今年こそ行きたい!「さっぽろ雪まつり」の見どころを一挙ご紹介!


さっぽろ雪まつりは、雪像、氷像などが展示される日本を代表する美しい雪を楽しむ「冬の祭典」です。札幌市内の大通公園、すすきの中心に飾られる雪像や氷像はバラエティ豊かで、人々の目を楽しませてくれます。日本国内だけではなく、海外からも観光客が集まる雪まつりは、一度は見に行ってみたいとイベントの1つです。

1.会場の様子

さっぽろ雪まつり夜景。札幌市中心を通る大通公園は、雪像、氷像が並び、雪の祭典のメイン会場となり、多くの観光客でにぎわいます。

「初音ミク」の雪像も雪まつりに登場し、人気があります。他にもアニメ、マンガなどのキャラクターの雪像も多く、子どもたちやファンに喜ばれています。


2.札幌中心部のメイン会場「大通り会場」

さっぽろ雪まつりのメインは、やはり「大通会場」です。各種メディアでも有名な大雪像や、市民参加の小雪像など100基を超える雪像と氷像が展示されています。世界の有名な建築物、その年話題のテーマに製作された雪像は多くの人を楽しませています。

3.氷の祭典「すすきの会場」

すすきのは、札幌有数の繁華街ですが、雪まつりのシーズンになると、氷像がならぶ「すすきの氷の祭典」の会場に変わります。街に飾られた氷像は、1日中見ることができますが、夜になるとライトアップで美しく幻想的に輝き、昼とはまた違った表情を見ることができます。

4.雪遊びを体験できるつどーむ会場

つどーむ会場は、雪や氷でできた滑り台や冬の遊びが体験できるので、雪遊びをしたいお子さんがいるファミリーにぴったりな会場です。人気のスライダー以外にもソリや竹スキーなどで遊ぶことができます。どーむ内でも体験コーナー、ラーメンなどのグルメコーナーがあります。

5.ライトアップした夜の雪まつりもおすすめ

昼間の太陽光で白く輝く雪像も美しく見ごたえがありますが、夜になるとライトアップされ、昼間とはまた違った表情に変わります。夜は色とりどりの光でより幻想的な姿を見せます。最近注目のプロジェクションマッピングも登場し、雪像と映像のコラボレーションで、ロマンチックな夜を演出します。

6.会場でグルメも満喫!

食の王国北海道だけあって、雪まつり会場の屋台も充実しています。ワンコインで食べられるブースもたくさん。北海道の名産、名物以外にも全国のB級グルメの屋台も味わうことができます。雪像を見て歩き回って目の保養をしたら、一休みしつつおなかを満たすこともできます。

■ 基本情報

  • ・開催期間: 2月上旬(次回は、2015年2月5日~2月11日)
  • ・開催場所: 北海道札幌市内 ※2014年は下記で開催大通公園、
  •        すすきの(南4条通~南6条通までの西4丁目線市道)、
           札幌市スポーツ交流施設 コミュニティドーム
  • ・料金: 見学は全会場無料
  • ・お問合せ: さっぽろ雪まつり実行委員会
  • ・電話番号: 011-281-6400
最終更新 : 2014年07月21日

スポンサーリンク

この記事に関係する地域

札幌 

この記事に関係する旅の目的

祭り 

この記事を見た人にオススメの記事