哲学の道を歩こう。春には桜のトンネルが出来る!


哲学の道は、日本の道100選に選ばれている銀閣寺から熊野若王子神社までの小径です。京都の中でも絶好の散策スポットとなっている、哲学の道の見どころやオススメをご紹介します。

哲学の道のいわれは?

哲学の道は、かつて京都の文人が多く住むようになり「文人の道」と称されていましたが、その後、 西田幾太郎や田辺元など哲学者が散策したことから「哲学の小径」「散策の道」などと呼ばれるようになりやがて「哲学の道」と呼ばれるように至りました

東山のふもとにあり、熊野若王子神社から法然寺、銀閣寺に至る道を、哲学の道といいます。春に見ることができる桜のトンネルや、川面に散り流れる花びらは風情があります。周辺にはカフェや美味しいと評判のお店もあって、京都・東山の観光名所の一つとなっております。

哲学の道の魅力

散策に最適なように整備された桜や楓をはじめとした植物、鴨・鯉・鷺などの動物、またそれらを目にすることできる豊かな自然こそ哲学の道の魅力でしょう。

哲学の道と聞いても難しいことを考える必要はありません。近くに世界遺産に指定されている慈照寺や銀閣寺があるので、知らずに通っている人もいるかもしれませんね。

桜や紅葉シーズンには多くの観光客などで賑わいますが、おすすめの散策時間は早朝。人があまり行き来しない哲学の道は思案・思索するにはもってこいの時間となっています。

哲学の道の見どころ、オススメ

地元住民の呼びかけによって残された哲学の道には、500本もの桜が植えられた桜並木や四季折々に咲く草花があり、「日本の道100選」に選ばれるだけのものがあります。桜が咲く春や紅葉シーズンの秋には多くの人で賑わう古都・京都。自然を満喫できる素晴らしい哲学の道、その見所をご紹介します。

関雪桜

哲学の道に沿うように植えられた約500本の桜の木は、日本画壇で活躍した橋本関雪とよね夫人が大正12年に寄贈したことが始まりで、氏の名から「関雪桜」と言われています。この桜は美しいだけでなく、感謝の心を忘れないよね夫人の心が詰まった桜なのです。

日本画家、関雪の家計を助けてくれたのが周囲の人々でした。そんな京都の人のために植えられたのがこの桜だったのです。

関雪桜の碑

関雪の旧邸近くには関雪桜の碑があります。この石碑には亡くなったヨネを桜の花にたとえ、“満開になった桜が疎水を流れる頃になると思い出す、最愛の妻はいつまでも忘れられない存在だった”と詠んでいる詩が刻まれています。

紅葉

哲学の道は、春の桜だけでなく、秋の紅葉も遊歩道や琵琶湖疎水を美しく彩ります。ここから少し足を伸ばして安楽寺や法善寺などの有名な紅葉スポットに向かうのもオススメです。

黄昏どきの散策

黄昏どきの移りゆく小径の風情を五感で味わいながらさまざまな想いに耽ることが、思索の道とも呼ばれていた哲学の道らしい一番の過ごし方でしょう。都会の喧騒を忘れ、心を落ち着かせるにはもってこいの場所。

忙しい日常を少しの間忘れて美しい景観を眺めてみませんか?きっと心身ともにリフレッシュできることでしょう。日が落ちる直前の幻想的な風景はまさに一瞬。哲学の道ではそんな貴重な体験もできますよ。ぜひ、昼間だけでなく黄昏時の哲学の道も体験してみてくださいね。

東山 京の景色


哲学の道を銀閣寺から熊野若王子神社に向かって散策すると、左手に東山、右手に京の町の風景を楽しむことが出来ます。夕陽に照らされる東山や京の町の美しさは、思索をしながらの散策でも思わず立ち止まってしまう程でしょう。特に紅葉シーズンには赤や黄色のコントラストが美しい紅葉を楽しむことができます。

ここには京都の紅葉シーズンに外せない絶景ポイントもあります。のんびり散策しながら四季折々、風情ある古都・京都の街並みを眺めるのもオススメです。京都には見どころがたくさんあるので、少し小高いところから眺める街並みの景色もまたいいものですよ。

哲学の道 訪問者の声


哲学の道 観光

ここでは、哲学の道を訪れた際にぜひとも一緒に立ち寄っていただきたい観光スポットをご紹介させていただきますね。

銀閣寺→哲学の道→法然院

下記の順番で訪れるとスムーズですよ。
●銀閣寺…銀閣寺の正式名称は慈照寺というのご存知ですか?足利義政の法号から取られた名で義政の営んだ山荘東山殿を寺に改めた言われています。1489年にできた銀閣は宝形造り二層の殿閣で国宝の建造物です。
●哲学の道…哲学の道は銀閣寺から法然院下を通り、さらに南は若王子神社へと続く道です。こきおは、日本の道百選にも選ばれ、長さは約1.5キロあります。
●法然院は1681年に建てられました。 もとは法然が弟子住蓮・安楽とともに六時礼讃を勤めた旧跡で、知恩院第38代門主万無上人が再興したとされています。

霊鑑寺→哲学の道

下記の順番で訪れるとスムーズですよ。
●霊鑑寺…霊鑑寺は、臨済宗南禅寺派の門跡尼寺です。1654年(承応3)後水尾天皇が皇女を開基として建てられました。皇室ゆかりの寺宝が多くある場所としても有名です。
●哲学の道…哲学の道は銀閣寺から法然院下を通り、さらに南は若王子神社へと続く道です。こきおは、日本の道百選にも選ばれ、長さは約1.5キロあります。

哲学の道→岡崎→祇園

下記の順番で訪れるとスムーズですよ。
●哲学の道…哲学の道は銀閣寺から法然院下を通り、さらに南は若王子神社へと続く道です。こきおは、日本の道百選にも選ばれ、長さは約1.5キロあります。
●岡崎…安京の東にある岡崎は白河と呼ばれていて平安時代末期には、院政が執り行われた白河殿のほか、法勝寺をはじめとする6つの寺院(六勝寺)の大伽藍が造営された場所として知られています。
●祇園…京都 祇園は、京都の中でも特に人気の高いエリアで、京都らしい昔ながらの趣ある町並みを感じることが出来る場所です。様々な京都グルメもいただくことができます。

哲学の道→南禅寺

下記の順番で訪れるとスムーズですよ。
●哲学の道…哲学の道は銀閣寺から法然院下を通り、さらに南は若王子神社へと続く道です。こきおは、日本の道百選にも選ばれ、長さは約1.5キロあります。
●南禅寺…臨済宗南禅寺派の本山なのが、南禅寺です。1291年(正応4)亀山法皇の離宮を賜り、無関普門(大明国師)が開いたと言われています。境内には勅使門、三門、法堂、方丈の伽藍が一直線に、12の塔頭が並んでいます。

弥勒院 お地蔵さん

弥勒院にはとっても有名なお地蔵さんがいます。小さなお堂の中には、地蔵菩薩像が祀られているのですが、幸せ地蔵さんと呼ばれています。

いつもお堂が開いているので、ぜひ奥を眺めてください。そこには「幸せになりますように」などと書かれた、絵馬や護摩木、お守りがいっぱいあります。そんなことから、幸せ地蔵さんと呼ばれるようになったそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 弥勒院
  • ・住所: 京都府京都市左京区浄土寺南田町29
  • ・アクセス: 市バス 「銀閣寺前」から徒歩15分
  • ・参考サイトURL:http://kyoto.wakasa.jp/sakura/3/J133-sakura/ 

ゲンジボタル

哲学の道ではなんと、蛍を見ることができます。蛍の種類はというと、ゲンジボタルとヘイケボタルです。

見頃の時期はというと、5月下旬から6月中旬頃までとなっているので、ぜひこの時期に合わせて訪れてください!とても幻想的な時間を過ごすことができますよ。ちなみに 一番多く蛍を見る事が出来るのは、6月上旬と言われています。

おススメのお店

ここでは、哲学の道にいったら、ぜひ立ち寄っていただきたい素敵なお店をご紹介させていただきね。お腹が空いた時にもおすすめです。

SAGAN(さがん)

美味しい和食、そして洋食を堪能したい!という人に特にオススメしたいお店が、SAGAN(さがん)です。このお店では、定食メニューだけでなく、ハンバーガーなどもいただくことができるんですよ。

おすすめなのが、自家製パンの国産和牛ハンバーガーサンドです。国産和牛のパティを挟んでいるので、お肉のうまみをたっぷりと感じることができますよ。野菜のトマトやレタスもフレッシュでシャキシャキ食感となっているので、クセになる美味しさです。

■ 基本情報

  • ・名称: SAGAN(さがん)
  • ・住所: 京都府京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町93
  • ・アクセス: 京阪「清水五条」駅徒歩10分
  • ・営業時間: 11:00~23:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 075-561-0041
  • ・料金: ~1000円
  • ・公式サイトURL: http://sagan.mobi/

Cafe Terrazza

哲学の道を南へしばらく歩いたところにあるカフェが、Cafe Terrazzaです。哲学の道沿いにあるので、テラス席からのロケーションが抜群に良いと評判です。こちらの席ではワンちゃんも一緒に座ることができますよ。

こちらの人気はランチメニューです。「もちもち生パスタ」のランチセット(サラダ・スープ・ドリンク付き…1,500円)が特におすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: Cafe Terrazza
  • ・住所: 京都府京都市左京区鹿ヶ谷法然院町72
  • ・アクセス: 銀閣寺より徒歩10分
  • ・営業時間: 11:30~21:00
  • ・電話番号: 075-751-7931
  • ・公式サイトURL: http://www.cafeterrazza.com/

南禅寺 順正

京都らしい料理を堪能したい!という人におすすめしたいお店が、南禅寺 順正です。こちらは湯豆腐が美味しいお店として知られているんですよ。

「ゆどうふ花」 3000円がおすすめで、セット内容は、湯豆腐・天ぷら・田楽・炊き合わせ・ごま豆腐・ご飯・漬け物 の7点となっていますよ。色んな料理を一度にいただけるメニューとなっているので初めての人におすすめです。

■ 基本情報

  • ・名称: 南禅寺 順正
  • ・住所: 京都府京都市左京区南禅寺草川町60
  • ・アクセス: 京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩約10分
  • ・営業時間:11:00~21:30 
  • ・定休日: 不定休
  • ・電話番号: 075-761-2311
  • ・料金: 3000円~
  • ・公式サイトURL: http://www.to-fu.co.jp

日の出うどん

美味しいカレーうどんを食べたい!という時におススメしたいお店が、日の出うどんです。輸入スパイス粉を使用し、ラードを使った濃厚な特製ルウを1日掛けて作り上げているので、驚くほどのコクを感じることができますよ。

もっちりとした食感のうどんにスープがよく絡んで、一度食べたら忘れられない味わいになっていると評判です。

■ 基本情報

  • ・名称: 日の出うどん
  • ・住所: 京都府京都市左京区南禅寺北ノ坊町36
  • ・アクセス: 京都市営地下鉄 東西線 蹴上駅より徒歩約15分
  • ・営業時間: 11:00~15:30
  • ・定休日: 日曜日、第1・第3月曜日
  • ・電話番号: 075-751-9251
  • ・公式サイトURL: http://hinodeudon.com/

哲学の道 場所


■ 基本情報

  • ・名称: 哲学の道
  • ・場所: 銀閣寺から熊野若王子神社まで
  • ・アクセス: 市バス「銀閣寺」バス停から徒歩すぐ
  • ・オススメの時期: 春(桜の季節)、秋(紅葉の季節)
  • ・参考サイトURL: https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php

哲学の道、その魅力を伝えることはできましたでしょうか?散策をしながら桜や紅葉の観賞に浸ることができる京都屈指の穴場スポットですよ。春には桜のトンネルができるので、ぜひ楽しんでくださいね!
最終更新 : 2016年05月12日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

京都市・祇園・嵐山 

この記事に関係する旅の目的

お散歩・まち歩き    お花見・桜  紅葉 

この記事を見た人にオススメの記事