りや食感が失われるので、5秒以内ですぐに引き上げて!

そのほか、お酒がぐいぐい進んじゃう「うにたまり漬け・うに松前漬け・うに佃煮」の3点がセットになった「うに珍味3種盛り合わせ」や、豆腐の糀漬の「山うに」もおすすめ。

うに以外のオススメメニュー

タイムサービスで提供しているという、生きている車海老をその場でさばくサービス!新鮮どころか、生きているんですから、鮮度が抜群。見て!!この透明感!ぷりっぷりですね!!

そのほか、クリーミーな「生白子ポン酢」、港のそばでなければなかなか食べる機会のない「銀だら刺し」や「マグロ脳天刺し」、ほぐし身とカニ味噌を混ぜたものがカニの殻に入っている 「かに箱」もおススメ。

「うに小屋」に行ってみよう!

どれを食べても新鮮で美味しい!そして、うにがこんなにリーズナブルにいただける。こんなコスパの高い店は、東京とはいえ、そうそうない…ということで、やはり既に人気店となっています。出かける場合は、予約必須。

■ 基本情報

  • ・名称: 利尻うに小屋
  • ・住所: 東京都豊島区高田3-10-14 吉野ビル
  • ・アクセス:高田馬場駅から徒歩約5分
  • ・営業時間: 18:00~23:30
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 03-6457-6137
  • ・関連サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13158485/


いかがでしたか?東京にいながらにして、こんなに新鮮なうにが食べられるなんて…うに好きの人は絶対行きたいですよね!無添加のうにを食べたら、うにが苦手な人も、きっと美味しいうにに病みつきになっちゃいますよ♪予約して出かけて、「うにまみれ」になっちゃってください♪
最終更新 : 2016年01月08日

この記事に関係するエリア

早稲田・高田馬場・護国寺 

この記事に関係するジャンル

海鮮料理 

この記事を見た人にオススメの記事