越前大野城の雲海が絶景!福井にも幻の天空の城があった!

雲海に浮かぶ城「天空の城」というと「竹田城」が脚光をあびていますが、福井県にもあるってご存知でしたか?幻想的なたたずまいを魅せてくれる福井県大野市の「越前大野城」についてご紹介したいと思います。全国には様々な素晴らしいお城がありますし、それぞれに特徴があります。しかし、城そのものだけでなく、そこから眺める光景にスポットを当てると、越前大野城から見られる雲海のすばらしさは全国でもトップクラスではないでしょうか!

1.越前大野城の雲海とは?

福井県大野市のシンボル城「越前大野城」は、標高249mの亀山山頂にそびえる城郭です。秋から春にかけて、前日に雨が降り、放射冷却で冷え込んだ朝に雲海をのぞむことができ、雲の上に城が浮かぶ姿は幻想的で、県外からも多くのファンが訪れるようになりました。

越前大野城の天守閣は昭和43年に再建されたもの。内部はかつての城主らの遺品などが展示された資料館になっています。春の桜、秋の紅葉、天守閣からの眺めも最高です。

越前大野城は安土城が築城された前年の天正3年(1575年)頃に織田信長の武将・金森長近が5年の歳月をかけて築城したものです。土台の石垣は自然の石をそのまま積み上げた野面積みという工法を用いています。そびえ立つ山頂にある越前大野城は四方を山々に囲まれています。城の下には城下町があるのですが雲海が広がるときにはこの城下町は見えなくなってしまうのです。

提供:福井県観光連盟

2.越前大野城の雲海はこんなにキレイ!

「越前大野城の雲海はこんなにキレイなんです!」ということを言葉で説明するより、この絶景を見てもらったほうが早いかもしれませんので、いくつかご紹介します。

まさしく天空の城!ラピュタの世界みたいです。
一面の雲海に覆われる大野城。お城ファンだけでなく多くの人が駆けつけるのも納得できる景色です。
紅葉の時期は特に美しいです。

霧がだいぶ晴れてますが、雪景色と雲海もなかなか幻想的です。

そして…残念ながら雲海が発生していなくても、見晴らしは最高です。

雲海が広がり城下町が隠れていくさまや、雲が晴れて姿をあらわす姿を眺めていると、一面幻想的な雰囲気に包まれます。朝焼けに光る城や城下町の灯りとともに見る景色も絶景です。時間によって変化する景観はいつ訪れても見る人を魅了します。雲海がないからといって悲観しなくても大丈夫。山の上に建つ城、そして下に見える城下町は風情があって素晴らしいです。


3.雲海を観るには?

越前大野城の雲海を観るには気象条件が重要なカギをにぎっているようです。「幻の天空の城」と呼ばれるくらい年10回程度という低確率である大変貴重な「越前大野城の雲海」、一度は見てみたいものですよね?そこで、気象条件を詳しくお話したいと思います。

以下の条件を満たしていても、やはり雲海は自然が織りなす神秘。必ず見れるものでもありません。一度のトライで見ることができればそれはかなり貴重です。さまざまな気象条件がそろって、はじめて出現する雲海。過度な期待をもって挑むと落胆することとなります。2013年から2014年の間で雲海を確認できたのは9回、214年から2015年は12回となっています。


雲海が出る気象条件

◆時期…10月から4月末ごろ、中でも11月頃がもっとも出やすいようです。
◆時間…明け方から9:00頃まで
◆気象条件…前日に雨が降った日(前日の湿度が高いこと)
放射冷却が起こるような日
風が弱いこと

つまり!雨上がりの早朝が一番条件がそろうというわけですね。
ただし、越前大野は晩秋の晴れの日が少ない上、天候が変わりやすいので、朝霧の出る条件がなかなかそろいません。あまり期待しすぎないというのも大事でしょう。

現地滞在で何度も挑戦していればそれほどの苦労はないかもしれませんが、遠方から訪れる場合には天気予報とにらめっこになります。週間天気予報で雨の次の日が晴れ、しかも寒暖差があるという情報をもとに現地に訪れるほうがいいでしょう。気象庁がだしているランクにも気を配り、急激に冷え込む日を狙うことです。また、戊山の麓や東側の川に早朝から霧が立っていないと雲海は出ないそうです。


雲海を見に行くための装備は?

雲海を見に行くためのコースがいくつかありますが、急斜面や整備の行き届いていない山道を通ることもあったり、冬場は積雪で危険な場合があります。登山をするくらいの装備を準備する必要があります。足に自信のない人は無理をしないほうがよさそうです。

【必要だと思われる服装や持ち物】 登山ができる服装 トレッキングシューズに長袖、長ズボンを着用しましょう。
雨ガッパ防水性のある防寒着 夜露と明け方冷え込むため寒さ対策のため必要です。
懐中電灯登山用ヘッドランプ 暗いうちから歩くため必要です。
携帯ラジオクマ鈴 クマやイノシシなどに遭遇してしまう可能性もあります。音が鳴るものを身に付け
           て登ったほうがよいです。蜂やダニなど虫刺されにも注意しましょう。


雲海が最も期待できる時間帯は11月で6時30分頃。登山口から山頂まで約20分の道のりですが休日など、雲海を見ようとたくさんの人が訪れるときには展望スペースに入れないこともあります。そのような場合、十分な視野を確保したければ夜明けの1時間前には登城するほうがベスト。しかも必ず夜明けとともに雲海が拝めるわけでもありません。朝霧のボリュームによって日の出後にも待機することもあります。このことから防寒対策はしっかりとしていきましょう。

知っておきたいマナー

マナーを守って安全に登山、撮影にのぞみましょう。

◆登山では
自然、遺構を大切にして、歩くこと
・登り口は、農作物をイノシシなどから守るため、電気柵が設置されているので注意すること
・登り口周辺の農道に路上駐車したまま登山しないこと
・キャンプ場ではないので、テントを持ち込んで野宿はしないこと

◆撮影では
・安全柵などはないので、撮影の際、転落に注意すること
・混雑する場合、お互いに譲り合って気持ちよく撮影すること
ごみは持ち帰ること
たばこのポイ捨ては絶対にしないこと

登山の際には携帯ラジオや鈴などでクマや猪に人間の存在を知らせるようにします。また、虫も多くいるので虫刺されに注意します。服装に関しても登山にふさわしいもの、暗いうちから登るときにはヘッドランプなどの照明も用意すべきです。また。この地域は豪雪地帯でもあるので、雪が降った時にはルートが見えなくなることも。積雪量が多い時は「かんじき」なども必要になってきます。ただ単に雲海を見る気持ちでは登山できません。登山に関するマナーをしっかりと把握して挑みましょう。


撮影現場へのルート

撮影現場へ行くには、現在3つのルートがあります。

洪泉寺コース(徒歩約15分) 一番登りやすい!(とはいっても山道です) 新たに新設されたコース。「天空への小径」とも呼ばれています。洪泉寺山門から徒歩約15分、山道ではあるものの、一番登りやすいコースです。駐車場は近くのホームセンター、スポーツショップ、ショッピングモールの駐車場を利用してください。市から利用のお願いはしていますが、お店を利用する人の邪魔にならないよう、注意してください。

ほたるの里コース(徒歩約20分) きびしい!!
戌山城址と飯降山を繋ぐ山道を左に向かい、最初の急斜面を登り、下ってすぐ徒歩約20分ほどで撮影スポットです。登り始めが狭くなっている部分があるので転落に注意してください。駐車場はありません

みくら清水コース(徒歩約30分) 起伏が多くもっともきびしい!!!
戌山城址(頂上まで20分)を超えて、山道を10分ほど歩くと撮影スポットに着きます。お城の遺構であるため堀切、竪堀などの起伏が多くあって大変険しいコースです。戌山城址は、市の文化財です。歴史的遺構、そして環境を壊さないよう、注意してください。駐車場は、みくら清水横に数台分あります。

どのルートを選んでも厳しい登山になること必須。特に雲海が良く見える時期は寒い日がほとんどなので、日中に比べてさらに厳しい状況となります。また、雲海が現れやすい条件下に前日に雨が降った日、となるので登山道がぬかるんでいることも多くあります。また、積雪時にも注意が必要になります。危ないと感じた時には引き返すことも視野に入れておきましょう。


4.ラピュタの会

竹田城に続けと、天空の城「越前大野城」のPR活動を進める地元有志らによって設立された「ラピュタの会」。めったに見ることのできない大野の宝「雲海に浮かぶ越前大野城」の魅力を発信しています。写真は会長 川端嘉明さんと副会長 平瀬照夫さん。

ラピュタの会では会員募集を行うとともに撮影スポットの整備や写真コンテストなども行っています。個人の場合は年二千円。幻想的で美しい様子を伝えるためにラピュタの会は雲海の素晴らしい魅力だけでなく、さまざまな情報も発信しています。天空の城「越前大野城」の素晴らしい雲海の魅力に虜になったら、ラピュタの会のHPも覗いてみるといいかもしれませんね。


5.越前大野城の地図&基本情報

■ 基本情報

  • ・名称:越前大野城
  • ・住所:福井県大野市城町3-109
  • ・アクセス:電車…JR越美北線、越前大野駅下車、越前大野駅からふもとまで徒歩約15分。登
  •          城口から山頂までは登山道(4カ所あり)を歩いて徒歩約15分です。
  •       車…北陸自動車道、福井ICから国道158号を東へ1時間。ふもとに駐車場がありま
  •         す。登城口から山頂までは登山道(4カ所あり)を歩いて徒歩約15分です。 
  • ・開館時間:4~9月 9:00~17:00  10,11月 9:00~16:00
  • ・休館日:12月1日~3月31日
  • ・入館料:大人200円 小人無料
  • ・電話番号:越前大野城…0779-66-0234
  •       雲海に関すること… 0779-66-1111 内線431(大野市 結の故郷推進室)
  • ・関連サイトURL:http://www.city.ono.fukui.jp/(大野市HP)
  • http://www.ono-kankou.jp/(越前おおの観光ガイド)
  • http://grouplaputa.blog.fc2.com/ (ラピュタの会HP)

6.観光ボランティアガイド大野

越前大野城を含めた歴史ある町並みや豊かな自然を観光案内してくれるボランティアが「観光ボランティアガイド大野」です。一般社団法人大野市観光協会が母体となり、年間200件近い観光案内をしているという実績をほこります。

地元の方々が主体となって行っているため、ざっくばらんに世間話などもしながら、ツアーガイドではわからないような大野の街の裏話なども聞けるかもしれませんね!

■ 基本情報

  • ・名称: 観光ボランティアガイド大野
  • ・住所: 福井県大野市元町10-23(七間朝市通り) 大野市観光協会内
  • ・電話番号: 0779-65-5521
  • ・料金: 1,000円(8名以上で無料になることもあり)
  • ・公式サイトURL: http://www.ono-kankou.jp/volunteer/

7.越前大野城近くの宿

旅館 ふじや

小さな旅館ながら、街中を散策するにはとても適した宿です。観光客やビジネスマン、さらには学生の宿泊にも人気があります。3階立ての紺色の建物と玄関前の大きな暖簾が目印です。昭和8年に料理屋として開業した、由緒ある宿なのです。女将さんの笑顔にもイヤされます。

このふじやの屋上からは、越前大野城を見上げることができます。街の中から見るのとは違った角度になりますので、穴場のビューポイントと言えるでしょう。

■ 基本情報

  • ・名称: 旅館 ふじや
  • ・住所: 福井県大野市明倫町6-18
  • ・アクセス: JR越美北線「越前大野駅」より徒歩10分
  • ・営業時間: チェックイン16:00 チェックアウト10:00
  • ・駐車場:あり(無料) 
  • ・電話番号: 0779-66-2259
  • ・宿泊料金:食事なし5,000円~ 朝食付き6,000円~
  • ・参考サイトURL: http://www.ono-kankou.jp/lodging/detail.php?cd=11

山本旅館

越前大野城までわずか3分という好立地にあるので、越前大野城観光には最適な宿と言えるでしょう。とてもアットホームな雰囲気が漂う宿ですので、安心して長期間滞在しながら雲海を見るタイミングをじっくり待つこともできます。

またここは「食の安心」推奨店舗でもあります。地場野菜の郷土料理や、大野特有の地形で育まれた棚田米を使った絶品料理をぜひ味わってみませんか?

■ 基本情報

  • ・名称:山本旅館 
  • ・住所: 福井県大野市泉町5-10
  • ・アクセス: JR越美北線 越前大野駅より徒歩約10分
  • ・営業時間: チェックイン16:00 チェックアウト10:00
  • ・電話番号:0779-66-2644
  • ・FAX:0779-66-1840 
  • ・駐車場:あり(無料)
  • ・参考サイトURL:http://www.ono-kankou.jp/lodging/detail.php?cd=1

俵屋

純和風建築の俵屋は、なんと創業が天保元年!江戸時代ですね。そんな俵屋は越前大野城の観光に最高の宿かもしれません。歴史観漂う外観だけでなく、料理も懐石料理がふるまわれ、庭を囲んだ客室でのんびり時を過ごすことができるのです。

俵屋の中に入ると、まずびっくりするのが寺子屋のような建物。本当に江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥るかもしれません。多くの偉人に愛された伝統と格式のある旅館です!

■ 基本情報

  • ・名称: 俵屋
  • ・住所: 福井県大野市日吉町1-1
  • ・アクセス: JR越美北線から越前大野駅下車/福井ICから大野方面へ約30分
  • ・営業時間: 平日 10~18時/土曜 10~17時
  • ・駐車場: あり(無料)
  • ・電話番号:0779-66-3807
    ・料金: 食事なし5,000円~ 朝食付き 6,000円~ 夕・朝食付き 9,720円~
  • ・参考サイトURL: https://www.tocoo.jp/detail/3300376

阿さひ旅館

この阿さひ旅館は、日本庭園を有する和風建築の旅館です。江戸時代に栄えた越前地方ならではの趣を残しているのはさすがですね。これは、越前大野城がある大野の街並みにぴったりあっているので、いまだに江戸時代の雰囲気をまだ残しているのでしょう。

ここでぜひ体験して頂きたいのが「朝市」です。旅館から徒歩5分で行くことができ、スーパーや普通のお土産やなどでは味わえない生の息づかいを体験できます!

■ 基本情報

三浦屋

和風の建築が街中によく似合う宿です。13室の部屋なので、予約は早めにした方が良いかもしれません。特に食事のバリエーションが豊富でしかも味も絶品で有名です。春の山菜、夏の鮎、秋のきのこ、冬のかになどです。

この旅館では貸し自転車もありますので、越前大野城を含めた観光に自転車で回りたいというアクティブ派はぜひ自転車での大野めぐりにチャレンジしませんか?

■ 基本情報

  • ・名称: 三浦屋
  • ・住所: 福井県大野市明倫町11-13
  • ・アクセス: 北陸高速道福井ICよりR158へ、車で約35分/越美北線(九頭竜湖線)JR越前大野駅
  • ・営業時間: チェックイン16:00 チェックアウト10:00
  • ・駐車場: 無料
  • ・電話番号: 0779-66-2505
  • ・料金: 食事なし6,480円~ 朝食付き 7,560円~ 夕・朝食付き 12,960円~
  • ・参考サイトURL: http://www.ono-kankou.jp/lodging/detail.php?cd=12

8.五番名水庵

越前大野城の雲海と並んで有名なのが、名水です。大野の名水は古くから有名で、現在でも観光の目玉になっています。街中に多くの涼やかな水場があるのですが、中でも五番名水庵は、大野の豊かな地下水をそのままくみ出しています。

この五番名水庵は福井県が認定する「ふくいのおいしい水34箇所」の一つに数えられています。大野の街中にありますので、観光の途中に気軽に立ち寄ることができますよ!

■ 基本情報

  • ・名称: 五番名水庵
  • ・住所: 福井県大野市明倫町10−22
  • ・アクセス: 越前大野駅出口から徒歩約8分
  • ・電話番号: 0779-66-5597
  • ・公式サイトURL: http://senshoan.main.jp/mizu/gobanshozu.html

9.越前大野城周辺のグルメ情報

麺屋ぜん

魚介系のスープがとてもおいしいと評判のラーメン屋です。梅干しが入っていてお茶漬けのような「梅塩ラーメン」など、ユニークなメニューが多い人気店です。つけめんや餃子、ネギおかか丼など、チェーン店とは一線を画すので一度は立ち寄って欲しいです。

一番のおすすめは、「煮干し塩らーめん」。煮干しのだしに塩のうまみがきいていて、素材の良さが特に良くでていますので、ストレートの細麺との相性が抜群なのです。

■ 基本情報

  • ・名称: 麺屋ぜん
  • ・住所: 福井県大野市日吉町18-13
  • ・アクセス: JR九頭龍線 越前大野駅 徒歩1分
  • ・営業時間: [火~土]11:30~14:30、18:00~翌1:00(L.O 24:45) [日・祝]11:30~14:30、18:00~24:00
  • ・定休日: 月曜日
  • ・電話番号: 0779-65-1411
  • ・料金: 1名あたり:〜1000円
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/fukui/A1804/A180402/18000738/

そば処 梅林

そばの味は、水の質に左右されますが、大野の名水に支えられた梅林(ばいりん)は、県下一の味を誇るそば屋です。その秘密は名水だけでなく、「阪谷在来種そば粉石臼挽き」にあります。地元大野のそば粉を使い、自家製粉しているのです。

また、棒に巻き付けてドンドンと台にうってのばす、本来の手打ちの手法を守り続けているため、めんのこしは比類なく、全国のそば通がうなるほどの味になっているのでおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: そば処 梅林
  • ・住所: 福井県大野市月美町2-6
  • ・アクセス: 越美北線JR 越前大野駅から徒歩5分
  • ・営業時間: 11:00~21:00
  • ・定休日: 火曜日
  • ・電話番号: 0779-66-3098
  • ・料金: 例)おろしそば 550円
  • ・公式サイトURL: http://www.sobadokoro-bairin.com/

お食事処しもむら

醤油カツ丼といえば、ここお食事処しもむらといわれるぐらいの有名な定食屋です。大根おろし、大葉がのっていてあっさり食べることができる醤油カツ丼を中心に、様々な年齢層のニーズに応えられる豊富なメニューがありますので、家族などでも気楽に訪れることができます。

カウンター席、座敷、掘りごたつ席などがありますので、越前大野城への観光の途中にのんびりすごすことも可能です。定番の五目あんかけ焼きそばもおすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: お食事処しもむら
  • ・住所: 福井県大野市新庄15-22-2
  • ・アクセス:京福バス 勝山・大野線46 大野高校口 徒歩2分
  • ・営業時間:11:00~14:30、17:00~21:00 [日曜日]11:00~15:00、16:30~20:30
  • ・定休日: 水曜日
  • ・電話番号: 0779-65-2339
  • ・参考サイトURL: http://ono-navi.com/archives/202

越前大野城からきれいな雲海が見られる確率は、オーロラを見るぐらい難しいかもしれません。ですので、見られるまで何度も行くことになるかもしれませんね!また、一度見たら「またみたい!」と思われるかもしれません。ですので、雲海以外の楽しみも存分に味わいましょう!
最終更新 : 2016年06月14日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

大野 

この記事に関係するジャンル

城・史跡  絶景  穴場観光スポット  登山・トレッキング  友達と旅行