札幌の観光スポット50選!定番から穴場まで、行きたい場所が絶対見つかる!

札幌の観光スポット、皆さんはいくつご存知でしょうか?時計台にテレビ塔、少し足をのばして定山渓。少し考えただけで、色々と思い浮かぶかもしれませんね。今回は、市内に場所を限定して、定番から穴場までおすすめを一挙にご紹介いたします。

その数、なんと50箇所!家族連れで訪れるもよし、デートで利用するもよし、友達同士でワイワイ盛り上がるもよし。きっと、行きたい場所が見つかるはずです。北海道には何度も足を運んでいる、という方も知らないような情報もあるかもしれませんよ。北の大地への旅のおともに、ぜひ当記事をどうぞ♪

1.豊平峡温泉


源泉掛け流しの温泉です。濃度が非常に高く、緑がかった濁り湯が特徴。長めの良いロケーションにも癒されます♪日帰り温泉としては最高の場所と言えるのではないでしょうか!

こちらのお湯は、札幌市内において唯一貯湯タンクを使っていません。 地中から湧き出てきた源泉を直接、各浴槽に注いでおり、それまで空気には一切触れていないため、酸化が行われずに浴槽に行きます。これだと塩素などを使う必要がなくなります。これこそ、「本物の温泉」と言われ、全国でも数%しかないというものです。露天風呂からの壮大な景色を堪能してください。 

■ 基本情報

  • ・名称: 豊平峡温泉
  • ・住所: 北海道札幌市南区定山渓608-2
  • ・アクセス:[車]札幌市街から約35km
  •       [バス]JR札幌駅のバスターミナルから「定鉄(じょうてつ)バス」の
  •           「豊平峡温泉行」に乗車、80分で終点「豊平峡温泉」で下車。
  • ・営業時間: 平日10:00~24:00、日曜・祝日9:00~24:00
  • ・料金:大人1,000円、子ども500円
  • ・電話番号:011-598-2410
  • ・定休日: なし
  • ・公式サイトURL: http://www.hoheikyo.co.jp/

2.モエレ沼公園

まるで公園全体が巨大なキャンバスのよう!緻密に計算された建物や遊具の配置……。上空から写真を撮りたいくらいです!このスポットを設計したのは、世界的に有名な彫刻家であるイサム・ノグチさん。自然を活かした芸術パッションをビシバシ感じることができる公園です。

もともと、緑地帯や公園で札幌市を包み込む為の「環状グリーンベルト構想」の拠点となる公園とし2005年にオープンしました。ものすごく広い敷地に山、遊具、噴水は幾何学形態が意識されているため、自然とアートがコラボした景観が楽しめます。屋内にあるガラスのピラミッド、ここには雪をうまく生かした冷房システムが入っているそう。

■ 基本情報

  • ・名称: モエレ沼公園
  • ・住所: 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
  • ・アクセス:地下鉄環状通東駅からバスで25分
  •       地下鉄環状通東駅より中央バス東69・79乗車、
  •       「モエレ公園東口」から徒歩10分
  • ・営業時間: 7:00~22:00
  • ・定休日: 無休
  •       ※ガラスのピラッミドは4/29~11/3の毎月第1月曜日
  •        11/4~4/28の毎週月曜日及び年末年始
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-park.or.jp/moere/index.php

3.JRタワー展望室 T38

JR札幌駅から直結の展望台。札幌市の風景を見渡すことができます。 せっかく行くなら、夕方か夜がオススメです! ネオンの光が輝く様子は、華やかでありながらどこか北海道らしいのどかで落ち着いた雰囲気を感じることができます。

タワーには宿泊できるホテルからショッピングモールやレストランといった施設が集まっていて、展望台は地上から160メートルの高さにあります。専用エレベーターで6階から最上階38階まで移動すれば雄大な景色を広がっています。北は石狩湾新港の向こう側に水平線を、西方には手稲山や北海道大学を眺めることができます。展望台はぐるっと回遊が可能で、色々なところにアート作品があります。

■ 基本情報

  • ・名称: JRタワー展望室 T38
  • ・住所: 北海道札幌市中央区北5西2 JRタワー 38F
  • ・アクセス: JR札幌駅直結
  • ・料金:大人720円、中高生500円、小学生・幼児300円
  • ・公式サイトURL: http://www.jr-tower.com/t38/

4.北海道大学植物園

札幌市北区にある北海道大学の敷地内にあり、明治19年、国内で初めての近代的植物園としてオープンしました。

原始林がそのまま保存されており、約4000種類もの植物が生息しています。運が良ければ、可愛いエゾリスが見られるかも!もともとは札幌農学校および北海道大学の教育、そして研究の場となっている施設です。

それに加えて札幌市民にとっては憩いの場であり、社会教育の場でもありました。この場所では、単に花を愛でるのみならず、植物について造形を深めることができます。博物館もあり、北海道の歴史や分野、自然をも学べます。札幌の原地形が残っており、希少な鳥たちもこの場所で過ごしています。

■ 基本情報

  • ・名称: 北海道大学植物園
  • ・住所: 北海道札幌市中央区北3条西8丁目
  • ・アクセス:JR札幌駅から徒歩で10分
  • ・営業時間:[4月29日~9月30日] 9:00-16:30(入園は16:00まで)
  •       [10月1日~11月3日] 9:00-16:00(入園は15:30まで)
  •       [11月4日~4月28日] 月-金曜日 10:00-15:30(入園は15:00まで)
  •                 土曜日 10:00-12:30(入園は12:00まで)

  • ・定休日: [4月29日~11月3日] 月曜日(祝日の場合は翌日)
  •       [11月4日~4月28日] 日祝日・年末年始
  • ・料金:[4月29日~11月3日] 大人(高校生以上) 400円(420円)
  •                 小人(小・中学生)280円(300円)
  •       [11月4日~4月28日] 小学生以上110円(120円)
  •     ※カッコ内料金は、2015年4月1日~の料金
  • ・公式サイトURL: http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/

5.中島公園

日本の都市公園100選に認定されている、四季折々の美しい景色を眺めることができる公園です。
札幌の中心地にありながら、豊かな自然を感じることができる上、重要文化財『豊平館』『八窓庵』などの観光もできますよ。

場所は、繁華街として有名な「すすきの」の隣で、街の中心部に位置している。音楽専用のホールである「Kitara」、「天文台」といったスポットもある。いつもは愛犬を散歩したり、ジョギングをしたりしている人たちが多く利用しています。夏に初めには「北海道神宮例祭」が開催され屋台が賑わう。また、冬場にはクロスカントリーコースが登場する。ここではスキー道具が一式無料でレンタルという大盤振る舞いも。

■ 基本情報

  • ・名称: 中島公園
  • ・住所: 北海道札幌市中央区中島公園
  • ・アクセス:地下鉄南北線中島公園駅から徒歩1分

6.さっぽろホワイトイルミネーション

白い雪景色の中煌めく美しいイルミネーション達♡ イルミネーションの時期に札幌へ行くのであれば、ぜひ見てみましょう。ただし、かなり寒いので防寒対策はしっかりと。もともと、昭和56年に、大通公園西2丁目広場を舞台として、約1千個の電球によって始められたイベントです。それから例年開催され、もう30回以上実施された、札幌の風物詩です。

規模は、年々グレードアップしており、大通公園会場にはシンボルオブジェが登場し、南北に通っている幌駅前通、東西に通っているは南一条通をも装飾が煌めく姿が見られます。もはや日本の代表的な「光の芸術」イベントとなっています。

■ 基本情報

  • ・名称: さっぽろホワイトイルミネーション
  • ・住所: 北海道札幌市中央区大通公園、駅前通り、南1条通りなど
  • ・アクセス: JR札幌駅からすぐ(札幌駅前通り)
  • ・時期:毎年11月ごろ~2月ごろまで
  • ・公式サイトURL: http://white-illumination.jp/

7.北海道神宮

1869年に建てられました。約18万㎡の境内は、桜の名所としても有名です。円山公園や動物園にも近く、周辺を散策するのも楽しいですよ。

この神宮が建てられた理由は、明治天皇が「開拓民たちの心の拠り所になるように」と、北海道へ「開拓三神」を祀る為の詔を出したことだと言われています。人々の幸せと発展を祈り、見守る神宮で、初詣、厄祓い、婚礼、節分などを通じて、多くの人と深いつながりを持っています。境内は自然が豊かで、野生のエゾリスなども出現します。

■ 基本情報

  • ・名称: 北海道神宮
  • ・住所: 北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
  • ・アクセス:地下鉄東西線円山公園駅から徒歩で15分
  • ・公式サイトURL: http://www.hokkaidojingu.or.jp/

このスポットの情報をみる

8.もいわ山展望台

夜景スポットとして名をとどろかせています。地元の人にも人気があるため、夜景を楽しめる時間には結構な人で賑わっています。

レストランもあり、夜景を満喫しつつ美味しい食事に舌鼓を打つのも良いかもしれませんね。

山のてっぺんからは札幌にある街並みや増毛暑寒別岳、日本海石狩湾までの壮大な景色を眺めることができます。中腹に行くには、ロープウェイに乗るか、観光自動車道を使って行きます。山頂までは、世界で初めての駆動方式ミニケーブルカーである「もーりすカー」に乗りましょう。割とお気軽に登山ができるので、非常に人気が高いスポットです。まさしく北海道の三大夜景!

■ 基本情報

  • ・名称: もいわ山展望台
  • ・住所: 北海道札幌市南区北の沢1956
  • ・アクセス:市電に乗ってロープウェイ入口で降り、南19西15からもいわ山麓駅まで
  •       無料シャトルバスがあります(15分間隔で運行)
  • ・公式サイトURL:http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/index.html

9.札幌駅前通地下歩行空間 チ カ ホ

2011年にできた地下歩行空間です。地下鉄札幌駅から大通駅まで繋がっています。
途中にはコーヒーショップなどのお店もありますし、催し物をやっていることも多いため、ちょっとブラブラしたいときには最適です。

札幌といえば1年の半分程度雪に覆われており、そんな都心を、四季を通じ、快適に安全に歩けるようになったのは、この地下空間の役割が大きいです。札幌駅周辺のエリアと大通・すすきの地区が地下でつながり、都心全体のまち巡りが気軽に楽しめます。広場においては、ミュージックイベントやパフォーマンスイベント、アート作品の展示なども実施している。販促イベントも多いですね。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌駅前通地下歩行空間 チ カ ホ
  • ・住所: 北海道札幌市中央区 札幌駅前通地下
  • ・アクセス:地下鉄さっぽろ駅・大通駅から直結
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-chikamichi.jp/

10.サッポロビール博物館

120年以上もの伝統あるサッポロビールの歴史・醸造工程がわかる、有料の試飲コーナーがあるスポットです。黒ラベルと呼ばれた理由など、意外と知らないことも教えてもらえるので、旅から帰ったらちょっと自慢できるかも!?

試飲コーナーで飲むビールは、やはり自分で入れるものと全然違って美味しいです♪日本で唯一といわれるビール博物館として、ビール好きには有名なスポットです。北海道遺産の一つにもなっています。ミュージアムショップやミュージアムバーが設置され、サッポロビールの試飲も可能です。隣には、サッポロビール園もあります。

ここは1890年に製糖工場としてスタートし、その後、札幌麦酒会社(現:サッポロビール株式会社)が1903年、1966年からビールが楽しめるサッポロビール園となっています。

■ 基本情報

  • ・名称: サッポロビール博物館
  • ・住所: 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1 サッポロビール(株)
  • ・アクセス: 札幌駅前(東急百貨店の南側)から中央バス環88で15分
  • ・営業時間:10:30~18:30(入館は18:00まで)
  • ・定休日: 毎週月曜日(休日の場合は翌日)特別休館日年末年始
  • ・電話番号:0120-150-550
  • ・料金: 無料 ※試飲は有料…黒ラベル200円、クラシック200円、開拓使麦酒200円
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporobeer.jp/index.html

11.中央卸売市場 場外市場

地下鉄二十四軒駅から歩いて5分程度で到着します。ゆで上がったばかりの真っ赤なカニをはじめ、北海道ならではの色々な食材を試食することが可能! 活気のある様子に、うきうきしますよ♪

10ブロックに、約60軒ものお店が、ひしめき合っている場外市場。毎日、中央卸売市場より鮮度抜群の魚介類などを仕入れ、格安で提供してくれますよ!新鮮な食材を、いただけるのは、最高の贅沢ですよね!その活気ある雰囲気も楽しい気持ちにさせてくれるので、おすすめです♪

■ 基本情報

  • ・名称: 中央卸売市場 場外市場
  • ・住所: 北海道札幌市中央区北11西21丁目
  • ・アクセス: 札幌駅からバスで15分
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-market.gr.jp

12.狸小路商店街

すすきのと大通公園の間にあるアーケード商店街です。北海道の空気を感じることができるので散策してみてはいかがでしょうか。アーケードがあるため、雨や雪など天気を気にすることなく楽しむことができます♪

札幌狸小路商店は、140年以上もの歴史を持つ北海道で最古の商店街の一つだそうです。また、その規模も最大級で総延長約900mに約200軒もの店舗がありますよ。8月第1土曜日に行われる「狸八徳例大祭」などのイベントなども、色々と行われています。

■ 基本情報

  • ・名称: 狸小路商店街
  • ・住所: 北海道札幌市中央区南2・3条西1~7丁目
  • ・アクセス: 地下鉄大通駅・すすきの駅から徒歩5分

13.札幌ステラプレイス

札幌駅直結のショッピング施設。衣類・雑貨・コスメ・本…。飲食店に映画館。ここに来れば、何でも揃います! 大丸とつながっているので、お土産を買うのにもおすすめ。施設の名前にあるとおり、建物の壁にある時計には「星」がちりばめられています。

北海道ならではの、スープカレーや北海道料理をいただけるお食事処などもありますよ。札幌駅直結なので、旅の帰りの列車を待つ時間などにお食事やお茶、ショッピングなど楽しむことができるので、便利ですよね♪

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌ステラプレイス
  • ・住所: 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5番地
  • ・アクセス: JR札幌駅直結
  • ・営業時間: ショッピング10:00~21:00 ダイニング11:00~23:00
  • ・公式サイトURL: http://www.stellarplace.net/

14.北海道開拓の村

北海道開拓時代にあった建物を移築・復元した野外博物館です。冬は馬そりが村の中を走っています。
食堂もあるので、半日くらいはここでまったりしても良いかも♪

北海道開拓の村は、野幌森林公園内にあり、北海道開基百年を記念して開設されたそうです。村内は、市街地・農村・山村・漁村の4エリアに分けられ、当時の情景を再現してありますよ。また、開拓当時の文化を体験できる伝統遊具づくりや、わら細工講習なども開催されています。

■ 基本情報

  • ・名称: 北海道開拓の村
  • ・住所: 北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50番地-1
  • ・アクセス: JR・地下鉄新札幌駅からJRバス開拓の村行きで15分
  • ・営業時間: [4月1日~30日]午前9時~午後4時30分(入村は4時まで) 
  •        [5月1日~ 9月30日]  午前9時~午後5時(入村は4時30分まで) 
  •          [10月1日~3月31日] 午前9時~午後4時30分(入村は4時まで)
  • ・定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  •       ※7月1日~10月第一月曜までは無休
  • ・料金: 大人830円(12月~3月は680円)、高校生・大学生610円(12月~3月は550円)
  •      ※中学生以下・65歳以上の方、障害者手帳保持者は無料です。
  • ・公式サイトURL: http://www.kaitaku.or.jp

15. ミュンヘン クリスマス市 in Sapporo

毎年クリスマスシーズンになると、大通西2丁目にはたくさんの屋台が出店します。ミュンヘン クリスマス市…とは言うものの、日本人の舌にあった料理が多い印象です。会場にはサンタクロースもいて、記念撮影も◎。

ドイツ・ミュンヘン市との姉妹都市提携30周年を記念して2002年から開催されているという大人気のイベントですよ♪約1カ月間、きれいなイルミネーションの中、可愛いクリスマス雑貨やホットワイン、ドイツ料理などの屋台が並びます。毎年デザインが変わるオリジナルマグカップも、人気ですよ♪

■ 基本情報

  • ・名称: ミュンヘン クリスマス市 in Sapporo
  • ・住所: 北海道札幌市中央区大通西2丁目
  • ・アクセス:地下鉄大通駅から徒歩1分
  • ・時期:毎年11月終わりごろ~クリスマスごろまで
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-christmas.com/

16.滝野すずらん丘陵公園

北海道に初めてできた国営公園です。サイクリングやバードウォッチング、釣りなどを楽しめます。
長い滑り台や迷路風のトンネル、うねうねする大地のような面白い遊び場が複数ある「こどもの谷」もあり、休日は特ににぎわいを見せます。

400haの広大敷地内には、滝野という地名の由来となった「アシリベツの滝」などの大自然があり、中心ゾーン・渓流ゾーン・滝野の森ゾーン(東エリア・西エリア)の4つに分かれています。また、10月にほんの一時しか見られないというアシリベツの滝にかかる虹は、一度は見てみたいものです♪

■ 基本情報

  • ・名称: 滝野すずらん丘陵公園
  • ・住所: 北海道札幌市南区滝野247番地
  • ・アクセス: 地下鉄南北線真駒内駅駅から中央バス滝野線真102で35分
  • ・営業時間: [4月中旬~5月31日] 9:00~17:00 
  •        [6月1日~8月31日] 9:00~18:00
  •                    [9月1日~11月10日] 9:00~17:00
  •        [12月23日~3月31日] 9:00~16:00
  • ・定休日: 11月中旬~12月中旬
  • ・料金: 大人(15才以上)410円、小人(小・中学生)80円、小学生未満無料
  •      ※冬季入園料(12月23日~3月31日)は無料
  • ・公式サイトURL:http://www.takinopark.com

17.札幌市資料館

大通公園の端にあります。元は1926年に札幌控訴院として作られ、その後札幌高等裁判所として利用されていました。内部見学もOK!正面の階段から見えるステンドグラスが美しい建物は、国の有形文化財の指定を受けています。

建物正面上部には、目隠しされたギリシャ神話の“法の女神”と公平を表す秤、正義の剣が刻まれています。また、館内にある札幌出身の漫画家・画家、おおば比呂司の記念室や、札幌のまちの成り立ちを知ることができる展示室などは、無料で見学できますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌市資料館
  • ・住所: 北海道札幌市中央区大通西13
  • ・アクセス:[地下鉄]札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」1番出口より西へ徒歩5分
  •       [バス]JR北海道バス・北海道中央バス「北1条西12丁目(さっぽろ芸術文化の
  •           館)」下車南へ徒歩2分
  •       [市電]「中央区役所前」下車北西へ徒歩6分
  •           「西15丁目」下車北東へ徒歩5分
  • ・営業時間:9:00~19:00
  • ・定休日:毎週月曜日と年末年始(12月29日~翌1月3日)
         ※月曜日が祝日に当たるときは、翌日が休館日となります。
  • ・料金:入館無料
  • ・公式サイトURL: http://www.s-shiryokan.jp/

18.平岡公園

散策にオススメの公園です。森林の中をウォーキングすると、気分がリフレッシュ! 札幌市内にいるとは思えない自然の風景が広がります。梅林が美しいことでも有名。「梅ソフト」というソフトクリームの販売もおこなっているので、食べながら自然を満喫してみては?

施設内には、野球場やテニスコート、ゲートボール場などの運動場や、人口湿地や池、遊具広場やスキー斜面、芝生広場など、老若男女が楽しめる施設のそろった広い公園です。梅や、新緑、紅葉などの自然も楽しめますね♪

■ 基本情報

  • ・名称: 平岡公園
  • ・住所: 北海道札幌市清田区平岡公園
  • ・アクセス:地下鉄東西線新札幌駅よりJRバス循73・74もしくは11・13に乗車、
  •       「平岡公園入口」で下車
  •       ※敷地が広いため、アクセス方法は複数あります。
  •        その他のアクセス方法は、HPにて要確認
  • ・電話番号:011-881-7924
  • ・公式サイトURL:http://www.sapporo-park.or.jp/hiraoka/

19.定山渓

札幌市の南端にあり、河童伝説があることで有名な温泉地です。しっとりとした落ち着きある風情を楽しむことができます。道路沿いには足湯があるほか、日帰り温泉を実施している施設も多いので、立ち寄りやすいですよ。

無色透明でまろやかな塩辛さが特徴のナトリウム塩化物泉のお湯で、体の芯から温まる温泉を楽しめますよ。足湯や日帰り温泉などもあり、気軽にその温泉を堪能できますね。また、北海道内でも屈指の紅葉の名所なので、美し紅葉とともに、その豊かな温泉を心行くまで楽しみましょう♪

■ 基本情報

  • ・名称: 定山渓温泉
  • ・住所: 北海道札幌市南区定山渓温泉
  • ・アクセス:[バス]新千歳空港から直行バスで100分
  •           札幌駅からバスで30分
  •       [車]新千歳空港から…道央自動車道と国道230号線で66.5 km、約1時間32分
  •          札幌駅から…国道230号線で27.1 km、約44分
  • ・公式サイトURL:http://jozankei.jp/(定山渓観光協会公式サイト)

20.百合が原公園

季節を問わず色んな花々が咲き綻んでいる公園です。芝生もあるため、ピクニックやちょっとした休憩なども◎。軽食ができる施設&レストランもあるので、お腹が空いても安心です。

百合が原公園は、札幌市北区の総合公園で、世界の百合広場には、この公園のシンボルである約100種類ものユリが植栽されていて、美しいですよ。ユリの他にもライラックやチューリップなど、多くの種類のきれいな植物が咲き誇る公園です。

■ 基本情報

  • ・名称: 百合が原公園
  • ・住所: 北海道札幌市北区百合が原公園210
  • ・アクセス: 地下鉄南北線麻生駅から中央バス麻27・25で15分
  • ・料金: 無料
  •     ※温室、世界の庭園のみ有料 大人(高校生以上)130円
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-park.or.jp/yuri/

21.北海道さっぽろ食と観光情報館

「北海道さっぽろ『食と観光』情報館」の中にあるスポットです。お土産物を購入することができるお店や軽食コーナーなどもあり、北海道の観光情報・札幌市内でおこなわれるイベント情報を確認することができます。ちなみに、観光案内所の規模としては日本でも最大級だそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 北海道さっぽろ食と観光情報館
  • ・住所: 北海道札幌市北区北6条西4丁目 JR札幌駅西コンコース
  • ・営業時間:情報館全体 8時30分~20時00分(年中無休)
  •       JR総合案内所 8時30分~19時00分(年中無休)
  •       福祉ショップ「いこ~る」 9時00分~20時00分(第2・4水曜日は休日)
  • ・電話番号: 011-213-5088
  • ・公式サイトURL: http://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/johokan/johokan.html

22.札幌コンサートホール キタラ

中島公園の中にある、世界有数の音楽ホール。不定期ではありますが、無料で見学ツアーもやっています。 見学ツアーでは、音楽ホールに隠された歴史的建築の名残・バックヤード探訪などを楽しむことが可能です♪

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌コンサートホールキタラ
  • ・住所: 北海道札幌市中央区中島公園1番15号

  • ・アクセス:[地下鉄]JR札幌駅直結 地下鉄南北線で「中島公園」駅へ約7分 
  •            地下鉄「中島公園」3番出口より徒歩 約7分
  •       [市電]市電「中島公園通」停から 徒歩4分
  • ・公式サイトURL: http://www.kitara-sapporo.or.jp/

23.旭山記念公園

札幌市ができてから100年経ったことを記念してつくられた公園です。札幌市内はもちろん、石狩平野・日本海を眺望することができます。ちなみに、ここでプロポーズをする人は多いそうですよ。プロポーズしようと思うくらい、美しい夜景が楽しめるスポットということですね!

■ 基本情報

  • ・名称: 旭山記念公園
  • ・住所: 北海道札幌市中央区界川4丁目
  • ・アクセス: 地下鉄東西線「円山公園駅」からJR北海道バス旭山公園線(円13)で約15分、
  •       「旭山公園前」下車、徒歩約4分(レストハウスまで)
  • ・営業時間:公園 6時~22時
  •       レストハウス 10時〜17時(冬季閉鎖)
  • ・電話番号:011-200-0311
  • ・公式サイトURL:http://www.sapporo-park.or.jp/asahiyama/

24.古河記念講堂

北海道大学内にある歴史的価値が高いスポットです。1909年に古河財閥の寄付金によって建てられた8棟のうち現存する唯一のもので、有形文化財登録済み。現在は研究室として使われており、建物内部は一般公開されていません。

■ 基本情報

  • ・名称: 古河記念講堂
  • ・住所: 北海道札幌市北区北9西7 北海道大学講内
  • ・アクセス:JR札幌駅北口から構内まで徒歩約7分
  •       地下鉄南北線北12条駅から構内まで徒歩約4分
  • ・公式サイトURL:http://www.hokudai.ac.jp/bureau/populi/edition02/campus-tour.html

25.札幌ウィンタースポーツミュージアム

冬季オリンピック札幌大会・ウインタースポーツの歴史資料などを見ることができます。
その他にも、最新シミュレーターでジャンプやスケート・ボブスレーの疑似体験もできちゃいます。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌ウィンタースポーツミュージアム
  • ・住所: 北海道札幌市中央区宮の森1274番地
  • ・アクセス: 地下鉄東西線円山公園駅からバスで15分
  •        ジェイ・アール北海道バス宮の森競技場行き- 大倉山競技場入口から徒歩で10分
  • ・営業時間:[4月 1日~ 4月30日]9:30~17:00
  •       [5月 1日~10月31日]9:00~18:00
  •       [11月 1日~ 3月31日]9:30~17:00
  • ・定休日:年中無休
  • ・料金: 大人 600円、中学生以下無料
  •     ※1階体験ゾーンは全て無料ですが、状況により利用不可の場合もあります。
  • ・公式サイトURL: http://okura.sapporo-dc.co.jp/museum/

26.札幌競馬場

リニューアルしたばかりの札幌競馬場は、老若男女、多くの人でにぎわう人気スポット! もいわテラスからの眺望は素晴らしいですよ! フードコートも広々としており、馬券を買わずとも楽しめる施設です。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌競馬場
  • ・住所: 北海道札幌市中央区北16条西16-1-1
  • ・アクセス:電車…JR桑園駅下車徒歩約10分
  •       地下鉄…札幌市営地下鉄東西線二十四軒駅下車徒歩約15分
  •       バス…ジェイ・アールバス(52番線)競馬場正門前下車
  •          ※開催期間中の毎土・日曜日、JR桑園駅および地下鉄二十四軒駅と
  •           札幌競馬場間に無料送迎バスを運行しています。
  •           (運行時間9:00~17:00)
  • ・営業時間:[開催日] 9:00~17:00
  •       [平日] 10:00~12:00、13:00~16:00
  •          ※月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
  • ・入場料:100円
  • ・公式サイトURL: http://www.jra.go.jp/facilities/race/sapporo/index.html

27.ノースサファリ サッポロ

手作り感のある雰囲気を全面的に感じられる動物園。他の動物園では味わうことができない温かみが魅力です。動物たちに触り放題で、餌やりもできちゃいますよ! 変わった動物たちと写真撮影もできますので、一度行ってみてはどうでしょうか。

■ 基本情報

  • ・名称: ノースサファリ サッポロ
  • ・住所: 北海道札幌市南区豊滝469-1
  • ・アクセス:[車]方法① 国道230号線(石山通)を定山渓方面へ約30分。
  •              札幌市除雪センター(旧道路情報館) から2つ信号を過ぎると
  •              左側に案内看板あり。
  •          方法② 国道230号線を札幌方面へ約10分。
  •              2車線から4車線道路になって約200m先が入り口。
  •        [バス]地下鉄南北線真駒内駅からじょうてつバス「定山渓温泉行」で25分、
  •            豊滝小学校前⇒無料シャトルバス⇒ノースサファリサッポロ
  • ・公式サイトURL: http://www.north-safari.com/ver2/index.html

28.大通公園


市民の憩いの場である大通公園。札幌市街地の中央を、東西に貫いている大きな芝生公園です。色とりどりの花が咲き誇る花壇に美しい噴水や彫刻が設置されており、のんびりと過ごすことができますよ。春から秋まではトウキビのワゴンが、冬にはさっぽろ雪まつりやイルミネーションと言った見どころがあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 大通公園
  • ・住所: 北海道札幌市中央区大通西1~13丁目
  • ・アクセス: 地下鉄「大通」駅から徒歩で1分
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-park.or.jp/odori/

29.札幌市時計台

正式な名前を「旧札幌農学校演武場」といい、国の指定重要文化財です。北海道大学の前身となる札幌農学校の演舞場として、明治11年に建てられました。時計塔4面に文字盤がある大時計は動き出して約130年。今も時を刻み続けている時計台です。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌市時計台
  • ・住所: 札幌市中央区北1条西2丁目
  • ・アクセス: 地下鉄大通駅から徒歩で5分
  • ・営業時間: 8:45~17:10
  • ・定休日: [11月~5月] 月曜日(祝日の場合は翌日)
  •       [6月~10月] 第4月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • ・電話番号: 011-231-0838
  • ・料金: 中学生以上200円
  • ・公式サイトURL: http://www15.ocn.ne.jp/~tokeidai/

30.さっぽろテレビ塔

高さ147.2mのテレビ塔です。地上90m地点にある展望台からは、360度のパノラマビューを楽しむことができ、東西に広がる大通公園も一望することが可能です。

■ 基本情報

  • ・名称: さっぽろテレビ塔
  • ・住所: 北海道札幌市中央区大通西1丁目
  • ・アクセス: 札幌駅から徒歩で15分
  • ・営業時間: 9:30~22:00(冬期は21:30まで)
  • ・料金: 3歳以上100円、小学生300円、中学生400円、高校生600円、大人 720円
  • ・公式サイトURL: http://www.tv-tower.co.jp

このスポットの情報をみる

31.北海道庁旧本庁舎

明治21年、アメリカのネオ・バロック様式で建築された旧道庁です。北海道の人々には『赤レンガ』と呼ばれて親しまれています。中には樺太や千島関係の資料館などもあり、一般に公開されています。江戸時代から戦後までの歴史がよくわかるため、歴史関係に興味がある方はぜひ。国の指定重要文化財の1つです。

■ 基本情報

  • ・名称: 北海道庁旧本庁舎
  • ・住所: 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
  • ・アクセス:JR・地下鉄札幌駅から徒歩で5分
  • ・営業時間: 8:45~18:00
  • ・定休日: 年末年始
  • ・電話番号: 011-204-5019
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.pref.hokkaido.lg.jp/

32.白い恋人パーク チョコレートファクトリー

北海道銘菓としてお馴染みの『白い恋人』を出している石屋製菓のチョコレートファクトリーです。お城のような外観の建物内は、チョコレートに関係する様々な展示物が飾られています。中庭には『ソフトクリームハウス』や『ローズガーデン』、園内を駆け抜けるミニ鉄道『白い恋人鉄道』なども!

■ 基本情報

  • ・名称: 白い恋人パーク チョコレートファクトリー
  • ・住所: 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
  • ・アクセス: 地下鉄東西線宮の沢下車から徒歩で7分
  • ・営業時間: 9:00~18:00 
  •        ※最終入館受付17:00まで
  • ・電話番号: 011-666-1481
  • ・料金: 入館無料
  •      ※但し、ファクトリーウォークのみ有料  中学生以下200円、高校生以上600円
  • ・公式サイトURL: http://www.shiroikoibitopark.jp/

33.さっぽろ雪まつり

1つ1つの作品が超ど迫力級なことで知られるさっぽろ雪まつり。以前は真駒内会場などの子供向け会場もあったようですが、現在は大通会場が中心となっています。昼と夜で作品の表情が違ってきます。

ライトアップされた雪像は、冷たく儚いながら力強さを感じさせてくれるような圧倒的な荘厳さを醸し出しています。

■ 基本情報

  • ・名称: さっぽろ雪まつり
  • ・会場: 大通会場 札幌市中央区大通西1~12丁目
  •      すすきの会場 札幌市中央区の南4条通りから南6条通りまでの西4丁目線
  •            (駅前通り)市道
  •      つどーむ会場 札幌市東区栄町885番地1
  • ・アクセス: 大通会場 地下鉄南北線大通駅より徒歩1分
  •        すすきの会場 地下鉄南北線・東豊線すすきの駅から徒歩5分
  •         つどーむ会場 地下鉄東豊線栄町駅から徒歩で10分 ※シャトルバスあり
  • ・営業時間: 2月上旬~2月中旬まで(HPにて確認)
  • ・電話番号: 011-211-3341
  • ・公式サイトURL: http://www.snowfes.com/

34.円山動物園

道内でも有数の動物園です。ほ乳類・鳥類・は虫類あわせて約160種類も飼育されています!
また、敷地の中にはループ&コーク、バイキングなどがある「円山子供の国キッズランド」という遊園地もあるので、お子さん連れにはぜひ行ってみて欲しいスポットです♪

■ 基本情報

  • ・名称: 円山動物園
  • ・住所: 北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1
  • ・アクセス: 地下鉄東西線「円山公園」駅から徒歩で15分
  • ・営業時間: [2月1日~10月31日] 9:00~17:00 入園券の発売は閉園の30分前まで
  •        [11月1日~1月31日] 9:00~16:00 入園券の発売は閉園の30分前まで
  • ・定休日: 12月29日~12月31日
  • ・料金: 大人 600円、中学生以下無料
  • ・公式サイトURL: http://www.city.sapporo.jp/zoo

35.羊ヶ丘展望台

「少年よ、大志を抱け」
でお馴染みなクラーク博士の像の後ろ手に広がる広大な風景を堪能できる展望台です。
記念撮影にはオススメ。北海道らしい記念写真が撮れるかも!

■ 基本情報

  • ・名称: 羊ヶ丘展望台
  • ・住所: 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
  • ・アクセス: 地下鉄東豊線福住駅から中央バス福84で12分
  • ・営業時間: 5月〜6月 8:30〜18:00
           7月〜9月 8:30〜19:00 
  •        10月〜4月 9:00〜17:00 
  • ・定休日: なし
  • ・料金: 小中学生 300円 、高校生以上520円
  • ・公式サイトURL:http://www.hitsujigaoka.jp/

36.すすきの

北日本の代表繁華街・すすきの。夜はたくさんの飲食店と人でごった返しています。
中心地である南4条通りには、有名人気居酒屋やホテルなどがありますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: すすきの
  • ・住所: 北海道札幌市中央区南4条界隈
  • ・アクセス:地下鉄大通駅より徒歩5分、地下鉄南北線・東豊線すすきの駅より徒歩1分

37.北海道大学

広大な敷地面積を誇る北海道大学。敷地内には昔からある建物が残されており、歴史的価値も◎。
立ち入り自由なので、一度は行って見てほしいスポットです。標本や研究成果を転じしている博物館もアリ(無料)。中央食堂では学生じゃなくても食事を摂ることが可能です!

■ 基本情報

  • ・名称: 北海道大学
  • ・住所: 北海道札幌市北区北8条西5丁目
  • ・アクセス:JR線をご利用の場合
          札幌駅北口から構内まで ...... (徒歩約7分)
  •       地下鉄南北線をご利用の場合 北12条駅から構内まで ...... (徒歩約4分) 
  •       北18条駅から構内まで ...... (徒歩約7分) 
  •       さっぽろ駅から構内まで ...... (徒歩約10分) 
  •       地下鉄東豊線をご利用の場合 北13条東駅から構内まで ...... (徒歩約15分)
  •       さっぽろ駅から構内まで ...... (徒歩約10分)
  • ・定休日: 日曜日
  • ・公式サイトURL: http://www.hokudai.ac.jp//

38.大倉山ジャンプ競技場

実物を見ると、いかに急勾配なアプローチかがわかります。
写真でも急カーブしているように見えますが、実物はもっとすごいです!

■ 基本情報

  • ・名称: 大倉山ジャンプ競技場
  • ・住所: 北海道札幌市中央区宮の森1274番地
  • ・アクセス: 地下鉄東西線円山公園駅からJRバス円14で15分
  • ・営業時間: [4月中旬~4月30日] 9:00~17:00 
  •        [5月1日~10月31日] 8:30~18:00
  •        [11月1日~3月31日] 9:00~17:00
  • ・定休日: 4月1日~4月中旬
  • ・料金: 小学生 300円 、大人 500円 (リフト往復料金)
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-dc.co.jp

39.札幌ドーム

コンサドーレ札幌と北海道日本ハムファイターズの本拠地として有名です。世界でも初めての「ホヴァリングサッカーステージ」というシステムを採用しており、サッカーと野球の同時開催が可能というびっくりドーム! 有名アーティスト達のコンサートツアー会場としても使われています。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌ドーム
  • ・住所: 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
  • ・アクセス: 地下鉄東豊線福住駅から徒歩で10分
  • ・営業時間: 催しものによる
  • ・電話番号: 011-850-1000
  • ・料金: ドームツアー券 大人1,000円、子供500円
  •      展望台券 大人500円、子供300円
         ドームツアー/展望台共通券 大人1,200円、子供650円
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-dome.co.jp

このスポットの情報をみる

40.札幌芸術の森

広い敷地に、彫刻が展示してあります。美術館やクラフト工房・有島武郎旧邸などの施設があり、年中様々な催し物やコンサートがおこなわれています。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌芸術の森
  • ・住所: 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75
  • ・アクセス: 地下鉄南北線「真駒内駅」の中央バス2番乗り場【空沼線・滝野線】約15分
  •        ※ 札幌芸術の森美術館、工芸館、版画工房以外の各工房、クラフト工房、
  •         有島武郎旧邸をご利用の場合は「芸術の森入口」下車。
  •         野外美術館、版画工房、アートホール、野外ステージをご利用の場合は
  •        「芸術の森センター」下車。
  • ・営業時間: 9:45~17:00 
  •       ※各施設によって違います。HP要確認
  • ・料金: 各施設によって違います。HP要確認。
  • ・公式サイトURL: http://www.artpark.or.jp

41.北海道知事公館(旧三井クラブ)

1936年、三井財閥の迎賓館として建造されました。1953年からは知事公館として利用されており、一般開放されています。知事公館として利用している場合は内部に入ることができないため、中に入りたいなら前もって電話確認しておいた方が無難です。

■ 基本情報

  • ・名称: 北海道知事公館(旧三井クラブ)
  • ・住所:北海道札幌市中央区北1条西 北1条宮の沢通
  • ・営業時間:[庭園]4月29日 ~ 09月30日 午前 8時45分 ~ 午後 5時30分
  •            10月01日 ~ 10月31日 午前 8時45分 ~ 午後 5時00分
  •                    11月01日 ~ 11月30日 午後 8時45分 ~ 午後 4時00分
  •       [館内]午前 9時00分 ~ 午後 5時00分
  •           ※閉館日は土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12/29~1/3)
  • ・公式サイトURL: http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tsh/koukan/gkoukan.htm

42.幌見峠ラベンダー園

7月中旬から8月上旬にかけて、幌見峠の頂上あたりは一面ラベンダー畑と化し、とても美しい風景になります。観光客も地元の人もあまり通らない山道ですが、非常に綺麗なため、ぜひ訪れてほしいオススメスポットです!

■ 基本情報

  • ・名称: 幌見峠ラベンダー園
  • ・住所: 北海道札幌市中央区盤渓471-110
  • ・電話番号: 011-622-5167
  • ・開園時間:9:00~17:00
  • ・入園料:無料 ※駐車料金500円
  • ・公式サイトURL: http://www6.ocn.ne.jp/~horomi/lavender.htm

43.札幌市青少年科学館

札幌市所轄の科学館。天文や地球科学・物理系の展示がされています。わかりやすい展示内容です。
子供から大人まで楽しむことができる施設ですよ。プラネタリウムはデートスポットとしても人気です。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌市青少年科学館
  • ・住所: 北海道札幌市厚別区厚別中央1条5-2-20
  • ・アクセス:*地下鉄東西線 新さっぽろ駅1番出口正面
          *JR千歳線 新札幌駅からサンピアザ経由徒歩5分
  • ・営業時間:[5月〜9月]午前9時00分から午後5時00分まで
          [10月〜4月]:午前9時30分から午後4時30分まで (入館は閉館の30分前まで)
  • ・電話番号: 011-892-5001
  • ・定休日:毎週月曜日、毎月最終火曜日、祝日の翌日、特別展最終日の翌日、
  •      12月27日〜翌年1月4日まで 
  •      ※特別展期間中は無休です。
  • ・料金:展示室700円、プラネタリウム500円  ※中学生以下は無料
  • ・公式サイトURL: http://www.ssc.slp.or.jp/

44.清華亭

明治時代、北海道開拓使がつくったとされています。明治帝行幸の折には休憩所としても利用されました。
しかし、そのあと民間に払い下げられ、一般民家として使用され、今では文化財指定を受けているため札幌市により管理されています。和洋折衷スタイルの、開拓時代がイメージできるスポットです。

■ 基本情報

  • ・名称: 清華亭
  • ・住所: 北海道札幌市北区北7条西7
  • ・アクセス:JR札幌駅北口より徒歩で約5分
  • ・開館時間:9時〜16時
  • ・定休日:年末年始
  • ・料金:無料
  • ・参考サイトURL:http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/history/seikatei/

45.エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館

渡辺淳一さんの作品だけを展示しているスポット。ドラマ・映画化された作品が多いため、写真などの展示も豊富です。もちろん、直筆原稿や書籍などもばっちり展示されています♪

■ 基本情報

  • ・名称: エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館
  • ・住所: 北海道札幌市中央区南12条西6-414
  • ・アクセス:[地下鉄]南北線 中島公園駅下車 3番出口より徒歩7分
  •       [市電] 中島公園通より徒歩3分
  •       ※鴨々川通り沿い、札幌コンサートホール「Kitara」西隣
  • ・電話番号: 011-551-1282
  • ・公式サイトURL: http://www.ac.auone-net.jp/~bungaku/

46.平和の滝

日蓮宗の修行場であるこの滝は、昔は“右股の滝”と呼ばれていました。平和の滝という名称は、北海道開拓時代、開墾がかなり難航したことから、願いを込めて“平和の滝”と名付けられたと言われています。

■ 基本情報


47.札幌市豊平川さけ科学館

さけや豊平川に関する情報を知ることができる科学館です。1981年より、遡上する川に戻ったさけの孵化や放流、豊平川に住む淡水魚の飼育・展示などをしています。

■ 基本情報

  • ・名称: 札幌市豊平川さけ科学館
  • ・住所: 北海道札幌市南区真駒内公園2-1
  • ・アクセス: 地下鉄南北線終点真駒内駅からじょうてつバス[南90]・[南95]・[南96]・
  •        [南97]・[南98]・[環96]系統のいずれかに乗車。
  •        「真駒内競技場前停留所」下車、徒歩4分
  • ・営業時間: 9:15~16:45
  • ・定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3
  • ・電話番号: 011-582-7555
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.sapporo-park.or.jp/sake/

48.アイヌ文化交流センター

北海道の先住民族であるアイヌの方が使っていた、鮭の皮を使って作った洋服や生活の道具などが展示されています(触るのもOK)。「チセ」と呼ばれている家や丸木舟などの貴重な資料もあり、歴史を知る上で良いスポットと言えるでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: アイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン)
  • ・住所: 北海道札幌市南区小金湯27
  • ・アクセス:[車]札幌市中心部から車で約40分
  •       [バス]札幌駅から定山渓温泉行き(快速7・快速8)にて約60分
              札幌駅から豊平峡温泉行き(快速7)にて約60分
  •           地下鉄南北線真駒内駅から定山渓温泉行き(12)にて約38分
  •                     ※いずれも「小金湯」下車、徒歩約6分
  • ・営業時間: 8時45分~22時 (展示室と庭園は9時~17時)
  • ・料金:無料
        ※ただし、展示室観覧料のみ有料… 一般200円、高校生100円、中学生以下無料
  • ・公式サイトURL: http://www.city.sapporo.jp/shimin/pirka-kotan/

49.琴似神社

札幌市西区にある琴似神社は、もとは最初の士族屯田兵が入植した場所です。そのため神社の周囲には、屯田兵屋などのスポットがあります。北海道の開拓の歴史を感じることのできるスポットです。

■ 基本情報

  • ・名称: 琴似神社
  • ・住所: 北海道札幌市西区琴似1条7-1-30
  • ・アクセス:地下鉄東西線琴似駅から山の手方面に徒歩5分。 
  •       市営バス「西区役所前」下車
  • ・電話番号: 011-621-5544
  • ・公式サイトURL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/1970/

50.サンピアザ水族館

約200種類の魚が展示してあります。北海道近海に棲んでいるほっけ・毛ガニはもちろん、ゴマフアザラシやカワウソ、マゼランペンギンなど多種多様な海洋生物を見られますよ!アマゾン河に棲んでいる大きな淡水魚やイシダイのサーカスショーなどもあります。

■ 基本情報

  • ・名称: サンピアザ水族館
  • ・住所: 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-7-5
  • ・アクセス: 地下鉄東西線「新さっぽろ」駅から徒歩で2分
  • ・営業時間: [4月~9月] 10:00~18:30 入館は閉館30分前まで
  •        [10月~3月] 10:00~18:00 入館は閉館30分前まで
  • ・定休日:なし
  • ・電話番号: 011-890-2455
  • ・料金:3歳以上中学生まで400円、高校生以上900円
  • ・公式サイトURL: http://www.sunpiazza-aquarium.com/


札幌の観光スポット50選をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。改めて考えてみると、広大で豊かな自然を感じられる数々の場所や、昔ながらの風情を残す情緒ある建物、心まであたたまりそうな温泉から、地元の空気を感じられる商店街や繁華街まで、まさに見どころ満載の土地であることがわかりますね。

デートであれば、ぜひ旭山記念公園には一度足を運んでいただきたいところです。あなたも、プロポーズしたくなってしまうかも?お子様連れにはノースサファリサッポロや円山動物園が楽しいかもしれませんね。是非お気に入りをみつけて、北海道を思う存分ご堪能ください!

素材提供:トリップアドバイザー
最終更新 : 2016年04月20日

この記事に関係するエリア

札幌 

この記事に関係するジャンル

札幌の観光  観光  穴場観光スポット  人気観光スポット  水族館  動物園 

この記事を見た人にオススメの記事