東京にある「ちいさな映画館」が、今、注目されています。昭和のかおりとシネコンにはない魅力!

東京には「三軒茶屋シネマ」や「三軒茶屋中央劇場」、「浅草名画座」、「新宿昭和館」など、昭和のかおり漂う定員200人程度のちいさな映画館「ミニシアター」の名劇場がたくさんありました。近年多くの映画館が閉館に追い込まれましたが、まだまだ健在のミニシアターもあります!注目の「ちいさな映画館」をご紹介します。

1. 早稲田松竹 【高田馬場】

1951年松竹の系列封切館として開館、1975年から旧作2本立ての名画座になりました。2002年に休館した際には、早稲田大学の学生を中心とした「早稲田松竹復活プロジェクト」の働きかけにより2003年に再開しました。
デジタル上映だけでなく、35mmフィルム映写機もあり、フィルム上映も行われます。 プログラムは、時勢にとらわれない監督や俳優を特集するなど、昭和の香りを感じる個性豊かな映画館です。

途中退出ができる独自システム

早稲田松竹は途中退場ができるシステムがあります。その日限りで途中退出、途中入場ができる「外出証」というカードがあり、2本立てプログラムを時間を隔てて楽しむ事が出来ます。例えば午前中に1本、食事のために外出し夕方にもう1本を見るなど、当日限りで自由に出入りが可能なシステムがある珍しい映画館です。

■ 基本情報

  • ・名称: 早稲田松竹
  • ・住所: 東京都新宿区高田馬場1-5-16
  • ・アクセス: JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅早稲田口から徒歩5分
  • ・電話番号: 03-3200-8968
  • ・料金: 一般:1,300円、学生:1,100円、シニア・小学生:900円
  • ・座席数:153席 
  • ・公式サイトURL: http://www.wasedashochiku.co.jp/

2. 新文芸坐 【池袋】

1956年開館。かつては松竹洋画系の封切映画館でしたが、現在は低料金2本立ての旧作名画座として営業しています。落語やお笑いのトークライブ会場としても用いられたり、映画監督や俳優のトークショーなどの催しも行われることがあります。

企画にあわせた作品を3作から4作集め、深夜から朝まで上映する「オールナイト」も土曜日の夜を中心に行なわれています。昭和時代のなつかしの旧作が上映されることもあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 新文芸坐
  • ・住所: 東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F
  • ・アクセス:JR・地下鉄・私鉄各線「池袋」駅東口より徒歩3分
  • ・電話番号: 03-3971-9422
  • ・料金: 通常興行:一般:1,300円
  •                            学生:1,200円
  •                    友の会:1,050円
  •            シニア・身障者・小学生以下(3歳以上):1,050円
  •                      ラスト1本:850円
  • ・座席数:266席 
  • ・公式サイトURL: http://www.shin-bungeiza.com/

3. キネカ大森 【大森】

1984年に「日本初のシネマコンプレックス」と銘打ってオープンした映画館です。「シネコン」とは言えども、現在の規模とは違い、スクリーンの数は3つ。1980年代当時の昭和のシネコンを感じることができます。1998年以降アジア映画を上映していましたが、現在は最新の邦画・洋画から名画まで幅広く上映、なつかしの2本立てプログラムも実施しています。

■ 基本情報

  • ・名称: キネカ大森
  • ・住所: 東京都品川区南大井6-27-25 西友大森店5階
  • ・アクセス:JR京浜東北線「大森」駅東口徒歩3分
  • ・電話番号: 03-3762-6000
  • ・料金: 通常入場料金一般:1,800円、名画座2本立て料金一般:1,300円ほか
  • ・座席数:シアター1:134席、シアター2:69席、シアター3:40席 : 
  • ・公式サイトURL: http://www.ttcg.jp/cineka_omori/

4. 新宿武蔵野館 【新宿】

「新宿武蔵野館」が開館したのは1920年のこと。今からなんと95年前にオープンした映画館です。関東大震災での被災や、戦時中の空襲などの被害を受けながらもそのたびに再開、数度の営業方針の転換や改称を経て、現在は旧作やB級映画も含め幅広い映画を上映しています。新宿の街を1世紀近く見つめてきた映画館です。

■ 基本情報

  • ・名称: 新宿武蔵野館
  • ・住所: 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3階
  • ・アクセス: JR・地下鉄・私鉄各線「新宿」駅中央東口より徒歩3分
  • ・電話番号: 03-3354-5670
  • ・料金: 一般:1,800円 ※前売等各種割引券あり
  • ・座席数:武蔵野館1:133席、武蔵野館2:84席、武蔵野館3:84席 
  • ・公式サイトURL: http://shinjuku.musashino-k.jp/

5. 吉祥寺プラザ 【吉祥寺】

電飾が付いたレトロな入り口前の看板が昭和を感じさせます。「吉祥寺プラザ」は、今はもう珍しくなってしまった単館ロードショー劇場。古くてレトロな建物やロビーですが、清潔感があり、係員の対応も丁寧です。現在の主流シネコンでは味わえない雰囲気を満喫できます。

■ 基本情報

  • ・名称: 吉祥寺プラザ
  • ・住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19
  • ・アクセス: JR中央線「吉祥寺」駅より徒歩7分
  • ・電話番号: 0422-22-5336
  • ・料金: 一般:1,800円、学生:1,500円、幼児・シニア:1,000円
  • ・座席数:216席 
  • ・公式サイトURL: http://www.toukoueiga.com/kichi/index.html

6. 飯田橋ギンレイホール 【飯田橋】

1974年に開業、ロードショーが終わった旧作映画の中から2本立てで上映する名画座。赤いレンガがどことなくレトロな雰囲気です。日本・アメリカ、アジア、ヨーロッパなど、世界中のあらゆるジャンルの映画の名作を観ることができます。「ギンレイ・シネ・パスポート」は、シングル(1万円)、ペア(1万8千円)、グループ(3万円)の3種類で、1年間フリーパスという画期的なカード。期間内ならば何度でも使用できるほか二本立の作品を別の日にバラして観ること、また気に入った作品を何度でも観ることもできます。

■ 基本情報

  • ・名称: 飯田橋ギンレイホール
  • ・住所: 東京都新宿区神楽坂2-19 銀鈴会館
  • ・アクセス: JR総武線「飯田橋」駅下車 西口改札より徒歩3分
  •                   地下鉄各線「飯田橋」駅B4a、B4b出口より徒歩1分
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 03-3269-3852
  • ・料金: 一般:1,500円、学生:1,200円、シニア:1,000円
  • ・座席数:206席 
  • ・公式サイトURL: http://www.ginreihall.com/

7. 岩波ホール 【神保町】

岩波書店が経営する映画館。1960年代にテレビの発達により映画産業が衰退することを危惧し、文化的に質の高い映画を上映する目的でオープンしたミニシアターの草分け的存在。まだ「ミニシアター」という言葉がない昭和の時代から東京の小規模劇場の代表でした。日本では上映されることの少ない、アジア・アフリカ・中南米など欧米以外の知られざる名作や女性監督の作品を積極的に紹介していることでも有名です。

■ 基本情報

  • ・名称: 岩波ホール
  • ・住所: 東京都千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル10F
  • ・アクセス:都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線A6出口直結
  • ・電話番号: 03-3262-5252
  • ・料金: 一般:1,800円、大学生・シニア:1,500円、小中高校生:1,200円
  • ・座席数:220席 
  • ・公式サイトURL: http://www.iwanami-hall.com/

8. 目黒シネマ 【目黒】

1975年から、目黒の駅前にひっそりと建つ名作座。「いつも腹ペコ2本立て」をキャッチコピーに、少し遅れたタイミングではあるもののヒットしたばかりの名作映画を観れる上、2本立てなのでかなりお得な印象。大蔵映画株式会社が経営、入口の館名のプレートやロビーの内装も従業員や支配人の手作りなのだとか。映画のポップやロビーは手作り感が満載。
ロビーには映画に関する書籍もあり、身分証明書を出せば貸し出しもOKなのだそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 目黒シネマ
  • ・住所: 品川区上大崎2-24-15目黒西口ビルB1
  • ・アクセス: JR山手線「目黒」駅西口より徒歩3分
  • ・電話番号: 03-3491-2557
  • ・料金: 一般:1,500円、学生:1,200円、シニア:900円
  • ・座席数:100席 
  • ・公式サイトURL: http://www.okura-movie.co.jp/meguro_cinema/


9.  シネマヴェーラ渋谷

シネマヴェーラ渋谷は、渋谷のbunkamura近く、ビルの4階にある映画館です。2006年にオープンした映画館です。通常入れ替えなしの二本立てです。他の階にはユーロスペース、映画美学校があります。

シネマヴェーラは東京の映画マニアにはおなじみの映画館です。名画座のひとつで主に古い映画を選んでプログラムを組んでいます。20世紀〜現代までの映画史をたどってみたい人は、絶対にはずせない聖地のひとつ。小さいですが音もよく綺麗な劇場です。老若男女問わず賑わっていて、活気があります。

■ 基本情報

  • ・名称: シネマヴェーラ渋谷
  • ・住所: 東京都渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS(キノハウス) 4F
  • ・アクセス: 渋谷駅から徒歩7分
  • ・電話番号: 03-3461-7703
  • ・料金: 一般:1400円、シニア・会員:1000円、大学高校生:800円、中学生以下:500円
  • ・座席数: 142席
  • ・公式サイトURL: http://www.cinemavera.com

10.  ラピュタ阿佐ヶ谷

ラピュタ阿佐ヶ谷は、阿佐ヶ谷駅北口のスターロード商店街を抜けると見えてくる映画館です。庶民的な雰囲気の街に突然見えてくるファンタジックな建物は独特。丸みのある土の壁は遠くから見てもラピュタの建物とわかります。建物の中には映画館のほかに、芝居小屋やレストラン山猫軒も入っています。

映画館としては50席とかなり小さい劇場。しかしその上映プログラムは映画マニアの心を鷲掴みにしています。1950〜60年代の日本映画を中心にして、ソフト化されていない貴重な作品も多く上映します。

■ 基本情報

  • ・名称: ラピュタ阿佐ヶ谷
  • ・住所: 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-21
  • ・アクセス: 阿佐ヶ谷駅 北口から徒歩2分
  • ・電話番号: 03-3336-5440
  • ・料金: 一般:1200円、学生・シニア:1000円
  • ・座席数: 50席
  • ・公式サイトURL: http://www.laputa-jp.com/annai/index.html

11.  下高井戸シネマ

下高井戸シネマは、昭和の香りがぷんぷんする、映画好きだったら誰もがワクワクする映画館です。入場料金は上映する映画によって違いますのでご注意ください。でも一年間の会員サービス(3500円)に加入すると毎回900円で見られるのでお得!さらに会員の同伴者一名も割引というから凄いです。

オープンした頃(昭和30年代)は、木造平屋の建物でした。東映の封切り館として親しまれていました。現在では名画座として全国の映画ファンの間で愛される、歴史ある庶民の映画館となっています。

■ 基本情報

  • ・名称: 下高井戸シネマ
  • ・住所: 東京都世田谷区松原3-27-26
  • ・アクセス: 下高井戸駅から徒歩3分
  • ・電話番号: 03-3328-1008
  • ・料金: 一般:1600円〜1000円、大学・専門:1300円〜1000円、高校生:1000円、シニア(60才以上)・中学生・小学生:1000円
  • ・座席数: 126席
  • ・公式サイトURL: http://www.shimotakaidocinema.com

12.  ユーロスペース

ユーロスペースは、渋谷のKINOHAUSに入っている映画館です。4階にはシネマヴェーラがあります。2スクリーンの劇場です。会員制度もあり、年会費1000円で普段の入場が1200円。加えてシネマヴェーラが1000円になるという信じられないお得感。映画が好きな人は会員制度を利用しない手はないです。

1982年、桜丘にオープンして以来、現在の場所に根付くまで、独自のセレクトで映画ファンに愛されてきました。アキ・カウリスマキやアッバス・キアロスタミなどをここで観たぞという人も多いハズ。

■ 基本情報

  • ・名称: ユーロスペース
  • ・住所: 東京都渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS 3F
  • ・アクセス: 渋谷駅から徒歩7分
  • ・電話番号: 03-3461-0211
  • ・料金: 一般:1800円、大学生:1400円、高校生:800円、中学生・小学生・幼児:500円、シニア:1200円
  • ・座席数: 【ユーロスペース1】92席、【ユーロスペース2】145席
  • ・公式サイトURL: http://www.eurospace.co.jp

13.  ポレポレ東中野

ポレポレ東中野は、駅のホームからも見える映画館です。その昔BOX東中野という映画館が入っていた建物にポレポレ東中野はあります。全席自由席で入れ替え制の映画館です。交通の便がよく周囲に飲食店も多いので小さい映画館の中でも敷居は低い方でしょう。入場料は映画によって多少異なります。

ここでは注目の新人映画監督の作品や、ドキュメンタリー映画を中心に上映。社会的な問題やアート、世界の情報などの発信源となる場を目指している映画館です。トークイベントも頻繁に行っています。

■ 基本情報

  • ・名称: ポレポレ東中野
  • ・住所: 東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル地下
  • ・アクセス: 東中野駅から徒歩1分
  • ・電話番号: 03-3371-0088
  • ・料金: 作品により異なる
  • ・座席数: 102席
  • ・公式サイトURL: http://www.mmjp.or.jp/pole2/

14.  神保町シアター

神保町シアターは、古書の街神保町にある映画館です。小学館が運営している映画館で、吉本興業運営の神保町花月とひとつの建物に入っています。昭和の懐かしい日本映画を中心に上映しています。

この劇場の特徴といえばその作品のセレクトにあります。豊田四郎、伊藤大輔、内田吐夢といった名監督の特集を組んで上映。多くの観客が押し寄せています。当初は子供向けのアニメ映画の劇場にする方針だったそう。でも不思議なことに渋めのセレクトが好評で現在のスタイルにシフトしたそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 神保町シアター
  • ・住所: 東京都千代田区神田神保町1-23
  • ・アクセス: 神保町駅から徒歩3分
  • ・電話番号: 03-5281-5132
  • ・料金: 一般:1200円、学生:800円、シニア:1000円
  • ・座席数: 101席
  • ・公式サイトURL: http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/index.html

15.  アテネ・フランセ文化センター

アテネ・フランセ文化センターは、御茶ノ水にあるフランス語学校アテネ・フランセの4階にある映画館です。紫色の不思議なデザインの建物ですが妙に街と馴染んでいるのが面白いです。中はなんとも言えない古い学校の匂いがします!4階まで階段で、せっせと登りましょう。

アテネの文化センターでは、国内外を問わず幅広く上映する映画館です。映画の誕生した19世紀の終わりから現代に至るあらゆる現存する映画を上映する、映画の歴史をたどりたい人は外せない施設です。

■ 基本情報

  • ・名称: アテネ・フランセ文化センター
  • ・住所: 東京都千代田区神田駿河台2-11 アテネ・フランセ4階
  • ・アクセス: JR御茶ノ水駅・JR水道橋駅から徒歩7分
  • ・電話番号: 03-3291-4339
  • ・料金: 一般:1300円、シニア・学生・文化センター会員:1000円
  • ・座席数: 130席
  • ・公式サイトURL: http://www.athenee.net/culturalcenter/

16.  アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ

アンスティチュ・フランセ東京は、古くは東京日仏学院という名前で親しまれていたフランス語の学校です。エスパス・イマージュは、学校の中にある映画館です。あまり他では観られない映画を上映しています。映画の上映はもちろん、講演会やシンポジウム、様々なイベントに使われる劇場です。

映画は、フランス映画を中心に世界中の映画を厳選して上映しています。日本だとここでしか観られないような映画を上映したりするので、いつも映画ファンで行列ができています。早めに行くのが大事!

■ 基本情報

  • ・名称: アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
  • ・住所: 東京都新宿区市谷船河原町15
  • ・アクセス:JR飯田橋駅から徒歩7分
  • ・電話番号: 03-5206-2500
  • ・料金: 一般:1200円、学生:800円、会員:500円
  • ・座席数: 108席
  • ・公式サイトURL: http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/categories/film/

17.  イメージフォーラム

イメージフォーラムは、渋谷駅から宮益坂を登った先にある映画館です。2スクリーンありますが小さい施設で、大きい方でも100席。非常にスタイリッシュでかっこいい館内です。映画学校も併設しています。上映は、様々な監督の特集、企画上映など幅広く行っています。マメにチェックしましょう。

建物も印象的。未来の神殿のような外観。視覚的にとても面白い建築物です。会員制度もあります。一年間の会費が2000円で、毎回1100円で映画を観られます。同伴者は1名だけ300円の割引となります。

■ 基本情報

  • ・名称: イメージフォーラム
  • ・住所: 東京都渋谷区渋谷2-10-2
  • ・アクセス: JR渋谷駅から徒歩8分
  • ・電話番号: 03-5766-0114
  • ・料金: 一般:1800円、学生・シニア:1200円、会員1100円
  • ・座席数: 【シアター1】64席、【シアター2】100席
  • ・公式サイトURL: http://www.imageforum.co.jp/theatre/

18.  アップリンク

アップリンクは、渋谷駅から東急百貨店の右の道を進むと見えてくる映画館です。ぱっと見、外観は映画館ぽくはありませんので通り過ぎてしまいそうですが。1階にタベラというオシャレなカフェレストランがあります。2階にはUPLINK MARKETがあり、映画に関連したDVDや書籍を売っています。

渋谷駅からはすこし遠いですが、小さなカルチャーセンターと言える総合施設。1階のギャラリーはクリエイターへの貸し出しもしています。映画の上映はドキュメンタリー映画を中心に行っています。

■ 基本情報

  • ・名称: アップリンク
  • ・住所: 東京都渋谷区宇田川町37-18
  • ・アクセス: JR渋谷駅から徒歩10分
  • ・電話番号: 03-6825-5503
  • ・料金: 一般:1800円、学生:1300円(平日学割1100円)、高校生以下:800円、シニア1100円、UPLINK会員:1000円
  • ・座席数: 【スクリーン1】58席、【スクリーン2】44席、【スクリーン3】40席
  • ・公式サイトURL: http://www.uplink.co.jp



東京都内のちいさな映画館は数多くあります。秋葉原のように栄えていながら映画館のない場所もあります。劇場の殆どが交通の便の良いエリアにあります。そのため映画マニアたちは休日になると、劇場を何軒もはしごするのです。電車での行き来が楽だからできる都会ならではの微笑ましい光景です。
最終更新 : 2016年09月19日

この記事を見た人が見ている記事

この記事に関係するエリア

神田・神保町  神楽坂・飯田橋  新宿・初台  池袋  早稲田・高田馬場・護国寺  目黒  大森・大井町  吉祥寺・三鷹 

この記事に関係するジャンル

友達と旅行  一人旅