横浜中華街で異文化カウントダウンを体験!賑やかなお祭り気分で新年好と叫ぼう。


毎年多くの観光客が訪れる横浜中華街のカウントダウンイベント。昼夜時期問わず多くの観光客が訪れる人気の観光地ですが、カウントダウンも想像以上に凄い!中国の文化に触れるお正月を迎えてみませんか?

横浜中華街のカウントダウンにいけば、にぎやかに新年を迎えることができますし、さらに日本にいながら中国の伝統文化・庶民文化を体験したり、学んだりできますよ!この記事ではその一部をご紹介します☆

1.カウントダウンは横浜中華街に行こう!

神奈川県横浜市にある横浜中華街は、日本三大中華街のひとつ。大晦日は、関帝廟と横浜媽祖廟の二ヶ所で毎年カウントダウンイベントが行われています。中華風の初詣やお祝いの仕方など、普段では体験できない文化に触れることができるのが魅力です!

2.関帝廟のカウントダウン!

カウントダウンと奉納獅子舞

関帝廟のカウントダウイベントは、関帝廟隣にある横濱中華學院の校庭で行われます。0時30秒前からカウントダウンが開始され、、カウントダウン後は奉納獅子舞が披露されます。

下の動画は2014年の迫力ある音楽にあわせた奉納獅子舞のようすです。
獅子舞がとっても綺麗ですね!


カラフルな獅子舞がかわいらしい感じ。これなら子どもも楽しめそうです。

爆竹


中国のお祝い事で欠かせないのが爆竹!迫力る爆竹と獅子舞が中華風で迎える新年を盛り上げてくれます。800人という入場制限があるので、参加したい方は時間に余裕をもって訪れてみて下さいね!

関帝廟で初詣

年が明けたら関帝廟での初詣もおすすめ!金紙と呼ばれる紙にお願い事をして炉で燃やすなど日本とは違ったお参りが体験できます。

基本情報

  • ・名称:関帝廟のカウントダウン
  • ・開催場所:横濱中華學院校庭
  • ・住所:横浜市中区山下町140番地
  • ・開始時間:23:30~
  • ・電話番号:045-226-2636
  • ・公式サイトURL:http://www.yokohama-kanteibyo.com/

3.横浜媽祖廟のカウントダウン

横浜媽祖廟のカウントダウンイベントは、華やかな催しが人気の会場です。提灯で彩られた会場では鮮やかな衣装を着た女性たちが中国舞踊を披露したり、獅子舞が舞ったりとカウントダウン前から大盛り上がり!

2014年の様子はこちら。


午前0時になったら「新年好(シンニィェンハォ)!」で迎えるのが定番!
新年限定のお参りセットが販売されるなど、この日しか体験できない催しがあるのも魅力のひみつ。
媽祖廟には月下老人という縁結びの神様がいるのでカップルにもおすすめのデートスポットですよ!

基本情報


4.横浜中華街の場所

基本情報

  • ・名称:横浜中華街
  • ・住所:神奈川県横浜市中区山下町118−2
  • ・アクセス:元町・中華街駅から右方向へ進むと入口がみえます。
  • ・電話番号:045-662-1252(横浜中華街発展会協同組合)
  • ・公式サイトURL:http://www.chinatown.or.jp/

地図はこちら


赤ずくし!ど派手な中国のお正月


横浜中華街は、普段でも中国らしい極彩色の色彩で、異国情緒を感じますよね。特に赤いものが多いのに目がいくと思います。実は、中国では赤がおめでたい色なのです。

例えば、伝統的な結婚式では、新郎新婦が着るのは赤い衣装。調度品もすべて赤です。お祝儀袋や招待状も赤です。

お正月のようなおめでたい日はなおさら。カウントダウンを訪れてみると、赤い提灯や赤い看板、赤い飾りと、落ち着いた色合いが好きな日本人から見ると目が眩んでしまいそうです。これも異文化体験ですね!

爆竹の意味


中国人はにぎやかなのが好きです。よく大勢で集まってわいわいと話をしますし、にぎやかな音楽も好きです。爆竹もそのひとつ。大きな音が出てお正月の気分を盛り上げてくれるだけでなく、魔除けと、幸福の神様を招き入れる意味もあります。

かなり大きな爆音がするので、今では都市部などで禁止されているところもあります。しかし、「爆竹の音を聞かないとお正月という気がしない」と言う人もいます。

横浜中華街のカウントダウンでは、爆竹や花火を見ることができ、にぎやかにお正月を迎えられるだけでなく、中国の庶民文化にも触れることができますよ。

お参りの方法


関帝廟でも媽祖廟でも、お参りする人は独特の長い線香と金紙を使います。まず、5つの線香を5つの香炉にひとつずつ、拝礼しながら供えていきます。その後本殿に入って、それぞれの神様に拝礼していきます。金紙は専用の金炉で燃やします。

神前では、拝礼台に跪き、合掌し、三礼して願い事をします。日本の寺社仏閣とはまた異なる拝礼の仕方で、厳粛な気持ちになりますね。

線香のにおいと香炉の火の熱気、きらびやかな神々の像という、独特の宗教的な空間。ぜひ体感してみて下さい。

媽祖廟にある赤いリボンは何?


媽祖廟に行くと、たくさんの赤いリボンのようなものが結びつけられているのを見られると思います。この赤いリボンは一体何なのでしょうか?

実は、これは日本でいう絵馬のようなもの。リボンの色は、中国のおめでたい色である赤。表には、家内安全、開運・厄除け、商売繁盛などの御利益のある言葉が書いてあり、裏には自分の願い事を書くことができます。

こんなところからも、中国文化について学ぶことができるんですね!どんな願い事が書かれているか見てみるのも良いのではないでしょうか。

春節にも注目


「春節」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。最近、日本に来る中国人が多く、日本の商店街でも「春節セール」をしているのを見たことがあります。

私達になじみの正月は、実は新暦の正月のことで、春節は旧暦の正月のことです。新暦でいうと、毎年1月末~2月位の時期になります。中国本国では、なんとお正月よりも春節の方が盛大にお祝いされるんです。

横浜中華街では春節にもカウントダウンや獅子舞、舞踊などのイベントが行われているようです。そちらの方も、機会があったら訪れてみてはいかがでしょうか。
横浜中華街のカウントダウンはいかがでしたでしょうか?関帝廟と媽祖廟の二ヶ所でやるので、1年ではとても見切れないですね!何度でも訪れてみたいですし、日本にいながらディープな異文化体験をしてみたいものです。
最終更新 : 2016年09月20日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

横浜・みなとみらい 

この記事に関係するジャンル

横浜・みなとみらいの祭り  横浜・みなとみらいのお散歩・まち歩き  横浜・みなとみらいの人気観光スポット  人気観光スポット  お散歩・まち歩き  祭り  演劇  デート