バリ島最高峰!「アグン山」について

バリ島といえば海のイメージが強いですが雄大な山への観光も人気コースの一つです。ここではバリ島最高峰のアグン山について紹介します。

アグン山とは?

アグン山はバリ島東部にある海抜高度3,031mの山でバリ島では最高峰です。山頂には噴火口があり成層火山できれいな円錐型をしています。古くから島民に崇拝されており、島の守護神がいる場所とあがめられ名前の「アグン山」は「火の神が住む山」を意味しています。

アグン山の魅力は・・・

バリのヒンドゥーの人達は、アグン山の方角を常に聖なる方位として信仰しており、明け方の空気は特に澄んでいてヒンドゥー教を信仰していなくても澄んだ気持ちになれます。アグン山のたたずまいは富士山に似ており懐かしさも覚えます。

アグン山の見どころは

聖なる山「アグン山」はトレッキングで登ってみるもよし、遠くから眺めるもよしで好みに合わせた楽しみ方ができます。

パサール・アグン寺院

アグン山の西側、カランガッサム地方に位置するパサール・アグン寺院は標高1500mの場所にあり寺院から望むアグン山は荘厳そのものです。
同じくアグン山の麓に位置するブサキ寺院より標高が高く、パサール・アグン寺院の裏手がアグン山トレッキングのスタート地点にもなっています。

■ 基本情報

  • ・名称:パサール・アグン寺院(Pura Pasar Agung)
  • ・住所:Rendang, Karangasem, Bali 
  • ・アクセス:クタより車で約2時間 

ブサキ寺院

アグン山麓にあるブサキ寺院は「母なる寺院」と呼ばれバリ・ヒンドゥー教の総本山です。ブサキ寺院は大小30以上の寺院からなりさまざまな神がまつられています。
「メル」という最高11層に積み重ねられた塔や彫刻や石像がいくつもありアグン山を背景に壮大な雰囲気を味わえます。
ブサキ寺院訪問の際はガイドさんと一緒がおススメ!!詳しい説明が聞けるのはもちろん安心してパワースポットを楽しめますよ!

■ 基本情報

  • ・名称:ブサキ寺院(Pura Besakih) 
  • ・住所:Jalan Raya Besakih Karangasem, Bali, Indonesia 
  • ・アクセス:クタ地区より車で約2時間、デンパサール国際空港より車で約3時間
  • ・営業時間:8:00~18:00 
  • ・料金:10,000ルピア 

クルンクン遺跡

クルンクン遺跡はバリ島東部でデンパサール国際空港からアグン山に向かう道中にあります。かつてバリ王国の中心として栄えたクルンクン王国の街並みで王宮跡や王国の裁判所などがありバリの古都の趣を感じることができます。
町の中心のクルタ・ゴザ宮殿は蓮の池に囲まれており「浮かぶ宮殿」と呼ばれています。宮殿の中には博物館があり民族衣装や出土品が展示されています。
バリ島に伝わる獅子の聖獣「バロン」がガムランの音色にのってあらわれ悪と戦うバリ舞踊「バロンダンス」の衣装も展示してあります。

■ 基本情報

  • ・名称:クルタ・ゴサ(スマラプラ王宮跡)Kertha Gosa (Puri Semarapura) 
  • ・住所:Jl.Untung Surapati, Kota Semarapura, Klungkung, Bali 
  • ・アクセス:クタからチャンディダサ方面へ向かって車で約1時間半
  • ・営業時間:7:30~17:00
  • ・入場料:大人1万2000ルピア、子供(小学生以上)6000ルピア  

バリの中心地から離れた場所なのでガイドさんなどに現地の情報を確認して十分に準備して出かけると安心ですね。

■ 基本情報

  • ・名称:アグン山(Gunung Agung) 
  • ・住所:Kabupaten Karangasem, Gianyar 
  • ・アクセス:デンパサール国際空港より車で約2時間半

地図はこちら

最終更新 : 2015年02月14日

この記事に関係するエリア

インドネシア  バリ島 

この記事に関係するジャンル

  リゾート 

この記事を見た人にオススメの記事