大阪で食べたい鍋8選。心も体もぽかぽかになるおすすめ店!

大阪で鍋を食べるのにおすすめなお店を18ヵ所ご紹介したいと思います。これからの寒い季節、温かい料理が恋しくなりますよね。今回は味と値段に厳しい地元人をも唸らす「ハイクオリティ」かつ「リーズナブル」な場所を、たくさんある中から厳選してみました。

一度は味わってみてもらいたいところを中心に選びましたので、あなたの舌を満足させることは間違いなし!のはずですよ。それでは見所を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

①【ちゃんこ鍋】ちゃんこ雷光<昭和町駅>


ちゃんこ鍋といえば、お相撲さんの食べ物のイメージ。お店の主人は、元力士であった場合が多いです。

ちゃんこ雷光(チャンコライコウ)


こちらのお店、『ちゃんこ雷光』の店主も元力士。ちゃんこ鍋をはじめ、季節の料理や会席料理で、わたしたちをもてなしてくれます。創業44年。しっかりとした、ちゃんこ鍋の老舗です。とにかく、このボリュームにヘルシーなのが特徴です!

鍋は味噌と醤油の2種類の味から選ぶことができます。鍋ですが、4人くらいなら2人前で十分な量があるそうです。メニューはちゃんこ鍋以外にもたくさんあるんですよ♪サイドメニューも充実しているので、日本酒などを飲みながら鍋と一緒につまむのもオススメ。値段もかなりリーズナブルなので色々楽しめます!
  • ■ 基本情報
  • ・名称: ちゃんこ雷光
  • ・住所: 大阪府大阪市阿倍野区阪南町2-4-22
  • ・アクセス:地下鉄御堂筋線昭和町駅4番出口より徒歩1分
  • ・営業時間: 17:00~24:00(L.O.23:30)
  • ・定休日: 月曜日(月曜が祝日の場合は営業で翌火曜日が休み)
  • ・電話番号:06-6623-0917 予約可 
  • ・料金: ¥3,000~

地図はこちら


②【ふぐ鍋(てっちり)】多古安<朝潮橋駅>

原彩さん(@ayarasynergy)が投稿した写真 -


関西では「てっちり」と呼んでいるふぐ鍋。昆布などで取ったダシ汁にフグの切り身や骨を野菜などと一緒に土鍋に入れて煮込みます。ふぐはその内臓などに毒を持つため、日本では、初期処理には専門の資格者が当たることが義務付けられていますが、ふぐ料理の老舗だとより安全で安心というわけです。

多古安(タコヤス)


ミシュラン2つ星の実力派。でも『多古安』さん自身は、星の数に関係なく普段通りのお料理でおもてなしするだけだと言い切ります。かっこいい!

ふぐコースでは、付出し、てっさ、煮凝り、てっちり、雑炊、デザートが出てきます。別に白子焼き、唐揚げなどがチョイスできます。 

なんと、こちらは創業87年の老舗なのです。お店ではフグの甘み・旨味の濃厚なスープを味わうことができるんです♪オススメは白子。ずば抜け美味しさで、まるで絹よような食感とコクを楽しむことができます。3~4月には白子の天ぷらや白子の酒などが飲めるそうす♡
  • ■ 基本情報
  • ・名称: 多古安
  • ・住所: 大阪府大阪市港区夕凪1-15-5
  • ・アクセス: 地下鉄中央駅朝潮橋駅 7番出口 徒歩5分
  • ・営業時間: 12:00~22:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 06-6571-1525 
  • ・料金: ¥30,000~

地図はこちら


③【きりたんぽ鍋】心斎橋 今井屋本店<心斎橋駅>


きりたんぽ鍋は、元は秋田県の郷土料理。鶏のガラでとっただし汁をベースにこいくち醤油、酒と砂糖(または味醂)で醤油ベースのスープを作ります。煮えにくい順にゴボウ、マイタケ(金茸、銀茸)、比内地鶏などを並べ中火で煮立て、きりたんぽとネギを入れ、味が染みる直前でセリを投入。セリに火が通ったら完成です!

比内地鶏100羽分の鶏ガラを10時間じっくり煮込んで作った、コラーゲンたっぷりの究極の白濁スープが自慢な『今井屋』さん! ゆったり落ち着ける、掘りごたつの座敷席、最大14名様までOKです。

オススメは鶏の胸肉を皮で巻いた串!これは絶品ですよ♪ジューシーなお肉をほおばりながら酒を飲めます、おかわり必須。その他にもつくねや皮も美味しいのでどれも食べたくなってしまいますよね(苦笑)。白レバーもクセがないので食べやすいそうです。レバーが苦手な人もこれなら食べられるかも?


■ 基本情報

  • ・名称: 心斎橋 今井屋本店 (シンサイバシイマイヤホンテン)
  • ・住所: 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-17-26
  • ・アクセス: 心斎橋駅から徒歩4分
  • ・営業時間: <ランチ>土・日・祝    11:00 ~ 15:00(LO.14:30)
  •        <ディナー>月~木・日・祝  17:00 ~ 24:00(LO.23:00) 
  •              金・土・祝前   17:00 ~ 26:00(LO.25:00) 
  •       ※年末年始の営業時間・営業日は変更する可能性あり
  • ・定休日: 無休 
  • ・電話番号: 050-5890-1634 (予約専用番号)
          06-4963-9088 (お問い合わせ専用番号)
  • ・料金: ¥1,000~¥7,999
  • ・公式サイトURL: https://www.dd489.com/d/232

地図はこちら


④【あんこう鍋】味とく家<福島駅>


あんこう鍋は、あんこう、野菜、スープ(割り下)を鍋に入れて煮込んだ料理。コラーゲンを多く含むので、女性に今、大人気な料理なのです!

ひっそりと佇む一軒家。こちらが「味とく家」です。時間制限や飲み放題といったシステムはなく、一品一品丹精込めて作っています。 笑顔も素敵な店長が丁寧に作ってくれます。コラーゲンいっぱいの、プリプリあんこう鍋を召し上がれ!

店の1階はカウンター席とテーブル席が少しあって、2階には屋根裏のような空間の部屋が1部屋あります。宴会コースは、味と質はもちろんボリュームも最高で一番高いコースになるとA5ランクのステーキやフォアグラなどの居酒屋とは思えない超豪華料理が楽しめるんです♪日本酒もありますよ☆

■ 基本情報

  • ・名称: 味とく家 (みとくや)
  • ・住所: 大阪府大阪市福島区福島5-10-6
  • ・アクセス:JR東西線 新福島駅 出入口1より北へ、1筋目の路地を左折。徒歩1分
  •       阪神電鉄 阪神本線 福島駅 出入口2より徒歩2分
  •       JR大阪環状線 福島駅より徒歩3分 
  • ・営業時間: 18:00~23:00 (食事 L.O.22:00、飲み物 L.O.22:30)
  • ・定休日: 日曜日 ※祝日の月曜はお休み
  • ・電話番号: 050-5868-2926 (予約専用番号)
           06-6451-4567 (お問い合わせ専用番号)
  • ・料金:  ¥5,000〜
  • ・公式サイトURL: http://r.gnavi.co.jp/c198300/

地図はこちら


⑤【牡蠣(カキ)鍋】牡蠣 やまと<阿倍野駅>


牡蠣(かき)に野菜などを加えて作る鍋料理は、牡蠣の出すダシが野菜にしみて絶妙な味を作ってくれます!
『牡蠣 やまと』では、牡蠣鍋はもちろん、フレッシュな牡蠣を使ったいろいろな料理を楽しむことができます。 落ち着いた雰囲気の店内で、豊富なバリエーションの牡蠣料理をぜひご堪能ください。

お店には老若男女問わず色々なお客さんが訪れます。店のメニューは、牡蠣好きな人には我慢できないほど種類豊富!生牡蠣・蒸し牡蠣・牡蠣ワイン蒸・牡蠣お好み仙台風・・・などと一風変わったメニューもあり、飽きません。お酒もワインや日本酒が豊富なので、牡蠣と一緒に飲み比べもいいですね♪

■ 基本情報

  • ・名称: 牡蠣 やまと
  • ・住所: 大阪府大阪市阿倍野区旭町2-1-2 あべのポンテ1F
  • ・アクセス:JR天王寺駅 徒歩5分 地下鉄御堂筋線天王寺駅 徒歩5分
  •       地下鉄谷町線天王寺駅 徒歩5分 
  •       近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅 徒歩5分 
  • ・営業時間: 17:00~24:00 (LO23:30)
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 050-5868-7051 (予約専用番号)
           06-6636-5959 (お問い合わせ専用番号)
  • ・料金: ¥2,000~ 
  • ・公式サイトURL: http://www.yamato-foodconsulting.co.jp

地図はこちら


⑥【かに鍋】北新地 むろ多<北新地駅>

かに鍋にはどんなかにでも合うのですが、薄味でさっぱりしたダシがかに鍋には向いています。ですので、スープは塩味か醤油がベスト。ダシを鍋に入れたら、火が通りにくい野菜から順番に入れていきます。 野菜にある程度火が通ったら、かにを入れて蓋をします。沸騰する直前までそのままにします。 沸騰する直前になったら蓋を取り食べましょう♪

北新地 むろ多 (キタシンチ ムロタ)

上品なお店で、本場のかに鍋を頂けます。 ひとつひとつが芸術作品のような懐石・会席料理です。

店内には白木のカウンター席が・・・高級感溢れる雰囲気ですね。しかし、店のランチはかなりお得だそう。

長い白木のカウンターが高級感を醸し出しています。しかしランチはお値打ち。出し巻きが特においしいそうですよ☆高級な割烹料理をリーズナブルに楽しめるのはいいですよね!残念ながら北新地むろ多は現在閉店してしまっているそうです。ご注意くださいね。

  • ■ 基本情報
  • ・名称: 北新地 むろ多 (キタシンチムロタ)
  • ・住所: 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-8 ピアース8ビル1F
  • ・アクセス: JR東西線北新地駅 11-21番出口 徒歩1分 
  •        地下鉄四つ橋線西梅田駅 C-60番出口 徒歩1分 
  •        JR大阪駅 中央口 徒歩5分 地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩5分 
  •        阪神本線梅田駅 徒歩5分
  •        阪急線梅田駅 徒歩10分 
  • ・営業時間: [月~金]11:30~14:0017:30~22:00
  •       [土日祝]事前予約のみ:お昼 慶仏事20名様~、夜8名様~
  • ・定休日: 土・日・祝
  • ・電話番号: 06-6341-5262 
  • ・料金: ¥1,000~
  • ・公式サイトURL: http://www.murota.co.jp/index.html

地図はこちら


⑦【火鍋】煕<長堀橋駅>


火鍋とは、中国の鍋料理です。鍋を2つに仕切って、白湯(パイタン)スープと唐辛子などの入った赤くて辛い麻辣(マーラー)スープに、お好みの具材を入れていただきます。

煕(ヨロコブ)

一見あやしい外観?いえいえ、この入り口は、モンゴルのゲル(テント)を表しています。
店内はゆったり広いスペース。宴会やパーティーに使えそうですよ!

モンゴルと言えば火鍋ですが、お店は専門店だけあって注文はコースが基本のようです。コースの種類も何種類かあるので自分にあったコースを楽しんでみてはいかがでしょうか。火鍋は、野菜と肉がたっぷりのボリューム満点ですよ♪お肉も2種類でてくるので味の違いを楽しむことができますね。

■ 基本情報

  • ・名称: 煕 (YOROCOBU)
  • ・住所: 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-3-31 八幡筋ギャラクシービル 1F
  • ・アクセス: 心斎橋駅から徒歩7分
  • ・営業時間: 17:30~翌日3:00
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 050-5869-3242 (予約専用番号)     
  •        06-6214-0866 (お問い合わせ専用番号)
  • ・料金: ¥2,000〜
  • ・公式サイトURL: http://www.youtube.com/watch?v=UAWUeQ1FnA0&feature=youtu.be

地図はこちら


⑧【おでん】たこ吉<寺地町駅>

おでん(御田)とは、練り物や揚げ物など様々な具材を出汁で煮込んだ煮込み料理で、冬の定番になっていますよね。

『たこ吉 (たこよし)』店は完全予約制。料理は6,300円のお任せのみ。そして、入店時間までも18時~19時と指定されています。店主自慢のだし汁は、砂糖を一切使わず、甘味は野菜のみで出しています。鶏や魚介類の複雑な旨味も、しっかりと感じられて、これがここのおでんの美味しさの秘訣なのでしょう!

住宅街にある一軒家で、外観は普通の家と同じ。「たこ吉」と書かれた明りと表札以外の目印がないので、まさに隠れ家!メニューは定番のおでん~創作系のおでんまでラインナップ。コースはかなりボリューミーで、食べきれなくても6300円は変わらないそう(笑)。せっかくなら色々食べたいですよね☆

■ 基本情報

  • ・名称: たこ吉 (たこよし)
  • ・住所: 大阪府堺市堺区中之町東2-1-26
  • ・アクセス: 寺地町駅から209m
  • ・営業時間: 18:00~19:00に入店、夜1回転のみ
  • ・定休日: 木曜・祝日
  • ・電話番号: 072-228-2977 
  • ・料金: ¥6,000~¥7,999
  •   *メニューは6300円のお決まりのみ。(付きだし、刺身、おでん各種のセットです。)
      ワインは無いが持ち込み可。

地図はこちら


⑨【ハリハリ鍋】むらさき<肥後橋駅>

大阪名物の「鯨のはりしゃぶ鍋」といえばここ「むらさき」。メディアでの取材も多い昭和27年創業の鯨の専門店。入り口には鯨のオブジェがあり、店内には鯨に関する装飾品などが並んでいます。掘りごたつの個室もあるので接待や特別な日にも使えます。鯨のほかにも季節の一品料理など旬の料理がリーズナブルに楽しめる人気のお店です。

ヘルシーな鯨の肉はコラーゲンなどが含まれていて美容効果もあるので、女性にも嬉しい食材です。珍しい鯨料理はなかなかお目にかかれませんが、ぜひこちらのお店で思う存分堪能してみてはいかがでしょうか。

鯨を思う存分食べてみたいかたは「網船」コースがオススメ。値段はそこそこ張りますが、鯨の5種盛り・刺身4種盛合せ・茶碗蒸し・鯨ベーコン・鯨串揚げ・鯨はりしゃぶ鍋・・・しめに細うどんと香の物
と鯨ずくしで楽しむことができます♪

■ 基本情報

  • ・名称:美肴&美酒 むらさき ・住所:大阪市西区江戸堀1-15-4 
  • ・アクセス:地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」9・10番出口 から徒歩1分/
  • 京阪中ノ島線「渡辺橋駅」から徒歩8分/
  • 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」 から徒歩10分        
  • ・営業時間:月~金 17:00~23:00(L.O.22:00) 土 17:00~22:00(L.O.21:00) ・定休日:日・祝<土曜は4〜9月のみ月2回(第二・最終週の土曜日)の営業>・年末年始・お盆 
  • ・電話番号:06-6441-3871 
  • ・料金:8,000円〜                      
  • ・公式サイトURL:http://www.murasaki-osaka.com/

⑩【きのこ鍋】きのこの里<四ツ橋駅>


店名の通り、きのこ料理が楽しめるお店です。お鍋を注文すると、その場できのこ狩りができるのもおもしろいですね。TVでも取り上げられたきのこたっぷりの「きのことトリュフの魔法鍋」は一食の価値あり。人気の鍋を食べられるコースや全国各地の珍しいきのこを使ったアラカルトメニューも要チェックです。

低カロリーなきのこならたっぷり食べても大丈夫!バラエティ豊かなきのこ料理が揃うので、きのこ好きにはたまりませんね。

店内は明るく、可愛いきのこグッズが飾られカウンター席とテーブル席があります。きのこは定番の品種の他にたもぎ茸・とき色ひら茸・柿の木茸・花びら茸など、あまり聞いたことがないような珍しいきのこもあるのできのこ好きには嬉しいお店♪

■ 基本情報

  • ・名称:きのこの里 南船場本店
    ・住所:大阪市中央区南船場4-10-20 グランドメゾン西心斎橋1F 
  • ・アクセス:地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩3分/
  • 地下鉄四つ橋線「四ツ橋駅」から徒歩3分 
  • ・営業時間:月~金 17:00~24:00(L.O.23:30) 
  • 土・日・祝 17:00~24:00 (L.O.23:30) 
  • ・定休日:無休 
  • ・電話番号:06-6252-4001 
  • ・料金:3,000円〜                                  ・公式サイトURL:http://www.kinoko-no-sato.jp/

⑪【牛もつ鍋】牛もつ鍋専門 やま本<京橋駅>

おいしいもつ鍋を食べたいなら牛もつ鍋専門のココへ。オーナーは元オリックスの投手ですよ。にんにくががっつりときいたこだわりのスープなので、においが気になる人や翌日に仕事のある人は要注意です。でも、このお鍋は一度食べたらヤミツキになるはず。シメの雑炊は、なんだか懐かしい気持ちにさせるかもしれません。予約必須の人気店ですよ。

京橋駅から少しわかりにくい裏通りにあるので、場所はしっかりチェックしてから訪問するのがベターです。赤と黒のコントラストがはっきりとした店内で、牛もつ鍋を楽しんでください。シメには雑炊のほかにチャンポン麺もあるのでぜひ。

■ 基本情報

  • ・名称:牛もつ鍋専門 やま本
    ・住所:大阪市城東区蒲生1-1-22-102 
  • ・アクセス:JR「京橋駅」北口、南口から徒歩5・6分 
  • ・営業時間:17:00~23:00 
  • ・定休日:不定休 
  • ・電話番号:06-4255-0291 
  • ・料金:4,000円〜                            
  • ・参考サイトURL:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270107/27044862/

⑫【すっぽん鍋】丸元<日本橋駅>

創業51年のすっぽん専門店「丸元」。すっぽん鍋のコースはすっぽんの血、お造り、すっぽんの肝と卵、鍋、雑炊とすっぽんをまるごと味わえるフルコース。注文後にさばいてくれるので新鮮そのものだそう!気になる臭みもほとんどないから、すっぽん初心者でも安心してぜひ挑戦してみてください。

すっぽんといえばコラーゲンたっぷりの女性に嬉しい食材ですよね。翌日にはつや肌になれると評判です。代謝が上がり、カラダもぽかぽかしてくるというすっぽんエキスの効果をぜひ食べて実感してみてください。

■ 基本情報

  • ・名称:丸元
    ・住所:大阪市中央区千日前1-9-9 
  • ・アクセス:地下鉄千日前線「なんば駅」から 徒歩5分 
  • ・営業時間:16:30~23:00 
  • ・定休日:日曜日 
  • ・電話番号:06-6211-2298 
  • ・料金:6,000円〜                          
  • ・参考サイトURL:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27001458/

⑬【白鍋】暁<中崎町駅>


芸能人御用達の知る人ぞ知る、隠れ家のようなお店です。畳の席なので、宴会や貸切、女子会、子ども連れなど使い勝手もよく、ゆったりと寛げます。こだわりの鍋は、鶏の旨味たっぷりのスープと新鮮な素材を使用しており、白鍋、赤鍋、黒鍋が用意されています。鍋のほかに、研究を重ねた手羽先も人気です。

料理はもちろん、接客や空間作りにもこだわっているので、味、居心地ともに満足度大です。スープコラーゲンプリンをお鍋に加えるので、お肌はぷるぷるになりそうですね。白、赤、黒と3つの味があるので、次に来るのが楽しみになりそうです。

■ 基本情報

  • ・名称:鍋・鉄板焼 暁
    ・住所:大阪市北区神山町15-8 
  • ・アクセス:地下鉄御堂筋線「梅田駅」から徒歩7分/阪急「梅田駅」から徒歩5分/
  • 地下鉄谷町線「中崎町駅」4番出口から徒歩3分/地下鉄谷町線「東梅田駅」から徒歩5分 
  • ・営業時間:17:00~翌3:00 
  • ・定休日:無休 
  • ・電話番号:06-6312-8411 
  • ・料金:3,500円〜 
  • ・公式サイトURL:http://akatsuki-tko.com/

⑭【ちりとり鍋】まつりや<心斎橋駅>


創業50年以上というちりとり鍋の元祖、生野の「万才橋」の兄弟店でもある「まつりや」。大阪名物のちりとり鍋はチリトリと呼ばれる四角い鉄板の鍋で食べる料理。ちりとり鍋の元祖の兄弟店だからこそ、受け継いできた秘伝のタレを味わえます。「リーズナブルに美味しいものを」がモットーの人気店です。

鍋の楽しみといえばシメ。こちらでは、タレが絡んだうどんはなんとも美味なのだそう。じっくりと漬け込んだ本格的な自家製キムチも要チェック。ビールやお酒との相性もいわずもがななので、みんなでワイワイ楽しめそうですね。

■ 基本情報

  • ・名称:チリトリナベ まつりや
    ・住所:大阪市中央区心斎橋筋1-3-12 田毎プラザビル1F 
  • ・アクセス:地下鉄「心斎橋駅」6番出口から徒歩1分  
  • ・営業時間:月・水~土 18:00~24:00(L.O.23:00) 日17:00~23:00 (L.O.22:00) 
  • ・定休日:火曜日 
  • ・電話番号:06-6251-3588 
  • ・料金:3,000円〜        
  • ・参考サイトURL:http://r.gnavi.co.jp/karg200/

⑮【すき焼】すき焼・鍋物 なべや<今船駅>


外観から昭和の雰囲気漂う「なべや」は創業60年の老舗店。14時の開店から満席のことも多く、予約席でいっぱいの一人鍋専門店。人気の秘密はいたって明確。「安くてうまい!」から。「牡蠣味噌鍋」や「牛肉鉄鍋」は絶品だそう。なかなか予約が取れない人気店だけあって、人気メニューにもありつけないことも多いそうです。

一人鍋のお店なので、一人でしっぽりもいいですが、2人前にもしてくれるそうなので、同僚と鍋をつつくのもありですね。どのお鍋もボリューム満点でリーズナブルなのが嬉しいです。まずはともあれ予約を♪大阪ならではの雰囲気と女将さんの接客にも定評があります。

■ 基本情報

  • ・名称:すき焼・鍋物 なべや
    ・住所:大阪市西成区天下茶屋北2-6-5 
  • ・アクセス:阪堺線「今船駅」 徒歩3分 
  • ・営業時間:14:00~21:00(L.O.20:30) 
  • ・定休日:水曜日 
  • ・電話番号:06-6632-5716     
  • ・料金:2,000円〜          
  • ・参考サイトURL:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27019909/

⑯【豚しゃぶ】豚しゃぶとせいろ蒸し専門店 HARU   心斎橋邸

大阪の中心地、心斎橋、なんばからすぐの好立地にある、「豚しゃぶとせいろ蒸し専門店 HARU」。人気メニューはもちろん、豚しゃぶ!契約農場から届く新鮮な「薩摩桜ポーク」をしゃぶしゃぶすれば、とろけるような旨みがジューシーでもうヤミツキになること間違いなしです。和モダンな個室をはじめ、くつろげる空間があるので使い勝手も◎です。

豚しゃぶには、「薩摩桜ポーク」のほかに「大山ルビー」、「犬鳴きポーク」などのブランド豚が味わえます。さらに、食べ比べもできるそうなので好みのブランドを見つけるのも楽しめますね。ヘルシーなせいろ蒸しもオススメです。

■ 基本情報

  • ・名称:豚しゃぶとせいろ蒸し専門店 HARU(ハル) 心斎橋邸
  • ・住所:大阪市中央区西心斎橋2-3-22-74
  • ・アクセス:各線「なんば駅」25番出口から徒歩3分/各線「心斎橋駅」7番出口から徒歩5分
  • ・営業時間:11:30~14:00、18:00~23:30
  • ・定休日:無休
  • ・電話番号:050-5834-0515
  • ・料金:4,000円〜
  • ・参考サイトURL:http://www.hotpepper.jp/strJ000961454/

⑰【トマト鍋】MANGUEIRA TEPPAN+PLUS<肥後橋駅>

1人前から注文できる定番のトマト鍋に加え、鉄板焼きメニューや小皿料理、ワインも豊富に揃っています。鉄板焼メニューには、そばめしや明石蛸の炒めもの、和牛ステーキなどがスタンバイ!ドリンクもバラエティに富んでいるので食事に合わせて楽しめるところもオススメです。貸切やパーティーもできるのでみんなで美味しいトマト鍋を囲むなら候補の1つにしてみてはいかがでしょうか?

たっぷりのトマトを煮出した自家製の鶏ガラベースに厳選したスパイスを使用した独自のスープはこれぞ、元祖、トマト鍋!追加トッピングのバジルやつくね、モッツアレラチーズなどもそそられますね。シメはリゾットやヌードルなどもあり。美容効果の高いトマトをお鍋で楽しみましょう♪

■ 基本情報

  • ・名称: MANGUEIRA TEPPAN+PLUS(マンゲイラテッパンプラス) 
  • ・住所:大阪市西区京町堀1-14-30 Deltaビル1F 
  • ・アクセス:地下鉄「肥後橋駅」7番出口から徒歩7分/
  • 地下鉄「本町駅」28番出口から徒歩12分 
  • ・営業時間:17:00~翌2:00(L.O.1:00) 
  • ・定休日:月曜日・第4火曜日 
  • ・電話番号:06-6444-6093 
  • ・料金:2,500円〜                   
  • ・参考サイトURL:http://r.gnavi.co.jp/kac7900/

⑱【ちゃんこ鍋】海老蔵<長瀬駅>


「海老蔵」名物の海鮮ちゃんこ鍋は、海鮮素材や和牛などの豪華な食材が一同に会したボリューム満点のお鍋です。そしてこの鍋の一番の特徴は、一味唐辛子をドサッと入れて食べること。はじめは辛いのに、いつの間にか旨みがでてきてヤミツキになるそうです。話好きの大将が30年かかり作り上げた秘伝の技が込められたちゃんこ鍋をぜひ一度ご賞味ください。

豪華食材が所狭し!という状態を想像するだけでたまりませんね。どかっと入れられる一味唐辛子には度肝を抜かれそうですが、なかなかお目にかかれない食材たちの旨みと辛みがうまくコラボしたお鍋は、心も体もぽかぽかにしてくれそうです。

■ 基本情報

  • ・名称:海老蔵
    ・住所:東大阪市寿町3-19-2  山田マンション1F  
  • ・アクセス:JR「長瀬駅」・「北巽駅」2番口から各徒歩10分 
  • ・営業時間:16:00~22:00 
  • ・定休日:火曜日 
  • ・電話番号:06-6720-6429 
  • ・料金:6,000円〜     
  • ・参考サイトURL:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27008440/

大阪で鍋を食べるのにおすすめなお店をご紹介しました。それぞれの場所に特徴があり、秋田県の郷土料理である「きりたんぽ鍋」が味わえたり、元力士が作る「ちゃんこ」なんかもあります。さすが日本を代表する都市の1つ、全国の味が集まってきているんですね。

寒い季節はやっぱり温かいものが欲しくなりますよね。心もお腹もホッと満たされる今回の18つのスポットへぜひ足を運んでみてください。あなたのお気に入りを見つける手助けになれば幸いです。
最終更新 : 2016年07月05日

この記事に関係するエリア

大阪 

この記事に関係するジャンル

大阪の鍋  大阪のグルメ  グルメ    海鮮・寿司  あんこう鍋  鍋料理 

この記事を見た人にオススメの記事


この記事に関連する口コミ


大阪は食い倒れの町と呼ばれ食べ物が安くて美味しいので有名です。特に河豚が気軽に食べられるのは良いですね。大阪鍋の代表といっても良いくらいです。大阪では河豚鍋のことをてっちりと言います。河豚は強い毒を持った魚で、資格を持った料理人がきちんと処理をしないと大変です。あたって死ぬこともあるので鉄砲みたいだということで、鉄砲のちり鍋、つまりてっちりです。ちなみに河豚の刺身は鉄砲の刺身ですからてっさと呼ばれます。

友人が東京から遊びに来たので、ぜひ大阪の河豚鍋を食べて欲しいと思って出かけました。大阪には北新地や黒門市場などに河豚を食べさせるお店は数多くありますが、難波の治兵衛は老舗でありながらリーズナブルな値段が気に入っています。難波は食い倒れを象徴する地域で一帯はまるで食のテーマパークと呼んでも良いような場所です。てっちりだけで大阪鍋を味わうのも良いですが、河豚では定評のあるお店ですからコースを頼んでてっさや湯引き、白子にヒレ酒まで河豚を食べ尽すのがオススメです。

(60代 女性 兵庫県)