淡路島観光のおすすめスポットまとめ。定番から穴場まで、40ヶ所をご紹介!


うずしおやテーマパークONOKOROなど見所もたくさんあり、温泉でゆっくりリラックしたり、明石海峡大橋や瀬戸内海を眺められる日帰り温泉などを利用するのもおすすめです。
御食国(みけつくに)と呼ばれる淡路島ならではの淡路牛、たまねぎ、海の幸はぜひ味わいましょう。

誰もが知っている名所やあまり知られていない穴場スポットまで。数ある観光地の中でどこに行けば淡路島を満喫できるかな?
淡路島に行きたくなる観光スポットや見所を紹介します。

1.明石海峡大橋

淡路島といえばまずは明石海峡大橋は欠かせません。海にかかる世界最長の大きな吊り橋はとても雄大で美しく、日本の技術を垣間見ることができます。朝から晩まで様々な表情をみせてくれるのも魅力です。

明石海峡大橋には遊歩道や展望台が設けられていて一般の方も登頂まで登る事ができます。海面から登頂までの高さは何と300m。圧巻のスケールを楽しむことができます。

ちなみに高さは国内でも有数で、東京スカイツリー・東京タワー・あべのハルカスに次ぐ高さを誇るんですよ。夜になるとケーブルのイルミネーションがライトアップされ、日中とはまた違うロマンチックな表情を見せてくれます。

基本情報

  • ・名称:明石海峡大橋 大鳴門橋
  • ・住所:兵庫県神戸市垂水区
  • ・アクセス:JR神戸線舞子駅からすぐ
  • ・営業時間:24時間
  • ・定休日:無
  • ・電話番号:078-291-1033
  • ・料金:普通車900円 軽自動車750円

2.あわじ花さじき

明石架橋大橋が作られたのと同時にオープンした一面に咲きほこる花さじきが有名な観光名所。
広大な敷地に広がる花々は四季それぞれ違った種類のものを楽しむことができ、春には菜の花、夏にはひまわり、秋にはコスモス、冬にはパンジーなどが楽しめます。展望台からのパノラマもおすすめです。

四季折々に咲く花々が高原全体を彩り、まるで絵本の中に飛び込んだかのような現実離れした美しい景色を見せてくれますよ。どの時期に訪れても、また何度訪れても飽きることはありません。幻想的な世界に包まれたい方はぜひおすすめです。

基本情報

  • ・名称:あわじ花さじき
  • ・住所:兵庫県淡路市楠本字上山2865-4
  • ・アクセス:東浦バスターミナルから徒歩で
  •       東浦ICから車で
  • ・営業時間:9:00~17:00
  • ・定休日:年末年始
  • ・電話番号:0799-74-6426
  • ・料金:入園料 無料
  • ・オススメの時期:年中
  • ・公式サイトURL:http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/

3.国営明石海峡公園

瀬戸内海が目の前に広がる広々とした国立公園です。園内では四季折々の花を楽しむことができ、又湖ではボートやお子様づれにもとても嬉しい遊具なども沢山あり、一日中遊ぶことができます。また季節ごとにイベントなども行われており、楽しく過ごすことができます。

植物とともに淡路の澄んだ空や海の美しい風景美を堪能することができる気持ちが良いスポットです。ちなみに、東浦口ゲートから入ると季節の花々でつくられた巨大なたこさんが出迎えてくれますよ。撮影スポットとして大人気です。

基本情報

  • ・名称:国営明石海峡公園
  • ・住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10
  • ・アクセス:車/神戸淡路鳴門自動車道淡路ICより南へ約5km
  •       電車/JR山陽線舞子駅よりバスで約15分
  • ・営業時間:4月~8月:9:30~18:00(17:00)/9~10月・3月:9:30~17:00(16:00)
  •                  11月~2月:9:30~16:30(15:30)
  • ・定休日:年末年始
  • ・電話番号:0799-72-2000
  • ・料金:大人 410円(15歳以上) 中学生 80円 小学生 80円 シルバー 210円
  • ・オススメの時期:年中
  • ・駐車場:有
  • ・公式サイトURL:http://www.awaji.kkr.mlit.go.jp/

4.伊弉諾(いざなぎ)神宮

日本最古の神社として有名な伊弉諾神宮。古事記、日本書紀にも登場する由緒ある神社です。国つくりの神とされるイザナギとイザナミを祀っています。夫婦大楠や、左右の目から神が生まれた事に由来した左右神社があります。

日本神話によると、この2柱の夫婦神が一番最初につくった国がこの淡路島なんですよ。隠居したイザナギは、この地に住居を構えて余生を過ごしたそうです。こちらの神社はその跡地に建てられ、明治時代まで禁足の地とされていたんです。

基本情報

  • ・名称:伊弉諾(イザナギ)神社
  • ・住所:兵庫県淡路市多賀740
  • ・アクセス:神戸淡路鳴門自動車道 車でお越しの方は、津名一宮インターより5分
  • ・営業時間:社務所は8:30~17:00
  • ・定休日:無休
  • ・電話番号:0799-80-5001
  • ・料金:無料
  • ・公式サイトURL:http://izanagi-jingu.jp/

5.淡路ファームパークイングランドの丘


国内ではめずらしくコアラが見れる場所としても知られるイングランドの丘。農業公園として知られ、多くの花はもちろん、いちご狩りなども楽しめ、園内では自然の食材を使用したランチも食べることができます。広大な敷地になっているのでお子様連れでも安心です。

自然や動物と触れ合い、淡路のグルメを満喫し、様々な遊具で大人も子どもも一緒に遊ぶことができるスポットとして人気なんですよ。時間を忘れて1日中ゆったりとアウトドアを楽しみたい方にぜひおすすめです。

基本情報

  • ・名称:淡路ファームパークイングランドの丘
  • ・住所:兵庫県南あわじ市八木養宜上1402
  • ・アクセス:洲本高速バスセンターからバスで20分
  • ・定休日:無休
  • ・電話番号:0799-43-2626
  • ・料金:子供 400円 4歳~小学生
         大人 800円 中学生以上/団体・障害者割引あり
  • ・駐車場:有
  • ・公式サイトURL:http://www.england-hill.com/

6.鳴門うずしお

瀬戸内海といえばこのうずしおが有名です。これは太平洋と瀬戸内海の潮の干満差によっておこる現象で、
とくに春と秋の大潮のときにできるうずしおは世界一の大きさで、迫力があります。うずしおを近くで観覧するための観覧船も多く出航しています。

歌川広重の浮世絵にも描かれているこの渦潮、世界一なのは規模だけではありません。潮流の速度も日本一と言われており、世界三大潮流のひとつに数えられています。現在では世界遺産登録を目指してさまざまな取り組みが行われているそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 鳴門渦潮
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市
  • ・アクセス: 福良港から船で
  •       伊毘港から船で
  • ・定休日: 天候により変わります。
  • ・電話番号:0799-52-2336 
  • ・所要時間: 1~2時間
  • ・オススメの時期: 春秋の大潮は1年で一番大きなうずしおが期待できます
  • ・公式サイトURL: 福良港⇒ http://www.uzu-shio.com/
  •                            伊毘港⇒ http://www.webty.net/helios/

7.道の駅うずしお

淡路島の特産品や観光案内を行っている道の駅です。ここで販売されている淡路島バーガーも人気です。道の駅から見れる明石海峡大橋や島の景色もとても綺麗でおすすめです。

ここでオープンされているレストラン「うずの丘」では、淡路の絶景を眺めながら、淡路の新鮮な魚介をふんだんに使用した絶品のお料理を頂くことができるんです。リーズナブルなので気軽に食べられます♪淡路でお食事に迷った際はぜひここへ。

■ 基本情報

  • ・名称: 道の駅うずしお
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
  • ・アクセス: 淡路島南ICから車で2分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0799-52-1157
  • ・公式サイトURL: http://www.uzunokuni.com/

8.淡路ワールドパークONOKORO

世界をテーマにしたテーマパークです。園内にはミニチュアワールドやライドアトラクション、童話の森、遺跡の世界の4つのテーマに分かれており、世界遺産のミニチュアの模型などが楽しむことができます。また大観覧車やメリーゴーランドなどの乗り物もあり、お子連れにも人気の観光名所です。

園内に建てれられた世界各国の建築物は、すべて1/25のスケールで再現されています。日本の遊園地の定番・観覧車とインドの世界遺産・タージマハルが一緒の写真に写っているなんて、何とも不思議な感じがしますね。

■ 基本情報

  • ・名称: 淡路ワールドパークONOKORO
  • ・住所: 兵庫県淡路市塩田新島8-5
  • ・アクセス:神戸淡路鳴門自動車道津名一宮ICから約15分
  • ・営業時間: 9:30-17:30 季節により変更する場合あり
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0799-62-1192
  • ・料金: 大人 800円、小人 400円、小学生以下400円 
  • ・公式サイトURL: http://www.onokoro.jp/

9.淡路島牧場

大人も子供も楽しめる体験型の牧場です。牧場内には牛が飼育されており、乳しぼりやとれたての牛乳を使ってバター作りなどの酪農体験をすることができます。またバーベキューの館もあり、淡路島牛などのバーベキューを楽しむことができます。

こちらの牧場で特にお子さんに人気なのが「ポニーのメリーゴーランド」です。なんとメリーゴーランド風のテントでポニーの背中にのって、ぐるぐると回ることができるんですよ。他では体験できない珍しいメリーゴーランドです。

■ 基本情報

  • ・名称: 淡路島牧場
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市八木養宣上1
  • ・アクセス: 洲本高速バスセンターからバスで25分
           鳥井から徒歩で5分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0799-42-2135
  • ・料金: 入園料無料/乳しぼり体験料等別途
  • ・公式サイトURL: http://www.awajishima.or.jp/

10.灘黒岩水仙郷

南あわじ市東南部にある海岸沿いの譲鶴羽山の海に面する急斜面では冬になると野生水仙が咲き乱れます。
45℃の急斜面に500万本もの水仙が咲く姿はとても美しいです。展望台も設置されていて、海岸と水仙の風景を楽しむことができます。

灘黒岩水仙郷は「日本三大群生地」のひとつに数えられているんですよ。江戸時代に近くの海岸に漂着した水仙の球根を植えたのが始まりだと言われています。淡路の雄大な海と可愛らしい水仙のコントラストに心が癒やされます。

■ 基本情報

  • ・名称: 灘黒岩水仙郷
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市灘黒岩2番
  • ・アクセス: 西淡・三原ICから車
  •       福良バスターミナルからバス
  • ・電話番号: 0799-56-0720
  • ・料金: 大人/500円 子供/300円
  • ・オススメの時期: 12月末~2月末
  • ・公式サイトURL: http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/

11.洲本城

国指定史跡である洲本城は大永6年に三好氏の家臣が築城しました。その後は城主が次々とかわり、戦国時代を見守ってきたお城です。山頂は模擬天守閣になっています。立派な石垣は今も残り、山頂からは洲本市内を一望できます。春には桜が楽しむことができ、ライトアップも行っています。

洲本城は大浜公園側に築かれた平城と、背後の三熊山に築かれた山城の2つの顔を持っています。車でも三熊山の大手門まで行けますが、ハイキングをかねて歩いて登るのもお勧めです。途中、幾重にも重ねらえた石垣を見ることができます。特に「登り石垣」と呼ばれるものは、全国で3ヵ所しか現存していないそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: 洲本城
  • ・住所: 兵庫県洲本市小路谷
  • ・アクセス:高速バス・洲本バスセンター行き終点下車、徒歩約60分(上の城)、徒歩約20分(下の城) 洲本バスセンターから淡路交通・由良線 「由良福祉センター」行き路線バスで「公園前」下車(下の城)、徒歩約40分(上の城)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0799-22-3321
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.city.sumoto.lg.jp/contents/20110628145211.html

12.奇跡の星の植物館

非常に整理されて見やすいと評判の植物館です。6つの展示場と特別展示室があり、巨大な温室では花と緑をモチーフとした様々なイベントが通年にわたり催しています。クリスマスが近くなるとライトアップも行っており、観光客も多く訪れます。

2000年に開園した「実験型植物館」。およそ3000種、3万株の植物が育てられています。プランツギャラリーは、肉植物とオブジェで構成されたドライな世界。トロピカルガーデンは耐熱植物が多く植えられ、珍種の昆虫も見ることができます。癒しの庭は、水や光、アートをコラボした空間で、落ち着く場となっています。

■ 基本情報

  • ・名称: 奇跡の星の食武官
  • ・住所: 兵庫県淡路市夢舞台4番地
  • ・アクセス: 神戸淡路鳴門道淡路ICより南へ5分
  • ・営業時間: 10時~18時
  • ・定休日: 毎月第二木曜日
  • ・電話番号: 0799-74-1200
  • ・料金: 大人600円 高校生300円 小中学生無料 シルバー300円
  • ・駐車場:有 有料(500円) 
  • ・公式サイトURL: http://www.kisekinohoshi.jp/

13.淡路島フルーツ農園


淡路島の中ほどにある人気の観光農園です。四季折々のフルーツ狩りを行うことができ、その季節ごとに違った魅力があります。いちごやミカン、ブルーベリーやぶどうなど豊富なフルーツをとれたてで味わうことができます。

土日、祝日、行楽シーズンは予約が必要です。いちご狩りは12月中旬~6月中旬、巨峰狩りは7月から10月中旬、ブルーベリーは7月~9月となっています。さつまいもやハウスミカン狩りもあり、すべてお持ち帰りができます。農園カフェも併設されていますよ。

■ 基本情報

  • ・名称: 淡路島フルーツ農園
  • ・住所: 兵庫県淡路市上河合173
  • ・アクセス: 神戸淡路鳴門自動車道津名一宮ICから約5分
  •        JR舞子駅から車で約30分
  • ・営業時間: 9:00-18:00
  • ・定休日:無休
  • ・電話番号: 0799-85-1894
  • ・料金: 食べ放題大人
  •     いちご1100円~1500円、巨峰1200円~1500円、ブルーベリー1300円、
  •     いちじく1200円、みかん1000円
  •     食べ放題小学生未満
  •     いちご800円~1000円、巨峰900円~1000円、ブルーベリー900円、
  •     いちじく900円、みかん500円
  • ・所要時間: 60分
  • ・公式サイトURL:http://awajishima-fruits.jp/

14.淡路島モンキーセンター

200頭の野生の猿に餌付けを行い、自然なままのサル社会をみることができるモンキーセンター。朝9時ごろから実際に山から下りてきて、夕方5時半には山に戻るという野生ならではの習生を見ることができます。比較的おとなしい性格の猿が多くみる人を癒してくれます。

野生なので、日によっては見れないこともあります。11月中旬~6月中旬はほぼ見学可能ですが、9月中旬~10月はほどんと見学できません。淡路島のボスは、弱い子の面倒を見るなど優しい性格なのだそうです。現在は9代目のリーダー、アサツユが群れを統制しています。

■ 基本情報

  • ・名称: 淡路島モンキーセンター
  • ・住所: 兵庫県洲本市畑田組289
  • ・アクセス: 神戸淡路島自動車道西淡三原ICより約40分
  • ・営業時間: 9:30-17:00
  • ・定休日: 木曜日
  • ・電話番号: 0799-29-0112
  • ・料金: 大人 600円、小人 300円
  • ・所要時間: 60 分
  • ・公式サイトURL: http://www.monkey-center.com

15.吹き戻しの里

小さいころに誰もが遊んだことのある吹き戻し。その吹き戻しのおもちゃを昔から制作し、現在日本で販売されている吹き戻しの日本シェア90%を誇る工場です。工場見学を楽しむことができ、実際にオリジナルの吹き戻しを作成することもできます。

吹き戻しとは、口にくわえて吹くと音とともに紙が伸び、クルクルと先から巻き戻って来るもの。縁日や景品などで、誰でも遊んだことのある懐かしいおもちゃです。昭和初期には日本全国で作られていましたが、現在は製品のほどんとがこの工場で作られています。

■ 基本情報

  • ・名称: 吹き戻しの里
  • ・住所: 兵庫県淡路市河内333-1
  • ・アクセス: 神戸淡路鳴門自動車道東浦ICから約10分
  • ・営業時間: 10:00-15:30
  • ・電話番号: 0799-74-3560
  • ・料金:大人 500円、小人 300円
  • ・公式サイトURL: http://www.fukimodosi.org/

16.県立淡路島公園

淡路島でも広大な敷地を持つ公園。比較的新しく作られた公園で、ハイウェイオアシスに併設するオアシスゾーンです。大型スライダーや本格的なアスレチック遊具があり、子供も大人も楽しむことができる公園です。大阪湾や明石海峡大橋を見ることができる展望台もあります。

広い公園で、1~2kmの散策コースもあります。標高218mの展望台に登るコースもありますよ。子供たちには「交流ゾーン」がお勧め。水の遊び場は広々とした芝生エリア、大型ローラー滑り台などがあります。様々な環境体験プログラムも行われていますので、是非ご参加下さい。

■ 基本情報

  • ・名称: 県立淡路島公園
  • ・住所: 兵庫県淡路市楠本2425-2
  • ・アクセス: 岩屋港から徒歩30分       
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号:0799-72-5377 
  • ・料金: 入場料無料
  • ・公式サイトURL: http://www.hyogo-park.or.jp/awajishima

17.絵島

小さな港町岩谷にある小さな島は、日本神話の中で最初に作られた島として言い伝えられている神秘の島です。岩谷フェリーターミナルから橋を渡りみることができ、その神秘的な姿に魅了される方も多いです。

島の頂上にある石塔は、平清盛が兵庫築城の時、人柱となった松王丸の霊を慰めるために作られたと言われています。昔から月見の名勝地としても知られています。島の岩肌は、2000万年前の地層が露出していて、地質学的にも珍しいものとなっています。

■ 基本情報

  • ・名称: 絵島
  • ・住所: 兵庫県淡路市岩屋
  • ・アクセス: 淡路ICより車で三分
  • ・営業時間: 無し
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0799-72-4624
  • ・料金: 無料
  • ・駐車場:無し

18.慶野松原

2.5キロにわたり海沿いに広がる大松原。夏は海水浴客やキャンプ場となり多くの人が利用し花火大会も行われます。また日本の夕陽百選に選ばれるなど夕陽の名所でもあります。

日本の渚100景、日本の海水浴場88選、日本の夕日100選などに選ばれている美しい砂浜。海岸には5万本の淡路黒松が生い茂り、その向こうに沈む夕日の姿は見事。古くは柿本人麻呂などが万葉集に詠んだ景勝地です。白い砂浜は瀬戸内海でも随一の美しさです。

■ 基本情報

  • ・名称: 慶野松原
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市松帆慶野
  • ・アクセス: 西淡三原I.Cから車
  • ・定休日: 無
  • ・電話番号: 0799-36-5959
  • ・オススメの時期: 夏
  • ・公式サイトURL: http://www.awaji-web.com/index.php?ocean_keinomatubara

19.おのころ島神社

日本書紀によると、伊弉諾尊(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)尊により創られた日本発祥の聖地といわれています。境内には日本三大鳥居の一つといわれる高さ21.7mの大鳥居があります。最近では縁結びの神社として有名になっています。

正殿の前に「鶺鴒(せきれい)石」があり、紅白の綱が伸びています。新しい出会いを求めている人は、白、赤の順に縄を握り願い事をしましょう。一人で参拝に来ていて、今の絆を強めたい人は赤、白の順です。またカップルの人は、男性は赤、女性は白の綱を取り、手を握って祈ると絆が深まるそうです。

■ 基本情報

  • ・名称: おのころ島神社
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
  • ・アクセス:西淡三原ICから車
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0799-42-5320
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.freedom.ne.jp/onokoro/

20.沼島

国生みの島といわれている沼島。淡路島の中にはほかにも5か所ほどその伝説が残っています。その中でも有力な候補地とされているのがこの沼島です。沼島のシンボルである上立神岩は天の御柱とされており、夫婦円満、恋愛成就などのシンボルとしても人気があります。

沼島の海上にある高さ30mの上立神石は、イザナミとイザナギが婚姻を行った場として崇められています。岩の中央にハート型に見える部分があり、これにあやかって夫婦円満や恋愛成就などの願いをかけるといいと言われています。沼島への便は限られているので、計画的にお出かけになって下さい。

■ 基本情報


21.淡路人形座

淡路島に古くから伝わる人形芝居を楽しむことができます。国の重要無形民俗文化財にしていされており、古くから伝わる伝統文化を楽しめます。人形は文楽のものよりも大きいのが特徴で、手や目の表情が豊かに表現されています。

■ 基本情報

  • ・名称: 淡路人形座
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市福良甲1528-1地先
  • ・アクセス: 福良バスターミナルからバスですぐ
  • ・定休日: 出張公演時
  • ・電話番号: 0799-52-0260
  • ・料金: 幼児 300円 (3歳以上)小学生 1,000円 、中高生 1,300円 大人 1,500円  
  • ・公式サイトURL: http://awajiningyoza.com/

22.淡路市立中浜稔猫美術館

世界でも類を見ない猫の墨絵だけが展示されている美術館です。表情豊かな猫の墨絵はほっこりとするようなものばかりで猫好きにはたまらない場所です。

■ 基本情報

  • ・名称: 淡路市立中浜稔猫美術館
  • ・住所: 兵庫県淡路市浦668-2
  • ・アクセス: 東浦バスターミナルから徒歩で2分
  •        東浦ICから車で3分
  • ・営業時間: 10:00~18:00
  • ・定休日: 月曜日(月曜日が祭日の場合は翌日)
  •       年末年始
  • ・電話番号: 0799-75-2011
  • ・料金:子供 300円 高大生300円 大人 500円 その他 200円 小中生200円
  • ・公式サイトURL: http://www.nekobijyutsukan.com/

23.北淡町震災記念公園・震災記念館

1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災で現れた野島断層を保存展示している施設です。震災からすでに20年以上が経過していますが、風化させずに今一度防災意識をしっかりと持たせてくれる場所です。記念館では震度の揺れを感じることのできるブースなどもあります。

■ 基本情報

  • ・名称: 北淡町震災記念公園・震災記念館
  • ・住所: 兵庫県淡路市小倉177
  • ・アクセス: 神戸・三宮地区(高速道路利用、北淡IC経由)車で60分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 年中無休
  • ・電話番号: 0799-82-3020
  • ・料金: 大人700円、中高生300円、小学生250円、団体割引有り
  • ・公式サイトURL: http://www.nojima-danso.co.jp/nojimafaultpreservationmuseum.php

24.淡路ハイウェイオアシス

四国へ向かう途中にある大きな観覧車と洋風のしっかりとした構えが特徴的な休憩所です。展望台からみえる明石海峡大橋の眺めが良く、絶好の記念撮影ポイントです。物産展などでは淡路島で採れる特産物などが多くあるので、買い物も楽しむことができます。

■ 基本情報

  • ・名称: 淡路ハイウェイオアシス
  • ・住所: 兵庫県 淡路市岩屋大林2674-3
  • ・アクセス: 神戸淡路鳴門自動車道沿い
  • ・営業時間: 無休
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0799-72-0220
  • ・公式サイトURL: http://www.ura.co.jp/oasis/

25.本福寺

日本が世界に誇る建築家安藤忠雄が手がけたお寺です。一見すると鉄筋コンクリートで作られたその斬新デザインがお寺とはとても思えないですが、平安期創建の真言宗御室派別格本山として由緒あるお寺です。屋根に作られた蓮池や本堂内陣の赤の格子は必見です。

■ 基本情報

  • ・名称: 本福寺
  • ・住所: 兵庫県淡路市浦1310
  • ・アクセス: JR神戸線三宮駅からJRバス東浦バスターミナル行きで50分
  •        大磯港下車、徒歩15分
  • ・営業時間: 9:00~17:00(閉門)
  • ・定休日: 無休
  • ・電話番号: 0799-74-3624
  • ・料金: 大人400円、中学生以下200円

26.静の里公園

源義経との悲恋で有名な静御前。隠棲の地と言われているそうで現在は安産や技芸熟達を祈願する参拝者が多いです。また公園内の池には泳ぐ金塊と呼ばれる金の鯉もいます。

■ 基本情報

  • ・名称: 静の里公園
  • ・住所: 兵庫県淡路市志筑795-1
  • ・アクセス: 津名港ターミナルから車
  • ・営業時間: 9:30~17:00
  • ・定休日: 年末年始
  • ・電話番号: 0799-64-2542
  • ・料金: 無料
  • ・公式サイトURL: http://www.city.awaji.lg.jp/soshiki/kankou/2005030142.html

27.うずの丘大鳴門橋記念館

瀬戸内海でみられるうずしおをテーマにした記念館で、館内にはうずしお科学館があり、うずしおの原理をしることができます。大鳴門橋架橋の記録の展示なども行っています。その他に屋上からは展望台があり大鳴門橋を一望することができます。
  • ■ 基本情報
  • ・名称: うずの丘大鳴門橋記念館
  • ・住所: 兵庫県南あわじ市福良丙936-3
  • ・アクセス:福良バスターミナルからバスで20分
  •       福良港から車で10分
  • ・営業時間: 9:00~17:00
  • ・定休日: 年末、臨時休業有
  • ・電話番号: 0799-52-2888
  • ・料金: 幼児 100円 小学生 250円 中学生 450円 高校生 450円 大人 500円
  • ・公式サイトURL: http://kinen.uzunokuni.com

最終更新 : 2016年05月18日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

淡路島 

この記事に関係する旅の目的

観光  観光スポット  遊園地  美術館・アート  博物館 

この記事を見た人にオススメの記事