一生に一度は見ておきたい!冬の東北にあった『至極の絶景』30選


今回は東北地方ならではの冬の絶景をまとめました。日本の景色とは思えない幻想的なものから自然の雄大さを感じることができる景色まで!一生に一度は見ておきたい、そんな景色です。

1.西方寺の五重塔 【宮城県】

年間100万人以上の人が参拝するといわれている由緒ある西方寺は冬になると絶景としても人気を集めます。特に雪が積もった五重塔の姿は雅で、冬ならではの美しい景色を楽しむことができます。

平清盛の嫡男・重盛の重臣であった平貞能(たいらのさだよし)が壇ノ浦の戦いに敗北後、この地に隠れ住み、余生を過ごしたそう。貞能の死後、遺言により従臣達たちが鎌倉時代初頭にこの寺院を建立したと伝えられています。

■ 基本情報

  • ・名称: 西方寺
  • ・住所: 宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
  • ・アクセス: 愛子駅から定義行きバスに乗車、終点下車
  • ・電話番号: 022-393-2011
  • ・拝観料: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.johgi.or.jp/

2.銀山温泉 【山形県】

ノスタルジックな雰囲気を楽しむことができることで人気を集める銀山温泉ですが、雪がつもる景色も非常にオススメです。NHKのテレビ小説「おしん」の舞台になったことから近年では海外からも多くの観光客が訪れる場所ですが、「おしん」の世界観を楽しむには断然、雪景色がオススメです!

大正期から昭和期にかけて建築された旅館が立ち並び、日本らしいノスタルジックな雰囲気が溢れる温泉街です。江戸時代初頭、日本三大銀山のひとつとして栄えた延沢銀山の坑夫が、銀山川から温泉が湧出しているのを発見したのが始りです。

■ 基本情報

  • ・名称: 銀山温泉
  • ・住所: 山形県尾花沢市銀山新畑
  • ・アクセス:大石田駅から車で約30分
  • ・公式サイト:http://www.ginzanonsen.jp/

3.冬の猊鼻渓【岩手県】

切り立った断崖絶壁がつづく、壮大な景色を楽しめる渓谷が「猊鼻渓(げいびけい)」です。そんな渓谷の雪景色はまさに絶景。名物である「猊鼻渓舟下り」では、パワースポットとして有名な「うん玉」という運試しができるスポットを訪れることができます。

北上川支流の一級河川である砂鉄川沿いに広がる渓谷です。岩手県下で初めて国の名勝に指定された場所で、観光スポットとして非常に人気があります。雪景色はもちろんのこと、春には藤、秋には紅葉と四季折々の表情を見せてくれますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 猊鼻渓 
  • ・住所:岩手県一関市東山町長坂字町
  • ・アクセス:猊鼻渓駅から徒歩5分
  • ・電話番号:0191-47-2341 
  • ・公式サイトURL: http://www.geibikei.co.jp/

4.八甲田の雪の回廊【青森県】

約8キロメートルにわたり巨大な壁が続くのが「八甲田ゴールドライン」です。通称「八甲田の雪の回廊」と呼ばれており、その壮観な景色を楽しむため、海外からも観光客が訪れるといわれています。ちなみにこの景色が見られるのはゴールデンウィーク前!それでも高いところでは5メートルにもなります。

また、八甲田山といえば世界最大レベルの山岳遭難事故「八甲田雪中行軍遭難事件」の地でもあります。明治時代、ロシア帝国との戦い備えて日本帝国陸軍が行った冬期訓練で遭難し、参加者のほぼ全員が凍死しました。山中には慰霊碑が建てられています。

■ 基本情報


5.奥入瀬渓谷【青森県】

ダイナミックに流れ落ちる滝も美しいですが、冬に凍ってしまった滝もオススメです。特に奥入瀬渓谷の銚子大滝は非常に美しい氷柱を見ることができることで有名です。

国の特別名勝および天然記念物に指定されています。この美しい氷爆を見に、毎年多くの観光客が足を運びます。氷と雪に包まれた世界は非常に幻想的で、新緑や紅葉の季節とはまるで異なる表情を見せてくれますよ。

■ 基本情報


6.大内宿の雪景色【福島県】

福島県に現在も残る昔ながらの町並みが「大内宿」です。そんな大内宿の雪景色は、まさに古き良き雪国の景色。大内宿雪祭りの期間はライトアップされ、幻想的な景色を楽しむこともできます。

会津西街道の「半農半宿」の宿場として栄えた場所で、国の重要伝統的建造物群保存地区として指定されています。茅葺屋根の家が立ち並び、当時の風情溢れる街並みが今もなお残されています。ちなみに、ネギを箸にして食べる「高遠そば」が人気です。

■ 基本情報

  • ・名称: 大内宿
  • ・住所: 福島県 南会津郡下郷町 大字大内字山本
  • ・アクセス:湯野上温泉駅からタクシーで10分
  • ・電話番号:0241-68-2920
  • ・公式サイトURL: http://ouchi-juku.com/

7.鳴子峡【宮城県】

宮城県を代表する景勝地、鳴子峡の雪景色も非常にオススメです。川の流れで作られた険しいV字谷ならではの雪で覆われた渓谷は美しく、思わず息をのんでしまうほどです。

上から渓谷を見下ろす景色もオススメ!

アカシデ・ミズナラ・カエデを始めとする落葉広葉樹が多く生い茂っており、県下有数の紅葉スポットとして広く知られていますが、冬にはこんなにも幻想的な景色になるんですよ。ちなみに、ちかくには鳴子温泉や中山平温泉があります。

■ 基本情報

  • ・名称: 鳴子峡
  • ・住所: 宮城県大崎市鳴子温泉
  • ・アクセス:JR中山平温泉駅から車で約5分
  • ・問い合わせ:0229-83-3441 (鳴子温泉郷観光協会)
  • ・公式サイトURL:http://www.naruko.gr.jp/

8.上杉雪灯篭まつり【山形県】

上杉神社境内と松が岬公園一帯にわたり、雪で作られた灯篭がズラリと並ぶ姿を見ることができるのが「上杉雪灯篭まつり」です。約300基の雪灯篭、3,000個の雪ぼんぼりと莫大な雪灯篭を鑑賞することができる人気のスポットとしても人気を集めています。

毎年2月の第2土曜・日曜日に開催されます。雪灯篭を灯す燭はやわらかく温かみのある灯りを放ち、LED電球に彩られたイルミネーションとは一味違う風景をつくりだします。前日の金曜日にはプレ点灯も開催されます。

■ 基本情報

  • ・名称: 上杉雪灯篭まつり
  • ・住所: 山形県米沢市丸の内1丁目4
  • ・アクセス: 米沢駅からシャトルバス
  • ・開催期間: 例年二月中ごろ
  • ・電話番号: 0238-22-9607
  • ・公式サイトURL: http://yukidourou.yonezawa-matsuri.jp/

9.天童・山寺の雪景色 【山形県】

松尾芭蕉の句「静かさや 岩にしみ入る 蝉の声」で知られている立石寺は「山寺」の名前で親しまれています。そんな山寺は夏だけでなく、実は冬が一番の見ごろなんです!コンモリ積もった雪はまさに芸術。自然と歴史的遺産が作り出す景色を楽しんでみてください。

平安時代中期、清和天皇の勅命により慈覚大師が建立したと伝えられている寺院で、国の史跡および名勝に指定されています。古くから悪縁を切るご利益があると言われており、毎年多くの観光客が足を運んでいます。

■ 基本情報

  • ・名称: 立石寺
  • ・住所: 山形県山形市山寺4456−1
  • ・アクセス: 山寺駅から徒歩約5分
  • ・電話番号: 023-695-2816
  • ・拝観料: 300円
  • ・公式サイトURL: http://www.yamaderakankou.com/

10.山形蔵王のスノーモンスター【山形県】

世界的にも有名なスノーモンスターが見られることで注目を集めているのが山形県の蔵王です。「樹氷」や「アイスモンスター」の名前でも知られており、ロープウェイから見る景色もダイナミックでオススメになります。

国内最大規模を誇るスキー場「山形蔵王温泉スキー場」の最上部で見られます。1月から3月にはライトアップが行われ、より幻想的な景色を楽しむことが出来ますよ。非常に寒いですので、防寒対策はしっかりとしておきましょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 山形蔵王のスノーモンスター
  • ・住所:山形市蔵王温泉229-3(蔵王ロープウェイ 蔵王山麓駅)
  • ・アクセス: 山形蔵王ICから車で約30分
  • ・電話番号:023-694-9518  (蔵王ロープウェイ)
  • ・関連サイトURL:http://zaoropeway.co.jp/

11.小安峡大つらら【秋田県】

紅葉の名所として有名な小安峡は冬場になると大きなツララが見られる場所としても有名です。大つららは夜間ライトアップされ、幻想的な景色を楽しむこともできます。ディズニーの映画「アナと雪の女王」に登場する氷の城のような景色が楽しめます。

■ 基本情報

  • ・名称: 小安峡
  • ・住所: 秋田県湯沢市皆瀬小安峡温泉 
  • ・アクセス:須川ICから車で約35分
  • ・電話番号:0183-47-5080(湯沢市観光物産協会)
  • ・関連サイトURL: http://www.oyasukyo.jp/

12.横手かまくら【秋田県】

秋田県で400年以上の歴史を誇る「かまくら」の文化を現在に伝えるお祭りです。大小さまざまなかまくらが作られ、一面に広がるダイナミックな姿はまさに絶景!秋田県のかまくらの中には神様が祀られており、中に入って拝むというのが習わしとされています。

■ 基本情報

  • ・名称: 横手かまくら
  • ・場所:横手市役所本庁舎道路公園、二葉町かまくら通り、羽黒町武家屋敷通りなど
  • ・アクセス:横手駅から徒歩約5分
  • ・開催期間:例年2月中旬
  • ・電話番号: 0182-33-711(横手市観光協会)
  • ・公式サイトURL: http://www.yokotekamakura.com/index.html

13.乳頭温泉【秋田県】

雪景色と温泉を楽しむ、というとこの景色をよく目にされる方も多いのではないでしょうか。乳頭温泉はいくつかの温泉で構成されていますが、オススメは鶴の湯。

温泉だけでなく、温泉街への入口もまさに絶景!

■ 基本情報

  • ・名称: 乳頭温泉郷 鶴の湯
    ・住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50
  • ・アクセス: JR田沢湖駅から定期バスに乗車
  • ・電話番号:0187-46-2139 
  • ・公式サイトURL: http://www.tsurunoyu.com/

14.秋保大滝【宮城県】

幅6m、落差55mと非常にダイナミックな秋保大滝は紅葉の名所として知られていますが、雪景色の秋保大滝もオススメです。轟音轟かせながら流れる滝はまさに絵画のような美しさです。

■ 基本情報

  • ・名称: 秋保大滝 
  • ・住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝
  • ・アクセス:JR仙台駅から秋保大滝行きバスで1時間20分
  • ・電話番号:022-398-2323(秋保温泉郷観光案内所) 
  • ・関連URL:http://akiusato.jp

15.猪苗代湖のしぶき氷【福島県】

猪苗代湖の絶景!猪苗代湖の波が道路に打ち寄せて凍った、まさに氷の芸術ともいうべき光景です。厳冬期にだけ見られる特別な光景で、雪化粧した会津磐梯山とのコントラストも魅力です!

道路まで凍ってしまうほど!自然の驚異ですね。

■ 基本情報


16.五色沼の雪景色【福島県】

磐梯山の噴火により作られた池として知られている五色沼です。大小様々な形の沼が多く立ち並ぶ観光スポットですが、そんな五色沼の中でも美しいエメラルドグリーンが特徴的な青沼は、非常に雪に映えることで知られています。

■ 基本情報

  • ・名称:五色沼 
    ・住所:福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯
  • ・アクセス:猪苗代駅から磐梯東都バス休暇村・桧原行きで25分、五色沼入口下車
  • ・電話番号:0241-32-2349 (裏磐梯観光協会) 
  • ・関連URL: http://www.urabandai-inf.com/urabandai/goshiki.html

17.浄土ヶ浜【岩手県】

宮古地方を代表する絶景として知られているのが「浄土ヶ浜」です。そんな浄土ヶ浜の雪景色も絶景としてオススメです!水墨画のような味わいある景色を楽しむことができます。

■ 基本情報


18.雪化粧した山吹の棚田 【岩手県】

日本の棚田百選の一つに選ばれている棚田、岩手県の山吹の棚田は冬になると美しく雪化粧します。耕作放棄地が存在していない珍しい場所でもあり、だからこそ美しい棚田の景色が見られるのかもしれません。

■ 基本情報

  • ・名称: 山吹の棚田
  • ・住所: 岩手県一関市大東町大原字山吹
  • ・アクセス: 一関ICから車で50分
  • ・電話番号:0191-72-4080
  • ・参考サイト:http://www.ichitabi.jp/spot/data.php?no=56

19.刺巻湿原【秋田県】

白鳥の飛来地として知られている刺巻湿原は冬になると多くの白鳥がロシアから訪れることで知られています。そんな白鳥と雪景色のコラボレーションもまた、絶景ではないでしょうか。

■ 基本情報


20.厳美渓【岩手県】

奇岩、怪岩、深淵、甌穴や滝などがあることから一年を通して多くの観光客が訪れる岩手県を代表する観光スポットが「厳美渓」です。そんな厳美渓は3月ごろになると美しい雪景色が見られることでも有名になります。奇岩、怪岩に雪が降り積もると幻想的な景色を楽しめます。

■ 基本情報

  • ・名称: 厳美渓
  • ・住所:岩手県一関市厳美町 
  • ・アクセス:一ノ関駅からバスで20分
  • ・電話番号:0191-23-2350(一関観光協会 )
  • ・公式サイトURL:http://genbi.ftw.jp/u10131.html

21.冬の蔦沼【青森県】

紅葉が美しいことで知られている蔦沼ですが、実は雪が降ると非常に幻想的な景色が広がることでも知られています。南八甲田の中腹にたたずむ「蔦温泉」の近くにあり、温泉郷からはタクシーで10分とアクセスもよいので、ぜひ紅葉だけでなく、雪景色の蔦沼も楽しんでみてください。

■ 基本情報


22.冬の仏ヶ浦【青森県】

約2キロメートルにわたり巨岩・奇岩が並ぶ青森県を代表する景勝地として有名な仏ヶ浦は、白い岸壁が続くことで有名ですが、雪が降り、雪景色となった仏ヶ浦の景色も非常にオススメです!

■ 基本情報

  • ・名称: 仏ヶ浦
  • ・住所: 青森県下北郡佐井村八幡堂28
  • ・アクセス:むつ市より車で約80分
  • ・電話番号:0175-38-2244
  • ・公式サイトURL: http://www.hotokegaura.jp/

23.塔のへつり【福島県】

川の浸蝕だけでなく、風食も受けて作りだされた福島県を代表する絶景としてしられているのが「塔のへつり」です。「へつり」というのは福島県の方言で「危険な崖」という意味があり、足場が非常に悪いことで有名です。

そのため絶景を見ることができるのですが、かなりスリリングな体験をすること間違いなし!足元にはお気を付けください。

■ 基本情報

  • ・名称: 塔のへつり 
  • ・住所:福島県南会津郡下郷町弥五島下タ林
  • ・アクセス: 塔のへつり駅より徒歩3分
  • ・電話番号: 0241-68-2920
  • ・公式サイトURL:http://town.shimogo.fukushima.jp/

24.十和田湖冬物語【青森県】

雪とイルミネーションの作り出す幻想的な景色を楽しめるのが「十和田湖冬物語」です。2月の上旬から下旬にかけて行われるイベントで、青森県ならではの雪景色を楽しむことができます。夜には花火が打ち上げられることもあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 十和田湖冬物語
  • ・住所: 青森県十和田市十和田湖畔休屋
  • ・アクセス: 十和田湖バス停から徒歩10分
  • ・開催期間: 例年2月上旬~3月上旬
  • ・電話番号: 0176-75-2425
  • ・公式サイトURL: http://towadako.or.jp/

25.西吾妻山 のスノーモンスター【福島県】

スノーモンスターというと「山形県」というイメージが強いかもしれませんが、福島県の西吾妻山にも見事なスノーモンスターが出現することで知られています。中には人よりも小さな背丈のスノーモンスターもありますが、幻想的な景色を楽しめることで人気を集めています。

■ 基本情報


26.十和田湖【青森県】

青森県を代表する湖、十和田湖は冬になると湖面が凍り、まるで流氷が流れ着いたような景色を見ることができます。鱗のように湖面にびっしりと浮かぶ氷は青森県ならではの景色です。

■ 基本情報

  • ・名称: 十和田湖
  • ・住所: 青森県十和田市十和田湖
  • ・アクセス: 小坂ICから車で約1時間
  • ・電話番号:0176-24-3006
  • ・公式サイトURL: http://towadako.or.jp/access/

27.雪の北山崎【岩手県】

三陸復興国立公園の一つで「海のアルプス」とも呼ばれる断崖絶壁が続く北山崎では、まるで水墨画のような絶景を見ることができます。あまりの美しさから、この雪景色は切手として販売されたこともありました。

■ 基本情報

  • ・名称: 北山崎 
  • ・住所:岩手県下閉伊郡田野畑村北山
  • ・アクセス:田野畑駅から田野畑村民バス机行きで20分、北山崎バス停から徒歩すぐ
  • ・電話番号:0194-33-3248
  • ・関連URL:http://www.rurubu.com/sight/detail.aspx?BookID=A0403010

28.雫石一本桜の雪景色【岩手県】

岩手県の雫石の一本桜は桜が咲くシーズンだけでなく雪景色の中でも美しい姿を見ることができます。どこまでも続きそうな雪原の中にたくましくそびえ立つ姿はまさに絶景です!

■ 基本情報

  • ・名称: 小岩井農場
  • ・住所: 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
  • ・アクセス:小岩井駅から車で5分
  • ・電話:019-692-4321
  • ・関連サイトURL:http://www.koiwai.co.jp/

29.八甲田山の樹氷原【青森県】

八甲田山に多く植生するといわれている「アオモリトドマツ」に、雪だけでなく氷もぶつかりながら徐々に大きく成長して出来上がったのが「樹氷」です。まるでモンスターがいるような景色が広がることから「スノーモンスター」と呼ばれることもあります。

■ 基本情報


30.冬の乳穂ヶ滝【青森県】

落差33メートルの大瀑布も青森県の寒さにはたまらず凍ってしまいます。滝の裏側には洞窟があり、不動尊が祀られており、古くから滝の大きさで豊凶占いなどをしていたといわれています。毎年2月には「乳穂ヶ滝氷祭」も開催され、ステージショーなどを見ることができますよ。

■ 基本情報

最終更新 : 2016年07月14日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

下北半島  奥入瀬・十和田湖  八甲田・酸ヶ湯温泉  十和田市  弘前  田沢湖・乳頭温泉郷  米沢  雫石  久慈  宮古  一関  鳴子温泉  天童温泉  蔵王温泉  銀山温泉 

この記事に関係するジャンル

高原・湿原    絶景  街道  イルミネーション