東京のカレーの名店25選。仔牛のミルクカレーやスープカレーなど絶品カレーを厳選


東京はカレーの名店が所狭しと並ぶような都市です。神保町や秋葉原はもはや聖地と言えるでしょう。ヨーロッパやインド、タイなど様々な国のものをベースとして、独自の発展を遂げています。1人が頼むと、後から来た客が続々と頼んでしまう、という実験結果があるほど、皆を惹きつけてやまないこの料理ですが、一体どこが美味しいのでしょう。選ぶ時には迷ってしまうでしょう。そこで今回は、絶品を味わえる場所を一挙にご紹介します!これを機会に、是非食べに行ってみましょう!

1.トマト【荻窪駅】

荻窪にある有名店ですね。お昼は長蛇の列です。ひとつひとつのカレーを、ていねいに作るので時間がかかります。それだけ待っても食べたいカレーなんですね。仔牛のミルクカレーはこれぞ定番の欧風カレーというかんじで、とろみが強く、マイルドな甘口です。

付け合わせの薬味(玉ねぎ)もおいしいので、普段は食べないという人も、試してみてほしいですね。
店内はごく普通ですが...

店の外は、こんな行列です。

■ 基本情報

  • ・名称:トマト 
  • ・住所: 杉並区荻窪5-20-7 吉田ビル 1F 
  • ・アクセス: 荻窪駅から徒歩5分
  • ・営業時間: 11:30~13:30(売り切れ次第終了) 18:30~20:30(売り切れ次第終了) 
  • ・定休日: 水・木曜日(不定休あり)
  • ・電話番号: 03-3393-3262
  • ・料金: シーフードカレー ¥2800 (参考価格)
  • ・公式サイトURL: http://r.gnavi.co.jp/5cnn9wfm0000/    

2.東京カレー屋名店会【秋葉原駅】

オタクな街、秋葉原は、カレーの名店が多いエリアです。なかでもアトレ秋葉原に入っている東京カレー屋名店会は、いろいろなカレーが気軽に楽しめるお店。 アキバにきて何食べようかと迷ったら、ここがいいですね。エチオピア、デリー、トプカ、本郷プティフ、ドンピエールという名店が入っています。

駅に隣接しているし、使い勝手のいいお店です。店内がキレイでアトレの中にあるためはいりやすく、女性客も多いですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 東京カレー屋名店会 アトレ秋葉原
  • ・住所: 千代田区外神田1-17-6アトレ秋葉原1
  • ・アクセス:秋葉原駅から徒歩3分
  • ・営業時間: 10:00~22:00(L.O.21:30)
  • ・定休日:  無休(アトレ1の休館日に準じる)
  • ・電話番号: 03-5289-3821
  • ・料金: エチオピア 名店会オリジナルチキンカリー ¥900 
  •     デリー バターチキン ¥900
  • ・公式サイトURL: http://www.t-curry-m.com/index.html

3.クラウンエース 上野店 【上野駅】


カレーは気軽に食べられる、大衆の味です。だからそれほど高級感はなくても、人気店ということがあります。クラウンエースはワンコインでいただける納得カレー。カツカレーは500円で、薄くスライスしたカツ(というより、昔懐かしのハムカツ?)がのっています。店内はカウンターのみ。

マイルドな辛さで、スパイスマニアにはものたりないかも。でも、時にはこういうのがちょうどいいという時があるんです。

■ 基本情報

  • ・名称: カレー専門店 クラウンエース 上野店 (カレーセンモンテン・クラウンエース)
  • ・住所: 台東区上野6-12-11
  • ・アクセス: JR・東京メトロ・京成の各上野駅から徒歩2分
  • ・営業時間: 10:30~21:30
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号:03-3831-6721 
  • ・料金: カツカレー ¥500 

4. 新宿中村屋 ルミネ荻窪店【荻窪駅】

こちらではスープカレーがおススメ。バラタ(小麦粉に植物油を混ぜて何層に重ねて焼き上げたもの)もおいしいですが、正統派はライスでしょうか。スープカレーは具が多くてカリフラワー、なす、アスパラ、玉ねぎ、ニンジン、チキンレッグ、カレーリーフ、つくねなどなど。

日本の本格インドカレーは、新宿中村屋から始まりました。食べて健康になるカレーですね。薬味(オニオンチャツネ、らっきょう、アグレッチー=キュウリの酢漬け、マンゴーチャツネ)はお替り自由。これがまた、ウマいんです。

■ 基本情報

  • ・名称: 新宿中村屋 インドカリーの店 ルミネ荻窪店
  • ・住所: 杉並区上荻1-7-1 ルミネ荻窪店5F
  • ・アクセス: 荻窪駅から徒歩1分
  • ・営業時間: 11:00~21:30(L.O)
  • ・定休日: 不定休(ルミネに準ずる)
  • ・電話番号: 03-5335-5423
  • ・料金: スープカリー 1575円
  • ・公式サイトURL:http://www.nakamuraya.co.jp/index.html

5.ボンディ【神保町駅】

甘みと辛みが順番に来るのが、ボンディの欧風カレーです。あとでご紹介する「ガヴィアル」とともに、神保町の欧風カレーの王道を行っていますね。おススメは複数の具材を使っている魚介ミックスカレーです。アサリやエビがそれぞれ旨みをだしています。

最初にジャガイモ+バターがきて、ご飯の上にチーズがのっています。かなりボリュームがあるので、チーズ抜きにしないと、女子にはキツいです。秋葉原とおなじく、カレーの店が多いのが神保町です。古書店とカレーは相性がいいのかもしれませんね。

■ 基本情報

  • ・名称: ボンディ 神保町本店 (Bondy)
  • ・住所: 千代田区神田神保町2-3 神田古書センター2F
  • ・アクセス: 地下鉄 都営三田線・新宿線 半蔵門線神保町駅 徒歩1分
  • ・営業時間: 11:00~22:30(LO.22:00)
  • ・定休日: 年末年始・夏期休業
  • ・電話番号: 03-3234-2080
  • ・料金: 魚介ミックスカレー ¥1630
  • ・公式サイトURL: http://www.bondy.co.jp/

6. ライカノ 【北千住駅】

タイカレーはスパイスやコリアンダー(香草)をたっぷり使った辛いものと思いますが、北千住のライカノでは、からくないタイカレーがいただけます。その名も「マッサマン・ヌア」。辛くはありませんが、スパイスを巧みに使っていて、奥行きがある味です。癖になるので、リピーター率が高い。

最近では、テレビドラマ「孤独のグルメ」で一気に有名になりました。甘さのもとは、ふんだんに使っているココナツミルクですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: ライカノ
  • ・住所: 足立区千住2-62 ラ・フェットビル 1F
  • ・アクセス: 北千住駅西口から、徒歩3分
  • ・営業時間: [日~金]11:30~15:00 17:00~23:00(L.O.22:30)
  • ・定休日: 毎月第3火曜日
  • ・電話番号: 03-3881-7400
  • ・料金: マッサマン・ヌア ¥680(参考価格)
  • ・公式サイトURL: http://www.thai-square.com/restaurant/shoukai/shokai_011.htm

7. パンチマハル【神保町駅】

インドの国民食カレーは、日本で独自に発展しました。今回のおススメは、ドライカレー。カレーの上にトッピングされたトマトとパクチーが爽やかです。ピリリとした辛さとスパイスの奥深い味が魅力ですね。ときどき付け合わせのアチャールで口直しを。

オーナー自身がアジア各国を旅してたどり着いたという味は、他では味わえません。欧風カレーでもインドカレーでもスープカレーでもない、オリジナルなスープカレーです。店内も、ちょっと独特?

■ 基本情報

  • ・名称: パンチマハル
  • ・住所: 千代田区神田神保町1-64野間ビル
  • ・アクセス: 神保町駅から徒歩5分 水道橋駅から徒歩6分
  • ・営業時間: [月~金]11:30~15:00 17:30~21:00 [土]11:30~15:00
  • ・定休日: 日・祝
  • ・電話番号: 03-3292-6439
  • ・料金:ドライカレー ¥880
  • ・公式サイトURL: http://www.ac.auone-net.jp/~panch-m/

8.ベンガル【秋葉原駅】

とろみのある日本式カレーが主流だった時代から、断固として、焙煎スパイスを独自配合したサラサラのインド風カレーを提供してきた老舗です。カウンター前にあるスパイスポットの数々は、見ているだけでワクワクしてきます。一番人気はビーフ角切りカレー。

秋葉原は、日本最大の電気街であるとともに、最近ではB級グルメの有名店がしのぎを削るエリアでもあります。そのアキバで、昭和48年から営業を続けているのが、ベンガルです。ひょっとすると、アキバ最古のカレー専門店かもしれません。 外のテラス席は喫煙可、ペット可です。

■ 基本情報

  • ・名称: ベンガル (BENGAL)
  • ・住所: 千代田区外神田3-10-12 日加石油ビル 1F
  • ・アクセス: 東京メトロ銀座線 末広町駅より徒歩2分JR秋葉原駅 電気街口より徒歩5分
  • ・営業時間: [ランチタイム]11:30~15:00 [ディナータイム]17:00~21:00(L.O.20:30)
  • ・定休日: 月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日休)
  • ・電話番号: 03-3255-4410
  • ・料金: ビーフ角切りカレー¥1100
  • ・公式サイトURL: http://www.bengal-curry.com
 

9. ガヴィアル【神保町駅】

インドカレーやタイカレーもいいですけど、やはり時にはスパイシーでない欧風カレーがいただきたい。神保町にあるガヴィアルは、優しい感じのカレーです。一口食べると「甘めだな」と思うのですが、次第にうまみの奥にある辛さが、じんわりと、しみ出てきます。ビーフもやわらかく、たっぷり入っていますね。

一緒にでてくる蒸しポテトとバターもおいしい。内装も品よく、全体的にリッチな感じがするカレー店です。

■ 基本情報

  • ・名称: ガヴィアル
  • ・住所: 千代田区神田神保町1-9稲垣ビル2F
  • ・アクセス: 都営三田線 神保町駅 徒歩1分 都営新宿線 神保町駅 徒歩1分
  •       東京メトロ半蔵門線 神保町駅 徒歩1分
  • ・営業時間: 11:00~21:30(LO)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 03-6273-7148
  • ・料金:野菜カレー ¥1400
  • ・提供時間: 野菜カレーは平日15時以降、土日は終日
  • ・公式サイトURL: http://www.gavial1982.com/

10.マジックスパイス 【下北沢駅】

スープカレーの人気店と言えば、マジックスパイス。辛さを選べるので、好みに合わせて選べます。スプーンにのせたご飯を、そのままそっとスープにくぐらせます。辛いですが、どんどん食べていきましょう。具もチキンレッグはもちろん、ゆで 卵に、かぼちゃ、にんじん、キャベツ、さやえんどう、なめたけなど。

とってもバランスが取れたカレーですが、あまりの辛さにたいていご飯が足りなくなります(笑)。おかわり(有料)ができるので、どんどん食べちゃってくださいね。外観は怪しげ、メニューは謎の店です。

店内はもはや、カオスな雰囲気。みなさん、ひたすらスープカレーをたべています。

■ 基本情報

  • ・名称: マジックスパイス マジックスパイス 東京下北沢店 (Magic Spice)
  • ・住所: 世田谷区北沢1-40-15
  • ・アクセス:下北沢駅から徒歩6分
  • ・営業時間: [月~金]11:30~15:00 17:30~23:00 [土・日・祝]11:30~23:00
  • ・定休日: 火曜・水曜
  • ・電話番号: 03-5454-8801
  • ・料金: チキンカレー 950円(参考価格)
  • ・公式サイトURL: http://www.magicspice.net/

11. エリックサウス【東京駅 八重洲地下街】

このあたりは、インドカレー店の大激戦区です。その中でも燦然と輝く人気店。名物はライスやカレー数種が食べ放題になる「エリックミールス」です。いろんな種類のカレーやインド式お惣菜ををちょっとずつ頂けるのが、なんとも優雅な感じ。カレーのアフタヌーンティみたいです(笑)。

インドカレーおなじみのナンがなくて代わりにチャパティやパパドがあるのは、南インド式だから。東京駅の八重洲地下街にあり、昼時は絶対に行列です。覚悟してお出かけください。

■ 基本情報

  • ・名称: 南インドカレー&バル エリックサウス (Ericksouth)
  • ・住所: 中央区八重洲2-1 八重洲地下街 中4号 (八重洲地下二番通り)
  • ・アクセス: JR東京駅八重洲口方面地下街内
  • ・営業時間: [月~金]11:00~15:00 15:00~22:00(LO21:30)
  •          [土・日・祝]11:00~15:00 15:00~21:30(LO21:00)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 03-3527-9584
  • ・料金: ミールス 1,000円~
  • ・提供時間: ミールスは13時より注文可
  • ・公式サイトURL: http://www.erickcurry.jp/

12. パークサイドダイナー 帝国ホテル【日比谷駅】

カレーだと野菜がサラダしかとれなくてね、とお嘆きの方。こんな野菜たっぷりカレーはいかがですか。帝国ホテル1階のパークサイドダイナーでいただける野菜カレーです。

第8代料理長石渡文治郎が創作したというもの。あえて裏ごしせず、野菜本来の旨みと食感をきわ立たせた伝統のカレーソースが本気でおいしい。芸能人にもファンが多い一品です。

■ 基本情報

  • ・名称: パークサイドダイナー
  • ・住所: 千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル1F
  • ・アクセス:東京メトロ  日比谷線・千代田線、都営地下鉄 : 三田線 日比谷駅より徒歩3分
  •      (A13出口からすぐ)都営地下鉄 : 三田線内幸町駅より徒歩3分(A5出口から)
  • ・営業時間: 6:00~23:00 (ラストオーダー)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 03-3539-8046
  • ・料金:¥2,500円
  • ・提供時間:11:00~23:00 (ラストオーダー) 
  • ・公式サイトURL: http://www.imperialhotel.co.jp

13. 大もり【日本橋駅】

和風カレーときくと、甘めの味をイメージしますね。しかし大もりのカレーは、和風ですがスパイスがガッツリ効いているタイプ。ルーが黒っぽく、いかにも殻そうな感じです。それでいて、辛さが後に残らないのが不思議ですね。鶏ささみ、じゃがいも、人参、玉ねぎにぜんまいと紅ショウガがのります。

カウンター含めて20席位の小じんまりしたお店で、夜は小料理屋さんですね。ランチタイムは9割の人がカレーを頼んでいます。おそるべし。

■ 基本情報

  • ・名称: 大もり
  • ・住所: 中央区日本橋室町1-11-4 大森ビル B1F
  • ・アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅 徒歩1分
  •       JR総武本線新日本橋駅 徒歩4分/東京メトロ東西線日本橋駅 徒歩4分 
  • ・営業時間: 11:30 ~ 14:00/17:30~ 22:30(L.O.22:00)
  • ・定休日: 土曜日・日曜日・祝日・年末年始
  • ・電話番号: 03-3241-6865
  • ・料金: 和風カレー ¥800 (参考価格)

14. ガネー舎【新橋】

カレーには好みがはっきり出ますが、さらさらしたスープカレーがお好きなら、新橋のガネー舎でしょう。ドロドロしていないのに、なぜかうまみを感じるカレーです。サフランライスは固めに炊きあげられていて、サラッとしたカレーと相性がいいです。具はチキンレッグ、ピーマン、じゃがいも、にんじんなど。

普通でも辛さはかなりありますが、もっと辛いのを希望する場合は、スペシャルオイル、大辛オイルと注文します。素揚げされた具と辛さで、うまみが倍増します。外観はいたって普通ですけどね。

■ 基本情報

  • ・名称: ガネー舎
  • ・住所: 港区新橋5-12-2 鴻盟社ビルB1
  • ・アクセス: JR新橋駅烏森口出口徒歩6分
  • ・営業時間: 11:30~14:30 17:30~20:45(LO) ※土曜日は、11時30分~14時まで
  • ・定休日: 日曜・祝日
  • ・電話番号: 03-3433-0309
  • ・料金: とりカリィ(とりレッグ、人参、ピーマン)1,000円 
  •     やさいカリィ(季節の野菜6種)1,150円
  • ・公式サイトURL: http://www.shinbashi-mall.jp/shop/ganesha/

15. 古奈屋 【上野駅】

巣鴨や上野に店舗があるカレーうどん専門店です。 普通のカレーうどんもおいしいのですが、だまされたと思って食べていただきたいのが、バナナ天カレーうどんです。バナナの天ぷらはどうなんだと言われると、意外とさっぱりしています。それが甘めのカレーだしと、ばっちりあっているんですよ。

バナナはちょっと、という方は、一番人気のエビ天入りカレーうどんをどうぞ。でもね、バナナ天、ほんとにおいしいんですよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 古奈屋
  • ・住所: 台東区上野7-1-1 アトレ上野2F
  • ・アクセス:JR「上野駅」構内
  • ・営業時間: 11:00~23:00
  • ・定休日: アトレ上野に準ずる
  • ・電話番号: 03-5826-5863 
  • ・料金: バナナ天280円 カレーうどん1080円
  • ・公式サイトURL: http://www.konaya.ne.jp/index.html



東京のカレーは、店ごとに個性があって面白いですよね。外観から仰天するようなものから、行列が出来るほどの人気店まで、店によりけりです。扱っている料理も、辛さは様々ですし、普通のルー状のものや、ドライ、スープまで異なります。野菜をたくさんとりたい方も、オススメの一品が見つかったのではないのでしょうか。ちょっと刺激が欲しかったり、美味しい昼ごはんを食べたかったりする人は、気になる名店がありましたら、是非ともその足で赴いて下さいね!


※一部写真について、著作権違反の連絡がありましたので、該当する写真を削除いたしました。

16.吉田カレー【荻窪駅】

こちらはクチコミサイトでとても高評価の荻窪駅のカレー屋さん。食物繊維とコラーゲンが入ったヘルシーで美容にも効果アリ?のカレーが頂けます。欧風カレーなんですが、バター、牛脂を通常の半分以下しか使用せず、代わりに豚のコラーゲンで代用しているんだとか。

甘口では野菜や果物のフルーティーな酸味がしっかりと感じられる味わい。辛口のほうはスパイシーでピリピリしますがコクがありクセになる味。甘辛を半分ずつ楽しめるMIXもオーダー可能ですよ♪

■ 基本情報

  • ・名称: 吉田カレー
  • ・住所:東京都杉並区天沼3-8-2 2F 
  • ・アクセス: JR荻窪駅から徒歩約6分
  • ・営業時間: 11:30~14:15 17:30~20:45
  • ・定休日: 水曜 木曜 日曜 祝日
  • ・電話番号: 03-6276-9527
  • ・料金: ライス200g:600円、ライス300g:650円
  • ・公式サイトURL: http://yoshidacurry.com/

17.ディラン【新御茶ノ水駅】

こちらは神田にあるインドカレーのお店。大きな具材がゴロゴロと入っているタイプのカレーで、それはもうルーというよりこれだけで1品となってしまうほどの存在感。ご飯と一緒でも、ルーだけでも食べられるボリューム満天のカレーです。

お昼のランチは日替わり。3種類のカレーから好きなものを選ぶんですが、選びきれない!という方はハーフ&ハーフも可能♪どの味を選んでもこのお店ならではのオリジナリティが光るカレーが頂けるでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: ディラン
  • ・住所: 東京都千代田区神田駿河台3-3-3 K&TT駿河台ビルディング 2F
  • ・アクセス: 地下鉄小川町駅、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅B3出口から徒歩約2分
  • ・営業時間: 11:30~14:30、18:30~20:30(完売次第閉店)
  • ・定休日: 日曜日、祝日、その他不定休
  • ・電話番号: 約03-3292-3505
  • ・料金: チキン(950円)・マトン(980円)・ベジタブル(880)
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13158580/

18.かえる食堂【要町駅】

ビルの一階にひっそりとたたずむこじんまりとしたお店。店名の通り、店内のいたるところにかえるの置物が並んでいてホッコリします。穏やかな雰囲気のご夫婦で営業されているこちらのお店。オシャレなカフェのカレーももちろん美味しいですが、アットホームな空間で頂くカレーはどこか懐かしくて、また格別。

店主オススメの食べ方は、添えられたレモンを途中で絞って頂くこと。味がガラッと変わりサッパリとした風味で更にご飯が進む!アジアンテイストにも感じられるオリジナルカレーを是非ご賞味あれ。

■ 基本情報

  • ・名称: かえる食堂
  • ・住所: 東京都豊島区池袋3-6-1 第2京花荘 1F
  • ・アクセス: 地下鉄要町駅から徒歩約3分、池袋駅から徒歩約12分
  • ・営業時間: 11:30~17:00
  • ・定休日: 日曜日、月曜日
  • ・電話番号: 03-5950-6077
  • ・料金: チキンカレー800円、キーマカレー800円
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13030312/

19.砂の岬

インド亜大陸を旅した店主が、インド料理の美味しさを日本に伝えたいとの思いでカレー店を開業。本場を旅したからこそ出せる本場の味わいに、日本人が好む味わいをプラスしたオリジナリティ溢れるインドカレーは訪れた人皆を虜にしてしまう魔法のカレー♪

化学調味料は一切使用していない健康に配慮されたカレー。インド旅行へ行っている間は長期で閉店していますので、HPを確認してから行ってみて下さい。

■ 基本情報

  • ・名称: 砂の岬
  • ・住所: 東京都世田谷区新町2-6-14
  • ・アクセス: 東急田園都市線桜新町駅から徒歩約5分
  • ・営業時間: [木金]12:00~15:00 (ラストオーダー14:30)、18:00〜22:00 (ラストオーダー21:00)、[土日祝]12:00〜16:00 (ラストオーダー15:00)18:00〜22:00 (ラストオーダー21:00)
  • ・定休日: 月曜、火曜、水曜
  • ・電話番号: 080-4248-7720
  • ・料金:  [ランチ]1,530円~、[ディナー]1,800円~
  • ・公式サイトURL: http://www.sunanomisaki.com/

20.猫六

曳舟駅すぐの裏路地にひっそりとたたずむ、隠れ家的なカレー店「猫六」。店内は木の温かみ溢れる内装。こじんまりとしており、女性客でも1人で気軽に訪れられるアットホームな空間です。定番のポークカレー・チキンカレーの他に、月替わりのオリジナルカレーも大人気。

「自家製ベーコンステーキ」やお店の名物「猫六のポテトサラダ」はカレーとの相性ばっちりの人気サイドメニュー♪ついついお酒が欲しくなってしまいます。

■ 基本情報

  • ・名称: 猫六
  • ・住所: 東京都墨田区東向島2-14-2
  • ・アクセス: 東武スカイツリーライン曳舟駅から徒歩約1分
  • ・営業時間: [平日・土曜日]18:00~翌1:00(ラストオーダー24:00)、[日曜日]11:30~15:00(売切次第閉店)
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号: 03-6657-2286
  • ・料金:  ハーフ650円、レギュラー1,000円、2種盛り1,350円
  • ・公式サイトURL: http://www.necoroku.com/

21.スープカレーカムイ

カレーの激戦区である秋葉原ですが、秋葉原といえばメイドカフェやオタク文化が思い浮かぶ方も多いでしょう。こちらのお店は、そういった秋葉原の文化をうまく融合させたカレーショップ。店員さんはメイドのコスチューム、使用している30種類以上のスパイスは萌え系のイラストへと”擬人化”されています。

お店の印象は少し個性的ですが、カレーはとっても本格的。インドカレーをベースに、お店独自の配合でスパイスを加えた濃厚スープカレが頂けます。7~8種類のトッピングに、辛さは20段階から調節可能。いろいろ試してお好みの味を探してみて下さい。 

■ 基本情報

  • ・名称: スープカレーカムイ
  • ・住所: 東京都千代田区神田須田町2-12-5
  • ・アクセス: 都営地下鉄新宿線岩本町A1出口より徒歩2分
    JR山手線秋葉原より徒歩5分、神田より徒歩7分
  • ・営業時間: [月~金]11:00~15:00(L.O.14:30)17:00~20:00(L.O.19:30)[日・祝]11:00~20:00(L.O.19:30)
  • ・定休日: 土曜(祝日の場合は翌営業日が休み)
  • ・電話番号: 03-3258-5858
  • ・料金: チキンカレー750円、ポークカレー800円
  • ・公式サイトURL: http://www.soupcurry-kamui.com/

22.ザ・カリ

カレー激戦区の新橋で不動の人気を誇る有名店「ザ・カリ」。店内はカウンターのみ、また新橋という立地もあり、お昼時には行列の絶えないお店です。サラサラ系のルーにガツンとスパイスが効いたカレーは辛いのにクセになる、何度もリピートしたくなる一品です。

ビーフは辛めと書いてありますが、ただ辛いわけではなくスパイスの風味をしっかりと感じる深い味わい。お店はいつも大盛況ですが、並ぶ時間がない時はテイクアウトも可能なので是非行ってみて下さいね。

■ 基本情報

  • ・名称: ザ・カリ
  • ・住所: 東京都港区新橋5-31-7 中村ビル 1F
  • ・アクセス:都営三田線御成門駅A4出口から徒歩約5分、都営浅草線新橋駅A1出口から徒歩約6分、JR新橋駅烏森口から徒歩約7分 
  • ・営業時間: 11:30~14:30
  • ・定休日: 土曜・日曜・祝日
  • ・電話番号: 03-3437-2526
  • ・料金: ビーフ910円、チキン810円、エビと森のきのこ910円、ナスとひき肉810円
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13007129/

23.3丁目のカレー屋さん

アンティーク調のレトロな店内で絶品欧風カレーが頂けるこちらのお店。一見するとカフェのようなたたずまいで、カレーもカフェごはんのようなタイプのカレーが出てくるのかと思いきや、いい意味で期待を裏切る超本格派のカレーが頂けます。

人気メニューの「シーフードカレー」は、蓋を開けるとカレーの香りに負けないくらいの魚介の香りが広がります。ゴロゴロと大きなシーフードが惜しげもなく入っており、もはやカレーというよりもブイヤベースに近い味わい。辛さは普通、中辛、辛口の3段階から選ぶ事ができます。

■ 基本情報

  • ・名称: 3丁目のカレー屋さん
  • ・住所:東京都中央区京橋3-9-9 ウィンド京橋ビル B1F
  • ・アクセス:都営地下鉄宝町駅から徒歩2分程度
  • ・営業時間: 11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、
    水曜日、金曜日のみディナーあり 18:00~
  • ・定休日: 第2・4・5土曜、日曜、祝日
  • ・電話番号: 03-3567-6767
  • ・料金: 焼きチーズブーフカレー1,400円、シーフードカレー1,700円
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13025962/

24.フレンチカレースプーン

10年以上フランス料理店で修行を積んだシェフが、フレンチをもっと身近に楽しんでほしいとの思いから「フレンチ×カレー」という新しいジャンルにチャレンジしたのがこちらのお店。2日間かけて煮込んだ特製のフォンドヴォーをベースとした、ヘルシーでコクのあるオリジナルカレーを頂けます。

 看板メニューであるフレンチカレーは、フォンドヴォーを使用する代わりに粉やバターをほとんど使用していません。 手間暇をかけ、3日間しっかり熟成させたフレンチカレーと13穀米は相性抜群で美味しく健康になれる嬉しい一皿です。

■ 基本情報

  • ・名称: フレンチカレースプーン
  • ・住所: 東京都杉並区松庵3-38-19 リヴェール西荻 1F
  • ・アクセス: JR西荻窪駅の南口から直進して徒歩3分
  • ・営業時間: [平日]11:30~15:00(ラストオーダー14:30)、18:30~23:00(ラストオーダー22:00)、[土]11:30~16:00(ラストオーダー15:30)、18:30~24:00(ラストオーダー23:00)、[日祝]11:30~16:00(ラストオーダー15:30)、17:30~22:30(ラストオーダー21:30)
  • ・定休日: 火曜日
  • ・電話番号: 03-5941-6733
  • ・料金:  フレンチカレー930円、2/3サイズ730円
  • ・公式サイトURL: http://frenchcurryspoon.com/

25.カレーノトリコ

古民家風のたたずまいが可愛らしい「カレーノトリコ」は、本格インドカレーのお店。店内はカウンターのみですが、オシャレな雰囲気で女性客も多くいらっしゃいます。「インド風カレー」と「牛すじドライカレー」の2種類の味と、両方を一度に楽しめる「あいがけカレー」があります。やはりあいがけが人気。

こちらのカレーは辛さ控えめ。初めて来店された方はまず10辛からオーダーし、辛めがお好きな方は徐々にレベルを上げていきましょう。最大30辛まで調節可能です。

■ 基本情報

  • ・名称: カレーノトリコ
  • ・住所: 東京都千代田区神田須田町2-15-1
  • ・アクセス: 都営新宿線岩本町駅から徒歩約3分
  • ・営業時間: [月~金]11:00〜14:00、18:00〜21:00、[土]12:00~15:00
  • ・定休日: 日曜、祝日
  • ・電話番号: 非公開
  • ・料金: インド風カレー950円、牛すじドライカレー1,000円、あいがけカレー1,200円
  • ・公式サイトURL: https://m.facebook.com/currynotrico(Facebook)
最終更新 : 2016年05月07日

この記事に関係するエリア

神田・神保町  秋葉原  北千住・南千住・三ノ輪  荻窪・西荻窪  上野・御徒町 

この記事に関係するジャンル

スープカレー  インドカレー  ランチ  ディナー  カフェ・喫茶店 

この記事を見た人が見ている記事