パールロードのドライブコース!志摩半島のリアス式海岸と山並みの絶景が連続!


パールロードのドライブコースをご存じでしょうか?伊勢志摩にドライブに出かけるなら、半島のリアス式海岸沿いに山並みを縫うように走り、雄大な自然の広がる海と山の景観を満喫出来るこちらに出かけて見ませんか? どうせおでかけするなら、車で走っていて気持ちがいいところがいいですよね。

ご当地グルメ・創作バーガーや冬にはカキ小屋があったり、グルメも楽しめますし、名所もたくさんありますよ。お天気がいい日にぜひ出かけてみてください!

1.志摩半島の海沿いを走るパールロードとは?

パールロードは、鳥羽市浦村町から志摩市阿児町までを結ぶ全長23.8kmのドライブウェイです。2006年までは有料道路でしたが、現在は全線が無料となっていて、

鳥羽から志摩へ美しい志摩半島のリアス式海岸とそれに連なる山並みや、遙かに広がる雄大な太平洋の景色を楽しみながらのドライブができます。

​正式な名称は「三重県道128号鳥羽阿児線」です。沿線の開発と自然保護を目的して整備されています。日本の道50選にも選ばれた道路であり、走っているだけでも気持ちが良いです。志摩スペイン村に続く道路でもありますね。途中には鳥羽展望台があり、美しい自然を体験できます。360度のパノラマを眺めに、年間多くの人が訪れます。ちなみに平成22年度の24時間交通量は4872台。平成17年度は2526台であったことを想えば、交通量も増加していると言えますね。

2.パールロードの見どころ

鳥羽展望台

志摩半島の東端に位置して、雄大な太平洋が一望出来て、空と海とがつながる大自然の大きさを感じることが出来る場所です。

太平洋の雄大な姿だけでなく、志摩半島のリアス式海岸と山並みの雄大さも感じられます。

鳥羽展望台は、初日の出のスポットとしても人気があります。

​​展望台は海抜163mの位置にあります。鳥羽展望台レストハウスは円形をした建物で、東畑設計事務所が設計しました。展望台の駐車場にはヘリポートマークもあります。鳥羽ライオンズクラブ50周年記念事業で造られたもので、緊急時にはドクターヘリ発着場にもなります。芝生広場や東屋では、ペットを遊ばせている人の姿もよく見られます。軽食コーナーもあり、ここの屋外テーブルでペット一緒に食事もできますね。人工的な立体植物であるトピアリーも展望台の各所にあります。

鳥羽展望台はこちら

とばーがー 伊勢えびコロッケバーガー/鳥羽展望台

Raecineさん(@raeanecia)が投稿した写真 -


「とばーがー」は、地元食材を活用した鳥羽市認定のご当地グルメ・創作バーガーです。鳥羽展望台の「とばーがー」は、現在認定されている25種類のうちのひとつで、地元の鳥羽海域で獲れた伊勢えびを食材として用いたコロッケバーガーです。

​展望台にはレストランと売店がありますが、「とばーがー」が売られているのは売店の方です。色々美味しそうなメニューがありますが、この「とばーがー」も人気メニューです。「伊勢海老コロッケバーガー」の名前を探しましょう。1個で600円とまあまあのお値段です。バーガーとしては高めと感じるかもしれませんが、伊勢えびという事を忘れてはいけません。オーダーがあってから作ってくれます。レタスもしっかり入れられています。テイクアウトしてゆっくり食べましょう。

麻生の浦大橋

パールロードの起点に近く、麻生の浦湾に架かる白いアーチ型の橋です。この橋は、千葉県で造られたアーチ部分は、この形のまま船で運ばれて架けられました。

麻生の浦大橋の景観も美しいものですが、橋からの景色もまた素晴らしいものです。

​今浦と本浦を結んでいる白い橋は、遠目からも良く映えます。青い空に山の緑、橋の白は何とも美しいコントラストですよ。ちなみにこの橋は延長196mになります。ドライブやツーリングがてらに、この橋を見に行く人達も多いですね。パールロードに入っていくにもこの大橋を渡っていきます。この橋がある光景は鳥羽十景色の1つに数えられています。特に朝はオススメですね。朝日が水面に煌めいて、白い橋がさらに爽やかに見えます。

■ 麻生の浦大橋はこちら

的矢湾大橋


的矢湾大橋は、美しい空と海、山に囲まれた的矢湾のシンボルとなっている真っ赤なアーチ橋です。真珠や海苔の養殖に影響を及ぼさないために、海中に橋脚を立てないアーチ橋となっています。

的矢湾大橋の展望台では、橋と自然との素晴らしい景色を眺めるだけではく、山口誓子の句碑「葉月潮 伊雑の宮を さしてゆく」があります。

​​パールロードの途中で渡ることになる橋でもありますね。橋を渡ると、海がかなり下に見えます。ちょっと怖い感じもしますが、それがスリルなんです。自然の中にある真っ赤な橋は、通りがかった人にも強い印象を与えますね。この橋は全長240m。近くには伊勢志摩ロイヤルホテルや志摩スペイン村などもあります。橋から見る夕陽はとっても綺麗ですよ。もし駐車したければ、鳥羽側を超えたところに駐車場がありますので、そちらに停めましょう。

■ 的矢湾大橋はこちら

大王崎灯台

志摩半島の東南端にある大王崎は、「伊勢の神前、国崎の鎧、波切大王がなけりゃよい」と船乗り達に怖れられ、遠州灘と熊野灘を二分する海の難所として知られた場所です。

大王崎灯台は参観灯台となっていて、階段を昇って頂上まで上がることができます。

​この灯台は伊勢志摩国立公園の南東にあります。大王埼と言えば海岸段丘が見られる景観の美しいところとして有名ですよね。この灯台が建てられたのは昭和2年。当時は最先端の技術が使われた灯台でした。現在も灯台には昇れて、景色を眺めることもできます。ただし、あまり風の強い日は昇る事は禁止されていますのでご注意ください。遠くの船はマストの先端から出現して見えたそうです。その為地球が丸いことが、この灯台からなら実感できるそうです。

大王崎灯台はこちら

菅崎園地

菅崎園地菅崎園地では、春雨展望台から地球の丸みを感じる広大な太平洋の水平線や、志摩半島のリアス式海岸の向こうにゆっくりと沈んでゆく夕陽を眺めることが出来ます。
展望台にある【 常永久(とことわ)の鐘 】は、「自然に誓うとこしえに変わらない心」を伝える鐘とされ、この鐘を鳴らしたカップルは「常永久に愛が続く」と言われています。

​またこの地の​一角に明治44年にこの地で沈没してしまった駆逐艦「春雨」の殉難慰霊碑も立っています。的矢湾が一望できる場所なので、多くの人が観望に訪れていますね。見学は自由で駐車場も特に料金はかからないので気軽に来られます。辿りつくまではちょっと狭い山道になっています。急坂や急カーブがあるので、車の運転に自信が無い場合は無理して行くのはよしましょう。時間帯や時期、天候によっては海の荒々しさを実感できるでしょう。

菅崎園地はこちら

3.パールロードはやっぱり最高!

  • 鳥羽と志摩をつなぐ無料のパールロード。以前は有料道路ということで爽快なドライブを楽しむことができました。冬になるとカキ小屋がたくさんあってドライブだけでなくお腹もいっぱいになりました。途中には随所に展望台があって小休憩に便利です。
  • パールロード(無料です)、カーブを曲がるたびに目の前に広がる太平洋は飽きることを知りません。脇見運転にはくれぐれも注意してください。展望台からは、知多半島から大王崎まで見えます。山口誓子の石碑や地元出身の兄弟歌手、鳥羽一郎と山川豊の歌碑も立っていましたよ。
  • 宿泊したホテルに置いてあったパンフレットに「石鏡より望む富士山」の写真が載っていて、何度も通っているが、富士山が見えるなんて信じられない!!是非みてみたい!!と夜明けのパールロードをドライブ。すると本当に見えた!!はるか彼方に、でも綺麗に全容が浮かび上がっている。夏には箱根や伊豆、三保の松原などでも雲に隠れて見えなかったのに、こんなところから見えようとはびっくり。もちろん、天気や季節などの条件が揃わないと叶わないようで、ホテルの方も驚いていました。

  • 4.早速ドライブしちゃおう~!

    ■ 基本情報

    • ・名称: パールロード/三重県道128号鳥羽阿児線
    • ・区間: 鳥羽市浦村町~志摩市阿児町(23.8km)
    • ・アクセス: 伊勢道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由、車で30分、20km
    • ・営業時間: 24時間
    • ・定休日: なし
    • ・電話番号: 0599-25-1157(鳥羽市観光課)
    • ・料金: 無料
    • ・所要時間: 半日~1日
    • ・公式サイトURL: http://www.toba-tenboudai.co.jp


    パールロードをドライブしてみたくなりましたか?カーブを曲がるたびに目の前に広がる太平洋の海を想像しただけでも行きたくなってしまいますね♪途中に橋や灯台などの見どころがあるのも嬉しいですよね。

    鳥羽展望台は、初日の出のスポットとしても人気があるということでしたが、朝日夕日が見える時間帯に合わせて車で走るのもありですね。菅崎園地の展望台の常永久の鐘もありますし、デートで行くと盛り上がること間違いないと思いますよ♪
    最終更新 : 2016年09月09日

    この記事を見た人が見ている記事

    この記事に関係するエリア

    志摩市・賢島・浜島  鳥羽 

    この記事に関係するジャンル

    志摩市・賢島・浜島の車・ドライブ  絶景  車・ドライブ  バイク・ツーリング  デート