消防博物館は四ツ谷にある子供と行きたい無料観光スポット!その魅力とは?

乗り物好きな人にはたまらない!世界の消防車が見ることができ、更にヘリコプターまで乗れちゃうという凄さ♪しかも無料とくれば、寄らなきゃ損!

「消防博物館」とは?

江戸時代から現代までの歴史と防火・防災を楽しく学べる博物館です。館内には、消防器具や消防車(展示用)などの展示や消防服を着て写真を撮ることができるなど、 子供から大人まで楽しめるよう工夫されています。

「消防博物館」の魅力はここ!

四谷三丁目の駅直結で行けるので、雨の日でも移動がラクです。館内は、ジオラマ付きのアニメで消火活動の仕組みを見れたり、展示用の消防車やヘリコプターに乗ったり、 消防服を着て撮影できたり、実際の器具の重さを体験できたりと、楽しめながら消防のしくみや歴史を学べるのが魅力的です。更に無料というのが嬉しい限りです。



「消防博物館」の見どころ・お勧めポイント!



地下1階「消防自動車の変遷ゾーン」

大正から平成までに活躍した、消防自動車8台を展示しています。また緊急のときにしか乗れない救急車も乗ることが出来ます。

1階・エントランス

マスコット「ファイアー君」や東京消防庁に初めて導入された消防ヘリコプター「ちどり」などが出迎えしてくれます♪撮影ポイントです。

3階「現代の消防ゾーン」

「消防隊に変身」コーナーは、実際に消防隊が使う資器材に触れたり、 試着用の防火衣(子供用あり)を着て、消防ポンプ車の座席に乗ることができます。 「災害に立ち向かう」コーナーは、最新の消防装備や救急資器材などの実物展示、 出場制度のしくみなどがわかりやすく展示しています。 他にも「アニメシアター」「空の消防隊」「自然災害とその備え」などのコーナーがあり楽しめます。目玉の一つはヘリコプターの運転席♪


4階「消防の変遷ゾーン」

「近代消防のはじまり」コーナーでは、明治時代の消防の様子を蒸気ポンプ、消防の装備品、消火活動の模型、錦絵などで紹介しています。「消防の近代化」コーナーでは、戦時中・戦後の消防、災害を未然に防ぐ近代消防への発展を紹介しています。 1976年まで使用されていた二輪消防車(通称:赤バイ)も展示されています。

5階「江戸の火消ゾーン」

江戸時代の火消の誕生や仕組みについて、わかりやすく紹介しています。また、火消のシンボルとなる「いろは48組、本所深川16組」の組の纏が本物の2分の1の大きさの模型も必見。ここで屋外の消防ヘリコプター操縦を楽しめます♪(天候により乗れない場合もあります) 

10階「展望休憩室」

展望休憩室では、新宿副都心や六本木ヒルズ、スカイツリーをはじめ、 晴れた日には富士山を見れる絶景の場所です。また、博物館で唯一飲食が可能です。 但し自動販売機はありますが、食事の販売はありませんのでご注意を!
 

おもしろいおみやげもあるよ!

これも、ある意味スマ~トホーン♪です。他にもいろいろあるので、ショップで探してみて♪

小さい子供が喜ぶミニショーもあり


消防博物館では、なんと小さい子供が喜ぶショーも開催されているんですよ。実際に起こった火事の際にはどのような対応がされているのかを、知ることができるショーとなっているので、大人も勉強になります。

小さな町並みを再現した模型を使って、光や映像、そして音と共に、実際の様子が再現されているので、見応えがあります。

なんと、昔の消防馬車もあります

まだ自動車がなかった時代にはどのように火事の対応をしていたと思いますか?実は昔は消防馬車を使っていたんです。

ここで消防馬車の模型があるので、実際にどのようなものだったかを見ることができますよ。また、明治時代に使われていた馬牽き蒸気ポンプなども見ることができます。クラシックな雰囲気たっぷりの消防車はまさに芸術です。

特殊装備の展示コーナーもあります

消防士の人たち火の中に入っていく必要があります。そのためには、超高温でも耐えることができる特別な衣服が必要です。特殊装備の展示コーナーでは、耐熱服や化学防護服などを実際に見ることができます。

また、さらには東京消防庁で利用されている特殊装備も見ることができるので、ぜひとも立ち寄ってください。

ゲームや映像シアター

もっと楽しく消防の知識に触れて欲しいという願いから完備されているのが、映像シアターです。こちらでは、見るだけで消防の世界に触れることができますよ。内容もとても分かり易いものとなってるのも人気です。

また、映像だけなくゲームで消防のことを知ることもできますよ。お子さんと一緒に楽しみながら勉強をすることができます。

Q&Aコーナーで楽しめる!

消防博物館にはQ&Aコーナーがあります。ここでは気になる事柄などをQ&A形式で知ることができるんですよ。

また、消防や防災についてのクイズを楽しむことができたりと、なかなか楽しめるスポットとなっています。実際に活躍するであろう災害時の行動の仕方などと、幅広い内容が詰まっているので、ぜひ大人も立ち寄ってくださいね。

江戸時代の火事の様子を再現

現代では、消防車や救急車、さらには特殊な設備を搭載した車両などがたくさんあり、火事の際にはスムーズに消火活動を行えるようになっていますが、実際に江戸時代では自動車などがなったため、どのように対処していたのか気になりますよね。

そんな知識を得るコーナーも消防博物館ありますよ。火事が起こってから、消化するまでの様子をジオラマで見ることができます。

実物の消防ヘリが見られる

消防車だけでなく、消防ヘリも人気ですよね。なんと、消防博物館では実際に利用されているヘリを見ることができます。

見たい!という人はぜひ5階屋上へ上がってみてくださいね。ここには実際に利用されていた消防ヘリの「かもめ」が展示されていますよ。また、コクピットに入ることもできるので、実際に触れることもできます。


駅からたった0分で行ける!

消防博物館の魅力はなんといっても、駅からたった0分で行けるという点です。実は、この施設は1階に出入り口があるだけではないのです。

実は、地下1階にも入口がるんですよ。なので雨や雪などの天気が悪い日でも、無理なく訪れることができます。東京メトロの四ッ谷3丁目駅の2番出口から行くことができるので、ぜひともこちらも利用してくださいね。

実際に行った方の口コミもチェック!

  • ファイヤーくんのお隣の席は、予想通り取り合い。3階にコスプレコーナーがあり、消防車にも乗れます。ボタンを押すと、サイレンとランプが点灯。もちろん、ガンガン押しまくります。 そして我が兄妹を一番虜にしたのが、ある町で火事が起こり、消防車が出動して消火活動をするという模型のショー。 他にも模型の車を自分で動かして消火するミニゲームや展示ヘリコプターに乗れたりと 子供達のテンションが上がる展示がたくさんです。
  • 地下1階から6階までが博物館で、2階には四ツ谷消防署が入ってます。入場料は無料。平日の昼間に行ったんですけど、子ども連れでけっこうにぎわってました。実機がどっさり置かれてるのが、この博物館の特徴。消防衣装を着てコスプレ撮影もできます。博物館としては珍しくスタンプカードもあります。しっかりした博物館なんで、消防の歴史をがっちり学べます。

  • 基本情報

    基本情報

    • ・名称:消防博物館
    • ・住所:東京都新宿区四谷3丁目10番
    • ・駐車場:なし(近くのコインパーキング利用)
    • ・営業時間:9:30~17:00 ※図書資料室は水・金・日の午後1時~午後4時30分)
    • ・休館日:毎週月曜日(祝日に当たる場合は開館、翌日を休館)、年末年始(12月28日~1月4日)。但し9月1日の防災の日、10月1日の都民の日、1月17日の防災とボランティアの日については開館。
    • ・電話番号:03-3353-9119
    • ・入館料:無料
    • ・所要時間:約1時間~2時間
    • ・音声ガイドの貸し出し:あり(無料)※日本語版、英語版、韓国語版、中国語版の4種類。
    • ・その他:乗車撮影会、企画展、宝探しツアーなどの催しもあり。※日程などはHPにて。
    • ・展望休憩室について:食事は持ち込み可能だがゴミは持って帰ること。自動販売機による飲料水の販売あり。 昼食時は団体の見学者グループや近隣の方のご利用があり混雑する場合があります。
    • ・公式サイトURL:http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html

    アクセス&地図

    消防博物館へのアクセスはとっても簡単です。東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」2番出口直結、JR中央本線「信濃町」駅・「四ツ谷」駅から徒歩約12分、都営新宿線「曙橋」駅から徒歩約7分で訪れることができますよ。

    地図はこちら

    最終更新 : 2016年09月14日

    この記事を見た人が見ている記事

    この記事に関係するエリア

    四ツ谷 

    この記事に関係するジャンル

    博物館  子供と旅行  車・ドライブ  観光