【旅の基本情報】ニュージーランドの天候・気温

美しい景色、すがすがしい大自然を思いっきり楽しめるニュージーランド旅行。南半球にあるニュージーランドは北半球の日本と季節と逆ですが、どんな気候なのでしょうか?  

ニュージーランドの天気の特徴

夏も冬も厳しくなく、一年中おだやかな気候に恵まれています。ニュージーランドは南半球に位置するので、南に行けばいくほど寒いという、日本とは逆の感覚。日本と同じように四季があり、一番暑いのは1月と2月で、一番寒いのが7月です。

「一日の間に四季がある」と言われるほど、一日の気温差が激しいのも特徴的。地域によっても差があるので、行く都市の気候を前もって調べておくといいでしょう。

秋(3〜5月)

寒暖の差の激しい季節です。暑い日でも、必ず上着一枚ほどの羽織れる温かい服を用意しておいたほうがいいですね。脱ぎ着できる重ね着の服装がベスト。

冬(6〜8月)

ニュージーランドで最も寒い季節ですが、都市で雪が降ることはまれ。温暖な場所でならTシャツ一枚で大丈夫なんて地域もあります。でも朝晩は冷え込みますし、コートやセーターで防寒対策が必要。

春(9〜11月)

花や草木が生き生きと輝く時期。満開の桜も楽しめます。秋と同じで寒暖の差に気をつけたい季節で、カーディガンなどを持っておくと安心ですね。  

 夏(12〜2月)

日没が21時で驚くほど日が長い!一日中遊べる楽しい季節です。日本よりも厳しい日差しなのでサングラスや日焼け止めが必須。

しかし真夏でも朝夕は寒くなることがあります。真夏の服装で十分だと思っていたら急に気温が下がって風邪をひいてしまった、なんてことにならないように、薄手のジャケットなどがあるといいかも。

月ごとの気温

冬と夏の温度差は10℃前後で、一年中がベストシーズンと言えます。観光のピークシーズンは夏ですが、どの季節に訪れてもその味わいを楽しむことができるのが魅力的ですね。


 
四季折々の美しさを見に、ぜひニュージーランドへ行ってみてくださいね!
最終更新 : 2015年02月13日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

ニュージーランド 

この記事に関係するジャンル

ニュージーランドの観光スポット  観光スポット