黒部峡谷トロッコ電車で絶景の旅を楽しもう!その魅力をご紹介。


黒部峡谷の奥深くまで走るトロッコ電車は、屋根はついていますが窓はないので、黒部峡谷の自然を思う存分に満喫することができる野趣あふれる鉄道です。真夏でも涼しい黒部峡谷トロッコ電車に一度乗車してみませんか?

「黒部峡谷トロッコ電車」とは?

黒部峡谷の電源開発を行うための資材輸送を目的として、最終的に欅平まで開通した黒部軌道は、電力会社の専用鉄道でしたが、黒部峡谷の自然の美しさを求める人々の希望に答えるために、生命の保証をしない前提で便乗を認めるようになりました。

旅の気分や人数で、客車が選べます!

黒部峡谷トロッコ電車は、昭和28年11月より地方鉄道の営業免許を取得して、昭和46年5月より黒部峡谷鉄道として発足、トロッコ電車の愛称で親しまれ走り続けています。 この電車の嬉しいポイントと言えば、旅の気分や人数で、客車が選べるという点です。

開放感が楽しめるのが窓がないタイプの普通客車、そして特別客車には窓がついています、さらにはゆったりと景色を楽しみたいという人にはリラックス客車がおすすめです。

沿線の旅へ、出発進行!

ここではトロッコ電車の旅をご紹介させていただきますね美久利

トロッコ電車の旅のスタート地点【宇奈月エリア】

まずは、トロッコ電車の旅のスタート地点の宇奈月エリアからご紹介させていただきます。

新山彦橋
宇奈月駅を出発してすぐに渡るのが新山彦橋です。列車の音が山彦となって温泉街に響くことから名付けられました。

猿専用吊り橋
猿専用吊り橋は、黒部峡谷のダムが貯水されて対岸に渡れなくなっても、いつでも猿が対岸に渡れるようにと設置された猿専用の吊り橋です。

仏石

宇奈月駅と黒薙駅の間、仏石谷と黒部川の出合い近くの岩場にあり、天然の岩石が石仏に似た形をしていることから、黒薙温泉への湯治客や入山者が安全を祈願していたといわれています。

新柳河原発電所


宇奈月ダムの建設で水没した柳河原発電所のかわりに建設された、中世ヨーロッパの古城をイメージしたお洒落な外観の発電所です。

見どころは、迫力ある景観【黒薙(くろなぎ)エリア】

次の見どころは迫力ある景観が自慢の黒薙(くろなぎ)エリアです。
後曳橋
黒薙駅からすぐのところにあって、トロッコ電車沿線でもかなり急な谷に架かる高さ60mの橋です。昔は、徒歩でのこの谷を渡らなくてはならず、あまりの谷の深さに後ろに引き返したことから「後曳」と呼ばれるようになったと言われています。

水路橋
後曳橋の上流側には、急峻な谷を渡るクラシカルな水路橋を眺めることが出来ます。

黒部川第二発電所
黒部川第二発電所は、黒部峡谷の自然景観との調和を図り設計された歴史的建造物とされています。発電所に入る鉄橋は、日本ではとても珍しい「フィーレンディール橋」です。

目が離せない自然の美しさ【鐘釣エリア】

そして目が離せない自然の美しさを堪能できるのが鐘釣エリアです。
黒部万年雪
対岸にある百貫山に降った雪が雪崩となり、溶けることなく翌年の新雪が降るまで残っていることから、黒部万年雪と呼ばれるようになりました。

奥鐘橋
欅平駅から祖母谷温泉へと向かう道にある奥鐘橋は、黒部川本流に架かる34mの高さがある橋です。トロッコ電車で欅平まで出向いたら、この橋からの黒部峡谷の絶景を眺めなければなりません。

東鐘釣山
東鐘釣山とは、鐘釣駅手前の釣鐘型の山のことです。ちょうどこの付近に行くと車内アナウンスが流れrので、車窓の右側から見ることができますよ。

ただし東釣鐘山が見えてから直ぐにトンネルに入りますので、あまり見る時間がないので、しっかり準備しておいてくださいね。

カモシカに会えるかも?!【欅平(けやきだいらエリア)】

なんと、あの天然記念物も生息してる!カモシカに会えるかもしれないのが欅平(けやきだいらエリア)です。
猿飛峡
黒部川本流で最も川幅が狭いところで「猿が飛び越えた峡谷」という言い伝えがあることから「猿飛峡」と名付けられました。「景雲峡」とも呼ばれていて、奥鐘山とともに特別名勝に指定されています。

奥鐘橋
奥鐘橋は、欅平駅前の景勝地である奥鐘山にかかっているとても鮮やかな赤色の橋です。この橋からはとってもキレイな山と川、そして自然の景色を眺めることができますよ。この橋を渡って名剣温泉や祖母谷温泉へ行くことができます。

とにかく自然に囲まれた絶景を見れる場所なので、ぜひとチェックしていただきたい場所です。開放感がありますよ。

河原展望台・足湯
河原展望台からは奥鐘山や名剣山、奥鐘橋を見渡すことができますよ。ここには名湯祖母谷からお湯を引いている足湯があるので、歩き疲れた足をゆっくりと休めることもできますよ。キレイな景色を眺めながらの足湯は格別です。

少しの時間足をつけているだけでも、体の内側からポカポカしてくるのを感じられるので、冬にもおすすめですよ。

沿線の湯めぐりスポット

ここでは「黒部峡谷トロッコ電車」沿線の温泉スポットをご紹介させていただきます。ぜひ合わせてお立ち寄りください。

宇奈月温泉

宇奈月温泉(うなづきおんせん)は、富山県黒部市にある、自然をたっぷりと感じられる温泉となっています。

この温泉の魅力は黒部川の渓谷沿いなどに旅館です。それぞれの宿からはキレイな川の景色を眺めることができるので、ゆったりとした癒しのを過ごせると表場です。またここはトロッコ観光の拠点にもなっています。

黒薙(くろなぎ)温泉

黒薙温泉(くろなぎおんせん)もまた、富山県黒部市宇奈月温泉付近にある温泉地です。実はこの温泉、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車の運行期間のみの営業となっている、とてもめずらしい温泉なんですよ。

川に面したお部屋からは大きな川音をきくことができるので、自然の中にいる気分を堪能することができます。

鐘釣温泉旅館

鐘釣温泉旅館は、峡谷の露天風呂のある山のお宿として人気があります。黒部峡谷鉄道鐘釣駅下車すぐの場所にありますよ。

こちらの自慢はというと露天風呂です。なんと、文政年間に開湯というとても古い歴史がある温泉です。有名な露天風呂は、宿から谷の方へと石段を5分程降りた場所にあります。岩の間にある洞窟風呂は格別です。

けやき平温泉猿飛山荘

欅平駅からすぐ近くにある温泉を楽しめる宿が、けやき平温泉猿飛山荘です。こちらは食事休憩もできるので気軽に立ち寄ると良いですよ。 またこの近くに河原の展望台の足湯もあるので、そちらも合わせて訪れてくださいね。

こちらではかけ流しの質の高いお湯を楽しむことができるので、温泉好きにとっても人気があるスポットとなっています。

トロッコ電車のチケット購入方法&予約方法

トロッコ列車は全車指定席となっているので、基本予約が必要になります。ただし、リッチ号(5号車)だけの当日乗車券があります。

チケットの購入先は全国にある旅行会を始め、JR西日本の電話予約サービス(0088-24-5489)などから購入することがえきますよ。にてご購入いただけます。当日券もありますが、休日などは完売になる列車が多数出てくるので、事前予約をおすすめします。

時刻表

トロッコ列車に乗るために必要なのが、時刻表ですね。トロッコ列車は季節によって時間が変わってくるので、注意が必要です。訪れる際や予約をする際にはぜひ下記のサイトの時刻表を参考になさってください。

トロッコ列車時刻表→ http://www.kurotetu.co.jp/timeTable/timeTable4/

「黒部峡谷トロッコ電車」の基本情報

■ 基本情報

  • ・名称: 黒部峡谷トロッコ電車
  • ・運行期間(2016):04/20~11/30 ※4/30までは宇奈月~笹平間のみ。5/1~全線運行
  • ・電話番号: 0765-62-1011
  • ・料金: 区間によって異なります。運賃を確認してください
  • ・公式サイトURL: http://www.kurotetu.co.jp/

アクセス&地図

「黒部峡谷トロッコ電車」へのアクセスはとても簡単です。宇奈月温泉駅より徒歩5分(宇奈月駅)で訪れることができますよ。

地図はこちら


素材提供:トリップアドバイザー
最終更新 : 2016年08月23日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

宇奈月・黒部峡谷 

この記事に関係するジャンル

鉄道