勇猛果敢な土佐犬たちと友達になろう!子犬もかわいいとさいぬパーク

土佐犬、というとなんだか大きくて怖い犬のイメージがありませんか?
高知県にあるとさいぬパークでは、土佐闘犬の横綱や子犬と出会うことができます!
もしかしたら、土佐犬のイメージががらりと変わるかも…!?

とさいぬパークとは

とさいぬパークは1964年から続く歴史ある施設。
元々は土佐闘犬センターという名前でしたが、2015年夏よりとさいぬパークという名前になりました。 土佐闘犬センター時代には頻繁に行われていた闘犬ですが、動物愛護の観点から現在では年二回決まった日時にしか開催されなくなったのだとか。
土佐闘犬の試合はどちらかが逃げたり吠えたりしたら負けというシンプルなものなのですが、時には流血したりすることもあったため闘犬の頻度を減らしているようです。
そしてこれが現在のとさいぬパーク。
左上の土佐犬がゆるくて可愛いですね♡
闘犬を開催しなくなった今、とさいぬパークで見どころなのは土佐犬の子犬とのふれあい!
土佐犬は飼育が難しく、あまり見かけない犬種ということもあって子犬とのふれあいは人気だそうです。

そしてもう一つ、土佐闘犬の大きさや強さを実感できる素敵なイベントが横綱土俵入り。
化粧まわしをつけた横綱が土俵入りする姿はなかなかの迫力です。 そして意外と人気なのがおみやげコーナー。
ここでしか買えないとさいぬグッズや高知名産品が目白押し!
おみやげを見るだけでも楽しいと好評です。

横綱土俵入りを見学してみよう!

とさいぬいパークに来たら必ず見ておきたいのが横綱土俵入り。
「思っていたより大きい」という声や「この大きさ、犬じゃないみたい…」といった声が多く聞かれるほど、横綱土俵入りは大迫力!
人間の横綱の化粧まわしとは違い、体の側面にも化粧まわしが垂れ下がっているのがおもしろいですね。

横綱土俵入りを見た人の声

  • シーズンではなかったので、闘犬博物館、横綱土俵入りの見学と子犬との触れ合いができました。
  • 土佐犬を初めて近くで見たので横綱の大きさに驚きました。
  • 化粧まわしをつけて迫力満点。
  • 子犬は1ヶ月と2ヶ月の子達がいましたがやっぱり大きかったです。
  • 楽しそうに4~5匹で遊んでいて可愛かったです。普段、お目にかかれないので貴重な体験ができてよかったです。
  • まずは横綱の土俵入り
    横綱 土佐健竜 
  • デカイ!
  • 体重70kg超の見事な体躯。
  • 実に堂々としていてまさに横綱の風格。
  • 存在感に圧倒されました。
  • カッコイイ
  • 高知では、土佐犬による「闘犬」が実際に行われているようです。 
    その横綱犬による土俵入りが見られる…ということなので、興味津々、早速入場券を買って、建物二階にある会場へ入りました。  
  • 会場内には歴代横綱犬の四股名(?)がズラリ!  
  • そして待つこと数分で、いよいよ横綱犬の入場でした。       
  • うわ~! いかがですか、この堂々とした風格、そして獰猛そうな面構え。
  • 元々、高知県の山奥で、イノシシ狩りに使われてきた狩猟用の土佐犬ですが、この犬をベースに明治の頃からブルドックやグレートデン、マスチフなどの血筋が導入され、増々大型化し、体重100Kgを越える大型犬が誕生しました。 
  • かなり厳しい躾をし、飼い主の命令には従順に躾けてありますが、なかなか力が強いため、大人二人で散歩に連れて歩くそうです。
  • 可愛い土佐犬の子犬たちとふれあえる♡

    土佐犬の横綱土俵入りと並んで外せないのが子犬とのふれあいです。
    さっきまで見ていた横綱とは全然違う可愛らしい子犬たちに癒されましょう♡
    とはいうものの他の犬種の子犬に比べるとかなり体は大きく、力も相当強いんだとか。
    よく顔を見てみると、もうすでに横綱のしわくちゃ顔の片鱗がありますね。
    横綱土俵入りとセットになったツアーもあるみたいです♪

    子犬とのふれあい口コミ情報

  • ずっと行きたかった場所!!
  • 時間外は売店しかないようでスタッフさんに声をかけたら 子犬に会わせてくれました♪
  • 初めて生の土佐犬に逢って触れました!
  • 大きさにびっくりしたけど更に魅力を感じました♪ 
  • 大満足です(*´ω`*)
  •   
  • 2度目ですが子犬と会いたいためだけに立ち寄りました。
  • 管理がきっちりされているようで犬にも人にも安心です。
  • 2歳の若い犬にも触らせてもらいました。
  • スタッフの方にもいろいろ話が聞けて楽しいです。
  • お土産も充実しています。
  • 可愛い土佐犬グッズや高知名産をおみやげに

    テーマパークのおみやげコーナーなんて…と思う方も多いかもしれませんが、こことさいぬパークのおみやげコーナーは大人気スポット!
    ここでしか買えない土佐犬オリジナルグッズのほか、高知のおみやげがなんでもお安く揃うスポットとして有名なようです。
    とさいぬパークと施設が分かれているため、入場料なしでも入れるのがうれしいところですね♪

    とさいぬパーク直営売店口コミ情報

  • たくさんの土佐犬ぬいぐるみがあって可愛かったです!
  • 私は見なかったのですが、ショーの前で凄く混んでました。
  • 面白いお土産もいっぱいで良かったですよ。
  •   
  • この施設の売店にしか置いていないという、オリジナルグッズの土佐闘犬のぬいぐるみが非常に愛らしかったです。
  •   
  • 桂浜へ行った時に立ち寄った 土佐闘犬センター。
  • 桂浜の駐車場から桂浜に行く途中には観光地らしく何件ものお土産屋さんが軒を連ねていますが、この「土佐闘犬センター」のおみやげ物屋さんが一番店構えが綺麗で、品も充実していて、更に試食もいっぱい出来ました☆
  • おみやげ物の送料も良心的で、お土産を1万円以上購入したら無料(箱代は別途必要)にしてくれます。
  • 1万円以下でも500円でした。
  • 馬路村の「ごっくん」は、24本入で2480円。道の駅よりも安く購入できました☆
  • 闘犬博物館にも寄ってみよう

    闘犬博物館は土佐闘犬の歴史について学べる施設。
    日本の闘犬の歴史は古く、なんと平安時代から続いているといいます。
    ちなみに今の土佐闘犬ができたのは明治時代。
    元々いた四国犬の闘犬にマスティフやブルドッグなどを掛け合わせて作られた品種だそうです。

    闘犬博物館の口コミ情報

  • 闘犬というと怖いイメージがあり、今までは桂浜へ行っても入場したことはありませんでした。
  • 子犬に触れられるということを知り入館しました。
  • 子犬もナツイテきて癒されるひとときを過ごせました。
  • また、闘犬に関連する展示物などもあり、闘犬自体を見なくても楽しめました。
  • 子犬と触れ合うコーナーは撮影自由ですが、その他展示物などは撮影制限があります。
  • みずみずしさがおいしい!小夏ジュースを楽しもう

    ちょっと不思議な見た目の子夏ジュースはとさいぬパークを訪れた人たちの間で評判!
    高知県のみかん品種として有名な子夏を丸ごとフレッシュジュースにした贅沢な一品です。
    柑橘類にありがちな嫌な酸味もなく、すっきりおいしい味わいだそうですよ!
    小夏のない時期にはぶんたん、すいか、新高梨など様々な季節のフルーツのフレッシュジュースを楽しむことができます♪

    小夏ジュースの口コミ情報

  • 「土佐闘犬センター」の館内は大きなショッピングセンターとなっています。
  • 高知の名産品・お土産物が揃っています。
  • フルーツ生ジュースが美味しかったです。
  • とさいぬパークへのアクセス

    とさいぬパークは近くに桂浜の観光施設がたくさん!
    坂本竜馬の像や桂浜水族館も近くにあり、一気に桂浜の名所を回ることのできる場所です。

    公共交通機関を利用する場合

    まずは電車を利用してJR高知駅まで。
    そこからはMY遊バスもしくは高知県交通バスを利用するとほぼ目の前まで行くことができて便利ですよ♪

    車を利用する場合

    車を利用する場合は桂浜駐車場に車を停めましょう。
    高知ICを下車してすぐ左折、しばらく直進して高知新港入り口の交差点を右折します。
    そこから浦戸大橋を渡りすぐの信号を左へ曲がると、桂浜駐車場です。

    ■ 基本情報

    • ・名称: とさいぬパーク(旧 土佐闘犬センター)
    • ・住所: 高知県高知市浦戸6桂浜公園内
    • ・アクセス: JR高知駅からMY遊バスで桂浜下車もしくは高知県交通バス桂浜行きの終点下車
    • ・営業時間: 9:00~16:30(直営売店は8:00~18:00)
    • ・定休日: なし
    • ・電話番号:050-3033-3166
    • ・料金: 大人…500円、中・高校生…400円、小学生…300円(横綱土俵入り、子犬ふれあい等は別料金)
    • ・所要時間: 1時間~
    • ・オススメの時期: 闘犬を見たい方は事前にお問い合わせください
    • ・公式サイトURL: http://www.tosa.or.jp/

    地図はこちら


    闘犬という文化は伝統的ではありますが、犬たちにとっては辛い歴史だったのかもしれません。 
    「これから実際に戦う闘犬は減るだろう」ととさいぬパークの方も語っておられるように、土佐犬たちの新しい生き方が見つかっていってほしいと切に願います。
    まずはその第一歩として、土佐犬のことを知ってみませんか?

    素材提供:トリップアドバイザー
    最終更新 : 2015年10月09日

    スポンサーリンク

    この記事に関係する地域

    高知市 

    この記事に関係する旅の目的

    テーマパーク 

    この記事を見た人にオススメの記事